スポンサーリンク

↓ ドラマの見逃し配信動画はこちら

FOD Hulu U-NEXT

↓ おすすめのドラマの見逃し配信動画はこちら

ドラマの見逃し配信動画のおすすめサイトまとめ。U-NEXT、FOD、Hulu、auビデオパス

↓ ドラマの見逃し配信動画はこちら

FOD Hulu U-NEXT

↓ おすすめのドラマの見逃し配信動画はこちら

ドラマの見逃し配信動画のおすすめサイトまとめ。U-NEXT、FOD、Hulu、auビデオパス

Feedlyでの購読はこちら
follow us in feedly

コンフィデンスマンJP 8話。ネタバレあらすじ、感想。動画。パワハラ経営者の美のカリスマをだませるか?ゲスト。キャスト、視聴率。見逃し配信動画

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ、コンフィデンスマンJP。8話。ネタバレあらすじ、感想。動画。ゲスト、キャスト、視聴率。見逃し配信動画。美のカリスマ編。ゲスト出演者、りょう

 

コンフィデンスマンJPの8話は、2018年5月28日(月)夜9時から放送です。

ドラマ、コンフィデンスマンJPの8話は、美のカリスマ、美濃部ミカ(りょう)をダー子(長澤まさみ)たちがだますということですね。

ミカは、美よりもお金に興味があるという、パワハラ経営者ということで、リチャード(小日向文世)が、ダー子とボクちゃん(東出昌大)にだましを一緒にやろうと頼むようですね。

今回のコンフィデンスマンJPの8話は、美のカリスマ編ということで、ダー子とミカなどが、美の競演もするようです。
ということで、コンフィデンスマンJPの8話は、どんな内容なのでしょうか。以下、「コンフィデンスマンJP」8話のあらすじ、ネタバレ、キャスト、視聴率です。

コンフィデンスマンJPの8話を見逃した方は、FODで見逃し配信動画が見られます。
フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム(無料でお試し)】

コンフィデンスマンJP、7話、6話、5話のネタバレ、あらすじ、感想、見逃し配信動画などはこちら

コンフィデンスマンJP。7話。ネタバレあらすじ、感想。動画。遺産をだまし取る?ゲスト出演者、キャスト、視聴率。見逃し配信動画

コンフィデンスマンJP。6話。動画。ネタバレあらすじ、感想。古代遺跡編。悪徳コンサルタント、斑井をだませるか?ゲスト。キャスト、視聴率。見逃し配信動画

コンフィデンスマンJP 5話。ネタバレあらすじ、感想。動画。ゲスト、キャスト。野々宮ナンシーと新琉がターゲット。視聴率。見逃し配信動画。変化、衣装

目次

 

コンフィデンスマンJP。8話。ネタバレあらすじ、感想。動画。キャスト、視聴率。見逃し配信動画。パワハラ経営者の美のカリスマをだませるか?

コンフィデンスマンJP。8話

コンフィデンスマンJP 8話

コンフィデンスマンJP。第8話の主な出演者、キャスト

コンフィデンスマンJPの8話の主な出演者、キャスト

ダー子(長澤まさみ) 正体不明の美しきコンフィデンスマン
ボクちゃん(東出昌大) 真面目で小心者のコンフィデンスマン
リチャード(小日向文世) 百戦錬磨のコンフィデンスマン

五十嵐(小手伸也) 狡猾で欲深い腕利きのコンフィデンスマン

コンフィデンスマンJP。8話のゲスト出演者

コンフィデンスマンJP。8話のゲスト出演者

美濃部ミカ(りょう)

福田ほのか(堀川杏美)

コンフィデンスマンJP。8話のゲスト出演者は、りょうさんですね。

美のカリスマということですね。

コンフィデンスマンJP第8話までのあらすじなど

コンフィデンスマンJP(ドラマ)あらすじ。ネタバレ。1話から最終回の結末まで。見逃し配信動画。キャスト。視聴率は?最終回はいつ?長澤まさみさん主演の詐欺師のドラマ

コンフィデンスマンJP。7話。ネタバレあらすじ、感想。動画。遺産をだまし取る?ゲスト出演者、キャスト、視聴率。見逃し配信動画

コンフィデンスマンJPの8話まで、いろいろな人をだましてきましたね。

ただ、悪い人をだますというのが、基本ですね。善良な人をだますのはさすがにないのかもしれません。

と、今回のコンフィデンスマンJPの8話は、美のカリスマでありながら、美よりも利益を求めるパワハラ経営者としての、美濃部ミカ(りょう)をだますようです。

どんなだましになるのでしょうか。

ドラマ、コンフィデンスマンJPの脚本、演出、プロデューサーなど

脚本:古沢良太

コンフィデンスマンJPの脚本は、古沢良太さんです。「リーガルハイ」シリーズや「デート~恋とはどんなものかしら~」などの脚本の方です。映画「ALWAYS 三丁目の夕日」も古沢さんということです。

企画:成河広明

成河広明さんは、「フラジャイル」や「デート~恋とはどんなものかしら~」の企画の方ということです。

プロデューサー:草ヶ谷大輔、古郡真也

草ヶ谷大輔さんは、「民衆の敵」「人は見た目が100パーセント」などのプロデューサーということですね。古郡真也さんは、映画「ミックス。」などのプロデューサーということです。

演出:田中亮、金井紘、三橋利行

田中亮さんは、「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- THE THIRD SEASON」や「好きな人がいること」などの演出をされたということです。

金井紘さんは、「民衆の敵」「貴族探偵」などの演出ということです。

三橋利行さんは、映画「本能寺ホテル」映画「信長協奏曲」などの演出の方ということですね。

コンフィデンスマンJPの8話の予告動画

コンフィデンスマンJP。8話の予告動画

【公式】4月期月9『コンフィデンスマンJP』8話「美のカリスマ編」予告!

ドラマ、コンフィデンスマンJPの8話は、美のカリスマをだますということですね。

ダー子は、どんなことを仕掛けていくのか。

そして、うまくだますことができるのか。

コンフィデンスマンJPの公式Twitter、Instagramなど

コンフィデンスマンJPの公式Twitter、Instagram

コンフィデンスマンJPのTwitter

コンフィデンスマンJPの公式Instagram

コンフィデンスマンJPのInstagram

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

コンフィデンスマンJPの8話を見逃した方は、FODで見逃し配信動画が見られます。
フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム(無料でお試し)】

 

ドラマ、コンフィデンスマンJP。第8話のネタバレ、あらすじ

以下、コンフィデンスマンJP。8話のネタバレ、あらすじなどです。

コンフィデンスマンJP。8話のあらすじ

コンフィデンスマンJP 8話。あらすじ、美濃部ミカがターゲット

コンフィデンスマンJPの8話のあらすじ

ダー子(長澤まさみ)とボクちゃん(東出昌大)は、リチャード(小日向文世)からの頼みを引き受け、元モデルで女医の美濃部ミカ(りょう)をターゲットにする。

以前リチャードは、福田ほのか(堀川杏美)が経営しているメンズエステ店に通っていた。だが、店を畳んでミカの会社に転職したほのかは、ミカから酷いパワハラを受け続けたことが原因で心身ともに病み、退職に追い込まれてしまったのだ。ほのかは、弁護士を名乗っていたリチャードに、ミカの暴言を録音したボイスレコーダーを託し、謝罪と慰謝料を求めていた。

コンフィデンスマンJPの8話は、リチャードからの頼みで、元モデルで女医の美濃部ミカがターゲットということです。

福田ほのかが、ミカからのパワハラで心身ともに病んでしまったとのこと。

ほのかが、弁護士を名乗っていたリチャードに頼んできたということです。

今回は、珍しく、リチャードからの頼みですね。

コンフィデンスマンJPの8話のあらすじ。『ミカブランド』の代表

ミカは、美容整形クリニックを開業後、『ミカアスレチック』『ミカフーズ』『ミカサロン』などさまざまな事業を立ち上げて成功を収めた総合商社『ミカブランド』の代表。その旗艦店は『ミカクリニック』だ。ミカはモデル時代に結婚、二児を設けるも離婚。事業で成功してからは育児もシッター任せにしていた。毎年、ミス・ミカブランドコンテストを主催していたが、一番目立っているのは優勝者ではなく審査委員長のミカ自身という出たがりぶりで、激高しやすい性格も社内では有名らしい。

ミカは、ミカブランドの代表ということです。

事業で成功しているということです。

そんなミカですが、激高しやすい性格ということですね。

コンフィデンスマンJPの8話のあらすじ、ダー子がだましを考えるが

リチャードは、ダー子のデリカシーのない発言に憤慨し、ボクちゃんとふたりだけでミカを騙そうとした。しかしミカは、ボクちゃんが考えた作戦には興味を示さなかった。そこでダー子は、フランスの老舗高級ブランドのお家騒動を利用してミカに近づこうとするが……。

そんな中、リチャードは、ダー子の発言に怒って、ボクちゃんと2人でミカを騙すことにするようです。

しかしうまくいかず、ダー子が、フランスのブランドのお家騒動を利用してミカに近づくということです。ここからどうなって行くのでしょうね。

というのが、コンフィデンスマンJPの8話のあらすじですね。

以下、コンフィデンスマンJP、8話のネタバレです。

コンフィデンスマンJPの8話を見逃した方は、FODで見逃し配信動画が見られます。
フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム(無料でお試し)】

コンフィデンスマンJP。8話、ネタバレ

コンフィデンスマンJP。8話、ネタバレあらすじ

美のカリスマ、美濃部ミカ

美しい唇であるためには、美しい言葉を使いなさい
美しい瞳であるためには、他人の美点を見つめなさい
オードリー・ヘップバーン

リチャードがエステに行って。
福田ほのかというエステティシャンにやってもらっている。

しかし、ミカサロンに採用されて、個人でのエステをやめるというのが、一年前

美濃部ミカ
元モデル。
MIKAブランドの代表

リチャードにほのかから相談。

数ヶ月前
ミカ:痩せなさいって言わなかったっけ?何10回も言ってると思うんだけど。このブタ!
とほのかに。

毎日浴びせられた。
そして、ほのかは、心身ともに病んで、辞職。

ミカに浴びせられた言葉を、ほのかは録音している。

リチャードが、ダー子とボクちゃんに力を貸してくれと頼む
ダー子がちょいブスだと言ったら、リチャードが怒って、出て行ってしまう。

ボクちゃん:ダー子、お前は見た目はまあまあだけど、心は醜い

と、ボクちゃんとリチャードが協力することにする

ミカは離婚して、2人の子供がいるが、子育てには興味がない
ミスミカブランドをやっているが、自分が一番目立つ
激高するタイプ。

パク・ジロウという韓国人と日本人のハーフとして、ボクちゃんがなりすます
男性用コスメをやっているという

と、ミカに、ミカブランドと提携したいという

ミカは、興味がないという。
ミカ:男は中身を磨けばいいのよ。美は女のものよ!

コンフィデンスマンJP。8話、ネタバレあらすじ。ダー子は、エサを変えると言い出す

ダー子:私が釣り上げてあげる。
ダンボールには、フランスの老舗のシャルパンティエのクリーム。25ダース

ダー子は、フランス人?になりすます。
ダー子:この空前絶後の美を使う時が来たわ

ダー子は、ミカが子供を世話している様子を見て、帰ってくる

ダー子:本当の美しさって何?
リチャード:心の美しさだと思うよ
ボクちゃん:中身をきれいにする
ダー子:きれいごとよ。心のきれいなブスと心の汚い超絶美人、どっちと付き合う?

ダー子も、美濃部ミカの本質がわかっていなかったと。餌を変えることにする

ダー子は、大沼秀子の山形から出て来た人になりすます
ミカチャンネルに出て、美濃部ミカに化粧をされる。

控え室で、ダー子は、「弁天水」を使って、出て行く
それを見つける、美濃部ミカ

ミカは、その水を使ってみる。

コンフィデンスマンJP。8話、ネタバレあらすじ

コンフィデンスマンJP。8話、ネタバレあらすじ。五十嵐がエサに食いつくのを待っていると

五十嵐が、エサを食いつくのを待っているという。
じーっと。

ミカは、売り上げが上がっていないと。
そして、ダー子のことを探させている

ミカは、「弁天水」を調べるが、見つからない
と、ネットで「美人村」を見つける。

ダー子は、美人をたくさん集めている。
そして、ミカコスメを渡して、どんどん使ってくれと

そして、ミカが、五十嵐に会いにくる
山形の来名田村が、美人村だと、五十嵐が説明する。

昔、「おくに」という美人がいた。
殿様が、おくにを嫁にとやって来た。
しかし、男たちは使者を殺してしまい、打ち首になった
美しさを呪い身を投げた

リチャードは、鮎川町の町長の吉宮に、なりすます。
リチャード:美人村なんておとぎ話。
そして、ミカが、大沼秀子に会わせてくれと。

ミカとダー子
ミカ:いい化粧水ね。どうやって作ってるの?
ダー子:見せるほどのものでは
リチャード:門前払いもなんだ、見せてあげたら

そして、ダー子が、甕から、水を汲んで渡す
ミカ:あなた一人でつくってるの?
ダー子:母が死んでしまってからは
ミカ:良かったら、分けてくださらない。ふさわしい額で売ってくださらない?なんでそんなに嫌がるの?
ダー子:外に出してはダメな掟があるんです。
ミカ:そんなバカな掟、いつまで守ってるの?
ダー子は、そこらへんのまがいなものじゃないと。
ダー子:簡単にくれと言って欲しくないです

リチャード:あきおさんがいなくなったんも、東京さ行って、秀子さん、あきおさんのこと探しているのも
ダー子が泣き出す
ダー子:帰れ!

ミカは、成分じゃないと。
ミカ:命がけの思いがある。
リチャード:この土地も山も、大沼家のものですが、固定資産税が滞納されて。
五十嵐:じゃあ、それを払えば。3億ぐらいか

ダー子:ボクちゃん、女はなんできれいになりたいと思う?
ボクちゃん:モテたいからじゃないのか?
ダー子:美は、逃れられない呪いみたいなもの。それと心中しようと決めた女が、美濃部ミカ。欲しいものは手に入れないといられない。だから、山ごと買うって、申し出てくるわ。

ミカ:秀子さん、あなたミスミカブランドコンテストに出ましょう

コンフィデンスマンJPの8話。ネタバレあらすじ、結末へ

コンテストに出るダー子
そして、優勝してしまうダー子

ミカ:どうだった出てみて?ワクワクしたでしょう。あなたに知って欲しかったの、きれいになる喜び。人を美しくできるって素晴らしいことでしょう。あなたと同じよ。命がけで。あなたと一緒に仕事をしたいの
ダー子:どうしてそこまで?

ミカは、母が事故にあって、顔にやけどをした。
周りの人は、かわいそうに見るようになった。父は、外に出さないようにして、他所に女を作った。
苦労して亡くなったという

ミカ:どうして見た目が変わっただけで。だから私決めたの、世界中の女性をきれいにするんだって。それが私の夢
心から弁天水できれいにしたいと思ったら電話をくれと
ミカ:お金ならいくらでもお金は出す

ダー子は電話すると言うが、リチャードとボクちゃんは、あまり乗り気ではない

週刊誌に美濃部ミカの話が出ている
ほのかは、週刊誌に持って行ったら、50万円をもらったと

暴力とか男の話もあると言うが、ほのかは、話をもったという。

ミカは、社長を辞任。
弁天水は、白紙撤回に

ほのかは、両親とビジネスクラスでハワイに行った。

ダー子は、半年後にはミカは復活するはずだと。

半年後
美濃部ミカは、サプリを作ると言い出している。

以上、コンフィデンスマンJP。8話、ネタバレあらすじでした。

コンフィデンスマンJPの8話を見逃した方は、FODで見逃し配信動画が見られます。
フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム(無料でお試し)】

コンフィデンスマンJPの9話の、ネタバレあらすじ、感想などはこちら

コンフィデンスマンJP。9話。ネタバレあらすじ、感想。動画。スポーツ編。ダー子たちは、IT社長の桂へのだましに成功するのか?ゲスト。キャスト、視聴率。見逃し配信動画

コンフィデンスマンJP。最終回。ネタバレあらすじ、感想。動画。ボクちゃんは詐欺師をやめる。ダー子が殺される?ゲスト。キャスト、視聴率。見逃し配信動画

コンフィデンスマンJP。最終回10話までのあらすじネタバレ。動画。ゲスト、キャスト、視聴率。見逃し配信動画

ドラマ、コンフィデンスマンJP。8話の感想、視聴率など

コンフィデンスマンJP。8話の感想、あらすじ。美のカリスマをだませなかった、ダー子たち

コンフィデンスマンJP。8話の感想

今回のコンフィデンスマンJPの8話は、美のカリスマ、美濃部ミカをだまそうということになる、ダー子たちでしたね。

リチャードが通っていたエステのエステティシャンのほのかが、ミカサロンに転職したが、ミカにパワハラを受けて、心身ともに病になってしまいました。

これに怒ったリチャードが、ミカをだまそうと、ダー子やボクちゃんに力を貸してくれと頼みますね。

ダー子は乗り気でしたが、ほのかのことをちょいブスだと言うと、リチャードは怒って、ダー子の力は借りないと出て行きます。

と言うことで、ボクちゃんが、ミカを騙そうと、男性の美容化粧品について売り込みに行きますが、ミカは、美は女性のものだと。興味がないということでした。

で、ダー子が、フランスの老舗化粧品でだまそうとしますが、ミカを見て、これは違うと、別の方法を考えますね。

 

美人村の話をでっち上げて、そこの「水」で綺麗になるということを、ミカに教えることにしました。

この方針転換はうまく行きましたね。

ミカは、母親が火傷をおって、それから、世界中の女性を美しくしたいと思ったということです。

そういう思いがあるから、美を追求しているということですね。

だから、親子についてなどのストーリーというか物語のある、「弁天水」のほうが、ミカは食いつきますね。

とうまく行きそうでしたが、ほのかが、ミカのパワハラを週刊誌に売ってしまって、ミカは、社長を辞任させられてしまいました。

ということで、今回のコンフィデンスマンJPの8話は、ダー子たちは、お金をだまし取ることはできなかったですね。

まあ、こういう回もあるということで。にしても、ダー子の、コンテストなどの弾けっぷりは面白かったですね。コンフィデンスマンJPの8話の感想でした。

次回のコンフィデンスマンJPの8話は、どうなるでしょうね。

コンフィデンスマンJPの9話のあらすじ

ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)は、新たな詐欺のターゲットとして、若くして億万長者となったIT企業の社長・桂公彦(小池徹平)に狙いを定める。

桂は、人気アプリ『モスモス』を開発した株式会社モスモスの代表。大のスポーツ好きでもある桂は、さまざまなプロスポーツクラブを買収してきたが、クラブを私物化し、横暴ともいえる現場介入を繰り返してチームを崩壊させては放り出していた。ダー子たちが桂をターゲットにしたのも、応援していた独立リーグの野球チームと、下部リーグに属する地元のサッカーチームを桂によって潰されたちょび髭(瀧川英次)からの要請だった。

ダー子たちは、野球界やサッカー界から締め出されている桂が次に目を付けるのはプロ化目前の卓球だと推測。鴨井ミワ(平野美宇)が所属する東京ジェッツに、ダー子とボクちゃんが扮する元中国ナショナルチームの選手が加入したという設定で、桂に買収話を売り込む。しかし桂は、その話には乗ってこなかった。

情報収集を続けていた五十嵐(小手伸也)によれば、どうやら桂はプロバスケットボールチームを狙っているらしい。そこでダー子は、ホームレス同様の生活を送っていた元日本代表候補の半原敦(和田聰宏)や、街中で見つけた外国人らを巻き込み、架空のバスケチーム『熱海チーターズ』を結成するが……。

 

というのが、コンフィデンスマンJPの9話のあらすじです。

コンフィデンスマンJPの8話の視聴率は、8.3%

コンフィデンスマンJPの8話の視聴率はどうなるでしょうね。

コンフィデンスマンJPの1話の視聴率は、9.4%でした。コンフィデンスマンJPの2話の視聴率は、7.7%でした。3話の視聴率は、9.1%でした。コンフィデンスマンJPの4話の視聴率は、9.2%でした。5話の視聴率は、9.3%でした。コンフィデンスマンJPの6話の視聴率は、8.2%でした。7話の視聴率は、8.9%でした。

 

コンフィデンスマンJPの8話の視聴率は、8.3%でした。微減ですね。

ドラマ、コンフィデンスマンJPの8話の前に

コンフィデンスマンJPの主なキャスト・出演者についてなど

ダー子(長澤まさみ)

コンフィデンスマンJPの主人公、ダー子は、長澤まさみさんです。

ダー子は、リーダー的存在のコンフィデンスウーマン(信用詐欺師)ということです。

天才的な知能と抜群の集中力で、どれほど難解な専門知識も短期間でマスターできる才能を持っているということです。しかし、性格は天然で、詰めが甘いようです。

ダー子という名前なんですね。本名はないというか、詐欺師だから明かされないのか。どうなのでしょうね。

ボクちゃん(東出昌大)

ダー子と組む、詐欺師の一人、ボクちゃんは、東出昌大さんです。

ちょっと頼りないコンフィデンスマン(信用詐欺師)ということです。だますことも得意ですが、お人よしだそうです。早く詐欺稼業から足を洗い、地道にまっとうに生きていきたいと思っているようですが、ダー子に巻き込まれるようです。

リチャード(小日向文世)

変装の腕は超一流という、リチャードは、小日向文世さんです。

生まれながらの品の良さで様々な職業人にでもなりすますということです。そして、手練手管を使って相手をだます百戦錬磨のコンフィデンスマンということですね。

ダー子やボクちゃんの関係をなんとかなだめて取り持つ感じなんでしょうか。本心がわからない感じのコンフィデンスマンということですね。

コンフィデンスマンJP。各話のあらすじ

コンフィデンスマンJP。7話。ネタバレあらすじ、感想。動画。遺産をだまし取る?ゲスト出演者、キャスト、視聴率。見逃し配信動画

コンフィデンスマンJP。6話。動画。ネタバレあらすじ、感想。古代遺跡編。悪徳コンサルタント、斑井をだませるか?ゲスト。キャスト、視聴率。見逃し配信動画

コンフィデンスマンJP 5話。ネタバレあらすじ、感想。動画。ゲスト、キャスト。視聴率。見逃し配信動画。変化、衣装

コンフィデンスマンJP。4話。あらすじ。ネタバレ。感想。動画

コンフィデンスマンJP 3話。ネタバレあらすじ、感想。動画

コンフィデンスマンJP 2話。ネタバレあらすじ、感想。動画

コンフィデンスマンJP。1話ネタバレあらすじ、感想。2話あらすじ。動画

コンフィデンスマンJP。7話、ネタバレあらすじ。結末へ

要造は、どうにか元気になる

そして、みんなでそれなりに楽しむ

そろそろあれだと。
花火大会だろうと。

場所取りとか準備がいるという

ダー子に電話。リチャードが、何かを見つけたという

本物の祐弥と弥栄が現れる
祐弥:10億の財産があるという話ですが、あれは嘘です
全財産失っている

誰かに構ってもらいたいという。
金庫の番号を聞いて、金庫を開けると、過去に関係を持った女の写真が入ってる

そして、キンタとギンコは撤収して行く
しかし、ボクちゃんは
ボクちゃん:みんないなくなったら、寂しがるよ
ダー子:そういうのを自業自得っていうんじゃない?
ボクちゃん:騙すっていうのは最低のことだ。最後まで騙し通すべきだ
とボクちゃんだけ残る

3週間後、ボクちゃんがダー子のところに戻ってくる
与論要造が亡くなったと

ボクちゃん:白状だって。変なこと言ってたっけ

要造は、お手伝いさんに棺桶には家族の写真を入れてくれと頼んでいた。
要造:けいいち、お前はいいやつだ。他人のお前が残ってくれた。10億円の証券。全部くれてやる。ナンバーはな、
ボクちゃんは、金庫のナンバーをメモしている
ダー子:はい、よくできました!行くよ

と金庫を開けに行くと、証券がある
そして、換金する

祐弥と弥栄は、偽物だった
10億もある

本物は、会社経営していて、お金はいらないと

金庫は、すり替えていた
キンタとギンコは帰って、ボクちゃんだけ残った。
ボクちゃん:それがボクちゃんのボクちゃんたる所以じゃん
ダー子:ボクちゃんがいたじゃん。家族でもないのに

ボクちゃんは、分配は僕が決めると。
リチャードがお金を持って行くと、矢島理花はいらないと。
矢島理花:組まない?あなたたちの仲間にして

花火大会
ボクちゃんは、キンタとギンコにもお金を分けてあげていた。
お手伝いさんも、遺産をもらっていた

以上、コンフィデンスマンJP、8話のあらすじ、ネタバレ、キャスト、感想、視聴率などでした。