コウノドリ6話。動画。ネタバレ、あらすじ。感想。下屋が診ていた妊婦が心肺停止に。母子は助かるのか?キャスト。視聴率。見逃し配信動画

シェアする

スポンサーリンク

ドラマ、コウノドリ2、6話。動画。ネタバレ、あらすじ。感想。キャスト。視聴率。見逃し配信動画

コウノドリの6話は、2017年11月17日(金)夜10時から放送です。

今回のコウノドリ、6話は、下屋加江(松岡茉優)が、ピンチヒッターで行った産婦人科、こはる産婦人科で、仲良くなった妊婦、神谷カエ(福田麻由子)が、ペルソナに心肺停止で緊急搬送されてくるということです。

一体何があったのでしょうか?

下屋が何かを見逃したのか。妊婦さんと赤ちゃんは助かるのでしょうか。コウノドリ第6話は、下屋にとって試練の回となりそうです。
ということで、コウノドリの続編、シーズン2の6話は、どんな結末になっているのでしょうか。以下、コウノドリ2の6話のネタバレ、あらすじ、感想、視聴率、見逃し配信動画などです。
ドラマ「コウノドリ」6話を見逃した方は、見逃し配信が、U-NEXTかauビデオパスで見られます。
U-NEXT
動画を見るならauビデオパス!初回30日間無料で見放題

コウノドリ2の5話、4話のあらすじ、キャスト、視聴率などについては、こちら

コウノドリ5話。動画。ネタバレ、あらすじ。二人の妊婦の友情。感想。キャスト。視聴率。見逃し配信

コウノドリ2、4話。ネタバレ、あらすじ。自然分娩をしたい妊婦さんの話。感想。キャスト。視聴率。見逃し配信動画

ドラマ、コウノドリ2・続編のあらすじ。ネタバレ、キャスト、原作。視聴率は?最終回はいつ?綾野剛さんが産婦人科医として活躍

コウノドリ2・6話

コウノドリ 6話

目次

ドラマ、コウノドリ2、6話。動画。ネタバレ、あらすじ。感想。下屋が診ていた妊婦が心肺停止に。母子は助かるのか?キャスト。視聴率。見逃し配信動画

コウノドリ2、6話のキャスト、出演者。ゲスト

鴻鳥 サクラ(綾野剛)
下屋 加江(松岡茉優)
小松 留美子(吉田羊)
四宮 春樹 (星野源)
今橋 貴之(大森南朋)
白川 領(坂口健太郎)

大澤政信(浅野和之)
向井祥子(江口のりこ)
赤西吾郎(宮沢氷魚)
倉崎恵美(松本若菜)

コウノドリ2の6話のゲスト出演者

神谷カエ(福田麻由子)

神谷久志(笠原秀幸)

富士宗吾(佐藤貢三)

仙道明博(古舘寛治)

今回のコウノドリ、6話は、下屋加江が、妊婦の神谷カエと名前が一緒ということで、意気投合するようです。しかし、そのカエが、緊急搬送されてきます。その神谷カエを、福田麻由子さんが演じます。

また、ペルソナ救命科部長の仙道明博を、古舘寛治さんが演じます。

コウノドリ2の主なキャスト、出演者の情報

鴻鳥 サクラ(綾野剛)

ドラマ、コウノドリの主人公、鴻鳥サクラ。綾野剛さんが、前作のコウノドリより引き続き演じます。

産婦人科医でありながら、天才ピアニスト・ベイビーでもあるという、まれな存在ですね。

温厚な性格だが、冷静な判断力を持っているということです。

下屋 加江(松岡茉優)

新米産婦人科医の下屋加江。前作のコウノドリでは、研修医だったわけですが、それからどうなっているのかというところですね。

成長していたりもするのでしょうね。

松岡茉優さんが演じていますね。

小松 留美子(吉田羊)

助産師の小松留美子。吉田羊さんが演じていますね。

鴻鳥がベイビーであることを知っています。サクラとは、サクラが研修医時代に当直のアルバイトをしていた「岡中央病院」で出会って以来からの付き合いということです。

四宮 春樹 (星野源)

四宮春樹は、鴻鳥の同期の産婦人科医です。星野源さんが演じています。

理論派の四宮ということで、あまり笑わないです。

コウノドリ2でも、このあたりは変わらないのでしょうか。

今橋 貴之(大森南朋)

新生児科の部長であり、周産期センターのセンター長の今橋貴之。大森南朋さんが演じています。

コウノドリ2の続編でも登場しますね。

白川 領(坂口健太郎)

新生児科の医師。下屋の同期です。坂口健太郎さんが演じます。

下屋とはライバルというか、同期ということで、率直なやり取りをしていますね。

どんなふうに成長しているのでしょうか。

コウノドリの原作

ドラマ、コウノドリの原作は、モーニングで連載中の漫画「コウノドリ」です。

こちらをもとに、ドラマも製作されるということなので、一緒に読んでみると、さらに楽しめそうですね。

コウノドリ(1) (モーニング KC)

コウノドリ(1) (モーニング KC)

  • 作者: 鈴ノ木ユウ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/06/21
  • メディア: コミック

コウノドリ(19) (モーニングコミックス)

コウノドリ(19) (モーニングコミックス)

  • 作者: 鈴ノ木ユウ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/09/22
  • メディア: Kindle版

コウノドリ6話の予告動画

コウノドリ、第6話の予告動画

コウノドリ、シーズン2は、毎回、命の話になっていますが、今回のコウノドリの6話は、母子が命の危機になってしまうようです。

その母親、神谷カエと下屋は、仲良くなっていたようですが。何かを見落としていたのでしょうか。

そして、母子を救うことができるのか。コウノドリの6話は、下屋の試練の回のようです。

コウノドリの公式Twitter、Instagram、Facebook

コウノドリ公式ツイッター

コウノドリのツイッター

コウノドリの公式Instagram

コウノドリの公式Instagram

コウノドリの公式Facebook

コウノドリの公式Facebook

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

「コウノドリ」6話を見逃した方は、見逃し配信が、U-NEXTかauビデオパスで見られます。
U-NEXT
動画を見るならauビデオパス!初回30日間無料で見放題

コウノドリ2、6話のネタバレ、あらすじ

以下、コウノドリ2、6話(2017年10月)のネタバレ、あらすじなどです。

ドラマ、コウノドリ、6話のあらすじ

コウノドリ、6話のあらすじ

コウノドリ6話のあらすじ

下屋(松岡茉優)は、ピンチヒッターとして行ったこはる産婦人科で、切迫早産で入院している神谷カエと出会う。
この病院で唯一の入院患者のカエは、不安が募っていた。
下屋はカエの不安を少しでも取り去ってあげるため積極的に相談に乗っていた。名前も年齢も同じ2人は意気投合し、次第に仲良くなっていく。

今回のコウノドリの6話は、下屋が、こはる産婦人科で、神谷カエという切迫早産で入院している妊婦と会うということです。

不安なカエに、相談に乗るのが、下屋ということです。少しでも力になりたいですよね。

下の名前が同じで、年齢も同じということで、仲良くなっていくということです。

コウノドリ。6話のあらすじ。下屋が頑張る

患者に首をつっこみすぎじゃないかと言う白川(坂口健太郎)に下屋は、自分で判断する力をつけることも大事、サクラ(綾野剛)や四宮(星野源)に頼ってばかりじゃ、一人前になれないと反論するのだった。

白川に、下屋は、肩入れしすぎだと指摘されるようですが、自分で判断できるようになりたいと考える下屋は、自分なりに頑張ろうとするようです。

前回のコウノドリ、5話でも、下屋は頑張っていましたね。

今回の、コウノドリ第6話でも、下屋は、成長したいと考えて、頑張るようです。

コウノドリ、6話のあらすじ。カエが心肺停止で緊急搬送される

そんな中、下屋はカエの様子に違和感を感じ、こはる産婦人科の院長に告げるが、「週明けに検査する」とだけ返されて帰路につく。
ペルソナに戻った下屋のもとに、こはる産婦人科からの緊急搬送が。

なんと、心肺停止で運ばれて来た妊婦はカエだった──。

そんなときに、下屋が、カエの様子がおかしいと、こはる産婦人科の院長に告げるが、院長には、週明けに検査だからと、返されるようです。

そして、ペルソナに戻ったら、カエが心肺停止で、緊急搬送されるというのが、コウノドリ6話のあらすじです。下屋、ここからどうするのでしょうか。どうなるのか、コウノドリ6話の結末、気になりますね。

以下、コウノドリ2、6話のネタバレです。

コウノドリの6話を見逃した方は、見逃し配信が、U-NEXTかauビデオパスで見られます。
U-NEXT
動画を見るならauビデオパス!初回30日間無料で見放題

「コウノドリ」6話のネタバレ

下屋は、こはる産婦人科にピンチヒッターで当直に
神谷カエは、切迫早産で入院している。
カエ:いつまで入院してればいいんですか?
下屋:ペルソナ総合病院には、切迫早産で入院している人がたくさんいます。
カエ:一人じゃないんだ
夫の久志が、カエとやって来る。
同じ名前だった。年も一緒だった。

コウノドリサクラ:助け合うことは大切だよ
と言うと、小松が焼きそばパンを全部食べてしまっていた
小松:助け合うことは大切だよ

下屋が、神谷カエに、出産というゴールがあります、一緒に頑張りましょうと応援する。

胎盤剥離を行う下屋。
コウノドリ:スキルが必要なんだ。
下屋:次は頑張ろうと思います。
コウノドリ:人に助けをこうことも大切だよ
下屋:乗り越えたいんです。
コウノドリ:失敗した時、乗り越えるもんじゃない。

コウノドリと下屋。先輩として、サクラは、下屋が心配なのでしょうね。
頑張り屋ゆえに、失敗すると折れそうな感じはありますね。

倉崎と四宮
倉崎は、幼児保育のあるところで働こうとしている。

カエは、35週。この子は、さくらという、女の子だと
下屋が、鴻鳥サクラみたいな産科医になりたい。
カエ:下屋先生は、その先生、好きなんですね。
下屋:ないです。ない

カエは、動悸があるが、ずっとだから、辛くないと。
カエ:私、結婚式で、サクラとお揃いのドレス着るって決めてるんだ。先生、式来てよ。
下屋:うん、行くよ

動悸について、甲状腺はと富士先生に聞くが、特に聞いていないと。
富士先生が、週明けに調べてみるということに。

白川が、プライベートに首突っ込みすぎじゃないかと、下屋に言うと、
下屋:いつまでも頼っているとダメでしょ、自分でできるようになりたい

赤西吾郎が、産婦人科医に差し入れ
赤西が、下屋が頑張っているからと、下屋に優しい

下屋が頑張っていますよね。前回もですが、今回の6話でも、独り立ちしたいという思いがあるのでしょう。
自分でなんとかしたいという気持ちが出ていますね。

コウノドリ。6話のあらすじ。神谷カエがペルソナに緊急搬送される

こはる産婦人科から、神谷カエが、緊急搬送される。
下屋:神谷さん!神谷さん。
コウノドリ:下屋先生、お母さんも赤ちゃんも助けるよ!

甲状腺クリーゼの可能性が

コウノドリ:下屋、話はあとだ。赤ちゃん、1分で出すよ
赤ちゃんが生まれる。
しかし、神谷カエの心拍が戻らない。

赤ちゃんも、心停止。
赤ちゃんは、泣いて呼吸した。

下屋:神谷さん、赤ちゃん泣いてるよ。戻って来て
心拍が戻ってこない。

救命室から、コウノドリと下屋が出て来る
夫の久志がやって来る
久志:カエとは話せる状態ですか?

神谷カエは、亡くなった。

亡くなってしまいましたね。助からず、残念でした。

下屋と白川
白川:赤ちゃん、安定して来たよ
下屋:神谷さんね、私と同じ、かえって名前だったの。年も同じだったの。結婚式行く約束してたんだ。なんで私、検査を勧めなかったんだろう。私のせいだよ。
白川:違う。お前のせいじゃない。

コウノドリ第6話のネタバレ。落ち込む下屋

カンファレンス室
今橋が、甲状腺クリーゼだったと。
仙道:なんで、こはる産婦人科は、気づかなかったわけ?
四宮:正常範囲内と判断したんだと思います。
仙道:見落としじゃないの?君たち、危機感足りないんじゃないの?
スクリーニングしたら、防げるのではと。
コウノドリ:甲状腺クリーゼは、まれなことです。
費用や手間を考えると、むずかしい。

下屋が、体調のいい妊婦にも、採血しようと。
コウノドリが、しばらく休めと言うが、下屋は大丈夫だと。
採血しまくってて、邪魔だと四宮が。
下屋:それは、患者さんのために
四宮:自分が神谷さんの死を乗り越えたいだけじゃないのか
コウノドリ:産科医になったこと、後悔してる?
下屋:してません。
コウノドリ:どんな産科医になりたい?

赤ちゃんと神谷久志が退院する。

下屋は、白川の電話に出ない。

下屋が落ち込んでいますね。それはそうですよね。
どうにか持ち直せるのか、というか、何かきっかけがあると良いのでしょうけれど。
と、ここから、コウノドリ第6話の結末です。

コウノドリ。6話の結末へ

BABYのコンサートに、下屋が小松と来た

コウノドリ:下屋は、どんな産科医になりたい?その答えば見つかったら、帰ってこい。待ってるから。

下屋は、これまでのことを思い出している。
下屋:帰りたい。やっぱり私、産科に帰りたいです

サクラの携帯が鳴る。
1曲で演奏を終えて、ペルソナにコウノドリは戻る

赤ちゃんが、横になっているから、出てこれない
小松と下屋も来る。
下屋が赤ちゃんを縦にして、赤ちゃんが生まれた。

白川:やるじゃん、下屋。まあ、お互い色々あるけどさ、頑張ろうぜ。
下屋:なに、気持ち悪い。

下屋:やっぱりさ、産科はいいね。コウノドリ先生がいて、助産師さんもいて。あんたもそばにいて。でも、だから、今のままでいいわけがない。

下屋と白川、いつものような軽いやり取りではなかったですね。
下屋は、何かを決めたのでしょう。決意の顔でしたね。

加瀬のところに、下屋がいく
下屋:私の悔しさは、もっと私に力があったらっていう後悔です。

下屋とコウノドリ
下屋:コウノトリ先生、答え出ました。やっぱり、私は産科医なんだってよくわかりました。私は産科に戻りたい。だから、私を救命に行かせてください。総合的に患者さんを診られて、お母さんと赤ちゃん、両方救える産科医になりたいんです。
コウノドリ:救命きついぞ。
下屋:でも、これが、私の乗り越え方です。
コウノドリ:患者さんのことを乗り越えることはできない。胸に抱えて、医者として進んで行くしかない。救命か、うん、いんじゃないか。下屋なら大丈夫。お前は、僕の自慢の後輩だからね。行ってこい。そして強くなって帰ってこい
下屋:はい。私、絶対、産科に戻って来ます!

下屋が髪を切って来る
四宮:甘ったれるな。救命でも叱られて、泣いている姿が眼に浮かぶ
ジャムパンを渡す、四宮
四宮:戻ってこいよ
コウノドリ:みんな待ってるから

倉崎が赤ちゃんと退院。

仙道:1年。1年持たないって言ってるんだよよ。
加瀬:学生気分なら、帰れ。救命は、学校じゃないんだよ

大澤院長
倉崎:明日から、産科でお世話になります。倉崎恵美です。
倉崎は、娘のために頑張りたいと。

小松が、お腹が痛い。

コウノドリ、第6話は、下屋の試練の回でしたね。そして、下屋は、救命に行くことを決めます。頑張って、強くなれるのでしょうか。

「コウノドリ」6話を見逃した方は、見逃し配信が、U-NEXTかauビデオパスで見られます。
U-NEXT
動画を見るならauビデオパス!初回30日間無料で見放題

コウノドリ、7話、8話の動画、ネタバレ、あらすじ感想、視聴率、見逃し配信動画などはこちら

コウノドリ7話。動画。ネタバレ、あらすじ。感想。小松の子宮を全摘?小松留美子の選択は?キャスト。視聴率。見逃し配信動画

コウノドリ8話。動画。ネタバレ、あらすじ。感想。白川の失敗?四宮の父親が倒れる。キャスト。視聴率。見逃し配信動画

コウノドリ、6話(2017年10月・シリーズ2)の感想、視聴率など

コウノドリ9話。動画。ネタバレ、あらすじ。感想。不育症の妊婦?四宮の父親がまた倒れて。キャスト。視聴率。見逃し配信動画

コウノドリ。10話。動画。ネタバレ、あらすじ。感想。出生前診断とその後の選択。鴻鳥サクラはどう寄りそう?キャスト。視聴率

コウノドリ最終回。あらすじ。これまでのネタバレ。感想。キャスト。視聴率。見逃し配信動画

コウノドリ2、3話。ネタバレ、あらすじ。続編ドラマ。無痛分娩、産後うつの話。4話のあらすじ。見逃し配信動画。感想。キャスト。視聴率。

コウノドリ2、2話。ネタバレ、あらすじ。子宮頚がんの妊婦の選択は?コウノドリ、続編。3話のあらすじも。感想。キャスト。視聴率。見逃し配信

コウノドリ2・続編1話。ネタバレ、あらすじ。コウノドリが帰ってくる。耳が聞こえない妊婦の出産。感想。キャスト、ゲスト。視聴率

ドラマ、コウノドリ。6話の感想

コウノドリ、6話(2017年10月)の感想。

コウノドリ2の6話は、下屋加江がピンチヒッターとして行った産婦人科、こはる産婦人科で診察を通して仲良くなった妊婦、神谷カエが、緊急搬送されてきます。

母子の命が危ないようです。

下屋は、何かを見落としていたのでしょうか?

今回のコウノドリの6話は、下屋がどうするのかという回のようです。

どんな結末になるのでしょう。

コウノドリの6話の感想。下屋はきついだろう

妊婦の神谷カエさんと仲良くなった、下屋。

その神谷カエが、緊急搬送されます。そして、心停止で亡くなってしまいました。

下屋は、甲状腺を気にしていましたが、検査を勧めませんでした。

助けられたかもしれないという思いが、下屋にはあるのでしょう。かなり落ち込んでいましたね。

亡くなってしまうと、きついですよね。

下屋は、きついだろうなというのが、まずは、コウノドリ6話の感想です。

コウノドリの6話の感想。下屋の選択、決意

そして、下屋は、救命に行くことを決意します。

自分が医師として、もっとできることを増やしたいということなのでしょう。鴻鳥サクラも、その決意を感じて、快く送り出しましたね。

ただ、救命のほうでは、厳しいからということで、持たないのではと思っているようですね。救命は、もっと大変そうですよね。助けられない命も多いのでしょうし。

でも、下屋は、もっとどうにかなりたいと思って、決意したのでしょうね。

ということで、頑張って欲しいですね。

と、下屋を応援する気持ちでいたら、なんと、今度は、小松が、病気のようです。

ペルソナの産科、大丈夫でしょうか。倉崎が新しく入るとは言え、小松がいなくならないと良いですが。

次回のコウノドリ、7話は、小松の子宮の話のようですね。コウノドリの7話も、選択の回になりそうですね。

コウノドリ、7話のあらすじ。小松が子宮線筋症

コウノドリ。7話のあらすじ

突然、倒れた小松(吉田羊)。
心配するサクラ(綾野剛)と四宮(星野源)に、心配かけまいと努めて明るく「子宮筋腫があることはわかっていたけど、忙しくて検査に行けないでいた」と言う。
しかし、詳しい検査を行うと、子宮線筋症と卵巣チョコレート嚢胞だということが判明。

前回のコウノドリ2の6話で、突然、お腹が痛くなって、動けなくなった小松。

子宮筋腫があるとわかっていたが、検査に行けなかったということです。

検査を行うと、子宮線筋症と卵巣チョコレート嚢胞だということがわかるというのが、コウノドリの7話ですね。

コウノドリ、7話のあらすじ。小松が出した結論は?

すでに症状が悪く、ガンになる可能性もあるため、子宮の全摘を薦めるのが本人の為だとサクラたちは考え、本人に伝える。
小松自身も全摘した方が良いとは分かっているが、踏み切れずにいた─。

そんな小松を支えるペルソナの仲間たち。
仲間が見守る中で、小松が出した結論は─

ガンになる可能性もあるということで、子宮の全摘を薦める鴻鳥サクラ。

しかし、小松は、わかってはいるが、踏み切れないようです。そんな小松を、ペルソナの仲間が支えるということですね。

というのが、コウノドリの7話のあらすじですね。

小松は、どんな結論を出すのでしょうか。

コウノドリ。5話のネタバレ。瑞希の出産

瑞希の出産。コウノドリが説明する
瑞希:私のせいですか、私が切迫早産だったからですか。
コウノドリ:違います。西山さんのせいではありません。
瑞希:じゃあなんで、赤ちゃん死んじゃったんですか?
コウノドリ:僕も昨日からずっと考えています。なんでだ、なんでだろうって、でもわからないんです。入院して1ヶ月、赤ちゃんのために頑張っていたことも知っています。しかし、僕には今回のことを予測できませんでした。結果としてこうなってしまい、申し訳ありません。

西山が陣痛。
小松:頑張ってね。西山さん。赤ちゃんもう少しよ。このお産暗くしたくないじゃない。

回想
瑞希が、名前をどうすると、夫に聞くと
夫は、男ならケーキと、女ならあかりだと。
女は明るいほうがいいから、お前みたいに。

生まれる
小松:あかりちゃん、すっごく可愛い女の子だね。

四宮:生まれたのか?
コウノドリ:うんとっても明るい女の子だった。
四宮:原因は?
コウノドリ:やっぱりわからなかった。
解剖はしない。西山さん夫婦が望まなかったから。

辛いですね。こういうのもあるんですね。なんというか、これ以上は、言葉にしにくい感じです。ここからコウノドリ、5話の結末です。

コウノドリ。5話の結末へ。西山夫婦

瑞希がおっぱいが痛む。
小松は、無理しないでねと。
瑞希:なんで。体、お母さんなのに。
小松:今は何も考えられないと思う。ただ、あかりちゃんは、西山さんの戸籍に残してあげられないんだ。だから、抱っこでもいいし、写真をいっぱい撮ってもいいし、あかりちゃんと一緒に過ごしていられる間に。もしあったら、うちらは、協力するから。

夫:あの、二人で、お風呂入れてやってもいいですか。

お風呂を入れて上がる。
小松が手伝う。
夫の寛太:美人だから、俺似だな。
瑞希:何言ってるの。私似でしょう。

下屋は、大松夫妻に手紙を書いてる。
四宮がやってくる。
四宮:まさか、手紙でわびる気か。
下屋:お二人の時間が止まっているなら、私のできることをしたいんです。
四宮:俺なら、絶対に頭を下げない。次の出産に向けて、準備するだけだ。
下屋:手紙、止めないんですか?
四宮:お前は、もう研修医じゃないからな

瑞希とひかる
ひかる:もう出産して、明日退院か。あかりちゃん元気?
瑞希:ひかるさん、元気な赤ちゃん、産んでね。

ひかるは、ナースの会話から、あかりが死産だと知ってしまう。

コウノドリが、BARで、ピアノを弾いている。

ひかるも、コウノドリも、辛いですね。元気に生まれたら良かったのですが。
コウノドリ、5話は、かなり辛い回になりましたね。

ナースたちが、折り紙を作っている。
あかりを、西山夫婦と、ナース、ドクターたちで見送る。
小松:今日は、親子3人で、ゆっくり過ごすんだね。

瑞希:先生、お世話になりました。
コウノドリ:退院、おめでとうございます。

西山たちが、家へと帰る。
3人で、ケーキ屋さんに帰ってきた。

コウノドリ2。5話の結末

大松美代子が、赤ちゃんたちの写真を見ている。
下屋が、私の説明不足で、申し訳ありませんでした。
美代子:私も主人も、先生を恨んでいません。先生は、お医者さんとして、最善を尽くしてくれたんですよね。ありがとうございました。白川先生、今日は、翔太の手術の話を詳しく聞きたくて来ました。

七村ひかるが、陣痛
赤ちゃんを出産

翔太君は明日手術
下屋:でも、これからですから、大松さんたちにとっては。ほんというと、落ち込みました。自己嫌悪です。でも白川は、翔太君のためにブレてなくて。
コウノドリ:下屋が成長した証だよ。仲間から刺激を得られるのはいいことだよ。
小松:いつまで一緒に居られるかな。

瑞希から、七村ひかるに、プリンが届けられる。
「おめでとう」というカードが入っている。

コウノドリの脚本、演出、プロデューサーなど

脚本:坪田 文、矢島弘一、吉田康弘

プロデューサー:
那須田淳
『コウノドリ』『逃げるは恥だが役に立つ』『重版出来!』ほか
峠田 浩
『コウノドリ』『逃げるは恥だが役に立つ』『わにとかげぎす』ほか
企画:
鈴木早苗
『コウノドリ』『こうのとりのゆりかご』『生まれる。』ほか
演出:土井裕泰『コウノドリ』『カルテット』『逃げるは恥だが役に立つ』『映画 ビリギャル』ほか
山本剛義『リバース』『Nのために』『夜行観覧車』ほか
加藤尚樹『コウノドリ』ほか

この続編は、前作と、脚本家の方が、少し変わるようですね。演出は同じ方たちで、企画やプロデューサーは前作のコウノドリに関わっている方です。

脚本で印象も変わると思いますが、前作以上にコウノドリのドラマを楽しめるものにしてくれると良いですね。

コウノドリ、続編の主題歌はUruさんの新曲「奇蹟」

『コウノドリ』の続編の主題歌に、Uruさんの新曲「奇蹟」が決定。

Uruさんは劇中のピアニストBABY(綾野剛)とも通ずる“謎だらけのシンガー”だそうです。

Uruさんは、本名・所在地・年齢など、明らかにされていない情報が多いとのこと。

そんなUruさんの新曲「奇蹟」が、コウノドリ2、続編の主題歌ですね。

コウノドリ、6話(2017年10月)の視聴率は、11.0%

コウノドリ、6話の視聴率は、どうなるでしょうか。

コウノドリ、1話の視聴率は、12.9%でした。2話の視聴率は、11.8%でした。3話の視聴率は、11.9%でした。第4話の視聴率は、13.6%でした。コウノドリ、5話の視聴率は、10.6%でした。

コウノドリの6話の視聴率は、11.0%でした。前回よりもアップしましたね。

以上、コウノドリ、6話のあらすじ、ネタバレ、キャスト感想、視聴率、見逃し配信動画などでした。

そのほかの2017年の秋ドラマは、こちら

2017年の秋ドラマ。2017年10月〜12月のドラマまとめ。陸王、ドクターX、コウノドリ、奥様は取り扱い注意など

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう