ドラマ。アンナチュラル。あらすじ。ネタバレ。1話から最終回まで。見逃し配信。キャスト。視聴率は?最終回はいつ?石原さとみさん主演の法医学ミステリー

シェアする

スポンサーリンク

アンナチュラル。ネタバレ。あらすじ。1話から最終回まで。見逃し配信。キャスト。視聴率。最終回はいつ?石原さとみさん主演の法医学ミステリー

ドラマ、アンナチュラルは、2018年1月12日(金)夜10時からスタートです。

アンナチュラルは、石原さとみさん主演の法医学ミステリーということです。

主人公の三澄ミコト(石原さとみ)は、法医解剖医ということで、死因を探すという役割のようですね。そして、このミコトが、同じく法医解剖医の中堂系(井浦新)と対立しつつも、死因や事件解決に貢献していくというドラマのようです。

アンナチュラルは、ミステリードラマということで、謎を解いていくという展開になって行きますね。久部六郎(窪田正孝)、東海林夕子(市川実日子)とともに、謎を解いていく、三澄ミコト(石原さとみ)を見られるのだろうと思うので、面白そうですね。

ということで、以下、アンナチュラルのあらすじ、ネタバレ、キャスト、視聴率は?最終回はいつ?といったことをまとめておきます。また、アンナチュラルの各回のネタバレなども、この記事に追記していく予定です。

アンナチュラルを見逃した方は、見逃し配信動画が、U-NEXTで見られるようになるはずです。
U-NEXT

ドラマ、アンナチュラル、最終回までのネタバレ、あらすじ感想などはこちら

アンナチュラル。1話。動画。ネタバレあらすじ。感想。三澄ミコト(石原さとみ)が不自然死の原因を探っていく。キャスト。視聴率。見逃し配信動画

アンナチュラル

アンナチュラル

アンナチュラル。ネタバレ。あらすじ。1話から最終回まで。見逃し配信。キャスト。視聴率は?最終回はいつ?石原さとみさん主演の法医学ミステリー

ドラマ、アンナチュラルのキャスト、出演者

三澄ミコト(石原さとみ)
中堂 系(井浦新)

東海林夕子(市川実日子)
久部六郎(窪田正孝)

坂本 誠(飯尾和樹)

神倉保夫(松重豊)

末次康介(池田鉄洋)

木林南雲(竜星涼)

三澄秋彦(小笠原海)
三澄夏代(薬師丸ひろ子)

関谷聡史(福士誠治)

毛利忠治(大倉孝二)
向島 進(吉田ウーロン太)

宍戸理一(北村有起哉)

石原さとみさんが、主演ですね。主人公の三澄ミコトを演じます。
また、ミコトと対立する中堂系を井浦新さんが演じますね。三澄班のメンバーが、久部六郎(窪田正孝)、東海林夕子(市川実日子)ということです。

事件などが起こって死因を解明するということなので、ゲスト出演者などもいるのかもしれませんが、どうなのでしょうね。

アンナチュラルの主なキャスト・出演者についてなど

三澄ミコト(石原さとみ)

三澄ミコトは、このドラマ、アンナチュラルの主人公です。石原さとみさんが演じます。

法医解剖医ということですね。アンナチュラルな死を許せないというのが、主人公の三澄ミコトということのようですね。このミコトが、死因を探っていく姿を描いていく、というのが、このドラマの主な展開のようです。

中堂 系(井浦新)

中堂系も、三澄と同じく、法医解剖医ということです。不自然死究明研究所(unnatural death Investigation laboratory)、UDIの中堂班の解剖医ということですね。

ミコトとは、ことあるごとに対立するようです。

東海林夕子(市川実日子)

東海林夕子は、臨床検査技師ということです。市川実日子さんが、演じますね。

三澄班で、ミコトとは監察医務院時代から面識があり、互いに気の合う同僚ということです。

久部六郎(窪田正孝)

久部六郎は、三澄班の記録員ということです。窪田正孝さんが演じます。

医大生で、バイトとして雇われた新人ということですね。

神倉保夫(松重豊)

神倉保夫は、UDIの所長ということです。松重豊さんですね。

個性のあるUDIのメンバーに苦労しているようです。

これらの主な登場人物が、ドラマ、アンナチュラルの物語を引っ張っていくようですね。

アンナチュラルの脚本、演出、プロデューサーなど

脚本:野木亜紀子

アンナチュラルの脚本は、『逃げるは恥だが役に立つ』『重版出来!』『空飛ぶ広報室』などの野木亜紀子さんです。これは、楽しめそうですね。

プロデューサー 新井順子、植田博樹(TBSテレビ)

プロデューサーは、湊かなえ作品『リバース』『Nのために』『夜行観覧車』のドラマ化を手がけた新井順子さんと、「GOOD LUCK」や「IQ246」などの植田博樹さんです。

演出:塚原あゆ子、竹村謙太郎、村尾嘉昭

演出は、湊作品のドラマで演出を担当した塚原あゆ子さんと、『あなたのことはそれほど』などの竹村謙太郎さん、『リバース』などの監督も担当された村尾嘉昭さんです。

TBSのドラマを作ってきた人たちが集まった感じでしょうか。

ドラマ、アンナチュラルの原作は?

ドラマ、アンナチュラルは、原作などはないようですね。オリジナルのドラマです。

原作のないドラマなので、どういった内容なのか、展開があるのかなどは、わからないままに進んで行くということですね。

アンナチュラルは、原作がないということもありますが、推理のようなところもありそうなので、展開や結末を想像しながら見ることができるドラマになると思うので、面白そうですね。

アンナチュラルの公式Twitter

アンナチュラルの公式Twitter

アンナチュラルの公式Twitter

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

アンナチュラルを見逃した方は、見逃し配信動画が、U-NEXTで見られるようになるはずです。
U-NEXT

アンナチュラルのあらすじなど

ドラマ、アンナチュラルのあらすじ

ドラマ、アンナチュラルのあらすじ

主人公・ミコトの職業は、死因究明のスペシャリストである解剖医。
彼女が許せないことは、「不自然な死(アンナチュラル・デス)」を放置すること。不自然な死の裏側には、必ず突き止めるべき真実がある。偽装殺人・医療ミス・未知の症例…。しかし日本においては、不自然死のほとんどは解剖されることなく荼毘に付されている。その現実に、彼女は個性豊かなメンバーと共に立ち向かうことになる。
このドラマは、新設された「不自然死究明研究所(UDIラボ)」で働く人々の人間ドラマを中心に描きながら、毎回さまざまな「死」を扱いながらも、スピード感と爽快感を持って、「死」の裏側にある謎や事件を明るくスリリングに解明していく、一話完結型の法医学ミステリーである。
全体のテーマは、「死と向き合うことによって、現実の世界を変えていく」。

三澄ミコトの職業は、解剖医です。彼女が許せないのは、不自然な死、アンナチュラルデスを放置しておくこと。

ということで、ここから、アンナチュラルというドラマのタイトルがきているようですね。

このアンナチュラルデスに向き合う、解剖医としての、ミコトたちなどを、このドラマ・アンナチュラルでは描いているということですね。

こういった職業があると言うのは、なんとなくわかっていましたが、アンナチュラルでは、解剖医が「主役」ということですね。

アンナチュラル。あらすじ

「死因」を見つけることによって、今を生きる人々の命を救ったり、社会制度を変えることで未来の危機を回避し、少しでもより良い世界に変えていけたら…。
彼らは一見、特殊な世界に身をおく人々だが、普通の人と変わらない日常を持っている。恋に悩み、家族関係に苦しみ、合コンにも行けば、おいしい食事も食べる。時にケンカをし、友情を育む。感情を抑えて仕事をしようと思いながらも、遺族に共鳴し涙してしまうこともある…。そんな天才でも変人でもない、普通の人々である彼らの姿を丁寧に描いていく。

死と向き合って、死因を見つけることで、事実を知る。

そんなことを可能にしたいということが、このUDIにはあるようですね。

そして、そのUDIのメンバーたちの姿を描いていく。

これが、アンナチュラルというドラマということですね。

というのが、ドラマ、アンナチュラルのあらすじです。

アンナチュラル。1話のあらすじ

アンナチュラル。1話。あらすじ

アンナチュラル。1話のあらすじ

法医解剖医の三澄ミコト(石原さとみ)が働く不自然死究明研究所(unnatural death Investigation laboratory)=通称UDIラボでは、東京都23区外、西武蔵野市を中心に、全国津々浦々で発見された異状死体や犯罪死体を引き受けている。警察や自治体から依頼されて運ばれてくる遺体は年間約400体。その遺体を解剖し、死因を究明するのが、ミコトたちUDIラボの仕事だ。
UDIラボには、三澄班と中堂班の2チームが存在する。三澄班は執刀医のミコト、臨床検査技師の東海林夕子(市川実日子)、記録員の久部六郎(窪田正孝)。中堂班は法医解剖医の中堂系(井浦新)、臨床検査技師の坂本誠(飯尾和樹)。そして、それらの個性的なメンバーを束ねるのが所長の神倉保夫(松重豊)だ。

不自然死究明研究所(UDI)で、三澄ミコトは働いています。年間役400体の遺体が運ばれてくるということです。

その死因を究明するのが、UDIラボの仕事だそうです。

そして、UDIには、三澄班と中堂班の2チームが存在するとのこと。

アンナチュラルは、そんなUDIについてのドラマです。

ドラマ。アンナチュラル。1話のあらすじ

 そんなある日、中年夫婦がUDIを訪ねてきた。一人暮らしで突然死した息子・高野島渡の死因に納得がいかないという。警察医の見立ては「虚血性心疾患」(心不全)。しかし息子は、まだまだ若く、山登りが趣味だというぐらい身体も丈夫で元気だった。心不全という死因は、素人目にも、あまりにも不自然だ。なにか、ほかの原因があるのではないか。夫婦はもっときちんと死因を調べてくれるようにと警察に頼んだが、事件性も不審な点もないと、剣もほろろに断られてしまった、という。

ミコトたちは、さっそく、解剖に取り掛かった。すると心臓にはなんの異状もなく、代わりに、急性腎不全の症状が見つかる。
ミコトたちは、薬毒物死を疑い、詳細な検査にかけるが、死因となった毒物が何かがどうしても特定できない。
そんな折、高野島と一緒に仕事をしていた若い女性同僚が、高野島が亡くなった翌日に、原因不明の突然死を遂げていたことが判明する。

中年夫婦が、突然死した息子・高野島渡の死因に納得が行かないということで、UDIにやってくるということです。

ミコトたちが解剖すると、心不全ではなく、急性腎不全の症状が見つかるということです。

毒物死の可能性があるようですが、毒物を特定できず。

そんな時に、高野島の女性の同僚が、突然死を遂げていたということがわかるということです。というのが、アンナチュラル、1話ですね。

アンナチュラル。1話のあらすじ

 死因を究明すべく高野島のアパートでミコト、六郎、東海林が調査をしていると、高野島の遺体の第一発見者でもある婚約者・馬場路子が現れる。
馬場の仕事は、なんと劇薬毒物製品の開発。
馬場が、もしまだ誰も知らない未知の毒物、すなわち「名前のない毒」を開発していたとしたら……。既存の毒物と比較検出するだけの、現在の毒物鑑定システムでは、「名前のない毒」を検出できない。すなわち、完全犯罪が成立する。
「高野島が死んだときの私のアリバイ?いいえ。一人で自宅にいたのでアリバイはありません」
悠然と微笑む馬場路子に、ミコトたちはどう立ち向かうのか?

高野島のアパートで捜査していると、高野島の婚約者、馬場路子が、やってきます。

馬場の仕事は、劇薬毒物製品の開発だそうです。

これは、怪しいですね。しかし、毒物が発見されないと証拠がないですよね。

というのが、ドラマ、アンナチュラルの1話のあらすじです。

アンナチュラルの予告動画

アンナチュラルの予告動画

ドラマ、アンナチュラルの予告動画です。

不自然な死は許さない。そういうUDIのメンバーたちを描いていくドラマということです。

2018年1月12日(金)夜10時からTBSで放送です。

アンナチュラルの視聴率は、どうなる?

アンナチュラルは、コウノドリ2の次のクールのドラマです。

そう考えると、アンナチュラルの視聴率、いい感じになるのではないかと思うのですが、金曜日のこの時間帯は、裏番組が映画があるので、なかなかむずかしいところもあると思います。

謎解きというかサスペンスで面白そうなので、視聴率もいい感じで進むのではないかと予想しますが、どうなるでしょうね。

オリジナルのドラマは、原作のファンがいない分、このあたりが弱いのかもしれませんが、人気の石原さとみさんが主演で、窪田正孝さんも出演されますから、俳優陣の人気で面白いと思ってもらえると、視聴率も良くなりそうですよね。

ドラマ、アンナチュラルの最終回は、いつ?どうなる?結末は?

ドラマ、アンナチュラルの最終回は、全10話だとしたら、2018年3月16日(金)が最終回となりそうですね。

最終回は、どうなるのでしょうね。

まだこのドラマ、アンナチュラルの全体がわからないので、なんとも結末がどうなるのかはわからないところですね。今後、徐々に全体がわかってくると、結末などもどういうところになって行くのかわかってきそうですよね。

アンナチュラルの各回のネタバレ、あらすじなど

アンナチュラルの各回のネタバレ、あらすじなどは、今後、以下に追記していきます。

アンナチュラルを見逃した方は、見逃し配信動画が、U-NEXTで見られるようになるはずです。
U-NEXT

アンナチュラルの1話のネタバレ、あらすじなど

アンナチュラルの1話のネタバレ、あらすじなど

アンナチュラル。1話。動画。ネタバレあらすじ。感想。三澄ミコト(石原さとみ)が不自然死の原因を探っていく。キャスト。視聴率。見逃し配信動画

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう