スポンサーリンク

↓ ドラマの見逃し配信動画はこちら

FOD Hulu WOWOW

↓ ドラマの見逃し配信動画はこちら

FOD Hulu WOWOW

Feedlyでの購読はこちら
follow us in feedly

この世界の片隅に 7話。ネタバレ、あらすじ。感想。北條すず(松本穂香)が黒村晴美(稲垣来泉)が亡くなった悲しみと向き合う。見逃し配信動画。キャスト。視聴率

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ、この世界の片隅に。7話のネタバレあらすじ。見逃し配信動画。キャスト、主題歌。視聴率。松本穂香さん主演の夫婦のドラマ

「この世界の片隅に」の7話は、2018年9月2日(日)夜9時放送です。

ドラマ、この世界の片隅にの7話は、北條すず(松本穂香)が、空襲で黒村晴美(稲垣来泉)が亡くなった悲しみに向き合うようですね。

また、呉にも空襲があって、北條家の家の近くも被害を受けるようです。

そんな中、北條周作(松坂桃李)が家に帰って来るということです。この世界の片隅に、7話、ここからどうなるのでしょう。
ということで、この世界の片隅にの7話は、どんな展開になるのでしょうか。以下、「この世界の片隅に」の7話のあらすじ、ネタバレ、感想、キャスト、見逃し配信動画、視聴率などです。

この世界の片隅に7話の見逃し配信動画は、Paraviで見られるようになるはずです。

「この世界の片隅に」の6話、5話、4話のネタバレあらすじ、感想、見逃し配信動画などはこちら

この世界の片隅に。6話ネタバレあらすじ。感想。花見をする北条家。北條周作(松坂桃李)が武官になる。見逃し配信動画。キャスト。視聴率

この世界の片隅に 5話。ネタバレあらすじ。感想。水原 哲(村上虹郎)が、北條すず(松本穂香)に会いに来る。見逃し配信動画。ゲスト。キャスト

この世界の片隅に。4話ネタバレあらすじ。感想。北條すず(松本穂香)が妊娠?見逃し配信動画。キャスト。視聴率

ドラマ、この世界の片隅に。ネタバレあらすじ。1話から最終回の結末まで。見逃し配信動画。キャスト、主題歌。視聴率は?最終回はいつ?

目次

 

 

スポンサーリンク

この世界の片隅に、7話。ネタバレあらすじ。感想。動画。見逃し配信動画。キャスト。視聴率。北條すず(松本穂香)が黒村晴美(稲垣来泉)が亡くなった悲しみと向き合う

この世界の片隅に。7話

この世界の片隅に 7話

「この世界の片隅に」7話の主なキャスト、出演者

「この世界の片隅に」の主なキャスト、出演者

北條(浦野)すず(松本穂香)
北條周作(松坂桃李)

水原 哲(村上虹郎)
刈谷幸子(伊藤沙莉)
堂本志野(土村 芳)
浦野十郎(ドロンズ石本)
浦野すみ(久保田紗友)
浦野すず(幼少期)(新井美羽)
黒村晴美(稲垣来泉)
白木リン(二階堂ふみ)

黒村径子(尾野真千子)
刈谷タキ(木野 花)
堂本安次郎(塩見三省)
北條円太郎(田口トモロヲ)
浦野キセノ(仙道敦子)
北條サン(伊藤 蘭)
森田イト(宮本信子)

近江佳代(榮倉奈々)<現代篇>
江口浩輔(古舘佑太郎)<現代篇>

北條節子(香川京子)<現代篇>

「この世界の片隅に」の主人公、北条すずは、松本穂香さんです。その夫の北条周作は、松坂桃李さんですね。

また、共演者たちも豪華です。

宮本信子さんや伊藤蘭さんなどが共演されます。また、仙道敦子さんが、久しぶりにドラマに復帰ということですね。

 

この世界の片隅に、7話のゲスト出演者は?

この世界の片隅にのゲスト出演者は、どうなるのでしょうね。

そこまで多くはないかもしれませんが、登場する可能性はあるかもしれませんね。ドラマオリジナルの登場人物も、もしかしたら、いるかもしれませんから。

この世界の片隅にの脚本、演出、プロデューサー、音楽など

脚本:岡田惠和
音楽:久石 譲
演出:土井裕泰
プロデュース:佐野亜裕美

脚本は、岡田惠和さんです。音楽が、久石譲さんですね。

こういった方たちが、ドラマ、この世界の片隅にのスタッフです。

ドラマ、この世界の片隅にの原作

ドラマ、この世界の片隅にの原作は、マンガ「この世界の片隅に」です。

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

  • 作者: こうの史代
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2008/01/12
  • メディア: コミック

この原作をもとに、映画のアニメができて、ヒットしましたよね。そして、今回、TBSの日曜劇場でドラマ化ということです。

「この世界の片隅に」7話の予告動画

「この世界の片隅に」7話の予告動画

ドラマ、この世界の片隅にの7話は、黒村晴美が亡くなって、その悲しみに呆然とする北條すずということですね。

そんな中、北條周作が帰って来るということです。

すずたちは、ここからどうなるのでしょうか。

この世界の片隅にの公式Twitter、Instagramなど

この世界の片隅にの公式Twitter

この世界の片隅にのTwitter

この世界の片隅にの公式Instagram

この世界の片隅にのInstagram

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

ドラマ、この世界の片隅にの7話のネタバレあらすじ

以下、この世界の片隅にの7話のあらすじ、ネタバレなどです。

この世界の片隅にの7話のあらすじ

この世界の片隅に7話、あらすじ。晴美が亡くなって

すず(松本穂香)が目を覚ますと、そこは北條家だった。全身包帯だらけで身体は動かない。まだ夢を見ているようだ。しばらくたち、すずは現実を理解し始める。

前回の「この世界の片隅に」の6話で、空襲に合った、北條すずと、黒村晴美。

それから、すずは、目を覚ますと、北條家ということです。

すずは助かって、晴美が。。。ということですね。

この世界の片隅に。7話のあらすじ。北條すずは、絶望と悲しみに襲われる

防空壕を出たところで不発弾の爆発に遭ったのだ。すずは、底知れぬ絶望と悲しみに襲われ…。

すずと晴美が防空壕を出たところで、不発弾が爆発しました。

すずは、絶望と悲しみに襲われるということです。

それは、そうですよね。辛いですね。

この世界の片隅に、7話、あらすじ。北條周作が帰ってきて

数日後、呉中が空襲に遭い、北條家の周辺も焼夷弾の被害に。そんな中、戦局の変化で訓練が中止になった周作(松坂桃李)が家に帰ってきた。周作はすずを労うが、夫の顔を見て緊張がゆるんだすずは倒れてしまう。

それから数日後、呉中が空襲にあって、北條家の周辺も被害にあうということです。

そこに、北條周作が帰って来るということですね。

すずは、周作を見て、倒れてしまうということで、心労、体も辛いということですよね。

というのが、この世界の片隅に、7話のあらすじです。

この世界の片隅にの7話のネタバレ

この世界の片隅にの7話のネタバレあらすじ

黒村晴美が亡くなる。この世界の片隅に。7話

黒村晴美と、北條すずが、不発弾に。

そして、北條すずは、気がつく。
気がつくと、北條家。

黒村径子:あんたがついとりながら
北條すず:ごめんなさい
径子:なんで。人殺し。晴美を返して、返して。なんで晴美が死ななならんの!

北條サン:ごめんね、すずさん。あの子もわけわからんようになって。ほんまにあんたが助かっただけでもえかったと思ってるんよ。早よ元気になってね

すずは、右手がないことに気がつく

黒村径子と刈谷幸子、堂本志野
刈谷幸子:径子さん、なんて言うていいか
径子:悪いけど、すずのことは考えられん。正直、あの子が悪いのはわかってるけど。なんで、逆じゃないんって思ってしまう。じゃけ、あんたらが、なんとかせえ、すずのこと。

晴美のことを思い出し、泣く径子

右手のことを考える、北條すず。
刈谷幸子、堂本志野が、やってくる
北條すず:まだある気がするんよ、右手。なんか困った。
幸子:何が?
すず:何もできんけん。あのうちにいても。居場所がないと言うか。消えてしまいたい。なんで、うちも死んでしまわなかったんだろう。なんで、晴美さん、守れんかったんだろう。
幸子が、北條すずを殴る
幸子:殴り返しんさい。悔しかったら、左手で。
と、殴り返す、すず。
志野が、幸子を殴る

浦野の家に、円太郎から手紙。すずの近況を知る、浦野キセノ

この世界の片隅に。7話。周作が帰って来る

昭和20年7月1日
空襲警報。これは、来るかもしれないと。

家の中に、焼夷弾が落ちる。
すずは、北條周作が、この家を守りきれるかいのという言葉を思い出す。
そして、火を消す。

円太郎:家が焼けなくて良かったのう。下のほうは全部焼けてる。

黒村径子は、子供を見て、落ち込んでいる
北條周作が帰って来る

北條周作:すずさん。ケガしたんか。どうした?
北條すず:ごめんなさい
気を失う、すず

周作は、晴美の仏壇に手を合わせる
すず:周作さん、すみません。
周作:大変じゃったのう。謝ることはない。あんたが生きとって良かった。
すず:すみません。

すずは、お願いがあると。
すず:リンさんを、見てきてくれんじゃろうか。友達なんです。お願いします。

すずは、生きていて良かったと言われても、そうじゃろうかと思ってしまう。
歪んどると。

家が燃えたら、出ていけると思っていたと。

この世界の片隅にの7話のネタバレあらすじ。後半

この世界の片隅に。7話。浦野すみがお見舞いに来る

径子が、北條すずの右手の包帯を取り替える。
と、妹の浦野すみがやって来る

キセノも十郎も泣いたと。
すみ:心配しとる。代表してお見舞いじゃ
すず:大変じゃったろ、呉に来るまで
すみ:将校に送ってきてくれた。すぐに帰らな

すみは、家のことができないなら、広島に帰ってこいと。

空襲が頻繁に起こる

昭和20年7月28日
空襲警報

すずは、サギを見かける。山を越えて、逃げろと
戦闘機からの銃撃
周作:アホか!死ぬ気か
すず:サギが飛びよりました。

すず:うち、広島に帰ります。
周作:戻ってこんつもりか?手のこと、気にしとるんか?
すず:うちは、性根が歪んどりますけん。冴えん。
周作:この一年、あんたがいるうちに帰れて幸せだった。あんたは違うんか?
すず:帰る。帰る。広島に帰る。
周作:おお、そうか。勝手にせい。
出て行くすずには関係ないから、白木リンの消息は、絶対に教えないという周作

平成30年 広島 江波
近江佳代と、節子。江口浩輔
節子は、自分がどこで生まれていつ生まれたか知らない

この世界の片隅に。7話、ネタバレ。結末へ

昭和20年8月6日
浦野キセノは、すずは帰ってこないのかと、十郎たちと話す。

すずは、広島に帰る準備をしている。今日はお祭りだと
径子:どうせ間に合わせんよ。お祭りには。汽車の切符は簡単には取れんもん。
と、もんぺを作ってくれていた、黒村径子
すず:ありがとうございます
径子:こないだは悪かった。晴美が死んだんをあんたのせいにしたりして。すず、私は、好いた人に早よ死なれた。息子には会えなくなった。そして、娘は死んだ。でも、自分で選んだ。幸せ。言いなりとは違う。あんたの人生はさぞつまらんと思うとった。
いつでも帰ればいいと思っていたという。
径子:うちは、あんたの世話や家事ぐらい、どうってことない。気兼ねなどせんと、自分で決めえ。あんたが嫌にならん限り、すずの居場所はここじゃ

と、外が光る

すず:やっぱり、ここにおらしてもらえますか。
径子:わかった

と、家が揺れる
外に出ると、巨大な雲のような、爆発の爆煙が見える。

昭和20年8月7日
すずは、心配してる

噂があるが、何が起こったかわかっていない。
円太郎:どうやら広島に、新型爆弾が落ちたというのが、正しいようじゃの。すまん、すずさん。

江波に電話がつながらないと

女性たちが、足袋を作っている。
そして、広島に持って行くという
すずは、一緒に行きたいと
しかし、それは無理だと言われる。

径子:ケガ人は、足手まといじゃろ
すずは、髪を切る
すず:迷惑はかけんようにします。連れてってください

以上、この世界の片隅に。7話のネタバレあらすじでした。

ドラマ。この世界の片隅に7話の見逃し配信動画は、Paraviで見られるようになるはずです。

この世界の片隅に、7話の感想、視聴率など

この世界の片隅に。7話の感想

ドラマ、この世界の片隅にの7話は、北条すずと黒村晴美が、不発弾にあった後の話ですね。

すずは、命は助かりましたが、右手を失ってしまいました。

そして、晴美は、死んでしまいましたね。

辛いですね。

晴美の母親の黒村径子は、すずに、当たりますね。

違うとわかっていても、感情をどこかにぶつけないと、やっていられないというのがあるのでしょう。悲しいですね。というのが、まずは、この世界の片隅にの7話の感想です。

この世界の片隅に。7話。感想、あらすじ。北条すずは、命は助かったが

そして、北条すずは、落ち込みますし、すみませんと、謝ってばかりです。

また、周りに助かってよかったと言われても、素直によかったとは思えない。そして、いなくなったほうが良いと思ってしまっていました。

まあ、そう思ってしまうのも無理はないかもしれません。

晴美とも仲がよかったですしね。

そして、呉に、周作が戻ってきます。

しかし、すずは、謝るばかりで、前向きにはなれないですね。

そんな中、妹のすみがお見舞いにやってきて、広島に帰ってきたらと言います。

迷う北条すずでしたが、結局、広島に帰ろうと思いますね。

そして、まさに帰ろうと思っていた8月6日に、原爆が広島に落とされます。

と、その時に、径子に、ここが居場所だから、嫌じゃなければ、ここにいていいと言われて、呉に残ることにしたすずでした。

が、広島が心配で、広島に行きたいと言い出しますね。

ここまでが、この世界の片隅にの7話でした。

やっぱり、戦争は、ひどいというか、むごいですね。どうしようもないというか。

ここから、終戦に向かいます。北条すずたちは、どうなって行くのでしょうか。

この世界の片隅に、8話のあらすじ

広島の方角の空には見たこともない巨大なきのこ雲が。新型爆弾が落とされたという。すず(松本穂香)は江波に住む家族が心配で仕方ないが、ひとりでできることはない。やがて帰宅した周作(松坂桃李)に心配されるが気丈に振る舞う。そして、すずはもっと強くなりたいと心に誓うのだった。

数日後、北條家に回覧板が回ってきた。正午から重大発表があるからラジオの前で待機するようにという通達だ。サン(伊藤蘭)や径子(尾野真千子)だけでなくタキ(木野花)ら近隣住民も北條家に集まり…。

というのが、この世界の片隅にの8話のあらすじです。

ドラマ。この世界の片隅に、7話の視聴率

この世界の片隅に、7話の視聴率は、どうなるでしょうね。

この世界の片隅に、1話の視聴率は、10.9%でした。2話の視聴率は、10.5%でした。

この世界の片隅に、3話の視聴率は、9.0%でした。4話の視聴率は、9.2%でした。

この世界の片隅にの5話の視聴率は、8.9%でした。6話の視聴率は、8.5%でした。

この世界の片隅にの7話の視聴率は、9.8%でした。アップしましたね!

この世界の片隅にの主なキャスト、出演者、登場人物についてなど

北條(浦野)すず(松本穂香)

ドラマ、この世界の片隅にの主人公、浦野すずは、松本穂香さんです。

北條周作と結婚して、北条家の嫁になりますね。

この浦野すずの物語が、「この世界の片隅に」ですね。

北條周作(松坂桃李)

すずの夫の北条周作は、松坂桃李さんですね。

幼い頃に出会った、すずのことを覚えていて、結婚を申し込みます。

生真面目な性格ですが、白木リンとは、関係があるようです。

水原 哲(村上虹郎)

すずと幼なじみの水原哲は、村上虹郎さんです。

お互い、初恋の相手のようで、想いあっていると思っていましたが、周作が現れて、すずが結婚したことで、関係が変わっていくということですね。

白木リン(二階堂ふみ)

朝日遊廓「二葉館」の遊女、白木リンを、二階堂ふみさんが演じます。

すずとも仲良くなりますが、周作との仲もあるということで、微妙な立場にあるようです。

すずとリン、周作との関係も、「この世界の片隅に」では、気になるところです。

浦野十郎(ドロンズ石本)

すずの父親の浦野十郎は、ドロンズ石本さんです。

浦野キセノ(仙道敦子)

すずの母親、浦野キセノは、仙道敦子さんですね。この「この世界の片隅に」で、久々のドラマ復帰ということです。

原爆投下後に、消息を絶ってしまうようです。

 

ドラマ、この世界の片隅にの主な出演者はこのような感じです。

他にも、出演者、登場人物はいます。どのように、物語に関わってくるのでしょうね。

「この世界の片隅に」の各回のネタバレ、あらすじなど

この世界の片隅に 最終回。ネタバレあらすじ。感想。北條すず(松本穂香)や北條周作(松坂桃李)たちはどうなる?見逃し配信動画。キャスト。視聴率

この世界の片隅に。8話ネタバレあらすじ。感想。終戦後、北條すず(松本穂香)たちはどうなって行くのか?見逃し配信動画。キャスト。視聴率

この世界の片隅に。8話ネタバレあらすじ。感想。終戦後、北條すず(松本穂香)たちはどうなって行くのか?見逃し配信動画。キャスト。視聴率

この世界の片隅に。6話ネタバレあらすじ。感想。花見をする北条家。北條周作(松坂桃李)が武官になる。見逃し配信動画。キャスト。視聴率

この世界の片隅に 5話。ネタバレあらすじ。感想。水原 哲(村上虹郎)が、北條すず(松本穂香)に会いに来る。見逃し配信動画。ゲスト。キャスト

この世界の片隅に。4話ネタバレあらすじ。感想。北條すず(松本穂香)が妊娠?見逃し配信動画。キャスト。視聴率

この世界の片隅に 3話。ネタバレあらすじ。感想。見逃し配信動画。北條すず(松本穂香)が白木リン(二階堂ふみ)と出会う。キャスト。視聴率

この世界の片隅に。2話、ネタバレあらすじ。感想。北條すず(松本穂香)と北條周作(松坂桃李)の新婚生活の危機?見逃し配信動画。キャスト。視聴率

この世界の片隅に 1話ネタバレあらすじ。感想。ドラマ。浦野すずと北條周作が出会って結婚する?見逃し配信動画。キャスト。視聴率

ドラマ、この世界の片隅に。ネタバレあらすじ。1話から最終回の結末まで。見逃し配信動画。キャスト、主題歌。視聴率は?最終回はいつ?

以上、この世界の片隅に、7話のあらすじ、ネタバレ、キャスト、感想、視聴率などでした。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう