コンフィデンスマンJP。6話。ネタバレあらすじ、感想。古代遺跡編。動画。悪徳コンサルタント、斑井をだませるか?ゲスト。キャスト、視聴率。見逃し配信動画

スポンサーリンク

ドラマ、コンフィデンスマンJP。6話。ネタバレあらすじ、感想。動画。キャスト、視聴率。見逃し配信動画。古代遺跡編。ゲスト出演者、内村光良

 

コンフィデンスマンJPの6話は、2018年5月14日(月)夜9時から放送です。

ドラマ、コンフィデンスマンJPの第6話は、斑井満(内村光良)が、土地を転売して産業廃棄物処理場を作ることにしたということです。

これを知ったボクちゃん(東出昌大)が、ダー子(長澤まさみ)などを巻き込んで、どうにか止めようとするようですね。

コンフィデンスマンJPの6話は、悪徳コンサルタントの行いをどう止めるのかという話のようですね。
ということで、コンフィデンスマンJPの6話は、どんなストーリーになるのでしょうか。以下、コンフィデンスマンJP6話のあらすじ、ネタバレ、キャスト、視聴率です。

コンフィデンスマンJPの6話を見逃した方は、FODで見逃し配信動画が見られます。
フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム(無料でお試し)】

コンフィデンスマンJP、5話、4話、3話のネタバレ、あらすじ、感想、見逃し配信動画などはこちら

コンフィデンスマンJP 5話。ネタバレあらすじ、感想。動画。ゲスト、キャスト。野々宮ナンシーと新琉がターゲット。視聴率。見逃し配信動画。変化、衣装

コンフィデンスマンJP。4話。あらすじ。ネタバレ。感想。動画。映画マニア編。俵屋勤(佐野史郎)をどう騙す?キャスト、視聴率。見逃し配信動画

コンフィデンスマンJP3話。動画。ネタバレあらすじ、感想。悪徳美術商編。城ケ崎善三(石黒賢)をダー子(長澤まさみ)たちは騙せるか?キャスト、視聴率。見逃し配信動画

スポンサーリンク
  1. コンフィデンスマンJP。6話。ネタバレあらすじ、感想。動画。キャスト、視聴率。見逃し配信動画。古代遺跡編。悪徳コンサルタント、斑井をだませるか?
    1. コンフィデンスマンJP。6話の主な出演者、キャスト
      1. コンフィデンスマンJP。6話のゲスト出演者
      2. ドラマ、コンフィデンスマンJPの脚本、演出、プロデューサーなど
      3. コンフィデンスマンJP第6話までのあらすじなど
    2. コンフィデンスマンJPの6話の予告動画
    3. ドラマ。コンフィデンスマンJPの公式Twitter、Instagramなど
    4. コンフィデンスマンJPの6話のネタバレ、あらすじ
    5. コンフィデンスマンJP、6話のあらすじ
      1. コンフィデンスマンJP6話。あらすじ、斑井滿が産廃会社に土地を転売
      2. ドラマ、コンフィデンスマンJPの6話のあらすじ。ボクちゃんが建設を止めたい
      3. コンフィデンスマンJPの6話。あらすじ、ダー子が手伝うことに
    6. コンフィデンスマンJP 6話、ネタバレ
      1. ある村に立ち寄るボクちゃん
      2. コンフィデンスマンJP。6話、ネタバレあらすじ。たくさんの土器を斑井に見せて
    7. コンフィデンスマンJP 6話、ネタバレあらすじ
      1. ダー子が、考古学マニアルになる。コンフィデンスマンJP、6話。ネタバレあらすじ
      2. コンフィデンスマンJPの6話。ネタバレあらすじ。結末へ
    8. ドラマ、コンフィデンスマンJP。6話の感想、視聴率など
      1. コンフィデンスマンJP。6話の感想、あらすじ。またしてもボクちゃんが
      2. コンフィデンスマンJP。7話のあらすじ
      3. ドラマ、コンフィデンスマンJPの6話のダー子、長澤まさみさんの衣装、変化は?
      4. コンフィデンスマンJPの6話の視聴率は、8.2%
    9. コンフィデンスマンJPの6話の前に
      1. コンフィデンスマンJPの主なキャスト・出演者についてなど
      2. ダー子(長澤まさみ)
      3. ボクちゃん(東出昌大)
      4. リチャード(小日向文世)
      5. コンフィデンスマンJP。各話のあらすじ

コンフィデンスマンJP。6話。ネタバレあらすじ、感想。動画。キャスト、視聴率。見逃し配信動画。古代遺跡編。悪徳コンサルタント、斑井をだませるか?

コンフィデンスマンJP。6話

コンフィデンスマンJP 6話

コンフィデンスマンJP。6話の主な出演者、キャスト

コンフィデンスマンJPの6話の主な出演者、キャスト

ダー子(長澤まさみ) 正体不明の美しきコンフィデンスマン
ボクちゃん(東出昌大) 真面目で小心者のコンフィデンスマン
リチャード(小日向文世) 百戦錬磨のコンフィデンスマン

五十嵐(小手伸也) 狡猾で欲深い腕利きのコンフィデンスマン

コンフィデンスマンJP。6話のゲスト出演者

コンフィデンスマンJP、6話のゲスト出演者

斑井満(内村光良)

悪徳コンサルタントの斑井満を、内村光良さんが演じますね。

ドラマ、コンフィデンスマンJPの脚本、演出、プロデューサーなど

脚本:古沢良太

コンフィデンスマンJPの脚本は、古沢良太さんです。「リーガルハイ」シリーズや「デート~恋とはどんなものかしら~」などの脚本の方です。映画「ALWAYS 三丁目の夕日」も古沢さんということです。

企画:成河広明

成河広明さんは、「フラジャイル」や「デート~恋とはどんなものかしら~」の企画の方ということです。

プロデューサー:草ヶ谷大輔、古郡真也

草ヶ谷大輔さんは、「民衆の敵」「人は見た目が100パーセント」などのプロデューサーということですね。古郡真也さんは、映画「ミックス。」などのプロデューサーということです。

演出:田中亮、金井紘、三橋利行

田中亮さんは、「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- THE THIRD SEASON」や「好きな人がいること」などの演出をされたということです。

金井紘さんは、「民衆の敵」「貴族探偵」などの演出ということです。

三橋利行さんは、映画「本能寺ホテル」映画「信長協奏曲」などの演出の方ということですね。

コンフィデンスマンJP第6話までのあらすじなど

コンフィデンスマンJP(ドラマ)あらすじ。ネタバレ。1話から最終回の結末まで。見逃し配信動画。キャスト。視聴率は?最終回はいつ?長澤まさみさん主演の詐欺師のドラマ

コンフィデンスマンJP 2話。ネタバレあらすじ、感想。動画。リゾート王・桜田しず子をダー子たちは騙せるのか?キャスト、視聴率。見逃し配信動画。衣装

コンフィデンスマンJP。1話ネタバレあらすじ、感想。2話あらすじ。動画。ゴッドファーザー赤星栄介(江口洋介)をダー子(長澤まさみ)は騙せるか?キャスト、視聴率。見逃し配信動画。衣装

ドラマ、コンフィデンスマンJP、ダー子たちが、ここまで、いろいろとだましてきました。

前回の5話では、スーパードクター編ということで、医者や病院の理事長をだましましたね。前回は、だましてお金を得ることに成功していましたね。

今回の6話は、悪徳コンサルタントから、お金をだまし取ることができるのか。

コンフィデンスマンJPの6話の予告動画

コンフィデンスマンJP。6話の予告動画

ドラマ、コンフィデンスマンJPの6話は、古代遺跡編ということです。

が、古代遺跡は、ダー子たちのでっち上げですね。

産廃処理場を作らせないようにするためにどうするのかという話ということです。

ダー子やボクちゃんなどのコンフィデンスマンたちが、どんな策を行うのでしょうね。

ドラマ。コンフィデンスマンJPの公式Twitter、Instagramなど

コンフィデンスマンJPの公式Twitter、Instagram

コンフィデンスマンJPのTwitter

コンフィデンスマンJPの公式Instagram

コンフィデンスマンJPのInstagram

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

コンフィデンスマンJPの6話を見逃した方は、FODで見逃し配信動画が見られます。
フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム(無料でお試し)】

 

コンフィデンスマンJPの6話のネタバレ、あらすじ

以下、コンフィデンスマンJP。6話のネタバレ、あらすじなどです。

コンフィデンスマンJP、6話のあらすじ

コンフィデンスマンJP6話。あらすじ、斑井滿が産廃会社に土地を転売

コンフィデンスマンJPの6話のあらすじ

自転車で一人旅をしていたボクちゃん(東出昌大)は、山間にある十色村を訪れる。そこでボクちゃんは、川辺守夫(野添義弘)・美代(長野里美)夫妻が切り盛りするラーメン店の素朴な味に魅了される。夫妻は、この村に特産品を使った商品などを販売する「ふるさとふれあいモール」が出来ることを喜んでいた。

ところがその2年後、再び村を訪れたボクちゃんは、ふれあいモールの建設計画がいつの間にか産業廃棄物処理場の建設計画に変わっていることを知る。このプロジェクトを手がけていたのは、地方再生や町おこしを得意とするアメリカ帰りのコンサルタント・斑井満(内村光良)だった。斑井は、町おこしのプロジェクトを持ちかけてタダ同然の金額で土地を買い付けると、プロジェクトを頓挫させて、知り合いの産廃処理会社に土地を転売していた。

ボクちゃんが、川辺守夫(野添義弘)・美代(長野里美)夫妻のラーメン店の味に魅了されたということです。

ふれあいモールができるはずだったが、産業廃棄物処理場の建設計画に変わっている。

このプロジェクトはコンサルタントの斑井満が手がけたものということです。

知り合いの産廃処理会社に土地を転売していたということです。

ドラマ、コンフィデンスマンJPの6話のあらすじ。ボクちゃんが建設を止めたい

ボクちゃんは、ダー子(長澤まさみ)とリチャード(小日向文世)に、産廃処理場の建設工事を止める手助けを頼んだ。ダー子は、産廃処理場の方が役に立つ、といって金にもならない話には乗らなかったが、工事を止めるだけならその土地から土器や土偶といった、遺跡があった証拠が出てくればいい、と助言する。

ボクちゃんが、ダー子とリチャードに、産廃処理場の建設工事を止めるのを手伝って欲しいと頼みますね。

しかし、ダー子は、金にならないからと乗り気ではないようです。

で、ボクちゃんには、工事を止めるだけなら、遺跡があった証拠が出てくればいいと教えます。

コンフィデンスマンJPの6話。あらすじ、ダー子が手伝うことに

リチャード自慢のコレクションから縄文土器を借りたボクちゃんは、建設現場のアルバイトに扮して潜入し、現場で土器を見つけたと報告する。すると斑井は、いきなりその土器を地面に叩きつけて粉々に壊してしまう。

ボクちゃんを手伝うことにしたダー子は、五十嵐(小手伸也)に斑井の情報収集を依頼。彼の父親・万吉が、家族を顧みずに遺跡発掘に明け暮れ、奇説を唱えては変人扱いされていたアマチュアの考古学研究者だったことを知り……。

ボクちゃんは、リチャードから縄文土器を借りて、建設現場のアルバイトをして、土器を見つけたというようです。

しかし、斑井は、土器を壊してしまうということです。

斑井の父親は、遺跡発掘に明け暮れたアマチュアの考古学研究者だったということです。

ダー子は、なぜかボクちゃんを手伝うことにしたようです。何かお金になると思ったのでしょうか。

というのが、コンフィデンスマンJPの6話のあらすじですね。

以下、コンフィデンスマンJP、6話のネタバレです。

コンフィデンスマンJPの6話を見逃した方は、FODで見逃し配信動画が見られます。
フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム(無料でお試し)】

コンフィデンスマンJP 6話、ネタバレ

コンフィデンスマンJP。6話、ネタバレあらすじ

ある村に立ち寄るボクちゃん

ボクちゃんが、ある村に偶然立ち寄った。

ラーメン多幸
ラーメンを食べて泣く、ボクちゃん。
素朴な味に感動しているという。
川辺守夫(野添義弘)・美代(長野里美)夫妻が、やっている

ふるさとふれあいモールを、この村に特産品を売る場所。

2年後にボクちゃんが行くと、産業廃棄物処理場ができることになっていた。

ボクちゃん:悪徳コンサルタントに騙されているんだ!ダー子、リチャード、工事を止めよう
ダー子:私たちの儲けは?
ボクちゃん:ないよ

工事を止めるだけなら、遺跡っぽいのが出てくればいいと、ダー子。

リチャードが、縄文土器を持っている。
ボクちゃん:見るだけでもいて見たいなー

と、リチャードが見せてくれる。
リチャード:何千年という悠久の時をまとっているだろう
ボクちゃん:これで、あの町を救える

斑井満が、やってくる。
そして、土器が出てきたと。

斑井満は、土器を壊してしまう。
斑井:作業再開

ボクちゃん:ごめんリチャード。弁償する
五十嵐:お金じゃないんだぜ
ダー子が、助けてくれるという
リチャード:儲けなんて関係ねえ。殺し以外なんでもやってやる

斑井は、田舎の人たちに耳に心地いいことを言って、土地を買って、転売する。

斑井の口癖は、「田舎の年寄りはちょろいもんよ」
そして、斑井の父親は、アマの考古学者。
とんでもないことを唱える

万吉の口癖「日本のシュリーマンになってやる」
斑井満は、考古学は嫌い。

リチャード;シュリーマンは、富を持っていた。金持ちが欲しいものは?
ダー子:名誉よ

だから、斑井満も、名誉が欲しいはず。
五十嵐:トロイの遺跡があると信じだら
ダー子:トロイの遺跡を再現しよう!

リチャードは、大量のどきが必要になると
みんなで作ることにする

なぜか、アフロのカツラをかぶる3人。

意外といい感じのものができる。

コンフィデンスマンJP。6話、ネタバレあらすじ。たくさんの土器を斑井に見せて

たくさんの土器を見せる
ボクちゃんの大学時代の教授は、牛久幸治郎だという。
ボクちゃん:斑井さんが、シュリーマンになれるかもしれません。

そして、牛久に会いに行く、ボクちゃんと斑井
リチャードが、牛久教授になりすましている、
あそこなら出るねと。

ダー子は、考古学を勉強する。斑井万吉の本も読む

発掘する。
五十嵐が記者として、やってくる。
リチャード:こんなたくさん出てくるのは初めてだよ。金じゃ買えない名誉だ。
斑井:もう茶番はやめましょう。さっさと偽物だと表明してもらえたら、この倍出します。私は素人じゃないんですよ。明らかにレプリカです。卑劣なイタズラでしょう。
リチャード:常識ってのは、学問の敵だね。

ダー子は、たくさん作って数で押し切ると、さらに土器や土偶を作る

コンフィデンスマンJP 6話、ネタバレあらすじ

ダー子が、考古学マニアルになる。コンフィデンスマンJP、6話。ネタバレあらすじ

考古学マニアが、たくさんやってくる。
斑井:うっとうしいハエが増えちまった。

リチャード:彼らは、リアルなマニアだ
ダー子が五十嵐に拡散してくれと

ダー子が、遺跡が出たと、やってくる
ダー子:ここが、超古代文明都市だ!

とこのめとめこ

ダー子:我が一族に伝わるもの。発掘調査を続けてまいりました。

斑井は、引いている?
ダー子は、斑井万吉の言っていたことをアレンジしたもの

ダー子:世界4大文明は、ここから発祥したのである。正しかった

ダー子は、ボクちゃんにラーメン屋に連れていけと
ラーメンを食べる、ダー子たち
ダー子:普通
ボクちゃん:これがいいんだよ

これで工事が止まる、観光客が訪れると喜ぶ、店主の川辺守夫・美代

コンフィデンスマンJPの6話。ネタバレあらすじ。結末へ

斑井は、発掘するマニアたちを見ている。

斑井:斑井万吉って知ってるか?奇人扱いされた在野だ。
ダー子:私の父も同じようにバカにされてきました。山を売って都会に出ようと思ってきました。でも、遺跡が出た。父は間違ってなかった。その斑井万吉さんの名誉も回復できますね
斑井:本物なんだな?牛久先生?
リチャード:あなたの名は、教科書に載るでしょう。日本のシュリーマンとして

斑井が、発掘を始める

ダー子:ボクちゃん、ふるさとは救われたわ

ボクちゃんは、複雑な気持ちでいる

リチャードがダー子を起こす
リチャード:工事が始まったよ。本物の牛久が来たんだ。

牛久:これらは全て模造品です。私の名を騙ったものの情報は警察に伝えてください。

工事は再開

ボクちゃんが、牛久に手紙を出した。
ボクちゃん:僕たちは、騙しちゃいけない人たちも騙していた。
リチャード:ボクちゃんが始めたことだ、ボクちゃんがそれでいいなら、それでいいさ

ダー子は、工事現場に考古学マニアの格好で行く
それを見かける、斑井満

斑井にお届け物が届く。
開けると、中身は、斑井万吉の本が入っている。
それらを読む、斑井満

斑井がダー子のところにやってくる
そして、ダー子は、3億円を手に入れる。

斑井があの山を買ってくれたという

斑井は、会社を人に売った。

ダー子:遺跡も偽物だったし、この山売って、街に出る。
斑井:言い値で買い取る。
ダー子:何も出ないのに?
斑井:やってみないとわからないだろう

ボクちゃん:何に取り憑かれるんだ?
ダー子:探し求める行為そのもの

それが、本当の幸せだという
斑井は、熱狂する幸せな日々を買ったと。

ボクちゃん:1億で買って、3億で売った?これが狙いだったのか!
分け前だと、五十嵐からボクちゃんはお金をもらう
新しい場所で川辺守夫・美代がラーメン屋をやる資金に

ボクちゃんがラーメン屋に行くと、繁盛してる。
産廃処理場の作業員がたくさんいる

以上、コンフィデンスマンJPの6話、ネタバレあらすじでした。

コンフィデンスマンJPの6話を見逃した方は、FODで見逃し配信動画が見られます。
フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム(無料でお試し)】

コンフィデンスマンJPの7話のネタバレ、あらすじ、感想、見逃し配信動画などはこちら

コンフィデンスマンJP。7話。ネタバレあらすじ、感想。動画。遺産をだまし取る?ゲスト出演者、キャスト、視聴率。見逃し配信動画

ドラマ、コンフィデンスマンJP。6話の感想、視聴率など

コンフィデンスマンJP。最終回。ネタバレあらすじ、感想。動画。ボクちゃんは詐欺師をやめる。ダー子が殺される?ゲスト。キャスト、視聴率。見逃し配信動画

コンフィデンスマンJP。最終回10話までのあらすじネタバレ。動画。ゲスト、キャスト、視聴率。見逃し配信動画

コンフィデンスマンJP。9話。ネタバレあらすじ、感想。動画。スポーツ編。ダー子たちは、IT社長の桂へのだましに成功するのか?ゲスト。キャスト、視聴率。見逃し配信動画

コンフィデンスマンJP 8話。ネタバレあらすじ、感想。動画。パワハラ経営者の美のカリスマをだませるか?ゲスト。キャスト、視聴率。見逃し配信動画

コンフィデンスマンJP。6話の感想、あらすじ。またしてもボクちゃんが

コンフィデンスマンJP。6話の感想

ドラマ、コンフィデンスマンJPの6話は、悪徳コンサルタントの斑井滿が、土地を転売して、産廃処理場にするということを、ボクちゃんが知りますね。

その村のラーメン屋が気に入っていた僕ちゃんは、これを止めたいと考えて、ダー子たちを誘いますが、ダー子はお金にならないということで断ります。

でも、遺跡でも出たら、工事は中止になると、ボクちゃんに教えます。

ということで、リチャードに縄文土器を借りて、斑井に土器が出たと教えます。しかし、斑井は、土器を壊してしまいますね。

なんだからかなりひどい壊し方をしていました。よほどのことなんでしょうね。

というのが、まずは、コンフィデンスマンJPの6話の感想です。

これではダメだということで、なぜかダー子が手伝うことにします。怪しいです。

たくさん土器を作って、遺跡が出たことにしようと言い出すダー子。

リチャードが、考古学者になりすまして、本物だと言い出しますね。

それでも、斑井は、ニセモノだろうと見抜いて、関心を持ちませんね。

 

そこで、ダー子は、さらに土偶なども作って、遺跡が出たことをネットで拡散させます。これで、考古学マニアがやってきます。

さらに、ダー子は、自ら考古学のマニアになって、現れますね。先祖代々、発掘してきたと。

そして、超古代文明がやっと出たと言い出します。

この様子を、斑井が見て、何かを思い出したのでしょうか、発掘を始めますね。

しかし、ボクちゃんが、ラーメン屋の店主たちまで騙していることに、気が咎めて、本物の考古学者に連絡してしまいます。

ということで、工事は再開。産廃工場は作られることになりました。

となったのですが、斑井は、ダー子から山を買いますね。そして、コンサルティング会社も売ってしまいます。

発掘をしようという気になったようですね。

で、分け前をもらったボクちゃんが、ラーメン屋にお金を渡そうと行くと、繁盛していました。

と、今回のコンフィデンスマンJPの6話も、ボクちゃんは、徒労に終わりますね。なんというか、毎回、ダー子にだまされるボクちゃんですね。

次回のコンフィデンスマンJPの7話でも、ボクちゃんもだまされてしまうのでしょうか。

コンフィデンスマンJP。7話のあらすじ

ダー子(長澤まさみ)とボクちゃん(東出昌大)は、リチャード(小日向文世)の知り合いだった矢島理花(佐津川愛美)という女性の話を聞く。1年前、バーでリチャードの財布をすろうとして失敗した理花は、天涯孤独の身で、夜の仕事を転々としているうちにスリまでするようになったらしい。時々理花と会うようになったリチャードはまともな生き方をするよう何度も説得していた。だが、彼女は耳を貸さず、結局しくじって刑務所に服役することになったという。

出所するまで理花の家財道具を預かることにしたリチャードは、それをダー子の部屋へと運んだ。そこでダー子が見つけたのは、理花の母親の遺品から出てきた手紙だった。送り主の与論要造(竜雷太)は、10億円の資産を子どもの誰かに譲ると手紙に記していた。五十嵐(小手伸也)の調査によれば、要造は鎌倉に住む資産家で現在闘病中。だがその正体は、違法すれすれの株式操作で荒稼ぎしていた経済ヤクザだった。理花は、要造が愛人に産ませた子どもだったため、母親や兄姉からひどい苛めを受けていたらしい。そんな生活に耐えられなくなった理花は10歳のときに要造のもとを離れて実母のところに戻ったものの、愛人稼業の母親とも折り合いが悪くなり17歳で家を飛び出してしまっていた。

刑務所を訪れて理花と面会したダー子は、彼女が要造の家を出て以来18年もの間、一度も連絡も取っていなかったことを知ると、理花に成りすまして要造のもとを訪ねる。理花の兄姉――祐弥(岡田義徳)と弥栄(桜井ユキ)は、突然現れたダー子に疑いの目を向けていた。

そんななか、ボクちゃんは、ダー子が要造に話した作り話のせいで、理花を振った造り酒屋の息子役を演じる羽目になり……。

ドラマ、コンフィデンスマンJPの6話のダー子、長澤まさみさんの衣装、変化は?

なんだか、今回の6話のダー子さんは、原始人のような格好をするようですね。

 

これは騙すためということではないのか、なんなのか。

コンフィデンスマンJPの6話の視聴率は、8.2%

コンフィデンスマンJPの6話の視聴率はどうなるでしょうね。

コンフィデンスマンJPの1話の視聴率は、9.4%でした。コンフィデンスマンJPの2話の視聴率は、7.7%でした。3話の視聴率は、9.1%でした。コンフィデンスマンJPの4話の視聴率は、9.2%でした。5話の視聴率は、9.3%でした。

 

コンフィデンスマンJPの6話の視聴率は、8.2%でした。少し落ちてしまいましたね。

以上、コンフィデンスマンJP、6話のあらすじ、ネタバレ、キャスト感想、視聴率などでした。

コンフィデンスマンJPの6話の前に

コンフィデンスマンJPの主なキャスト・出演者についてなど

ダー子(長澤まさみ)

コンフィデンスマンJPの主人公、ダー子は、長澤まさみさんです。

ダー子は、リーダー的存在のコンフィデンスウーマン(信用詐欺師)ということです。

天才的な知能と抜群の集中力で、どれほど難解な専門知識も短期間でマスターできる才能を持っているということです。しかし、性格は天然で、詰めが甘いようです。

ダー子という名前なんですね。本名はないというか、詐欺師だから明かされないのか。どうなのでしょうね。

ボクちゃん(東出昌大)

ダー子と組む、詐欺師の一人、ボクちゃんは、東出昌大さんです。

ちょっと頼りないコンフィデンスマン(信用詐欺師)ということです。だますことも得意ですが、お人よしだそうです。早く詐欺稼業から足を洗い、地道にまっとうに生きていきたいと思っているようですが、ダー子に巻き込まれるようです。

リチャード(小日向文世)

変装の腕は超一流という、リチャードは、小日向文世さんです。

生まれながらの品の良さで様々な職業人にでもなりすますということです。そして、手練手管を使って相手をだます百戦錬磨のコンフィデンスマンということですね。

ダー子やボクちゃんの関係をなんとかなだめて取り持つ感じなんでしょうか。本心がわからない感じのコンフィデンスマンということですね。

コンフィデンスマンJP。各話のあらすじ

コンフィデンスマンJP 5話。ネタバレあらすじ、感想。動画。ゲスト、キャスト。視聴率。見逃し配信動画。変化、衣装

コンフィデンスマンJP。4話。あらすじ。ネタバレ。感想。動画

コンフィデンスマンJP 3話。ネタバレあらすじ、感想。動画

コンフィデンスマンJP 2話。ネタバレあらすじ、感想。動画

コンフィデンスマンJP。1話ネタバレあらすじ、感想。2話あらすじ。動画

記事まとめ

シェア

フォロー