好きな人がいること・第9話。スキコト。ネタバレ、あらすじ。感想。桐谷美玲さんと山崎賢人さん、三浦翔平さん、三角関係はどうなる?

シェアする

スポンサーリンク

好きな人がいること・第9話。スキコトのネタバレ、あらすじと感想です。

 

前回、第8話で、告白の返事をしそこねた、桐谷美玲さん演じる櫻井美咲は、山崎賢人さん演じる柴崎夏向と、三浦翔平さん演じる柴崎千秋と三角関係になってしまうようです。

そんな三角関係は、さて、どうなってしまうのでしょうか?

 

最終回は、こちら

好きな人がいること・最終回。第10話。スキコト。ネタバレ、あらすじ。感想。桐谷美玲さんと山崎賢人さん、結局どうなる? – ゆらりのらり感想ブログ

 

「好きな人がいること」の第8話はこちら

www.yurarikansou.com

 

f:id:yurarinorari:20160906143037j:plain

ストーリー : 好きな人がいること – フジテレビ

 

スポンサーリンク

好きな人がいること・第9話。スキコト。ネタバレ、あらすじ。感想。桐谷美玲さんと山崎賢人さん、三浦翔平さん、三角関係に

好きな人がいること・第9話。スキコト。ネタバレ、あらすじ

以下、好きな人がいること、ネタバレ、あらすじです。

 

美咲:ただいま。
夏向:おせーよ。お前が作れって言ったんだろう。ちょっと待ってろ。
美咲:私、ケーキ作れなかった。作ったんだけど、箱に入れるとき、落としちゃって。ドジだよね。落としちゃって。お腹いたい。せっかく作ってくれたのに、ごめんな。
千秋も帰ってくる。

若菜:千秋さんに抱きしめられた!それ、千秋さん、きっと美咲さんのこと好きですよ。なんとも思っていない人抱きしめてくるわけないですよ。夏向さんへの返事は?
美咲:タイミング、逃しちゃって。
若菜:夏向さんもいつまでも待ってはくれませんからね。

タイニングアウトの下見に
美咲:下見行くなら、誘ってくれてもいいじゃん。
夏向:写真撮れ、このあたり。じゃあ、担当者に挨拶しに行ってくるわ。
美咲:待って。あのさ、ごめん。昨日、お祝いしようと言っていたのに。ごめん。
夏向:しょうがねえだろ。具合悪いなら。今日もまだ調子悪いかと思っていたんだ。治ったんなら良かった。

楓と千秋で、遊園地に行く。

ラムネを飲む、美咲と夏向。
美咲:昔ね、このラムネのガラス玉が欲しくてね。
夏向:なんで取るの?どうせ使い道ないだろう。理解不能だわ。
美咲:子どものころとか何して遊んでたの?
夏向:ずっと、オヤジの料理手伝ってた。それしか、頭のなかなかったから。
美咲:すごいね。Sea Sonsのシェフになるという夢かなえてんじゃん。
夏向:お前だって、夢かなえてんじゃん。今の仕事。
美咲:ほんとはさ、海外のケーキ屋さんで働くのが夢だった。でもかなわないからって。
夏向:むずかしく考え過ぎなんじゃないの。夢なんて案外ちょっとしたことでかなったりすんじゃないの。
と、ラムネのビー玉をとってくれる。
夏向:だから、捨てんな。ちゃんと持っとけ。
美咲:ダイニングアウト終わったらさ、こんどこそ、あんたに話したいことがある。
夏向:またそれかよ。
美咲:またそれです。だからさ、一緒にがんばろうね。
夏向:ああ。

花火をする、楓と千秋。
楓:これで最後だね。ああ、終わっちゃった。これで、私の夏はほんとうにもう終わり。今日ね、私も千秋に話したいことがあるの。千秋、私と別れて。友達がボストンでピアノ教室を始めて。そこで教えながら、音楽学校に挑戦することにしたの。千秋ももっと素直にしなよ。もう自分の気持ちに嘘つかないで。ね、約束して。じゃあさ、千秋が、今そばにいたい人のところに行って。
千秋:ごめん。ありがとう。行ってくる。

Sea Sonsに行く千秋。美咲は作業をしている。
千秋:俺、美咲が好きだ。今さら遅いってことはわかってる。美咲の気持ちが誰にあるかってことも。だけど、それでも俺は、美咲が好きだ。返事はすぐじゃなくていいから。考えてみてくれないか。

家に帰る千秋
夏向:お帰り。
千秋:夏向、俺、美咲に告白した。でも、返事はまだもらってない。お前には、ちゃんと言っておきたかった。

けんかしてしまう、美咲と夏向

帰宅する美咲
夏向:ちょっと待てよ。昨日の夜、何してんだよ。ほんとは兄貴と一緒にいたんじゃねえの。どうなんだよ。
美咲:いた。ごめん、嘘ついて。
夏向:良かったな。また夢一つかなって。ずっと兄貴と一緒になりたかったんだろ。
美咲:最低。あんたって、なんでいつもそうなの。人の話ろくに聞かないで。人の気持も知らないで。
夏向:お前のほうこそ、人の気持ちわかってないだろ。お前見てっといらつくんだよ。お前なんか来なきゃ良かったんだよ。
美咲:なにそれ。あたしだって。あたしだって、あんたとなんて会わなきゃ良かったよ。

口も聞かなくなってしまう、美咲と夏向。
ビー玉も捨ててしまう、美咲。

冬真:まだ、仲直りしないの。原因て、兄ちゃんのことなんでしょ。わかるよそれくらい。そんなんで、ダイニングアウト大丈夫なの。ちょっと来て。
美咲:けんかしたいわけじゃないのに。
冬真:人を好きになるのって、大変だよね。でも、そうやって一喜一憂するのが恋なんじゃないの。どちらを選んでもいんじゃない。俺の兄ちゃんたちだぜ。だから、じっくり考えて、答え出せばいいんじゃない。

ダイニングアウトの当日
大橋尚美:夏向くん、櫻井さん見てない。まだ来てないみたいなの。

美咲が現れない。
かぼすを持ってくる。
デザートをつくる美咲。
美咲:確認お願いします。
夏向:よし、これでいこう。

美咲の作ったデザートもお客様に喜ばれる。

東村:君の料理とあのパティシエの料理は相性ばつぐんのようですね。これからまたおもしろくなりそうですね。

 

ダイニングアウトが終了後の夏向の挨拶

夏向:今日皆様に食べていただいたメインディッシュは、自分が想像していたものとはまったく違うものとなってしまいました。想像を超えて最高のものができました。そいつとはこの夏に会いました。最初は絶対分かり合えないやつだと思っていました。ほんとうにいらつくんですけど。一緒にいると、刺激もらえます。彼女のおかげで、今日は、自分でも想像できない料理を作ることができます。それが、そこにいるパティシエの櫻井美咲です。気づいたら、彼女は、俺の中で、なくてはならない存在になっていました。本日は、ありがとうございました。

捨てんじゃねえよ、とビー玉を美咲に投げる夏向。

美咲:千秋さん、お話したいことがあるんです。私、私は。
千秋:美咲にお願いがあるんだけど。夏向のやつ、また携帯忘れてさ。俺の代わりに届けてくれない。明日の仕込みで店戻ってると思うから。美咲の気持ち、ちゃんと伝えておいで。

夏向のところに行く美咲。

美咲:あんたに話したいことがあって、来た。あんたに返事しに来たって言ってんでしょ。
夏向にキスする美咲。
美咲:あんたが好き。私が好きなのは、夏向です。あんたのそばにずっといたい。
夏向:おせえよ。俺はもうお前のことが好きじゃなくなった。

以上、スキコト、第9話のネタバレ、あらすじ。

最終回はこちら

好きな人がいること・最終回。第10話。スキコト。ネタバレ、あらすじ。感想。桐谷美玲さんと山崎賢人さん、結局どうなる? – ゆらりのらり感想ブログ

好きな人がいること・スキコト第9話の感想

好きな人がいること、スキコト第9話の感想は、 千秋が、美咲に好きだと告白しましたね。いまさら感が、強いですけれど。
それでも、美咲は、夏向を選ぶというか、まあ、そうですよね。けんかをして、嫌なところもあっても、好きなものは好きですよね。そうなりますよね。結局。

人間の心は、おもしろいというか、そういうところがあるなと思います。

まあ、これはドラマですが。

そして、そして、美咲は、夏向が好きだと返事をしたわけですけれど、もう遅いと言われてしまいましたね。どういうことなんでしょうね?

なんとなく、東村が関係しているのか、大橋が関係しているのか。それとも、美咲の夢と関係しているのかもしれませんね。

とまあ、なかなかうまくいきそうでいかない、好きな人がいること、スキコト第9話でしたね。

そして、いよいよ次回が、好きな人がいること、スキコトの最終回です。10話で最終回ですね。果たして、美咲と夏向はどうなるのか?好きな人がいること、スキコト最終回。気になりますね。