↓ ドラマの見逃し配信動画はこちら

FOD Hulu WOWOW

アンナチュラル。3話。動画。ネタバレあらすじ。感想。ミコトが法廷バトルを。キャスト。視聴率。見逃し配信動画

シェアする

スポンサーリンク

アンナチュラル。3話。動画。ネタバレあらすじ。感想。キャスト。視聴率。見逃し配信動画

ドラマ、アンナチュラルの3話は、2018年1月26日(金)夜10時から放送スタートです。

アンナチュラルの3話は、法廷での話のようです。これまでの1話、2話は、外に出ることが多かった?アンナチュラルですが、今回は、法廷での「バトル」に、三澄ミコト(石原さとみ)が参加するようですね。

“主婦ブロガー殺人事件”の裁判に、ミコトが証人として呼ばれ、凶器とされているものの矛盾を指摘するようです。そして、検事の烏田(吹越満)とやり合うようです。

アンナチュラルの3話は、ミコトと島田の法廷バトルになるようですが、なんか別のドラマを思い浮かべてしまうのですが、どんな話になるのでしょうね。
ということで、アンナチュラル3話、どんな結末になるのでしょうか。以下、アンナチュラルの3話のあらすじ、ネタバレ、感想などです。
アンナチュラルの3話を見逃した方は、見逃し配信動画が、Amazonビデオで見られます。
Amazonビデオ

ドラマ、アンナチュラルの2話、1話のネタバレ、あらすじ、感想、視聴率などはこちら

アンナチュラル。2話。動画。ネタバレあらすじ。感想。三澄ミコトと久部六郎が、絶体絶命のピンチに!キャスト。視聴率。見逃し配信動画

アンナチュラル。1話。動画。ネタバレあらすじ。感想。三澄ミコト(石原さとみ)が不自然死の原因を探っていく。キャスト。視聴率。見逃し配信動画

ドラマ。アンナチュラル。あらすじ。ネタバレ。1話から最終回まで。見逃し配信。キャスト。視聴率は?最終回はいつ?石原さとみさん主演の法医学ミステリー

アンナチュラル・3話

アンナチュラル 3話

アンナチュラル。3話。動画。ネタバレあらすじ。感想。キャスト。視聴率。見逃し配信動画。ミコトが法廷バトルを。

アンナチュラル、3話のキャスト、出演者

アンナチュラル、3話の主なキャスト、出演者

三澄ミコト(石原さとみ)
中堂 系(井浦新)

東海林夕子(市川実日子)
久部六郎(窪田正孝)

坂本 誠(飯尾和樹)

神倉保夫(松重豊)

末次康介(池田鉄洋)

木林南雲(竜星涼)

三澄秋彦(小笠原海)
三澄夏代(薬師丸ひろ子)

関谷聡史(福士誠治)

毛利忠治(大倉孝二)
向島 進(吉田ウーロン太)

宍戸理一(北村有起哉)

門松(今井隆文)

アンナチュラル、3話のゲスト出演者

容疑者で、被害者の妻の夫の桜小路要一(温水洋一)

検事の烏田(吹越満)

今回のアンナチュラルの3話は、この2人がゲストで出演されますね。法廷バトルが展開されるようです。

アンナチュラル、3話の予告動画

アンナチュラル、3話の予告動画

ドラマ、アンナチュラル、3話は、三澄ミコトが、法廷に証言のために出廷するようです。

そして、凶器の矛盾を指摘するということですね。

また、中堂が、UDIを辞めさせられるのかもしれません。どうなるのでしょうね。

アンナチュラルの公式Twitter

アンナチュラルの公式Twitter

アンナチュラルの公式Twitter

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

アンナチュラルの3話を見逃した方は、見逃し配信動画が、Amazonビデオで見られます。
Amazonビデオ

アンナチュラル、3話のネタバレ、あらすじ

以下、アンナチュラルの3話のネタバレ、あらすじなどです。

アンナチュラル。3話のあらすじ

アンナチュラル。3話のあらすじ

アンナチュラル。3話。あらすじ

ミコト(石原さとみ)は半年前に発生した“主婦ブロガー殺人事件”の裁判に、代理証人として出廷することになる。被告は被害者の夫の要一(温水洋一)。殺害の動機は、妻からの精神的DVによるものだと罪を認めていた。

三澄ミコトが、主婦ブロガー殺人事件の裁判に、代理証人として出廷するそうです。

夫が、妻を殺害したということのようです。その動機は、妻からの精神的DVだとのこと。

今回のドラマ、アンナチュラルの3話は、法廷での話になるようですね。

ドラマ、アンナチュラル。3話。あらすじ。凶器の矛盾を指摘するミコト

しかし裁判で証拠として提出された包丁が本当の凶器ではないことに気づいたミコトは、凶器の矛盾を指摘。それを聞いた被告の要一も、一転して無実を主張する。

証拠として提出された包丁が、本当の凶器ではないと、ミコトが気づいて、矛盾を指摘するようです。

しかも、それを聞いた、被告の夫も、無実を主張するということです。

なんだか、裁判が、混乱して行きそうですね。

アンナチュラル、3話、あらすじ。ミコトと検事の法廷バトルの行方は?

裁判は大混乱になり、検事の烏田(吹越満)はミコトに激怒。検察を敵に回すと警察庁からUDIへの補助金にも影響があるのではと所長の神倉(松重豊)が心配する中、ミコトは事件の真実を明らかにするため再び法廷に立つことを決意する。白いものをも黒くするという異名をとる有罪率99.9%のやり手検事とミコトの法廷バトルが始まる!

と裁判が混乱して、検事の島田が、ミコトに激怒してしまうようです。

所長の神倉は、UDIへの補助金が減るのではと心配するようですが、ミコトは、また法廷に立つということです。

検事とミコトの法廷バトルになるみたいです。って、これは、別のドラマ、99.9みたいですね(笑)

というのが、ドラマ、アンナチュラル、3話のあらすじです。どんな結末が待っているのでしょうか。

以下、アンナチュラル、3話のネタバレです。

アンナチュラルの3話を見逃した方は、見逃し配信動画が、Amazonビデオで見られます。
Amazonビデオ

アンナチュラル、3話。ネタバレ

三澄ミコトは、スマホデビューした。

所長の神倉がミコトに、出廷して欲しいと。

桜小路しずく 主婦ブロガーが、夫を殺害。
容疑者は、桜小路要一が殺害とのこと。

中堂は、坂本に訴えられている。
パワハラで、中堂を辞めさせようとしている。

検事の烏田
凶器と傷の一致を証言して欲しいと。

UDIラボは、遺体の資料の5年間保存をしている。
しかし、島田は、余計な証拠はいらないと。
不要な証拠は、裁判員裁判ではまず出さないからと言う

裁判
東海林と久部も来ている

発見者は、マネージャー
要一は、夢じゃなかったのかと。
要一には、資産があった。しずくは、要一をバカにしていた。

義理の弟は、相談して欲しかったと。
ゲームで負けたら、カッとなりやすいのかと思ったと。

ミコトが、包丁のようなもので切っただろうと。
現場には、包丁があった。
ミコトは、凶器と考えて、矛盾はしないと答える。

3DCG画像を再現している。包丁が心臓に達したと。
それを見て、ミコトは、傷と凶器が矛盾していると言い出す。
ミコト:こちらの包丁は、凶器ではありません。

久部が、末次に休廷とメール。

証拠として提出されたものは、左利き用の包丁だった。
が、傷口は、右利きの包丁の後。

弁護士の亀岡から、要一がミコトと話したいと。

アンナチュラル。3話のネタバレあらすじ。

ミコトが、要一の証人として出廷することになる。

要一は、殺した記憶がない。
夜中に、トイレに行った時に、妻が血まみれだったと。
リアルな夢だなと思った。

要一は、精神安定剤を飲んでいた。
要一:凶器が違うなら。いくら何でも殺すなんて恐ろしいこと、してなくてよかった

神倉は、裁判に負けたらUDIラボの信用を失うと。

裁判
弁護士は、誤認逮捕だと言い出す。

草野教授。法医学の教授。1万5000体の遺体を見てきた。
ミコトの証言は、信用に値しないと

ミコトが、実験の結果を見せる。傷が明らかに違うと。
烏田は、証拠の確認不足だと、ミコトを責める。
しかし、ミコトは、3DCGがあると烏田があると言っていないと言うが、島田は、女性はコロコロ変えると。
ミコトは、こういった島田の発言に怒ってしまう。

裁判後
烏田は、ミコトに、あなたのような女性についてもらって良かった、と言う。

ミコトと東海林は、肉と包丁を揃えて、実験する。
ミコト:UDIラボの代表として、必ず無罪を勝ち取ります。

裁判の記事が出ている。
「理性の検事vsヒステリー法医学者」

その記事を、中堂が、ミコトに見せる。

中堂は、坂本の件で、自分がパワハラしていると理解していない。
ミコト:言おうかどうか迷ってたんですが、中堂さんって、相当印象悪いですよ。
坂本は、108回、暴言を言われたと。
中堂は、あいつに言ったわけではない。

中堂:俺は、UDIを辞めない。誰に何を言われようとな。

要一は、やっぱり罪を認めると言い出す。
公判を見て、不安になったと。

要一:刑が重くなるじゃないですか。女っていうのは、人のせいにして。自分の損得でしか動かない。私の人生、女なんかに預けられません。

アンナチュラル。3話のネタバレあらすじ。ミコトが中堂に協力してくれと

ミコトと夏代、秋彦
夏代:そういう人が損しちゃうんだよね。
ミコト:お母さんが、弁護してよ
ミコトは、推論を言う
夏代:ぬるい、その程度じゃ、烏田検事に負けちゃうわね。

新しい証拠を探す、ミコトたち
刃こぼれしていたら、その成分がある。

東海林は、鉄は体にもある。
傷口のホルマリン漬けなら、鉄でも、分離できると。

坂本がUDIにやってくる。
久部六郎が見かける。

坂本は、お金をもらうために、裁判している。
坂本は、久部は、いずれ医者になるんだろうと。

ホルマリン漬けの分析の結果
Si、ケイ素が出てくる。

中堂と久部
久部:坂本さんとうまくやれば、こういうこともならないんですよ
中堂:本人と話をさせろと言ったら、拒否された。

ミコトが、中堂に協力してくれと。

元素分析を、マクロリサーチ社に頼みたいが、もう仕事時間は終了。

裁判が開廷
ミコトは、出廷できなくなった。
代理の証人を申請したい、と弁護士。

アンナチュラル。3話。ネタバレ。結末へ

中堂が証人として法廷に。

そして、ミコトが、坂本に会う。
中堂には、「クソ」の禁止を誓ってもらった。

ミコトが、紹介状を持ってくる。教授は穏やかな人だと。

成分分析が、ステンレスを構成する成分が出た。
中堂は、目の前の検定結果を見ろと。

烏田は、解剖の器具から出たのではと言い出す。
中堂:バカか。そんな成分がポロポロ出るか。メスもハサミも使い捨て。

凶器は、合砥という砥石で、磨いたものだった。
中堂:真の凶器は、ステンレスの包丁。
京都の料理人。
義弟が、店を出している。

要一:私はやってません。ありがとうございました。
中堂:ふざけんな。お前が女だ男だと言ってるから、駆り出されてたんだよ。皮を剥げば、全員同じ

被害者の弟が、自供した。
弟は、店が潰れそうだった。

ミコト:法医学は、法治国家に必要な学問。法治国家に必要なの

木林と中堂は、何かと仲が良いと。

烏田は、中堂に、いつまでも逃げおおせると思うなよと、言い残しさっていく

アンナチュラル、3話は、法廷バトル、法医学の勝利ということでしたね。

アンナチュラル、3話を見逃した方は、見逃し配信動画が、Amazonビデオで見られます。
Amazonビデオ

ドラマ、アンナチュラル、4話、5話のネタバレ、あらすじ、感想、見逃し配信動画などはこちら

アンナチュラル。4話。動画。ネタバレあらすじ。感想。中堂の秘密が明らかに?キャスト。視聴率。見逃し配信動画

アンナチュラル。5話。動画。ネタバレ、あらすじ。感想。溺死した妻は自殺か他殺か?中堂の闇。キャスト。視聴率。見逃し配信動画

アンナチュラル。6話。ネタバレあらすじ。感想。東海林が殺人の容疑者に?動画。キャスト。視聴率。見逃し配信動画

アンナチュラル。7話。動画。ネタバレあらすじ。感想。ミコトVS殺人者S。中堂の真の目的。キャスト。視聴率。見逃し配信動画

アンナチュラル、3話の感想、視聴率など

アンナチュラル、3話の感想

アンナチュラル、3話の感想。

アンナチュラル、毎回、驚きの展開があるので、面白いですよね。

今回のアンナチュラル、3話は、法廷が舞台になるようで、この設定自体がまず少し意外というか、TBSの他のドラマを連想してしまいますね(笑)

そして、展開も、どうなるのでしょうね。

ミコトが凶器の矛盾を指摘して、被告人も無罪を主張し始めるようです。

真犯人が出てくるのかどうか。アンナチュラル、3話、どんな結末になるのでしょうか。

ドラマ、アンナチュラル、3話。感想。ミコトと中堂が協力する

ドラマ、アンナチュラルの3話は、法廷に、ミコトが証人として立つことになります。

主婦ブロガーの殺人事件の、凶器と傷口が一致しているかどうかの証人です。

そして、ミコトは、法廷に立つわけですが、傷口と凶器が一致しないと証言します。

これで、休廷になって、今度は、容疑者の弁護人として、証言することになりますね。

しかし、検事の烏田が、ミコトを女だからと怒らせて、心象を悪くしますね。

そこで、本当に怒ったミコトたちは、新しい証拠を見つけようとします。

一方、中堂は、坂本にパワハラで訴えられますね。

しかし、中堂は、坂本に対して、何かをしたわけではないと、謝るつもりもないようです。

ミコトたちは、ホルマリン漬けの傷口から、分析をしましたが、それをどうにかしないとなりません。

ということで、中堂とミコトが、立場を変えて、協力することにしましたね。

ミコトが坂本をどうにかする代わりに、中堂が証人に立つことに。

アンナチュラル、3話の感想。中堂の過去は?

これで、中堂が証言して、凶器はステンレス製の包丁だと。そして、合砥という砥石で磨いたものだと。

今回のアンナチュラルの3話も、面白かったですね。といのが、まずは感想です。

あのまま、真の凶器が見つからなかったら、義弟は自白しなかったでしょう。そして、要一は、無実の罪で服役することになっていましたね。そうならなくて良かったです。

それにしても、中堂には、何かあるようですね。過去が。そして、このために、UDIラボを辞めるつもりはないのではないのでしょうか。

それから、久部六郎も、まだ記者とは連絡を取っていますね。なぜなのでしょうね。そして、医者の息子ということですが、今後は、どうするのでしょうね。

アンナチュラルの3話、この中堂と久部には、まだ謎なところがありますね。

ドラマ、アンナチュラル、4話以降で、このあたりのことがわかってくるのでしょうか。ということで、アンナチュラルの4話も楽しみです。

アンナチュラルの脚本、演出、プロデューサーなど

脚本:野木亜紀子

アンナチュラルの脚本は、『逃げるは恥だが役に立つ』『重版出来!』『空飛ぶ広報室』などの野木亜紀子さんです。これは、楽しめそうですね。

プロデューサー 新井順子、植田博樹(TBSテレビ)

プロデューサーは、湊かなえ作品『リバース』『Nのために』『夜行観覧車』のドラマ化を手がけた新井順子さんと、「GOOD LUCK」や「IQ246」などの植田博樹さんです。

演出:塚原あゆ子、竹村謙太郎、村尾嘉昭

演出は、湊作品のドラマで演出を担当した塚原あゆ子さんと、『あなたのことはそれほど』などの竹村謙太郎さん、『リバース』などの監督も担当された村尾嘉昭さんです。

TBSのドラマを作ってきた人たちが集まった感じでしょうか。楽しみですね。

アンナチュラル、3話の視聴率は、10.6%

アンナチュラル、3話の視聴率は、どうなるでしょうか。

1話の視聴率は、12.7%でした。2話の視聴率は、13.1%でした。

アンナチュラル、3話の視聴率は、10.6%でした。かなり落ちてしまいましたね。

以上、アンナチュラル、3話のあらすじ、ネタバレ、キャスト感想、視聴率などでした。

そのほかの2018年の冬ドラマは、こちら

2018年の冬ドラマ。2018年1月〜3月のドラマまとめ。99.9、anone、海月姫、BG、きみが心に棲みついた、ファイナルカット、アンナチュラルなど

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう