この世界の片隅に1話ネタバレあらすじ。感想。ドラマ。浦野すずと北條周作が出会って結婚する?見逃し配信動画。キャスト。視聴率

スポンサーリンク

ドラマ、この世界の片隅に。1話のネタバレあらすじ。見逃し配信動画。キャスト、主題歌。視聴率。2018年7月15日、日曜夜9時スタート。松本穂香さん主演の夫婦のドラマ

「この世界の片隅に」の1話は、2018年7月15日(日)夜9時放送スタートです。初回の第1話は、25分拡大スペシャルとのこと。

ドラマ、この世界の片隅にの1話は、このドラマの主人公、浦野すず(松本穂香)と北條周作(松坂桃李)が出会いますね。

そして、周作が、すずをお嫁に欲しいと結婚を頼むということです。

ここから、「この世界の片隅に」は始まります。

ということで、この世界の片隅にの1話は、どんな物語になっていくのか。以下、「この世界の片隅に」の1話のあらすじ、ネタバレ、感想、キャスト、見逃し配信動画、視聴率などです。

この世界の片隅に1話の見逃し配信動画は、Paraviで見られるようになるはずです。

ドラマ、この世界の片隅に。ネタバレあらすじ。1話から最終回の結末まで。見逃し配信動画。キャスト、主題歌。視聴率は?最終回はいつ?

スポンサーリンク
  1. ドラマ、この世界の片隅に、1話。ネタバレあらすじ。感想。動画。見逃し配信動画。キャスト。視聴率。浦野すずと北條周作が出会って結婚する?
    1. 「この世界の片隅に」の主なキャスト、出演者
    2. この世界の片隅にのゲスト出演者は?
    3. この世界の片隅にの脚本、演出、プロデューサー、音楽など
    4. ドラマ、この世界の片隅にの原作
    5. 「この世界の片隅に」の1話の予告動画
    6. この世界の片隅にの公式Twitter、Instagramなど
    7. ドラマ、この世界の片隅にの1話のネタバレあらすじ
    8. この世界の片隅にの1話のあらすじ
      1. この世界の片隅に。1話、あらすじ。浦野すずが、人さらいに捕まってしまう
      2. この世界の片隅に、1話、嫁に欲しいと言われるすず
      3. この世界の片隅に。1話。あらすじ。周作がすずと結婚したいと
    9. この世界の片隅にの1話のネタバレ
      1. 浦野すずの話
      2. この世界の片隅に。1話。ネタバレあらすじ。おばあちゃんの家に行くすずたち
    10. この世界の片隅にの1話のネタバレあらすじ
      1. ドラマ、この世界の片隅に。1話、ネタバレあらすじ。北條周作が、浦野すずに求婚する
      2. この世界の片隅に。1話の結末へ
    11. この世界の片隅に、第1話の感想、視聴率など
      1. この世界の片隅に。1話の感想、すずと周作の出会い
      2. この世界の片隅に。1話の感想。あらすじ。すずと周作は、どうなって行くのか?
      3. この世界の片隅に。2話のあらすじ
      4. ドラマ。この世界の片隅に、1話の視聴率は、10.9%
      5. この世界の片隅にの主なキャスト、出演者、登場人物についてなど
      6. 北條(浦野)すず(松本穂香)
      7. 北條周作(松坂桃李)
      8. 水原 哲(村上虹郎)
      9. 白木リン(二階堂ふみ)
      10. 浦野十郎(ドロンズ石本)
      11. 浦野キセノ(仙道敦子)
      12. この世界の片隅にの各回のネタバレあらすじなど

ドラマ、この世界の片隅に、1話。ネタバレあらすじ。感想。動画。見逃し配信動画。キャスト。視聴率。浦野すずと北條周作が出会って結婚する?

この世界の片隅に。1話

この世界の片隅に 1話

「この世界の片隅に」の主なキャスト、出演者

「この世界の片隅に」の主なキャスト、出演者

北條(浦野)すず(松本穂香)
北條周作(松坂桃李)

水原 哲(村上虹郎)
刈谷幸子(伊藤沙莉)
堂本志野(土村 芳)
浦野十郎(ドロンズ石本)
浦野すみ(久保田紗友)
浦野すず(幼少期)(新井美羽)
黒村晴美(稲垣来泉)
白木リン(二階堂ふみ)

黒村径子(尾野真千子)
刈谷タキ(木野 花)
堂本安次郎(塩見三省)
北條円太郎(田口トモロヲ)
浦野キセノ(仙道敦子)
北條サン(伊藤 蘭)
森田イト(宮本信子)

近江佳代(榮倉奈々)<現代篇>
江口浩輔(古舘佑太郎)<現代篇>

「この世界の片隅に」の主人公、北条すずは、松本穂香さんです。その夫の北条周作は、松坂桃李さんですね。

また、共演者たちも豪華です。

宮本信子さんや伊藤蘭さんなどが共演されます。また、仙道敦子さんが、久しぶりにドラマに復帰ということですね。

 

この世界の片隅にのゲスト出演者は?

この世界の片隅にのゲスト出演者は、どうなるのでしょうね。

そこまで多くはないかもしれませんが、登場する可能性はあるかもしれませんね。ドラマオリジナルの登場人物も、もしかしたら、いるかもしれませんから。

この世界の片隅にの脚本、演出、プロデューサー、音楽など

脚本:岡田惠和
音楽:久石 譲
演出:土井裕泰
プロデュース:佐野亜裕美

脚本は、岡田惠和さんです。音楽が、久石譲さんですね。

こういった方たちが、ドラマ、この世界の片隅にのスタッフです。

ドラマ、この世界の片隅にの原作

ドラマ、この世界の片隅にの原作は、マンガ「この世界の片隅に」です。

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

  • 作者: こうの史代
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2008/01/12
  • メディア: コミック

この原作をもとに、映画のアニメができて、ヒットしましたよね。そして、今回、TBSの日曜劇場でドラマ化ということです。

「この世界の片隅に」の1話の予告動画

「この世界の片隅に」1話の予告動画

ドラマ、この世界の片隅にの1話は、浦野すずと北條周作の出会いの回ですね。

子供の頃に会った、すずと周作。

そして周作が、大人になって、すずと結婚したいと言い出してくるということです。

ここから、「この世界の片隅に」は始まります。

この世界の片隅にの公式Twitter、Instagramなど

この世界の片隅にの公式Twitter

この世界の片隅にのTwitter

この世界の片隅にの公式Instagram

この世界の片隅にのInstagram

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

ドラマ、この世界の片隅にの1話のネタバレあらすじ

以下、この世界の片隅にの1話のあらすじ、ネタバレなどです。

この世界の片隅にの1話のあらすじ

この世界の片隅に。1話、あらすじ。浦野すずが、人さらいに捕まってしまう

昭和9年のある日、広島県広島市江波に住む少女・浦野すず(幼少期:新井美羽、大人時代:松本穂香)はお使いに出た帰り道、川原で絵を描いていたところを人攫いに捕まってしまう。しかし、先に捕まっていた少年・周作(幼少期:浅川大治、大人時代:松坂桃李)の機転で逃げ出すことに成功する。無事自宅に帰りついたすずだが、今日の出来事が夢のように思えて…。

浦野すずは、人さらいに捕まってしまうということです。

その先で、先に捕まっていた北條周作と逃げ出すことに成功。

「この世界の片隅に」の1話は、こんな危険なところから始まりますね。

この世界の片隅に、1話、嫁に欲しいと言われるすず

時は経ち昭和18年秋。妹のすみ(久保田紗友)とともに祖母・森田イト(宮本信子)の家で手伝いをしていたすず(松本穂香)のもとに叔母が駆け込んできた。江波の自宅にすずを嫁に欲しいという人が来ていると連絡があったのだ。事情がよくわからないまま自宅へと急ぐ道すがら、すずは海軍兵学校へ進んだ幼なじみ・水原哲(村上虹郎)と出会う。てっきり哲が相手の人だと思っていたすずはさらに混乱する。

そして、昭和18年秋に、祖母の家で手伝いをしていた浦野すずに、叔母が来て、すずを嫁に欲しいという人が来ているということです。

自宅に向かう道すがら、幼なじみの水原哲と出会うが、相手は哲ではなかったといことですね。

この世界の片隅に1話、哲とすずの関係も気になりますね。

この世界の片隅に。1話。あらすじ。周作がすずと結婚したいと

その頃、浦野家では北條周作(松坂桃李)とその父・円太郎(田口トモロヲ)がすずの帰宅を待っていた。すずの父・浦野十郎(ドロンズ石本)と母・キセノ(仙道敦子)は突然の来客に恐縮しながら会話をつなぐ。周作は以前にすずを見初めたというが、こっそり家の様子を覗いたすずには見覚えが全くなく…。

浦野家では、北條周作とその父の円太郎が待っていて。

すずの父、浦野十郎と母のキセノが待っているということです。

すずは、周作のことは覚えていないようですね。

というのが、この世界の片隅にの1話のあらすじです。

この世界の片隅にの1話のネタバレ

この世界の片隅にの1話のネタバレあらすじ

浦野すずの話

現代
近江佳代と江口浩輔
佳代が広島の呉に行きたいということで、車で向かう。

そして、途中から、佳代は歩く。

北條の家を見つけて入っていく佳代。
江口浩輔もやってくる

すずの櫛を持っている佳代

浦野すずは、広島の江波に生まれた

すずは、兄の代わりに海苔を持っていく。
幼なじみの水野哲とすれ違う

海苔を届ける浦野すず

その帰り道。すずは、人さらいにさらわれる。

父の浦野十郎が、すずが帰ってこないので心配してる。
と、心配して出て行くと、浦野すずが家の前に立っている。

すずの回想
北條周作が一緒にさらわれていた。
ミルクキャラメルを、周作にあげるすず。

すず:どうなるんですかね?
周作:どこかに売られるんじゃないか?
すず:嫌じゃ、なんで諦めてるんですか。なんとかせんと。
周作:納得できんよのお

漏らしたと言い出す周作。
人さらいが開けた隙に、一緒に走って逃げる浦野すずと北野周作

周作:お前のおかげじゃ。俺、諦めておったけん。

周作が送るというが、一人で帰るという
気いつけて帰れと。

この世界の片隅に1話、これが、すずと周作の出会いですね。

この世界の片隅に。1話。ネタバレあらすじ。おばあちゃんの家に行くすずたち

昭和9年8月
広島 草津
おばあちゃんの家に行く、すずとすみ、要一
要一は、陸軍に行くと決めたと

屋根裏から子供が降りてくる
スイカを食べているので、すずがもっともらってくると

すずたちは帰る。

すると、女の子が、また降りてくる
すずは着物を置いていく。

男たちがやってきて、「お前、リンだな」と連れて行ってしまう

昭和15年1月
浦野すずは14歳になった。

母親のキセノに、水原哲に優しくしろと言われる浦野すず
水原哲の兄が、訓練中に死んでしまう

浦野すずは、水原哲を見かける
水原晢:おとうもおかあも飲んだくれてるし。
浦野すず:お兄ちゃんならあげようか、うちの
と、哲は、鉛筆をくれる

すずは、絵を描く
水原晢:ありがとうな、浦野

晢の絵を市の大会に出すことになる。

この世界の片隅にの1話のネタバレあらすじ

ドラマ、この世界の片隅に。1話、ネタバレあらすじ。北條周作が、浦野すずに求婚する

昭和18年4月
兄の浦野要一が軍人となり出征する
浦野要一:お前ら守るのが俺の仕事だ

すずは、手紙を送ると兄に。

昭和18年12月
広島県呉市

北條周作は、嫁をどうすると、毎晩、親に言われると
何があってもへこたれん人がいいと。

ミルクキャラメルを見て、浦野すずのことを思い出す北條周作

おばあちゃんの家で手伝っていると、
浦野すずを嫁に欲しいという男が来ていると
おばあちゃんが、着物を出してきてくれる。

森田イト:祝言をあげるじゃろ。傘を1本持ってきたかというじゃが、はい持ってきました言うで。さしてもいいかと言ったら、はいと言うんじゃ

途中で、水原哲と会う浦野すず
浦野すず:相手は、水原さんじゃない?
水原:相手、知らんのか?
浦野すず:すみちゃんと勘違いしてるのかも

北條周作が父親の円太郎とやってきている
周作は、海軍で働いている。

キセノと十郎と、周作との様子を、浦野すずが見ている

浦野すず:嫌なら断れって言うけど、嫌な人かどうかわからんよね。

北條周作たちが帰ったあと、すずは家に帰る
周作が持ってきたキャラメルが置いてある。

キャラメルが、周作の記憶を呼び覚ますことになりました。この世界の片隅にの1話では、キャラメルがポイントになっていましたね。

この世界の片隅に。1話の結末へ

父親の浦野十郎は、いい話だと思うと。進めるという
呉は、にぎやかだと
すずは、話を進めることに、とりあえず同意する。

昭和19年3月
浦野すずが、キセノと十郎の似顔絵を書いている。

すずがお嫁に行く前の日
母親のキセノが櫛をくれる
キセノ:うちの若い頃に全然似とらんけ、わからん。女は、そうやって生きてくんよ。お母ちゃんもそうだった。
怖かったと聞く、すず
キセノ:怖かったね。でも今は、江波の人になっているでしょ。どうしても我慢できんことがあったら、我慢すんのやめんさい。
すずは、怖いと泣き出す

呉に行く、すずと十郎、キセノ、すみ
北條の家に着く4人

すず:やっぱりすみちゃんの間違いということはないですか?
周作:大丈夫です。

周作の姉、黒村径子は、なんで相談もなしにと怒っている
周作が決めたからと。

家族で挨拶する

周作の幼馴染の刈谷幸子は、悲しんでいる。

食事をする北条家と浦野家
径子:すみちゃん、あんたは、賢そうな顔してるね

と、キセノたちが帰る
キセノは、母親の北條サンが足が悪いとは聞いていなかったと

周作:ありがとな、姉ちゃん。
径子:あんたの女の子の好みはようわからんわ

径子:すずさん。私は、周作には慎重に嫁を選ばしたかったのですが。ともかく、母をよろしく
すず:はい、ありがとうございました
径子は、すずのことが気に入らない様子

すずは、父親と母親に挨拶する
そして、電気をつけてお皿などを洗おうとすると
周作が電気を消す
軍の町だから、明かりにはうるさいと

と、周作が、外を見てみるかと。

お風呂に入るすず

周作:すずさん、傘を持ってきとるかいの?
すず:はい、1本
周作:貸してくれ

干し柿を取ってくる北條周作。
周作:やっぱりちょっと緊張した?
すず:はい。あのうちら、どっかで会ったんですか
周作:会ったで。覚えとらんじゃろけど。でも、それだけじゃないで、すずさんはわしに力をくれるけ。あんたと一緒に生きていきたんじゃ。よう来てくれたの

キスをする周作

現代
近江佳代:私、決めた、ここで暮らそうと思う

以上、この世界の片隅に。1話のネタバレあらすじでした。

ドラマ。この世界の片隅に1話の見逃し配信動画は、Paraviで見られるようになるはずです。

この世界の片隅にの2話のネタバレあらすじなどは、以下の記事です

この世界の片隅に。2話、ネタバレあらすじ。感想。北條すず(松本穂香)と北條周作(松坂桃李)の新婚生活の危機?見逃し配信動画。キャスト。視聴率

この世界の片隅に 3話。ネタバレあらすじ。感想。見逃し配信動画。北條すず(松本穂香)が白木リン(二階堂ふみ)と出会う。キャスト。視聴率

この世界の片隅に、第1話の感想、視聴率など

この世界の片隅に。1話の感想、すずと周作の出会い

ドラマ、この世界の片隅にが始まりました。

1話は、浦野すずと北條周作の出会いの回ですね。

子供の頃に、人さらいに会ってしまう、浦野すずと北條周作。

その時に、すずが諦めないと言い出して、周作ががんばって、逃げましたね。

これが、浦野すずと北條周作の出会いですね。

この世界の片隅に。1話の感想。あらすじ。すずと周作は、どうなって行くのか?

そして、それから、何年か経ち。

戦争が近づいている中で、すずの兄が出征して、北條周作も軍で働いていました。

そんなところで、周作は、母親に結婚をしないのかと、毎日のように言われていて。

すずのことを、キャラメルを見て思い出します。すずが、キャラメルをくれたかたらですね。

周作は、へこたれない人と結婚したいと思っていて、それが、浦野すずだったと。

で、周作は、すずに嫁に欲しいとやってきますね。

と、こういう時代だったんですよね。今、こういうのは、ほとんどないのではないかと思いますが、ほとんど知らない相手と結婚する。

そういうのがある時代だったんだなあと。というのが、まずは、この世界の片隅にの1話の感想です。

そして、周作とすずは結婚するわけですが、姉の径子は、すずのことが機に入れないようですね。
周作は、なぜすずを選んだのかも説明していないですし。

こういうもんなんですかね。
なんというか、このあたりも、時代の違いはあるのかもしれませんね。と、これも、この世界の片隅にの1話の感想です。

と、それでも、北條周作は、すずのことが気に入っているようです。力をくれると。

いいですね。ここから、すずと周作は、どうなっていくのか。

そして、この世界の片隅に1話の終わりに、現代では、近江佳代が、すずが住んでいた家に住むことにしましたね。こちらもどうなるのか。

と、ドラマ、「この世界の片隅に」は、ここからどんな展開が待っているのでしょうね。

この世界の片隅に。2話のあらすじ

すず(松本穂香)が北條周作(松坂桃李)のもとに嫁いで数日。山の上に建つ北條家には水道が通っておらず、共同井戸まで水を汲みにいくのがすずの日課となった。近所のことなら隣に住む刈谷タキ(木野花)が何でも教えてくれる。隣保の住民たちとも徐々に馴染みになってきた。中でもタキの娘・幸子(伊藤沙莉)や堂本志野(土村芳)ら同世代の女性とはかしましく話が弾む。すずは自分が嫁に来たことを実感する。
しかし、すずには悩みがあった。義母・サン(伊藤蘭)に家の慣わしを習いたいのだが、足の悪いサンに遠慮して聞けないのだ。一方のサンも敢えて家事に口を出さない。この状態がすずのストレスとなっていた。
そんなある日、径子(尾野真千子)が娘・晴美(稲垣来泉)を連れて北條家に帰ってきた。嫁ぎ先の黒村家と折り合いが悪くしばらくは戻らないという。径子は北條家の家事は自分がやるからすずは実家に帰れと言い放つ。周作は反対するがサンと義父・円太郎(田口トモロヲ)は径子の意見に賛成し、すずは嫁いで一ヶ月で実家に帰ることに…。

というのが、ドラマ、この世界の片隅にの2話のあらすじです。

ドラマ。この世界の片隅に、1話の視聴率は、10.9%

この世界の片隅に、1話の視聴率は、どうなるでしょうね。

 

この世界の片隅に、1話の視聴率は、10.9%でした。10%超えのスタートで、ここからどうなって行くでしょうね。

この世界の片隅にの主なキャスト、出演者、登場人物についてなど

北條(浦野)すず(松本穂香)

ドラマ、この世界の片隅にの主人公、浦野すずは、松本穂香さんです。

北條周作と結婚して、北条家の嫁になりますね。

この浦野すずの物語が、「この世界の片隅に」ですね。

北條周作(松坂桃李)

すずの夫の北条周作は、松坂桃李さんですね。

幼い頃に出会った、すずのことを覚えていて、結婚を申し込みます。

生真面目な性格ですが、白木リンとは、関係があるようです。

水原 哲(村上虹郎)

すずと幼なじみの水原哲は、村上虹郎さんです。

お互い、初恋の相手のようで、想いあっていると思っていましたが、周作が現れて、すずが結婚したことで、関係が変わっていくということですね。

白木リン(二階堂ふみ)

朝日遊廓「二葉館」の遊女、白木リンを、二階堂ふみさんが演じます。

すずとも仲良くなりますが、周作との仲もあるということで、微妙な立場にあるようです。

すずとリン、周作との関係も、「この世界の片隅に」では、気になるところです。

浦野十郎(ドロンズ石本)

すずの父親の浦野十郎は、ドロンズ石本さんです。

浦野キセノ(仙道敦子)

すずの母親、浦野キセノは、仙道敦子さんですね。この「この世界の片隅に」で、久々のドラマ復帰ということです。

原爆投下後に、消息を絶ってしまうようです。

 

ドラマ、この世界の片隅にの主な出演者はこのような感じです。

他にも、出演者、登場人物はいます。どのように、物語に関わってくるのでしょうね。

この世界の片隅にの各回のネタバレあらすじなど

この世界の片隅に 最終回。ネタバレあらすじ。感想。北條すず(松本穂香)や北條周作(松坂桃李)たちはどうなる?見逃し配信動画。キャスト。視聴率

この世界の片隅に。8話ネタバレあらすじ。感想。終戦後、北條すず(松本穂香)たちはどうなって行くのか?見逃し配信動画。キャスト。視聴率

この世界の片隅に 7話。ネタバレ、あらすじ。感想。北條すず(松本穂香)が黒村晴美(稲垣来泉)が亡くなった悲しみと向き合う。見逃し配信動画。キャスト。視聴率

この世界の片隅に。6話ネタバレあらすじ。感想。花見をする北条家。北條周作(松坂桃李)が武官になる。見逃し配信動画。キャスト。視聴率

この世界の片隅に 5話。ネタバレあらすじ。感想。水原 哲(村上虹郎)が、北條すず(松本穂香)に会いに来る。見逃し配信動画。ゲスト。キャスト

この世界の片隅に。4話ネタバレあらすじ。感想。北條すず(松本穂香)が妊娠?見逃し配信動画。キャスト。視聴率

この世界の片隅に 3話。ネタバレあらすじ。感想。見逃し配信動画。北條すず(松本穂香)が白木リン(二階堂ふみ)と出会う。キャスト。視聴率

この世界の片隅に。2話、ネタバレあらすじ。感想。北條すず(松本穂香)と北條周作(松坂桃李)の新婚生活の危機?見逃し配信動画。キャスト。視聴率

この世界の片隅に 1話ネタバレあらすじ。感想。ドラマ。浦野すずと北條周作が出会って結婚する?見逃し配信動画。キャスト。視聴率

ドラマ、この世界の片隅に。ネタバレあらすじ。1話から最終回の結末まで。見逃し配信動画。キャスト、主題歌。視聴率は?最終回はいつ?

 

以上、この世界の片隅に、1話のあらすじ、ネタバレ、キャスト、感想、視聴率などでした。

 

記事まとめ

シェア

フォロー