時をかける少女・第1話。日テレドラマ。あらすじ、ネタバレ、感想。タイムトラベルができること

シェアする

スポンサーリンク

時をかける少女。ドラマの第1話です。

 

黒島結菜さん演じる演じる芳山未羽、菊池風磨さん演じる深町翔平/ケン・ソゴル、竹内涼真さん演じる浅倉五朗の「時をかける少女」まずは、始まりですね。

 

www.yurarikansou.com

時をかける少女・日テレドラマ。あらすじやキャスト。原作。時間を行き来できる少女の物語 気になるのは、これまで何度も映像化されてきた原作と、どこまで同じなのかですね。 どうも、主人公の名前も違うようなので、結構違うのかもしれません。

時をかける少女・日テレドラマ。あらすじやキャスト。原作。時間を行き来できる少女の物語 – ゆらりのらり感想ブログ

 

 

f:id:yurarinorari:20160709161306j:plain

ストーリー|時をかける少女|日本テレビ

スポンサーリンク

時をかける少女・第1話。日テレドラマ。あらすじ、ネタバレ、感想。

時をかける少女・第1話。日テレドラマ。あらすじ、ネタバレ。

 

ケン・ソゴルは、未来からタイムリープしてきた研究者。
しかし、タイムリープできる薬をなくしてしまい、未来に戻れなくなる。

リュウグウノツカイを、大西淳美が見つけて、一躍話題の人になる。

未羽は、髪を美容院で切って、ヘルメットみたいな髪型に。

ケン・ソゴルは、深町翔平になりすますことに。

未羽は、えりちん、おじょうと授業中に恋話。

おじょう:朝倉くんたちと七夕祭り行くの?
未羽:多分ね。

未羽が掃除をしていると、理科室から音がする。
割れた化学液を嗅いで倒れる、未羽。

お好み焼き・りぼんで進路希望の話。
自分たちの進路の話に。
翔平の進路希望は、薬学の研究者。
ネットアイドルとして同級生が話題になっているのを見て
未羽:私も有名人になりたい。

タイムリープする未羽

亀が道にいる。その亀を未羽が見ていると、
その上から、植木鉢が落ちてくる。

未羽は、時間を戻ってしまう。
タイムリープしてしまう。

翔平:危ない人だと思われたくないでしょ。タイムリープしたという話はしないほうがいい。わかった?
未羽:わかりません。

時間を飛べることに気がつく、未羽。

髪を切る前に戻る未羽。

火事。変電所でボヤ騒ぎ。

タイムリープして、未羽が、リュウグウノツカイを、見つけたことにしてしまう。
大予言アイドルになる!と、未羽は宣言し、動画をアップして、見事予言を的中させる。

未羽が有名人になる。

吾朗:やりたいことがわからなくて、やけになって楽しもうとしているみたい。
未羽:何がわかるのよ。

ゾーイ:あの娘はタイムリープをしています。
翔平:じきに薬の効果はなくなるよ。

未羽は、大西敦美がいじめられているところを見つける。

警察が来た。
放火した疑いをかけられる。
未羽「私、タイムリープできるんです。」

また、タイムリープする未羽。

吾朗と未羽が一緒に花火を見る。
吾朗:ついでに俺のお嫁さんになってくれませんかね。俺の彼女になるのはだめ?だめですか?
未羽:吾朗ちゃんの真面目な顔おかしい。
吾朗:真面目に言ってんだ。

またタイムリープする未羽。

吾朗:付き合ってみないか、俺たち。
未羽:なんでタコの話から急に。
吾朗:未羽のことが好きだ。

また、タイムリープする未羽。

未羽:恋人とか今はいらない。
吾朗:俺は、未羽に恋人になってほしい。

さらに、前にタイムリープする未羽。

翔平:恋って、どういう感じ?どんな感じなの?
未羽:祭りは絶対に来てね。

翔平の母:恋ができない人なんていないわ。ゆっくりと恋を見つければいいのよ。

翔平:ピンチを助けて、恋が始まる。
と、花火を見に行くことに。

未羽:タイムリープできるからと言って、試して付き合うとかはしたくない。初めての恋は、やり直ししないものにしたいの。

提灯が倒れる。下敷きになる翔平。
また、タイムリープする未羽。翔平を助ける未羽。

翔平:きっとこの子は僕の命を助けてくれた。泣いた顔が変で、でも嬉しかった。
未羽:昔、犬に追いかけられた。あのとき、吾朗が一生懸命助けてくれた。

未羽の記憶を書き換える、翔平。
未羽:あのとき、翔平が必死に助けてくれた。
翔平:懐かしいね。

未羽:恋すると、終わってしまう。ずっと仲良しのままがいい。

昔に来て、戻れなくなった時代には、夏と恋があった。

 

時をかける少女 〈新装版〉 (角川文庫)

時をかける少女 〈新装版〉 (角川文庫)

 

 

時をかける少女・第1話の感想。

日テレドラマ、時をかける少女、第1話。始まりましたね。

なんとなく、私の記憶にある、「時をかける少女」とは違いますね。なんでだろうなと思ったら、ネットアイドルとかがいるからですね。動画とか。

やはり、現代に合わせているところもあるというのがわかります。

その一方で、なんでしょう。変わらないところもあるような気もします。

夏と恋と、高校生。

こういうところは、やはり変わらない。というか、同じです。

そして、もちろん、タイムリープ、時をかける少女であることも変わらないですね。ただ、かなり結構な回数、タイムリープしますね。こんなにしてしまってどうなんだろうと思ったりもします。時間を遡ったりできたら、便利だろうとは思いますが。

そして、記憶を書き換えることもできてしまう、ケン・ソゴル。未羽の記憶も書き換えていましたが、ああいうのは、元に戻るのでしょうか。戻せるのかもしれないですし、戻さないということもあるのでしょう。

もしかしたら、記憶も消せるのかも。と、たしか、「時をかける少女」の原作やアニメもそんな話だったような記憶もあるような、ないような。私は、記憶を消されたわけではないと思いますが、思い出せません。

と、そんなことを思ったり、感じたりした、日テレドラマ「時をかける少女」第1話の感想です。第2話は、また違った話にになるようですね。

今回の「時をかける少女」、夏と恋と、タイムリープと、どんな話になっていくのか。この先が楽しみですね!