この世界の片隅に。6話ネタバレあらすじ。感想。花見をする北条家など。北條周作(松坂桃李)が武官になる。見逃し配信動画。キャスト。視聴率

スポンサーリンク

ドラマ、この世界の片隅に。6話のネタバレあらすじ。見逃し配信動画。キャスト。視聴率。松本穂香さん主演の夫婦のドラマ

「この世界の片隅に」の6話は、2018年8月19日(日)夜10時から放送です。

ドラマ、この世界の片隅にの6話は、北條周作(松坂桃李)が、刈谷幸子(伊藤沙莉)に成瀬(篠原篤)を紹介するためなどに、花見を企画するということです。

そこで、北條(浦野)すず(松本穂香)は、白木リン(二階堂ふみ)を見かけます。2人は話すようですが、話がかみ合わないようです。

また、北條周作が、武官になるということで、すずは突然のことで、不安になるようです。

この世界の片隅にの6話は、戦争がどんどん近づいてきますね。

ということで、この世界の片隅にの6話は、どんなストーリーなのでしょうか。以下、「この世界の片隅に」の6話のあらすじ、ネタバレ、感想、キャスト、見逃し配信動画、視聴率などです。

この世界の片隅に6話の見逃し配信動画は、Paraviで見られるようになるはずです。

「この世界の片隅に」の5話、4話、3話のネタバレあらすじ、感想、見逃し配信動画などはこちら

この世界の片隅に 5話。ネタバレあらすじ。感想。水原 哲(村上虹郎)が、北條すず(松本穂香)に会いに来る。見逃し配信動画。ゲスト。キャスト

この世界の片隅に。4話ネタバレあらすじ。感想。北條すず(松本穂香)が妊娠?見逃し配信動画。キャスト。視聴率

この世界の片隅に 3話。ネタバレあらすじ。感想。見逃し配信動画。北條すず(松本穂香)が白木リン(二階堂ふみ)と出会う。キャスト。視聴率

ドラマ、この世界の片隅に。ネタバレあらすじ。1話から最終回の結末まで。見逃し配信動画。キャスト、主題歌。視聴率は?最終回はいつ?

スポンサーリンク
  1. この世界の片隅に、6話。ネタバレあらすじ。感想。動画。見逃し配信動画。キャスト。視聴率。北條周作(松坂桃李)が武官になる
    1. 「この世界の片隅に」6話の主なキャスト、出演者
    2. この世界の片隅に、第6話のゲスト出演者は?
    3. この世界の片隅にの脚本、演出、プロデューサー、音楽など
    4. ドラマ、この世界の片隅にの原作
    5. 「この世界の片隅に」6話の予告動画
    6. この世界の片隅にの公式Twitter、Instagramなど
    7. ドラマ、この世界の片隅にの6話のネタバレあらすじ
    8. この世界の片隅にの6話のあらすじ
      1. この世界の片隅に。6話、あらすじ。花見を企画する周作たち
      2. この世界の片隅に。6話。あらすじ、白木リンと話す、北條すず
      3. この世界の片隅にの6話。あらすじ。周作が、武官になるという
    9. この世界の片隅に。6話、ネタバレ
      1. 爆撃機がたくさんやって来る。この世界の片隅に。6話
      2. この世界の片隅に、6話。呉も、戦争の色が濃くなっていく
    10. この世界の片隅にの6話のネタバレあらすじ。後半
      1. この世界の片隅に。6話。周作が、武官になる
      2. この世界の片隅に、6話。ネタバレ、結末へ
    11. ドラマ、この世界の片隅に、6話の感想、視聴率など
      1. この世界の片隅に。6話の感想
      2. この世界の片隅に6話の感想。戦争が呉に近づいて、晴美やすずにも影響が
      3. この世界の片隅に、7話。あらすじ
      4. ドラマ。この世界の片隅に、6話の視聴率は、8.5%
      5. この世界の片隅にの主なキャスト、出演者、登場人物についてなど
      6. 北條(浦野)すず(松本穂香)
      7. 北條周作(松坂桃李)
      8. 水原 哲(村上虹郎)
      9. 白木リン(二階堂ふみ)
      10. 浦野十郎(ドロンズ石本)
      11. 浦野キセノ(仙道敦子)
      12. 「この世界の片隅に」の各回のネタバレ、あらすじなど
      13. この世界の片隅に、5話。ネタバレ。結末

この世界の片隅に、6話。ネタバレあらすじ。感想。動画。見逃し配信動画。キャスト。視聴率。北條周作(松坂桃李)が武官になる

この世界の片隅に。6話

この世界の片隅に 6話

「この世界の片隅に」6話の主なキャスト、出演者

「この世界の片隅に」の主なキャスト、出演者

北條(浦野)すず(松本穂香)
北條周作(松坂桃李)

水原 哲(村上虹郎)
刈谷幸子(伊藤沙莉)
堂本志野(土村 芳)
浦野十郎(ドロンズ石本)
浦野すみ(久保田紗友)
浦野すず(幼少期)(新井美羽)
黒村晴美(稲垣来泉)
白木リン(二階堂ふみ)

黒村径子(尾野真千子)
刈谷タキ(木野 花)
堂本安次郎(塩見三省)
北條円太郎(田口トモロヲ)
浦野キセノ(仙道敦子)
北條サン(伊藤 蘭)
森田イト(宮本信子)

近江佳代(榮倉奈々)<現代篇>
江口浩輔(古舘佑太郎)<現代篇>

節子(香川京子)<現代篇>

「この世界の片隅に」の主人公、北条すずは、松本穂香さんです。その夫の北条周作は、松坂桃李さんですね。

また、共演者たちも豪華です。

宮本信子さんや伊藤蘭さんなどが共演されます。また、仙道敦子さんが、久しぶりにドラマに復帰ということですね。

 

この世界の片隅に、第6話のゲスト出演者は?

この世界の片隅にのゲスト出演者

成瀬(篠原篤)

周作の同僚の成瀬は、篠原篤さんです。

この世界の片隅にの脚本、演出、プロデューサー、音楽など

脚本:岡田惠和
音楽:久石 譲
演出:土井裕泰
プロデュース:佐野亜裕美

脚本は、岡田惠和さんです。音楽が、久石譲さんですね。

こういった方たちが、ドラマ、この世界の片隅にのスタッフです。

ドラマ、この世界の片隅にの原作

ドラマ、この世界の片隅にの原作は、マンガ「この世界の片隅に」です。

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

  • 作者: こうの史代
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2008/01/12
  • メディア: コミック

この原作をもとに、映画のアニメができて、ヒットしましたよね。そして、今回、TBSの日曜劇場でドラマ化ということです。

「この世界の片隅に」6話の予告動画

「この世界の片隅に」6話の予告動画

 

この世界の片隅にの公式Twitter、Instagramなど

この世界の片隅にの公式Twitter

この世界の片隅にのTwitter

この世界の片隅にの公式Instagram

この世界の片隅にのInstagram

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

ドラマ、この世界の片隅にの6話のネタバレあらすじ

以下、この世界の片隅にの6話のあらすじ、ネタバレなどです。

この世界の片隅にの6話のあらすじ

この世界の片隅に。6話、あらすじ。花見を企画する周作たち

昭和20年春。呉にも空襲がやってきた。北條家に被害はなかったが、戦争の陰が日に日に濃くなっていく。そんなある日、北條家ではこんなご時勢だからと花見が企画される。その花見は幸子(伊藤沙莉)に周作(松坂桃李)の同僚・成瀬(篠原篤)を紹介するという重大な会でもあった。

呉にも空襲がやってきますね。北條家には被害はなかったということです。

そして、花見が企画されて、刈谷幸子に、北條周作の同僚、成瀬を紹介するという。

この2人、うまくいくのでしょうか。

この世界の片隅に。6話。あらすじ、白木リンと話す、北條すず

一行が公園に向かうと大勢の市民が桜を楽しんでいる。いつ空襲に遭うかわからない非常時だが、考えることは一緒らしい。サン(伊藤蘭)や径子(尾野真千子)は満開の桜に心が和む。しかし、すずは人ごみの中にリン(二階堂ふみ)を見つけてしまい、逆に心乱れる。初対面の幸子と成瀬を皆で盛りたてる中、すずは家族の輪から離れリンと接触する。お互いに言いたいことはあるのだが、すずとリンの会話は噛み合わない。しかし、すずはリンに全てを見透かされている気がして…。

花見に行くと、北條すずは、白木リンを見つけるということです。

そして、幸子と成瀬を、みんなで盛り立てる中、すずは、リンと話すということです。

ただ、話はかみ合わず、リンに全てを見透かされている感じがする、北條すずということです。

リンは、きっとわかっているのでしょうね。

この世界の片隅にの6話。あらすじ。周作が、武官になるという

花見からしばらく経ったある日、ラジオから工場が爆撃されたというニュースが。その工場には円太郎(田口トモロヲ)が勤めている。被害は軽微だと報道されているが、帰宅した周作は職場で壊滅的だと聞いたという。さらに、文官だった周作が武官になることになり、教練のため三ヶ月ほど家に帰れないという。突然の報告にすずは絶句する。

工場が爆撃されて、ニュースでは被害は軽微だと報道されるが、周作は、壊滅的だという。

また、周作が、武官になることになり、3ヶ月ほど帰れないということです。

これは、いよいよということでしょうか。

というのが、この世界の片隅に、6話のあらすじです。

この世界の片隅に。6話、ネタバレ

この世界の片隅にの6話のネタバレあらすじ

爆撃機がたくさんやって来る。この世界の片隅に。6話

昭和20年3月

黒村晴美は、もうすぐ小学校。しかし、友達がいないからあまり行きたくないと言う。
北條すずは、初めはいなくても、そのうち友達ができると。
晴美:うち、すずさんみたいに絵を上手になりたいんよ。教えてくれる?

と、爆撃機がたくさんやって来る

北條円太郎がやって来て、陰に入れと。
径子は、晴美が心配で探しに行く

晴美も、すずも無事
円太郎が動かない。と寝ている。夜勤明けだったから

北條周作が帰って来る。
円太郎:みんな、無事だったということじゃ。いよいよ来たな、呉にも

昭和20年4月
お花見の日
刈谷幸子が、そわそわしている。
北條サンは、行きたいと言っていたが、自信がないと言い出す。
周作たちは、サンに行こうと促す

人手がたくさん出ている。
と、白木リンを見かける、北條すず

すずは、はぐれてしまう

成瀬もやって来る。

白木リンと話す北條すず
リンは、桜に登れるかと登ってしまう。そして、木の上においでと。

すずも登る。

成瀬を刈谷幸子に紹介する周作
しかし、すずがいないと周作は、すずを探し出す。

リン:お茶碗ありがとね。
すず:夫が、昔、買うたお茶碗じゃけん。
風邪をひいていた女性、てるは、死んでしまったという

てるの口紅入れをくれる、白木リン

この世界の片隅に、6話。呉も、戦争の色が濃くなっていく

白木リンとすれ違う、北條周作

桜の木の上のすずを見つける、周作
周作:皆、最後だから見に来てるのだろうな。わしも知り合いに会うた。笑おうとって安心した。
すず:うちも、周作さんが笑おうとって安心しました。

警戒警報が鳴ったら、どうするか。
空襲警報が鳴ったら、防空壕に避難。

北條すずは、不思議なものを見たと。
北條円太郎:それは、飛行機雲じゃ。
話が止まらなくなる円太郎。

昭和20年5月
工場に爆誕が投下された。
ラジオからは、被害は甚大ではないと流れて来る。

北條周作は、帰って来る。
円太郎は、まだ帰ってこない。

この世界の片隅にの6話のネタバレあらすじ。後半

この世界の片隅に。6話。周作が、武官になる

北條周作と北條すず
周作は、工場は壊滅的だと聞いていると言う
周作:軍服じゃ。今度、一等兵装になる。軍事訓練を受けることになった。三月は戻れん。
すず:戻れるんですか?
周作:多分。肩書きが変わるじゃけじゃ。心配いらん

周作:すずさん、大丈夫かの。わしも、お父ちゃんもいなくなって、守れるかの
すず:無理です。絶対無理!

すずは、嘘だと言う
すず:周作さん、うちはあんたが好きです。三月も会わんかったら、周作さんの顔、忘れてしまうかもしれん。このうちを守って、このうちで待っとります。
周作を抱きしめる、すず

径子は、円太郎を病院などいろいろ探したが、見つからない

周作も探すが、見つからないと帰って来る。
北條周作:遺体の安置所にも行ってみたんだけど、なんもない。
北條サン:死んだんかね。あの人。

すずは、周作の寝顔を描いている。
周作:描いたら忘れとんてくれるか、わしのこと。

訓練に出かけていく、周作
すずは、周作を見送る

この世界の片隅に、6話。ネタバレ、結末へ

平成30年8月 広島
北條節子:私も被爆者なんよ。小さい時に。暑くてしんどいと生きてる感じがする

アイスを食べる節子と近江佳代、江口浩輔の3人
節子:あの家で住んでくれるって嬉しい。大丈夫、辺鄙なところで?
佳代:居場所はどこでもいい、どこに住んでもいいって言ってくれたじゃないですか。

節子は、逃げ出したっていい、生きていく場所はどこでもいいと。
節子は、カフェの絵を描いて来てくれた。
母親のすずに習ったと言う。

昭和20年

円太郎は、海軍病院にいた。
黒村径子:ずっと意識がなかった。もう退院できるらしい

とっとと自分の力で帰ってこいと、北條サン

刈谷幸子は、軍事教練に行っている成瀬と結婚することになったと。

円太郎は、時計が壊れたから、修理に出せと言う
径子:疎開している久夫に会いに行けと言う意味だろうか
サン:意味はないじゃろ。行って来たらええ。会える時に会うといたらいい

駅で、黒村径子と晴美、すずが切符を買うために並んでいる。
が、行列が長く、径子が、すずと晴美を円太郎の病院に見舞いに行ってこいと

と、空襲警報が鳴る
すずと晴美は、防空壕に入る。

2人は、なんとか無事だった。

が、晴美の後ろで、爆弾が爆発する。

以上、この世界の片隅に。6話のネタバレあらすじでした。

ドラマ。この世界の片隅に6話の見逃し配信動画は、Paraviで見られるようになるはずです。

この世界の片隅に、7話のネタバレあらすじ、感想などは、以下の記事です

この世界の片隅に 7話。ネタバレ、あらすじ。感想。北條すず(松本穂香)が黒村晴美(稲垣来泉)が亡くなった悲しみと向き合う。見逃し配信動画。キャスト。視聴率

ドラマ、この世界の片隅に、6話の感想、視聴率など

この世界の片隅に。6話の感想

ドラマ、この世界の片隅にの6話は、花見に行くことにする、北條家ですね。

そして、周作の同僚の成瀬に刈谷幸子を紹介するということです。

花見に行くと、北條すずは、白木リンを見かけます。

桜の木の上で話す2人。

5話で、すずがザボンをあげた女性は、死んでしまったと。

なんか残念ですね。というのが、まずは、この世界の片隅にの6話の感想です。

この世界の片隅に6話の感想。戦争が呉に近づいて、晴美やすずにも影響が

それから、呉にも、戦争がどんどん近づいてきます。

空襲警報も鳴って、防空壕にも逃げますね。

そんな中、工場が攻撃されて、父親の円太郎が帰ってきません。

径子や周作が探しますが、見つかりません。

サンは、諦めている様子でしたね。

また、周作は、文官から武官に変わるということで、訓練に出かけるということでした。

3ヶ月ほど、家から離れるということで、すずは寂しそうでしたね。

そして、径子が、円太郎が病院にいると、生きていると見つけてきました。もうすぐ治るということで、良かったですよね。

その円太郎が、時計を直してくれと言って、径子は、息子の久夫に会いたくなります。そして、会いに行くことにしました。

切符を買うために並んでいると、長いので、径子は、円太郎の病院に、すずと晴美で見舞いに行ってくれと言いますね。

すずと晴美が向かうと、爆撃があります。防空壕でなんとか無事でしたが、防空壕から出ると、不発弾があって、晴美の後ろで爆発しますね。

晴美は、死んでしまったのでしょうね。

この世界の片隅に、6話、悲劇というか辛いですね。北條家にも犠牲者が出てしまいました。

こんな形で犠牲者が出るとは、辛いですよね。

すずは生きているようで、ここから、すずはどうなるのか、この世界の片隅には、どうなっていくのでしょうか。

この世界の片隅に、7話。あらすじ

すず(松本穂香)が目を覚ますと、そこは北條家だった。全身包帯だらけで身体は動かない。まだ夢を見ているようだ。しばらくたち、すずは現実を理解し始める。防空壕を出たところで不発弾の爆発に遭ったのだ。すずは、底知れぬ絶望と悲しみに襲われ…。

数日後、呉中が空襲に遭い、北條家の周辺も焼夷弾の被害に。そんな中、戦局の変化で訓練が中止になった周作(松坂桃李)が家に帰ってきた。周作はすずを労うが、夫の顔を見て緊張がゆるんだすずは倒れてしまう。

といのが、この世界の片隅にの7話のあらすじです。

ドラマ。この世界の片隅に、6話の視聴率は、8.5%

この世界の片隅に、6話の視聴率は、どうなるでしょうね。

この世界の片隅に、1話の視聴率は、10.9%でした。2話の視聴率は、10.5%でした。

この世界の片隅に、3話の視聴率は、9.0%でした。4話の視聴率は、9.2%でした。

この世界の片隅にの5話の視聴率は、8.9%でした。

この世界の片隅にの6話の視聴率は、8.5%でした。微減ですね。アジア大会で放送開始が遅くなりましたから仕方のないところでしょう。

この世界の片隅にの主なキャスト、出演者、登場人物についてなど

北條(浦野)すず(松本穂香)

ドラマ、この世界の片隅にの主人公、浦野すずは、松本穂香さんです。

北條周作と結婚して、北条家の嫁になりますね。

この浦野すずの物語が、「この世界の片隅に」ですね。

北條周作(松坂桃李)

すずの夫の北条周作は、松坂桃李さんですね。

幼い頃に出会った、すずのことを覚えていて、結婚を申し込みます。

生真面目な性格ですが、白木リンとは、関係があるようです。

水原 哲(村上虹郎)

すずと幼なじみの水原哲は、村上虹郎さんです。

お互い、初恋の相手のようで、想いあっていると思っていましたが、周作が現れて、すずが結婚したことで、関係が変わっていくということですね。

白木リン(二階堂ふみ)

朝日遊廓「二葉館」の遊女、白木リンを、二階堂ふみさんが演じます。

すずとも仲良くなりますが、周作との仲もあるということで、微妙な立場にあるようです。

すずとリン、周作との関係も、「この世界の片隅に」では、気になるところです。

浦野十郎(ドロンズ石本)

すずの父親の浦野十郎は、ドロンズ石本さんです。

浦野キセノ(仙道敦子)

すずの母親、浦野キセノは、仙道敦子さんですね。この「この世界の片隅に」で、久々のドラマ復帰ということです。

原爆投下後に、消息を絶ってしまうようです。

 

ドラマ、この世界の片隅にの主な出演者はこのような感じです。

他にも、出演者、登場人物はいます。どのように、物語に関わってくるのでしょうね。

「この世界の片隅に」の各回のネタバレ、あらすじなど

この世界の片隅に 最終回。ネタバレあらすじ。感想。北條すず(松本穂香)や北條周作(松坂桃李)たちはどうなる?見逃し配信動画。キャスト。視聴率

この世界の片隅に。8話ネタバレあらすじ。感想。終戦後、北條すず(松本穂香)たちはどうなって行くのか?見逃し配信動画。キャスト。視聴率

この世界の片隅に 5話。ネタバレあらすじ。感想。水原 哲(村上虹郎)が、北條すず(松本穂香)に会いに来る。見逃し配信動画。ゲスト。キャスト

この世界の片隅に。4話ネタバレあらすじ。感想。北條すず(松本穂香)が妊娠?見逃し配信動画。キャスト。視聴率

この世界の片隅に 3話。ネタバレあらすじ。感想。見逃し配信動画。北條すず(松本穂香)が白木リン(二階堂ふみ)と出会う。キャスト。視聴率

この世界の片隅に。2話、ネタバレあらすじ。感想。北條すず(松本穂香)と北條周作(松坂桃李)の新婚生活の危機?見逃し配信動画。キャスト。視聴率

この世界の片隅に 1話ネタバレあらすじ。感想。ドラマ。浦野すずと北條周作が出会って結婚する?見逃し配信動画。キャスト。視聴率

ドラマ、この世界の片隅に。ネタバレあらすじ。1話から最終回の結末まで。見逃し配信動画。キャスト、主題歌。視聴率は?最終回はいつ?

この世界の片隅に、5話。ネタバレ。結末

すず以外、みんな風邪をひく。
ザボンが食べたいと言い出す、黒村径子。

闇市に買いに行く、北條すず。

そして、二葉館にも寄るすず。
お茶碗を、渡してくれと頼む

その様子を、白木リンが見ている

帰って、ザボンをむいてみんなに食べさせる、北條すず

平成30年8月 広島市
近江佳代:持ち主に向うで会う。
江口浩輔:北條さん?
佳代:親友、世界で一番好きな人。
本とかCDも貸し借りする。

と、北條さんがやって来る。

昭和20年3月
爆撃機が、たくさんやって来る

以上、この世界の片隅に、6話のあらすじ、ネタバレ、キャスト、感想、視聴率などでした。

 

記事まとめ

シェア

フォロー