ごめん、愛してる。5話のネタバレ、あらすじ。凛華が、律や若菜たちと暮らし始めるが。感想。キャスト、視聴率。見逃し配信動画

シェアする

スポンサーリンク

ごめん、愛してる。5話のネタバレ、あらすじ。感想。キャスト、原作。視聴率。

ごめん、愛してる、第2章がスタートということで、ごめん、愛してる、5話は、三田凛華(吉岡里帆)が、河合若菜(池脇千鶴)や岡崎律(長瀬智也)などと一緒に暮らすことになるようです。これで、凛華と律の関係も変わっていくのでしょうか。

また、サトルと塔子も婚約するようですね。それぞれ、幸せに向かっていく感じですが、このまま進んでいけるのか。だと良いのですが、ごめん、愛してる、5話、どうなるでしょう。

火種は、律と麗子の関係のような気がするのですが、ドラマ、ごめん、愛してる、5話どんなストーリーだったのでしょうか。
以下、ごめん愛してる、5話のネタバレ、あらすじ、感想、視聴率などです。
ごめん愛してる、5話を見逃した方は、見逃し配信が、U-NEXTで見られます。
U-NEXT

ごめん、愛してる、4話、3話のあらすじ、ネタバレ、感想、視聴率などはこちら

ごめん、愛してる。4話のネタバレ、あらすじ。感想。凛華がサトルの付き人をやめる?キャスト、原作。視聴率。動画

ごめん、愛してる。3話のネタバレ、あらすじ。サトルが塔子にプロポーズをする。感想。キャスト。原作。視聴率

ごめん、愛してる。あらすじ。ネタバレ、キャスト、原作。視聴率は?最終回はいつ?TOKIOの長瀬智也さん主演。吉岡里帆さんがヒロイン

ごめん、愛してる・5話

ごめん、愛してる 5話

ごめん、愛してる。5話のネタバレ、あらすじ。感想。キャスト。視聴率。凛華が、律や若菜たちと暮らし始めるが。見逃し配信動画

ごめん、愛してるの5話のキャスト

岡崎 律:長瀬智也
三田 凛華:吉岡里帆
日向 サトル:坂口健太郎

日向 麗子:大竹しのぶ
河合 若菜:池脇千鶴
河合 魚:大智

古沢 塔子:大西礼芳
黒川 龍臣:山路和弘
立花 さと子:草村礼子
加賀美 修平:六角精児
三田 恒夫:中村梅雀

ごめん愛してるの5話の予告動画

ごめん、愛してるの公式Twitter

ごめん、愛してるの公式Twitter

ごめん、愛してる。5話のネタバレ、あらすじ

以下、ドラマ、ごめん、愛してる、5話のネタバレ、あらすじです。

ごめん、愛してる、5話のあらすじ

律(長瀬智也)と若菜(池脇千鶴)、魚(大智)と一緒に暮らし始めた凜華(吉岡里帆)。律は、今までになく心が落ち着いている自分を感じていた。

凛華は、アメリカに行かないで、律と若菜、魚と一緒に暮らし始めるということです。

前回の「ごめん、愛してる」4話の律の願いを聞いてなのか、若菜の家で、律たちと暮らすようですね。

そして、心が落ち着いているのを感じるということで、それは幸せを感じているということなのかもしれません。

そんなとき、若菜が仕事を失う事態に。働きたい、と訴える若菜を見て、凜華は彼女を日向家で雇い入れることを提案する。律は渋い顔だ。そして若菜から律について聞いた恒夫(中村梅雀)は、律があの時の子供だと確信する・・・。

そんな時に、若菜が、仕事がなくなってしまうようです。

それを見て、凛華が日向家で働くことを提案するようです。律は、それはどうかと思うようですが。若菜から、恒夫は律のことを聞いてしまうようですね。そして、若菜は正直に答えてしまうのでしょう。

 一方、サトル(坂口健太郎)と塔子(大西礼芳)が婚約。その婚約パーティーで麗子(大竹しのぶ)はピアノを弾くことに。

また、サトルと塔子が婚約するようです。結婚に向かっていますね。塔子がサトルの愛を受け入れたということなのでしょうか。

そして、その婚約パーティーで麗子がピアノを弾くことになるようですが。弾けるのでしょうか。

というのが、ごめん、愛してる、5話のあらすじです。

以下、ごめん、愛してる、5話のネタバレです。

ごめん、愛してる、5話のネタバレ

律は、手がしびれている。

律がスマホで録画。
律:一日一善。うまい飯を食うって意味かと思っていたが違った。一日一日大切にして行くことにした。そして家族を大切にする。俺のそばにいる。俺が大事だと思っている人間だ。魚、若菜、そして、ボケちんだ。

日向サトルのコンサート
緊張している。

凛華も聞きに来ている。
うまく弾き終える。
会場を出て行く、凛華

若菜がホットドッグを売っている
凛華も合流する。
例の男がやって来る。
男:このあたりを仕切っている、組の者なんだよ。
と、屋台を壊されてしまう。
そして、男に小学生の息子を痛い目にあわせられたくなかったら、大人くしてろと。

若菜は働くところがない。
律:俺がいる限り大丈夫だし。
凛華:私も、バイト探す。
若菜:若菜も働きたい。若菜は、魚の母ちゃんだから、魚の給食とご飯のお金はなんとかする。魚のことは産んじゃいけないって、みんなに反対されたの。園長先生だけ若菜ちゃんはできるよって。

塔子がサトルと結婚してもいいと。ごめん、愛してる。5話のあらすじ

サトルが、塔子に電話する
大事な話があると。
塔子:結婚のこと。いいわよ。結婚してあげる。今、ちょっと手が離せないんだ。あとで電話くれる。

私、結婚するから。パパはさ、女の人を取っ替え引っ替えして、ママを家から追い出しちゃったでしょ。私は、絶対にそうならない。だから、結婚しないと思っていた。

婚約披露パーティーをしようと、サトルは思っている。
そこで、麗子にピアノを弾いてもらいたいと。
サトル:塔子に惹かれたのは、お母さんに似ているからだよ。音楽に身も心も捧げてる。どうしてピアノをやめちゃったの?
麗子:人前ではもう弾きたくないの。
サトル:僕のためでも?もったいないよ。だからさ、もう一度だけ、僕のためにピアノを弾いて欲しいんだ。

律と凛華
凛華:家賃ぶんぐらい稼ぐから。日向家のみんなは変わりない?サトルと塔子さん、順調?
律:さあ。
凛華:結婚とか、すんのかな?
律:自分で本人に確認すればいいだろう。
凛華:聞けるわけないでしょ。アメリカに行っていることになっているわけだから。
律:まあ、あの二人は順調だよ。結婚も秒読みじゃあねえか。満足したか?トドメを刺して欲しかったんだろう。
凛華:さあ、英語の勉強しよう。この本、覚えたら、アメリカにいく。
律:諦めたんじゃねえのか。
凛華:チャンてさあ、私のこと相当好きだよね。
律:はあ。かわいそうだから、置いてるだけだろう。勉強して、さっさと出ていけ

麗子がピアノを練習してる。
律が聞いている。

車の掃除していると、フリージャーナリストの加賀美がやって来る。
加賀美:母親のことはどうなんだ?
律:書きたきゃ、勝手に書け!なんで俺にこだわるんだよ。母親にか。
加賀美:母親か、腹の中では、母親と思ってるんだろ

凛華がサトルに見つかる。ごめん、愛してる。5話のネタバレ

凛華は、アルバイトを探している。
凛華が、本屋で、サトルの写真集のサイン会、握手会をやっているのを見つける。
しかし、帰ってしまう

サトルが、走って来る。
凛華:私ね、今、りゅうさんのところにお世話になってるんだ。あの人の家族といるの。ごめん、ずっと黙ってて。
サトル:なんで、急に行くのやめたの?
いろいろあって。一人でアメリカ行くの、怖かったんだ。
サトル:なんかごめんね。またうちで働けばいいのに。
凛華:でも、新しいマネージャーさん、いるでしょ。私、もういいよ
サトル:僕、凛華はずっと僕のそばにいるだと思ってた。凛華だって、いつか結婚したり、離れることあり得るのに。そういうの一度も想像したことなかった。一人ぼっちになるなんて。
凛華:塔子さんいるじゃん。結婚するの?
サトル:うん。
凛華:おめでとう。
サトル:ありがとう。じゃあ、もう行くね
凛華:ねえ、サトル、一個だけお願い事いい。

若菜が、日向家で働くことに
サトルが、若菜を雇いたいと、麗子に伝える。
麗子:あなたがそうしたいなら、そうすれば

そこに、三田恒夫が入ってくる。
恒夫:あの男の家にいたって!
凛華:一人でアメリカに行くの怖くて。
恒夫:お前、家から出るな。ここにいなさい。

若菜と恒夫
若菜が、麗子の若い頃のアルバムの写真に指輪を見つける。
若菜:この指輪、同じ。
恒夫:りゅうくんが、同じものを持っていましたね。
若菜:りっくんだよ。岡崎律。

律たちがいた施設、つばめ園に行く、三田恒夫
園長:確かにこの園にいた、岡崎律くんです。
恒夫:どうして日本に帰ってきたんでしょう?
園長:母親を探しに来たんではないでしょうか。子供って、母親が恋しいんですよ。たとえ、自分を捨てた母親でもね。律くんもそうだったんじゃないかしら

恒夫が後悔している様子。

麗子が、凛華にサトルの婚約披露パーティーのドレスとアクセサリーを選んで欲しいと。
しかし、サトルにもらったルビーの指輪がないと。

麗子:あなた、指輪触らなかった?
若菜:触ってません。
麗子:服、脱いでくれる?エプロン外してくれる
エプロンを外そうとする麗子。

そこに、律たちが帰って来る
麗子:この子がとったんじゃないかと思って。

若菜:とってない。
律:大丈夫だ、お前はとってない。人を見た目で決めつける奴は、脳味噌が足りねえんだ。もう少し頭使って、もの考えられねえのか。若菜はもうここで働かせねえ。俺のことをクビにしたけりゃしろ。行くぞ

サトル:りゅうさんのいう通りだと思うよ。勘違いなんじゃないの?謝って、帰って来てもらおうよ。
麗子:なんなのあの男、あんな口の利き方するなんて。
サトルが、ルビーの指輪を見つける

サトルが、律の家に来る。
サトル:ごめんなさい。指輪見つかりましたよ。母のこと許してやって欲しいんだ。心では悪いと思っても、ごめんなさいって言えない人なんだ。戻ってもらえるかな。
若菜:戻ってあげたら

麗子は、ピアノの練習をしている。ごめん、愛してる。5話の結末へ

麗子は、ピアノの練習をしている。それを聞いている律。
うまく弾けずにイライラしている。
律:あいつに来いって言われたんで。
麗子:ごめんなさい。指輪のことは、私の勘違いだったわ。私も昔はよく、見かけで損したわ。お金がなくて、いつも同じ服着てたから。教室の中でものがなくなると、真っ先に私が疑われたわ。若い頃、人にされて、あんなに嫌だったことを、人にするなんて、醜いわよね。そのサトルも私から去って行く。あの子、私にもう一度ピアノを弾けって言うの。人の笑い者になるのがオチだわ。私、何しゃべってんのかしら、あなたなんかに
律:ピアノのことはよくわかんねえけど。あんたのピアノを聞いていると、子守唄を聞いてる気分になる。あいつにとっての子守唄なんだ。母親なら、ただそれを弾いてやればいいじゃないですか。

婚約披露パーティー
麗子がピアノを弾いている。弾き終わって、みんな拍手。
サトル:お母さん、ありがとう。やっぱりお母さんは、世界一のピアニストです。少しでも母に近づけるように、精進します。僕と塔子を見守っていてください。
その様子を見ている、律。

塔子の父親の容体が急変。時間できたら行きます。

サトルと凛華
凛華:おめでとう。よかった。旅行、楽しんできて。
サトル:じゃあ、行くね。

ピアノから立ち上がろうとすると、ふらつく麗子。支える、律。
麗子:触らないで

サトルと塔子
サトル:いいパーティーだったね。
塔子:お母さんに認めてもらえてよかった。
薬を忘れる、サトル

凛華と律
凛華:どうしたの?元気ないじゃん。いんだよ、私が元気ないのは。でもチャンが元気ないのは、おかしいでしょ。
律:俺だって、たまには元気が無くなる時もある。死にたくなる時もある。
凛華:死にたいの?
律:いや。生きてても意味ねえなあって。
凛華:ダメだよ。そんなの。
律:じゃあ、元気くれよ。抱きしめてくれ
凛華:わかったよ
抱き合う二人
律:俺の名前は、チャンじゃない。律って名前があるんだ。案外、気に入ってんだよ。律って呼んでくれ
凛華:律。いい子、いい子。

その様子を、サトルが見ている

恒夫と麗子
サトルの婚約が、ネットのニュースになっている。
麗子の隠し子も、ニュースになっている!

ごめん、愛してる。5話、最後、麗子の隠し子についても、ニュースになってしまいましたね。ここから、話が急展開していきそうですね。
以上、ごめん愛してる、5話のネタバレ、あらすじでした。
ごめん愛してる、5話を見逃した方は、見逃し配信が、U-NEXTで見られます。
U-NEXT

ごめん、愛してる。5話の感想、視聴率など

ごめん、愛してる。2話のネタバレ、あらすじ。岡崎律は母に復讐するのか?感想。キャスト、原作。視聴率

ごめん、愛してる。1話のネタバレ、あらすじ。感想。岡崎律と三田凛華の出会い。キャスト、原作。視聴率

ドラマ、ごめん、愛してる、5話の感想

ドラマ、ごめん、愛してるの5話の感想。

ごめん、愛してる、5話。前回の4話から、また関係が変わっていきそうですね。

若菜が、日向家で働くことになるようです。これで、三田恒夫が律が麗子の息子だと確信するようですね。

ここから、律と麗子の関係も変わっていくのでしょうか。

そして、サトルが塔子と婚約ということで、関係が変わりますよね。

これが、律や凛華に何か影響があるのかどうか。ごめん、愛してる、5話、それぞれ幸せな感じになりつつありますが、安定していくのかどいうか。気になりますね。

今回の「ごめん、愛してる」5話も、さらに人間関係が複雑になって来ていますね。というのが、まずは感想ですね。

若菜が働くところがなくなって、日向家で働くことになって、そこから律の正体に、恒夫が気がついているようでした。

そして、指輪がなくなって、若菜が疑われ。まあ、これは、サトルが指輪を見つけて、解決しましたが、サトルは、塔子と婚約して。

麗子は、サトルが自分の元からいなくなるのが寂しく、そんな麗子を見て、律が寂しくなって。凛華にすがるようでしたよね。

そして、凛華も、サトルが塔子と婚約ということで、寂しいのでしょう。その様子を、サトルは見ていて、何か感じているようでしたよね。

なんだか、「ごめん、愛してる」5話は、また切なくなっていっています。ここから、この人間関係はどうなっていくのでしょう。

ここから、律と凛華の関係が変わっていくと、いろいろ動いていきそうですよね。と思っていたら、麗子の隠し子の話が、ニュースになっていて、ごめん、愛してる、6話以降がどうなるのか。話が展開していきそうです。「ごめん、愛してる」6話は、かなり話が進むのかもしれません。

ごめん、愛してる、4話のネタバレ、あらすじなど

ごめん、愛してる。4話のネタバレ、あらすじ。感想。凛華がサトルの付き人をやめる?キャスト。視聴率。動画

じゃあねと言った後、律は頭が痛くなり、ハンドルに倒れて、クラクションがなる。
凛華:どうしたの?救急車呼ばなきゃ。
律:医者はいい。やめろ

律をアパートまで送る、凛華
介抱する凛華
律:いい気持ちだ。ありがとな。アメリカ行かなくていいのか?
凛華:今日はもういいの。諦めた。
眠る律。子守唄を歌う凛華

寝てしまう凛華

そこに、若菜と魚が帰ってくる。
起きる、凛華
律も起きる。

若菜は、同じ施設で育った、魚は反抗期。
律:いまさら帰れないだろう。今日は泊まっていけ。
凛華:チャン、元気だね。
若菜:チャンじゃないよ。律だよ。

4人で寝ている
律:やっぱりアメリカ行くのか?
凛華:行くよ。しつこいよ。明日は送らなくていいからね。
律:わかったよ。
凛華:今日みたいなの、しょっちゅうあるの?お医者さん、行ったほうがいいよ
律:わかった行くよ。

翌日、韓国の病院に電話する律。あとどれくらい生きられるか、聞く。

若菜のホットドックのお店に行く、凛華。
そこに、前の男が来る。
乱暴されそうになる若菜。
凛華:警察呼びますよ!
男は逃げる。

律:あと、3ヶ月だってよ。
自分の余命を知る、律

塔子とサトル。デートしている。手をつないで歩く。
ジャケットのポケットに、凛華が入れた薬が入っているのに気がつくサトル。

律が帰宅すると、若菜たちと凛華が花火をしている。
若菜:悪い奴を追っ払ってくれたんだよ
律:ボケちん。やるじゃないか。

律:お前、アメリカ行くのやめたのか?
凛華:俺は誰かの役に立ちたいって言ってたじゃん。私もそういうとこあるかも。ここにいたら、若菜さんたちの役に立つこともあるのかなと。それって甘えだよね。
律:行かなくていい。ずっと。俺が死ぬまで。
凛華:は、何言ってんの?
律:人には運命ってものがあんだよ。韓国出会ったのは偶然だった。でも日本で出会えたのは運命だと思うんだ。
凛華:何それ?よくキザなこと言えるよね。
律:冗談に決まってるだろ。3ヶ月だけタダにしてやるよ。

4人で花火をする。鼻から血が出る、律

ごめん、愛してる。5話の視聴率

ごめん、愛してるの5話の視聴率、どうなるでしょうね。1話の視聴率、9.8%で、2話の視聴率は、10.0%で、3話の視聴率は、9.5%でした。4話の視聴率は、9.2%でした。

5話は、どうなるでしょうか。

ごめん、愛してるの5話の視聴率は、9.4%でした。微増ですね。

「ごめん、愛してる」5話のネタバレ、あらすじ、感想、視聴率などは、放送終了後に追記予定です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう