ドラマ、コウノドリ2・続編のあらすじ。ネタバレ。1話から最終回まで。キャスト、原作。視聴率は?最終回はいつ?綾野剛さんが産婦人科医として活躍

シェアする

スポンサーリンク

ドラマ、コウノドリ2のあらすじ。ネタバレ、キャスト、原作。視聴率は?最終回はいつ?

2015年に放送された、コウノドリが続編として帰ってきます。2年ぶりのコウノドリということで、シーズン2、パート2、続編ということです。
綾野剛さんはもちろんですが、前作で登場した、松岡茉優さん、吉田羊さん、星野源さん、大森南朋さん、坂口健太郎さんも登場します。まあ、そうですよね。彼らも、引き続き登場しますよね。

コウノドリの続編ということで、命のドラマをまた見ることができますね。コウノドリの新シリーズで新たに掲げるテーマは、「生まれること、そして生きること」ということで、また深いテーマをじっくりと見ることができそうです。
コウノドリを見逃した方は、見逃し配信が、U-NEXTで見られるようになるはずです。
U-NEXT

コウノドリ2、2話、1話のネタバレ、あらすじ、感想、視聴率などはこちら

コウノドリ2、2話。ネタバレ、あらすじ。子宮頚がんの妊婦の選択は?感想。キャスト。視聴率。見逃し配信

コウノドリ2・続編1話。ネタバレ、あらすじ。コウノドリが帰ってくる。耳が聞こえない妊婦の出産。感想。キャスト、ゲスト。視聴率

コウノドリ

コウノドリ

目次

ドラマ、コウノドリ2・続編のあらすじ、ネタバレ。1話から最終回まで。キャスト、原作。視聴率は?最終回はいつ?綾野剛さんが産婦人科医として活躍

コウノドリ2のキャスト、出演者

鴻鳥 サクラ(綾野剛)
下屋 加江(松岡茉優)
小松 留美子(吉田羊)
四宮 春樹 (星野源)
今橋 貴之(大森南朋)
白川 領(坂口健太郎)

大澤政信(浅野和之)
向井祥子(江口のりこ)
赤西吾郎(宮沢氷魚)
倉崎恵美(松本若菜)

コウノドリ2の第1話

萩島 勝秀(佐々木蔵之介)
早見 健治(泉澤祐希)
佐野 彩加(高橋メアリージュン)
佐野 康孝(ナオト・インティライミ)

コウノドリ2のキャスト、出演者の情報

鴻鳥 サクラ(綾野剛)

ドラマ、コウノドリの主人公、鴻鳥サクラ。綾野剛さんが、前作のコウノドリより引き続き演じます。

産婦人科医でありながら、天才ピアニスト・ベイビーでもあるという、まれな存在ですね。

温厚な性格だが、冷静な判断力を持っているということです。

下屋 加江(松岡茉優)

新米産婦人科医の下屋加江。前作のコウノドリでは、研修医だったわけですが、それからどうなっているのかというところですね。

成長していたりもするのでしょうね。

松岡茉優さんが演じていますね。

小松 留美子(吉田羊)

助産師の小松留美子。吉田羊さんが演じていますね。

鴻鳥がベイビーであることを知っています。サクラとは、サクラが研修医時代に当直のアルバイトをしていた「岡中央病院」で出会って以来からの付き合いということです。

四宮 春樹 (星野源)

四宮春樹は、鴻鳥の同期の産婦人科医です。星野源さんが演じています。

理論派の四宮ということで、あまり笑わないです。

コウノドリ2でも、このあたりは変わらないのでしょうか。

今橋 貴之(大森南朋)

新生児科の部長であり、周産期センターのセンター長の今橋貴之。大森南朋さんが演じています。

コウノドリ2の続編でも登場しますね。

白川 領(坂口健太郎)

新生児科の医師。下屋の同期です。坂口健太郎さんが演じます。

下屋とはライバルというか、同期ということで、率直なやり取りをしていますね。

どんなふうに成長しているのでしょうか。

このほかにも、新しいメンバー、キャストが増えているようです。

そして、各回のゲストが、いろいろと登場するのも、コウノドリの特徴かもしれません。第1話では、佐々木蔵之介さんや高橋メアリージュンさん、ナオト・インティライミさんなどが登場するということで、こういったところも、コウノドリは、楽しめるところではないでしょうか。

コウノドリの原作

ドラマ、コウノドリの原作は、モーニングで連載中の漫画「コウノドリ」です。

こちらをもとに、ドラマも製作されるということなので、一緒に読んでみると、さらに楽しめそうですね。

コウノドリ(1) (モーニング KC)

コウノドリ(1) (モーニング KC)

  • 作者: 鈴ノ木ユウ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/06/21
  • メディア: コミック

コウノドリ(19) (モーニングコミックス)

コウノドリ(19) (モーニングコミックス)

  • 作者: 鈴ノ木ユウ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/09/22
  • メディア: Kindle版

コウノドリの脚本、演出、プロデューサーなど

脚本:坪田 文、矢島弘一、吉田康弘

プロデューサー:
那須田淳
『コウノドリ』『逃げるは恥だが役に立つ』『重版出来!』ほか
峠田 浩
『コウノドリ』『逃げるは恥だが役に立つ』『わにとかげぎす』ほか
企画:
鈴木早苗
『コウノドリ』『こうのとりのゆりかご』『生まれる。』ほか
演出:土井裕泰『コウノドリ』『カルテット』『逃げるは恥だが役に立つ』『映画 ビリギャル』ほか
山本剛義『リバース』『Nのために』『夜行観覧車』ほか
加藤尚樹『コウノドリ』ほか

この続編は、前作と、脚本家の方が、少し変わるようですね。演出は同じ方たちで、企画やプロデューサーは前作のコウノドリに関わっている方です。

脚本で印象も変わると思いますが、前作以上にコウノドリのドラマを楽しめるものにしてくれると良いですね。

コウノドリ、続編の主題歌はUruさんの新曲「奇蹟」

『コウノドリ』の続編の主題歌に、Uruさんの新曲「奇蹟」が決定。

Uruさんは劇中のピアニストBABY(綾野剛)とも通ずる“謎だらけのシンガー”だそうです。

Uruさんは、本名・所在地・年齢など、明らかにされていない情報が多いとのこと。

そんなUruさんの新曲「奇蹟」が、コウノドリ2、続編の主題歌ですね。

コウノドリの公式Twitter、Instagram、Facebook

コウノドリ公式ツイッター

コウノドリのツイッター

コウノドリの公式Instagram

コウノドリの公式Instagram

コウノドリの公式Facebook

コウノドリの公式Facebook

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

コウノドリを見逃した方は、見逃し配信が、U-NEXTで見られるようになるはずです。
U-NEXT

コウノドリ2のあらすじなど

ドラマ、コウノドリ2のあらすじなど

当時、連続ドラマ単独初主演ということも話題であった綾野剛さんが、あるときは冷静な判断力と患者に寄り添うことをポリシーとする産婦人科医、またあるときは情熱的で謎多き天才ピアニストBABYという2つの顔を持つミステリアスな主人公・鴻鳥サクラの2年後の姿を演じます。

鴻鳥サクラたちの2年後ですね。シーズン1のドラマからも2年後なので、そのままというか、2年経って、コウノドリの面々がどうなっているか。

産婦人科医でありながら、天才ピアニストでもある、そんな変わった鴻鳥サクラを綾野剛さんが演じます。

また、前作に引き続き、俳優業と共にバラエティでの活躍も目覚しく、今年初主演映画も控えている松岡茉優さん、ドラマや映画に引っ張りだこの中、昨年初の連続ドラマ主演も務めた吉田羊さん、前作で連続ドラマ初出演をしTBS7月期『日曜劇場 ごめん、愛してる』にも出演、ドラマと映画と大活躍の坂口健太郎さん、昨年TBSで放送し大ヒットしたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に出演し、アーティストのみならず益々俳優としての活躍が期待される星野源さん、数々の映像作品でその存在感を放ち、自身が率いるバンド「月に吠える。」での活動も精力的な大森南朋さんら、ペルソナ総合医療センターで働く豪華オリジナルメンバーの出演も決定!!

また、前作のコウノドリのメンバーも出演しますね。

ここから、その後、さらに活躍した人たちが、またドラマ、コウノドリに集まります。

松岡茉優さん、吉田羊さん、坂口健太郎さん、星野源さん。

みな、あれから、ものすごく活躍されました。そんな、コウノドリの出演者たちが、今回も集まります。

他にも、浅野和之さん、江口のりこさんらが前作と同じキャラクターを演じ、前作に出演後さらなる飛躍を遂げた出演陣が勢ぞろいしました。2年間という時間と経験が彼らをどう変えたのか、さらに彼らの成長、心の揺れや葛藤などが新たな物語の縦軸となり、物語を紡いでいきます。
前回と同様、原作のエピソードをベースにオリジナルに取材した題材を加え、「生まれてきたことの意味」「命を授かる奇跡」を丁寧に描きながら、生まれてくる赤ちゃんとその家族の出産後の未来、それに取り組む医療者たちの「未来」を見据えたエピソードを展開して行きます。
新たな命に触れることにより生まれる葛藤、思いがけず乗り越えなくてはいけない試練、そして、医師や助産師、看護師たち医療関係者が抱くそれぞれの決意とは─?

そんな彼らの2年後がどうなっているのか。原作のエピソードにオリジナルの取材した題材を加えて、命や生きることについて描くのが、コウノドリ2ということですね。

今回も、医師、助産師、看護師たちの葛藤などを描くようです。

また、あの命の話などなどを見られるのでしょう。

ドラマを観た人すべてが、自分の、身近な人の、あるいは見知らぬ人の「命」について感じ、考え、生きていることに感謝する…社会の中で「命」を生み出し、育ててゆく意味を考える…
リアルに母親世代である人々だけではなく、近い将来お母さんになるだろう女性たち、若い世代にも「命」の重みを知ってもらいたい。
出産や子育ては女性の問題と思っている男性たちに、生まれてくる命を守ること、育てることは自分たち、そして社会全体の責任であることを感じてもらいたい。
さらに子供たちにも、自分たちが生きている意味を少しでも考えるキッカケになって欲しい。そんなメッセージを込めてお届けします。

命について、そして、生きることについて考えるドラマになりそうな、コウノドリ2。

社会における出産や子育てなどについての話もあるようです。

コウノドリの続編も、楽しみですね。

ドラマ、コウノドリ、1話のあらすじ

コウノドリ、1話のあらすじ

あれから時が経ち、産婦人科医としてベテランの域に入った鴻鳥サクラ(綾野剛)はかつての恩師である荻島勝秀(佐々木蔵之介)がいる離島の病院へ行く。
島の人たちと近い距離で向き合う荻島の姿を見てサクラはあることを思う。

ベテランになってきた、鴻鳥サクラ。恩師のいる離島に行くようです。

そこで、何かを考えて、ここから、コウノドリ2は始まるようですね。原点を見つめなおすということでしょうか。

一方、研修医だった下屋(松岡茉優)と新生児科の白川(坂口健太郎)もそれぞれ専門医となりペルソナで精力的に働いている。
離島から帰ってきたサクラは助産師の小松(吉田羊)と耳が聞こえない妊婦の早見マナを診察する。
夫の健治も付き添いで来ていたが、健治も耳が聞こえない。医療用語は手話や口唇術では伝えるのか難しいため、ホワイトボートを使い筆談で伝えることに。

下屋や白川も、専門医になって、働いているということです。

そして、サクラは、耳が聞こえない、妊婦・早見マナを見るようです。夫も耳が聞こえないということで、筆談で伝えるようですね。

一方、産婦人科医・四宮(星野源)は早く仕事に復帰したいキャリアウーマンの妊婦、佐野彩加を診察する。予定通りに生まれるのか聞いてくる彩加に耳を貸さず、丹念にエコーをかける四宮。診断の結果、彩加の赤ちゃんは“心室中隔欠損”と呼ばれる心臓に小さな穴が開く疾患にかかっている事が分かる。激しく動揺する彩加に周産期センター長の今橋(大森南朋)も加わり、慎重に彩加と夫の康孝に伝える。彩加は早く仕事に復帰したい気持ちと病気の赤ちゃん。2つの不安に挟まれてしまう。

さらにマナも出産を前に、サクラにある不安を打ち明ける…。

四宮は、キャリアウーマンの妊婦の赤ちゃんを診察して、疾患にかかっていることがわかるということで、病気の赤ちゃんとどうするかという話もあるようです。

そして、早見マナも何か心配があるようです。

というのが、コウノドリの1話のあらすじです。

コウノドリ2、1話から、なかなか大変そうですね。
コウノドリを見逃した方は、見逃し配信が、U-NEXTで見られるようになるはずです。
U-NEXT

コウノドリ2、1話の予告動画

コウノドリ2、1話の予告動画です。

1話は、15分拡大ということです。またサクラが、産婦人科医として活躍する姿を見ることができますね。

今回のコウノドリ、1話も、また重い話もあるのかもしれません。

コウノドリ2の視聴率は、どうなる?

ドラマ、コウノドリ2の視聴率はどうなるでしょうね。

シーズン1、前作の視聴率、良かったですよね。金曜日の22時という時間帯で、10%から12%の視聴率でした。あれだけの視聴率を出せたというのは、すごいことだと思います。

そう考えると、今回の続編、コウノドリ2も好調になるのかもしれません。

時間帯が、日テレの金曜ロードショーとかぶるわけで、これからの秋冬の季節はとくに厳しいと思われますが、前作のコウノドリもこの季節でした。

前作と同様に人気のドラマとして、視聴率も好調になると良いですね。

コウノドリの最終回は、いつ?どうなる?結末は?

コウノドリ2は、全10話だとしたら、12月15日(金)が最終回になるでしょうね。

どういう展開になるのか。漫画の原作があるので、どこまで描かれるのかですよね。

コウノドリは、漫画の原作も、現在も続いています。

ということで、最終回も結末というような感じで終わるということもないかもしれませんが、一区切りのようになって終わるのかなと思います。

コウノドリに登場した医師たちが、どう変わったのか、そして、変わるのか。また、変わらないのか。そんなふうに楽しむと良いドラマになるのでしょうね。また、視聴率が良ければ、シーズン3もあるかもしれませんし。

そのほかの2017年の秋ドラマは、こちら

2017年の秋ドラマ。2017年10月〜12月のドラマまとめ。陸王、ドクターX、コウノドリ、奥様は取り扱い注意など

コウノドリの各回のネタバレ、あらすじなど

ドラマ、コウノドリの各回のネタバレ、あらすじなど1話から最終回まで、今後、以下に追記していきます。
コウノドリを見逃した方は、見逃し配信が、U-NEXTで見られるようになるはずです。
U-NEXT

コウノドリの1話のネタバレ、あらすじなど

コウノドリの1話のネタバレ、あらすじなど

コウノドリ2・続編1話。ネタバレ、あらすじ。コウノドリが帰ってくる。耳が聞こえない妊婦の出産。感想。キャスト、ゲスト。視聴率

早見マナなど妊婦たちの出産

早見マナは、「BABY」の曲を胎教のために聞く
佐野彩加は、産休に入る。職場の人たちに気を使っている。

早見マナに、BABYのことを、鴻鳥は聞かれる。
曲を聴くと、お腹の赤ちゃんが動くと。
赤ちゃんが、音楽を教えてくれた。
生まれたら、聞こえるか、聞こえないか、検査してほしいと。

医師などたちで、早見マナと佐野彩加のことについて共有する

佐野彩加は、赤ちゃんや仕事のことが気になる

今橋は、向井に、サポートを頼む

BABYのライブ
早見マナと夫の健治も来ている。

佐野彩加の出産。赤ちゃん、女の子が無事生まれる。
白川が、赤ちゃんの心臓をエコーで見ると、5ミリほどの穴がある。
彩加は、自信がないと。
康孝:大丈夫、俺も手伝うから。
四宮:何言ってんだ。あんたの子供だろ

男には、自分の子供という実感がなかなか湧かないというのはあるのでしょうね。
自分の体は変わらないですから。
そういう意味では、四宮の言葉は、辛辣ですが、刺さるかもしれませんね。
そして、ここから、ドラマ、コウノドリ、1話の結末です。

コウノドリ、1話の結末へ。早見マナの出産

早見マナが、破水する。
病院に運ばれる。早めに入院することに
赤ちゃんは元気
マナは、怖いと。産んだ後が、怖いと。
2人とも聞こえない。育てられるのか

佐野彩加も、不安に
彩加:仕事も迷惑かけちゃうし。でも、どうしても、赤ちゃんが欲しかった

早見マナ、どうしても、赤ちゃんが欲しかった。

コウノドリ:迷惑かけても、いいじゃない!不安だよね、でも一人じゃないから。僕たちはいつでもここにいるから。一緒に頑張りましょう

佐野康孝:彩加、ごめん、今までずっとごめん。一緒に頑張ろう
佐野彩加:うん

早見マナの出産。
研修医の赤西吾郎も手伝う。

四宮と佐野彩加
彩加:やっぱり怖いです。
四宮:何かあったら、いつでもいらしてください。

早見マナの出産。吸引する
赤ちゃんが生まれる。男の子

赤ちゃんの聴覚の結果、耳が聴こえる。

出産の後には、現実が続いていく。

佐野康孝は、育児休暇を取らなかった。

下屋:私、少し不安になりました。私も、赤ちゃんを産みたいと思う時が来るかもしれない。でも、医師を続けられるのかなって。
コウノドリ:誰も、何かしらの不自由さを抱えている。僕たちができることには限界がある。寄り添うことしかできないのかもしれない。だけど、それでも目をそらしちゃいけない。みんなで乗り越えなきゃいけないことだと思うんだ。赤ちゃんは、未来だからね。

赤西:僕、産科医になるつもりないですから
四宮:邪魔はするなよ

コウノドリ、2話のネタバレ、あらすじなど

コウノドリ、2話のネタバレ、あらすじなど

コウノドリ2、2話。ネタバレ、あらすじ。子宮頚がんの妊婦の選択は?感想。キャスト。視聴率。見逃し配信

コウノドリ、2話のネタバレ。久保佐和子と夫の選択は?

小松と四宮
小松:そうやってぶつかり合って、切磋琢磨すればいいのよ。
四宮:まあ、正直言えば、ワクチンを打ってもらえればいいんだけど。
小松:ワクチンも、選択肢の一つだよね。でも、原因がわからないのに打てないよね

久保夫婦が、やってくる
夫は、どうして良いかわからない。いつ産むのが良いのか。
コウノドリ:僕は、他の先生たちに28週が最善だと答えました。
今橋:何らかのリスクを抱えて、生まれてくる可能性があると言うことです。
コウノドリ:お母さん、ご自身の手で育てて欲しいからです。32週だと、3ヶ月何も治療ができないと言うことになります。
今橋が、NICUの赤ちゃんや家族を見学しないかと、久保夫婦を誘う。

26週の子供を見てもらう。
その母親や、不安だったり自分を責めたが、今は幸せだと。

久保夫婦
夫は、勇気をもらったと。
佐和子:綺麗ごと言わないでよ。この子に何かあったら、私たちの人生が変わるんだよ。その時に心から幸せだって言える?
夫:じゃあ、佐和子にとっての幸せってなんだよ?
佐和子:28週で産んでも、私は死ぬかもしれないんだよ。ちゃんと育てて、しんちゃんに迷惑かけたくない。
夫:一人じゃないよ。この子は、佐和子と俺の子だよ。二人で育てるんだよ。俺たちの子だよ。3人の人生だよ。一緒に生きたいよ。

そして、佐和子たちは、28週で産むことに決める。

久保夫婦、決めましたね。ほんと怖いと思いますが、両方とると決めたということですね。一緒に生きると。決めたら、あとは医師に任せて、そのあとですね。ここから、コウノドリ、2話の結末です。

コウノドリ、2話の結末へ。久保佐和子と赤ちゃんはどうなる?

佐野は、なるべく早い段階で仕事に復帰しようと思っている。
佐野には、産後うつ病のアンケートを書いてもらう。

下屋と白川
白川:生まれた後のことは任せろ。
下屋:おう

久保佐和子のガンの手術前日
佐和子:このタイミングで産むと決めたからは、命つなげないと。この子のために、何だってします。

手術当日
赤ちゃんが生まれた。女の子
佐和子:頑張れ。頑張れ。

夫:ありがとうございます。よろしくお願いします。

子宮全摘手術をする。
佐和子:コウノドリ先生、私、ガンになんか負けませんから。絶対にあの子育てますから

手術も成功

佐和子は赤ちゃんを見る。

四宮:サクラ、運がよかったな。母親の手で子供を育てさせたいっていうお前の思いが買ったんじゃないか

佐和子は、赤ん坊を触る。
佐和子:私、ここに来る途中、お腹の大きい妊婦さんを見て、劣等感を感じたんです。でも、そんなこと吹き飛びますね。この子、しっかり生きてますね
今橋:ちょっと早く生まれちゃったけど、赤ちゃんがご家族と生きていくために、赤ちゃんがこの日を選んだんです。
佐和子は、まだ死ねないねと。

2週間後
久保佐和子の検査結果が出る。
術後も問題なく、ガンは取り切った。

小松:よかったね。今回のようなケースこれから出て来るかもしれないね。
四宮:久保さん、運がよかったな。

小松が四宮のことを怒ってる。
四宮:まだ怒ってるんですか。繁殖しますよ、小じわが。
小松が、また怒る。

佐野が、病院の屋上に立っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう