グッドワイフ。ドラマ。キャスト。ネタバレ、あらすじ。常盤貴子さん主演。2話1話。最終回の結末まで。主題歌。見逃し配信動画。視聴率は?最終回はいつ?

グッドワイフ。ドラマ。キャスト。ネタバレ、あらすじ。常盤貴子さん主演。2話1話。最終回の結末まで。主題歌。見逃し配信動画。視聴率は?最終回はいつ?

シェアする

スポンサーリンク

目次

ドラマ。グッドワイフ。ネタバレ、あらすじ。1話から最終回の結末まで。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?最終回はいつ?

ドラマ。グッドワイフ。日本版。キャスト。ネタバレ、あらすじ。見逃し配信動画。視聴率は?最終回はいつ?

グッドワイフは、常盤貴子さん主演の弁護士ドラマということです。

ドラマ、グッドワイフは、2019年1月13日(日)夜9時から、TBSで放送スタートです。初回の第1話は、25分拡大スペシャルです。

常盤貴子さんが、主人公の蓮見杏子を演じます。蓮見杏子は、出産を機に専業主婦になっていました。しかし、東京地方検察庁特別捜査部の部長であった夫の蓮見壮一郎(唐沢寿明)が、収賄事件で逮捕されて、さらに女性問題でスキャンダルになったことから、弁護士に復帰するということです。

仮雇いの弁護士ということで、ここから、様々な事件を担当して、本採用されるように奮闘していくということですね。

ということで、ドラマ、グッドワイフのあらすじ、ネタバレ、キャスト。見逃し配信動画、視聴率は?最終回はいつ?といったことをまとめておきます。

グッドワイフの各回のネタバレなども、この記事に追記していく予定です。

グッドワイフ2話。ネタバレ・あらすじ・感想。神山大輔を弁護する蓮見杏子。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

グッドワイフ。1話。ネタバレ・感想。蓮見杏子が弁護士に復帰して、キャスターの名誉毀損の件を扱う。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

グッドワイフ

グッドワイフ

グッドワイフの主なキャスト、出演者

グッドワイフの主なキャスト、出演者は、以下の人たちです。

蓮見 杏子(常盤貴子)
多田 征大(小泉孝太郎)
円香 みちる(水原希子)
朝飛 光太郎(北村匠海)
戸梶 涼太(中林大樹)
佐竹 凛子(末永みゆ)

佐々木 達也(滝藤賢一)
蓮見 幸枝(高林由紀子)
蓮見 隼人(小林喜日)
蓮見 綾香(安藤美優)
林 幹夫(博多華丸)

神山 佳恵(賀来千香子)
脇坂 博道(吉田鋼太郎)
蓮見 壮一郎(唐沢寿明)

こういったキャスト、出演者が、主な登場人物として、グッドワイフに登場します。

グッドワイフの主なキャスト、出演者についてなど

蓮見 杏子(常盤貴子)

ドラマ、グッドワイフの主人公、蓮見杏子は、常盤貴子さんですね。

出産後、専業主婦だったが夫に裏切られ、16年ぶりに弁護士に復職ということです。

常盤貴子さんも、19年ぶりのTBS日曜劇場の主演ということです。

司法修習時代の同期の多田の誘いで、『神山多田法律事務所』 で働くことになりますが、まだ、仮雇いということで、本採用になるかどうかですね。

蓮見 壮一郎(唐沢寿明)

杏子の夫、蓮見壮一郎は、唐沢寿明さんです。

東京地方検察庁特別捜査部の部長だったが、収賄容疑で拘留されます。

また、女性記者と朝を迎えたことをマスコミ報じられて、スキャンダルになり、杏子の信頼も失ってしまいます。

汚職疑惑は否定するも、拘留され取り調べられる中で、どうするのか。脇坂とはライバルで、この2人の関係が、事件と関係があるのかどうかも話が展開していく中でわかってくるのではないでしょうか。

多田 征大(小泉孝太郎)

多田征大は、小泉孝太郎さんが、演じます。

『神山多田法律事務所』 の共同代表で、蓮見杏子とは、司法修習時代の同期ということです。

杏子には、昔から、好意を持っていたということで、壮一郎のスキャンダルを機会に、杏子と会い、神山多田法律事務所に誘うということです。

多田と杏子の関係も気になるところですね。

円香 みちる(水原希子)

円香みちるは、水原希子さんです。

『神山多田法律事務所』 のパラリーガルで、能力が高く、多田や神山から信頼されているということですね。

また、前職が検察事務官で、壮一郎によって、その職を辞したということで、杏子のことを敵視しているようです。

朝飛 光太郎(北村匠海)

朝飛光太郎は、北村匠海さんが演じます。

神山多田法律事務所の仮雇用の若手弁護士で、杏子と本採用を競うことになります。

神山と多田に気に入られているということで、朝飛と杏子、どちらが採用されるのか。

円香に好意を寄せるが、円香には全く相手にされていないということです。

神山 佳恵(賀来千香子)

神山佳恵は、賀来千香子さんですね。

『神山多田法律事務所』 の共同代表で、プライドが高いということです。

専業主婦から復帰した杏子に対して、懐疑的なところがあるということですね。

佐々木 達也(滝藤賢一)

佐々木達也は、滝藤賢一さんです。

東京地方検察庁特別捜査部員で、壮一郎の8期下にあたり、壮一郎の腹心だったということです。

が、壮一郎が逮捕されて、取り調べを担当することになる。

脇坂 博道(吉田鋼太郎)

脇坂博道は、吉田鋼太郎さんが演じます。

壮一郎が逮捕されたことで、東京地方検察庁特別捜査部の新部長になる、脇坂。壮一郎とは、検事総長の座を巡るライバルということです。

今回の壮一郎の収賄事件に絡んでいるのかどうか。

林 幹夫(博多華丸)

林幹夫は、博多華丸さんです。

壮一郎の顧問弁護士ということです。

壮一郎の疑惑を晴らすために、弁護をするということですね。果たして、どんな活躍を見せてくれるのでしょうか。

蓮見 幸枝(高林由紀子)

蓮見幸枝は、高林由紀子さんです。

壮一郎の母です。杏子は義理の娘になるわけですが、息子の壮一郎を支えて欲しいと考えているということです。孫の面倒も見てくれるようですが、ちょっと口うるさいところもあるようですね。

蓮見 隼人(小林喜日)

蓮見隼人は、小林喜日さんです。

杏子と壮一郎の息子です。高校一年生ということです。杏子が働くようになって、家事を手伝うなどするようですね。

蓮見 綾香(安藤美優)

蓮見綾香は、安藤美優さんです。

杏子と壮一郎の娘で、中学1年生。祖母の幸枝は、少し苦手ということです。

というのが、グッドワイフの主な出演者、キャスト、登場人物ですね。

グッドワイフのゲスト出演者は?

ドラマ、グッドワイフのゲスト出演者

グッドワイフは、弁護士ドラマなので、事件を取り扱うことになりますね。

そうなると、弁護する人や被告人などが登場するので、このあたりで、ゲスト出演者が登場することでしょう。

グッドワイフの脚本、演出、プロデューサーなど

脚本:篠﨑絵里子
チーフプロデュース:瀬戸口克陽
プロデュース:東仲恵吾
演出:塚原あゆ子、山本剛義、松木 彩

原作

原作は、リドリー・スコットが製作総指揮を務めて、2009年から7年間アメリカで放送された 「The Good Wife」ということです。

この原作ドラマは、放送開始と同時に全米視聴率1位を記録したヒット作品となっています。

シリーズ第7作で完結しましたが、スピンオフ作品が制作され第3シーズンも放送決定しているとのこと。

日本の「グッドワイフ 」は、この海外ドラマが、原作ですね。

TBSの日曜劇場で、海外ドラマが原作というのは、意外と珍しいのではないでしょうか。小説が原作というのは、比較的多いですが。

グッドワイフの公式Twitterなど

グッドワイフの公式Twitter

グッドワイフのTwitter

ハッシュタグは、当然、#グッドワイフですよね。

グッドワイフのあらすじ

グッドワイフ、あらすじ

主演は、常盤貴子。社会現象を巻き起こした大ヒットドラマ 『Beautiful Life 〜ふたりでいた日々〜』(2000年) 以来、19年ぶりの日曜劇場主演。常盤が演じるのは、16年ぶりに弁護士に復帰することになった蓮見杏子 (はすみきょうこ)。杏子は出産を機に弁護士の仕事を辞め、専業主婦としてエリート検事である夫を支え、子どもを育て、家庭を守ってきた。ところがある日、東京地検特捜部長である夫が汚職の容疑で逮捕される。さらに女性スキャンダルまで明らかになり、“よき妻” として家族に尽くしてきた杏子の人生は一変する。

グッドワイフ、主演は、常盤貴子さんです。弁護士に復帰する蓮見杏子を演じます。

東京地検特捜部長である夫、蓮見壮一郎が汚職の容疑で逮捕され、女性スキャンダルも発覚。

幸せだった生活が、崩れていくということです。

夫のスキャンダルの真相も明らかにならない中、子どもたちを守るために杏子は復職を決意。そして司法修習生時代の同期・多田の助けで、多田が経営する法律事務所に仮採用され、16年ぶりに弁護士として復帰する。しかしスキャンダルの渦中の妻として世間から向けられる好奇の目、さらに、弁護士としての16年のブランクははかり知れず、悪戦苦闘する日々。それでも杏子は強い信念を持ち、“自分をあきらめずに”、自分の弱みも逆手にとって強く生き抜いていく中で、弁護士として、人として成長していく。

そんな中、子どもたちを守るために、杏子は弁護士に復職を決意するということです。

そして、司法修習生時代の同期・多田が経営する法律事務所に仮採用されるとのこと。

16年ぶりの弁護士への復帰ということで、悪戦苦闘するということですが、そんな中で、弁護士として、人として成長していくということです。

苦しむ杏子に手を差し伸べる、同期の弁護士・多田征大 (ただまさひろ) を演じるのは小泉孝太郎。多田は司法修習生時代に、密かに杏子に想いを寄せていた。今回、夫に裏切られた杏子の姿を目の当たりにし、再び杏子への想いに火がつく。

また、杏子の夫に立ちはだかる最大の敵で、夫に代わり、東京地検特捜部長の席に座る脇坂博道 (わきさかひろみち) 役に吉田鋼太郎が決定。杏子の夫のライバルとして、また検察内部での出世のために夫を尋問して汚職事件を暴く。
そして杏子の夫の部下だった特捜部員・佐々木達也 (ささきたつや) 役を滝藤賢一が演じる。
果たして、汚職事件の真相はどこにあるのか?事件を巡る攻防も大きな見どころとなる。

また、多田は、密かに杏子のことが好きだったということで、再び杏子への想いに火がつくとのこと。このあたりの、恋の物語も、グッドワイフではあるのかもしれません。

夫に代わり、東京地検特捜部長の席に座る脇坂博道は、壮一郎を尋問して、汚職事件を暴いていくとのこと。

ということで、汚職事件の真相を暴いていくというのも、グッドワイフで展開されていくということです。

グッドワイフ。第1話のあらすじ

グッドワイフ。1話あらすじ

蓮見杏子 (常盤貴子) は、かつて優秀な若手弁護士として活躍していたが、出産を機に引退。
専業主婦として、2人の子供と夫である東京地方検察庁・特捜部長の壮一郎 (唐沢寿明) と共に、幸せな日々を送っていた。

だが、その幸せな生活は一瞬にして崩れたのだった。壮一郎の汚職疑惑、さらに女性スキャンダルまで発覚。

弁護士だった蓮見杏子は、弁護士だったが、出産を機に引退したということです。

東京地方検察庁・特捜部長の壮一郎が夫で、専業主婦として、2人の子供と幸せに暮らしているということでした。

しかし、壮一郎の汚職疑惑、さらに女性スキャンダルが発覚。幸せな日々は、崩れてしまいます。

法曹界を揺るがす大スキャンダルにマスコミ報道は過熱していく。記者会見で壮一郎は、汚職は否定したが、女性との関係については認めて謝罪する。しかし、壮一郎は逮捕されてしまうのだった。杏子は夫の裏切りに深いショックを受けるが、家族のために16年振りの弁護士復帰を決意する。
そんな杏子に手を差し延べたのが神山多田法律事務所の代表・多田征大 (小泉孝太郎) だった。二人は司法修習生時代の同期で、かつて多田は杏子に好意を持っていたが、その気持ちとは別に杏子の弁護士としての能力を高く評価し、杏子の採用を反対する事務所の共同経営者・神山佳恵 (賀来千香子) を何とか説き伏せた。ただ、それはあくまでも仮採用。杏子は、半年後までにたった一席の本採用を賭けて、若手弁護士の朝飛光太郎 (北村匠海) と競うことになる。

そして、マスコミ報道が過熱していく中、総一郎は、汚職は否定するが、女性との関係は認めてしまうということです。そして、逮捕までされて。

杏子は、夫の裏切りにショックを受けるが、家族のために、弁護士復帰を決意するということです。

子供を食べさせるために、復帰するということですね。

そんな杏子に、神山多田法律事務所の代表・多田征大が、手を差し伸べるということです。

多田は、司法修習生時代の同期。

仮採用された杏子でしたが、若手弁護士の朝飛光太郎と、1人の本採用を賭けて、競うことになるということですね。

そんな中、最初の相手となるのは人気キャスター日下部。インターネットで配信している日下部の番組で、スーパーでの幼女行方不明事件を取り上げた際、犯人は母親の可能性が高いと放送。世論の風評に追い詰められた母親は自殺してしまい、日下部を名誉毀損で訴えるべく父親が依頼にきたのだ。多田と共にこの事件を担当することになった杏子は、“表現の自由” を巡り、争うことになる。パラリーガルの円香みちる (水原希子) とともに、日下部が裏取りをせずに発言したという証拠を調べ始めるのだが…。

一方、新たに特捜部長に就任した脇坂 (吉田鋼太郎) は、壮一郎と腹心の関係だった検事の佐々木 (滝藤賢一) を担当に指名し、壮一郎を落とそうとする。そんな検察側に対して壮一郎もある策を講じていた。

そんな杏子は、初めての事件を多田とともに担当することになります。

テレビで幼女行方不明事件を取り上げたキャスター日下部が、犯人は母親の可能性が高いと放送し、その母親は自殺。

子供の父親が、日下部を名誉毀損で訴えたいと依頼してくるということです。

また、壮一郎は、壮一郎と腹心の関係だった検事の佐々木が担当になって、取り調べを受けるということのようです。壮一郎も、検察側に対して、ある策を講じていたということですが。

というのが、グッドワイフ1話のあらすじです。ここから、どんな展開になっていくのでしょうね。

ドラマ。グッドワイフの放送開始日、視聴率、最終回、主題歌などは?

グッドワイフは、2019年1月13日(日)夜9時スタート

ドラマ、グッドワイフは、2019年1月13日(日)夜9時から、放送開始です。

初回の第1話は、25分の拡大スペシャルです。

この前のシーズンの下町ロケットが、なかなかの高視聴率が続きましたね。

今シーズンの日曜劇場、グッドワイフも期待されるところでしょう。どこまで、視聴率が上がって、話題になるのか。気になるところですよね。

視聴率はどうなる?

グッドワイフの視聴率は、期待したいところではありますよね。

ただ、海外ドラマの日本版はどうなるか、なかなかわからないところもありますね。そういう意味では、どうなるかわかりにくいかなと。

各話の視聴率は、それぞれの記事で書いていく予定です。

ドラマ、グッドワイフの最終回は、いつ?どうなる?結末は?

グッドワイフの最終回は、全10話なら、3月17日(日)になるでしょう。

全11話なら、3月24日ですね。

最終回の結末は、どうなるのでしょうね。

蓮見杏子がどうなるのか。そして、壮一郎は、どうなってしまうのか。

杏子が弁護士として、どういう事件を扱っていくのか。また、多田とはどうなるのか。壮一郎との関係は?

このあたりと、法曹界もどうなるのかというところが、最終回の結末では気になるところでしょう。

主題歌

ドラマ、グッドワイフの主題歌は、BUMP OF CHICKENの「Aurora」ということです。

ドラマを盛り上げる主題歌ですね。

グッドワイフ。各回のネタバレ、あらすじ、結末など

グッドワイフの各回のネタバレ、あらすじ、結末などは、今後、以下に追記していきます。

グッドワイフ。1話のネタバレ、あらすじ、結末など

グッドワイフ。1話。ネタバレ・感想。蓮見杏子が弁護士に復帰して、キャスターの名誉毀損の件を扱う。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

グッドワイフ。1話。ネタバレ。結末

口頭弁論。
安達に、杏子が質問する

コアなファンの集まりがある。
安達は、嘘の情報を送ったと言う
しかし、嘘だとメールを送った。

反対尋問
杏子は、裏どりしなかったことを認めるかと言う
日下部は、認めると。しかし、中絶だけ認める。
母親が殺した証拠があるという

杏子は、メールを証拠として提出する。
ファンが、母親が殺したという嘘のメールを送ったと言う。

日下部の放送でのセリフと同じような内容のメール。
日下部は、裏をとったと答える。
メールが送られたのは、放送の5分前

日下部:私は、真実を何十年も明らかにしてきた!
浜口:ふざけるな!あんたの報道はなんのためだ?人が生きるためにあるんじゃないのか

判決は、日下部の名誉毀損の訴えは棄却。
浜口の訴えも棄却

日下部は、表現の自由が勝ったと、報道陣にいう

玲奈は、老夫婦に誘拐されたと
そして、無事だと言う。

現場に向かう、杏子と浜口直樹
浜口直樹は、玲奈と抱き合う

多田は、日下部に電話する
控訴すると言う。和解を望むなら、1億円だと

8000万円の和解が成立する

焼肉を食べに行く

杏子が、円香の調査のおかげだと言うと、なんで離婚しないのかと。
杏子は、母親が3回離婚しているから、執着しているのかもと言う

みちるは検察庁にいた。検察事務官だった。壮一郎のもとで働いて、首になったという
信じないほうが良いと言う

壮一郎は、佐々木達也の尋問を受ける
そこで、壮一郎は、脇坂は気づいているのかと言う

グッドワイフ、2話。ネタバレあらすじ。結末など

グッドワイフ2話。ネタバレ・あらすじ・感想。神山大輔を弁護する蓮見杏子。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

公判。どんな結末になる?

たい焼きや店主。高井明
とても待ってもらっていたから覚えてるという

車の中で、大輔はたい焼きを食べていたと。
そして、警察が来て、職務質問していたという

計測数値は、0だったと答える警官。
警官は、証拠として提出したという

杏子:検察官が隠したということですか?

警察官は、鼻炎だと。
このことは、大輔が気づいたこと。

大輔と杏子
大輔:最高の弁護は、他の何よりも優先する。
杏子:いつか病気のことを大輔先生から、神山先生に伝えてもらえませんか

佳恵が、家に来る
佳恵は、お母さんのことは、自分にも責任があると言い出す。

大輔は、引退すると。

杏子とみちる
円香みちる:案外根性あるんですね

独立して新しい事務所を立ち上げると言い出す、大輔。
優秀な弁護士を集めてやるという

脇坂:受け取ったよな、ワイロ。お前の口座に富岡製鋼からの振込があったよ
壮一郎は、いつも先に昇進してすみませんねと。
脇坂:お前の奥さんには、守ってくれる男ができたみたいだぞ

杏子は、ネックレスの宝飾店に行き、誰が買ったのか店員に聞く。
しかし、答えられないと言うが、富岡製鋼かと

壮一郎は、林弁護士にやってもらいたいことがあると言う