セシルのもくろみ。あらすじ、ネタバレ。キャスト。原作。視聴率は?最終回はいつ?真木よう子さん主演の女性ドラマ

シェアする

スポンサーリンク

セシルのもくろみ。あらすじ、ネタバレ。キャスト。原作。視聴率は?最終回はいつ?

ドラマ、セシルのもくろみは、2017年7月13日(木)夜10時スタートです。

ファッション雑誌業界を舞台に、女性たちがぶつかり合いながらも幸せを探していく女性たちの物語だそうです。

主な登場人物が女性ですね。となると、やはり女性向けのドラマということになるのでしょう。

最近のドラマでは、女性をメインにしたドラマは意外と少なくなっていたと思うので、こういうドラマも面白そうですね。

ということで、以下、「セシルのもくろみ」のあらすじ、ネタバレ、キャストなどについてまとめます。
「セシルのもくろみ」の見逃し配信は、FODで配信されます。
まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

セシルのもくろみ、3話、2話、1話のネタバレ、あらすじ、視聴率、感想などはこちら

セシルのもくろみ。3話のネタバレ、あらすじ、感想。ハマユカの穴埋めができるのか?キャスト、視聴率

セシルのもくろみ。2話のネタバレ、あらすじ。専属モデルに読者モデルがバトルロイヤル。感想、キャスト、視聴率

セシルのもくろみ。1話のネタバレ、あらすじ、感想。キャスト。宮地奈央(真木よう子)が読者モデルにスカウトされる。視聴率

セシルのもくろみ

セシルのもくろみ

セシルのもくろみ。あらすじ、ネタバレ。キャスト。原作。視聴率は?最終回はいつ?真木よう子さん主演の女性ドラマ

セシルのもくろみのキャスト・登場人物

ドラマ、セシルのもくろみのキャスト・登場人物は、以下のようになっています。

宮地奈央:真木よう子
浜口由華子:吉瀬美智子
沖田江里:伊藤歩
安永舞子:長谷川京子
黒沢洵子:板谷由夏

山上航平:金子ノブアキ
小池雅美:小野ゆり子
石田信也:眞島秀和
平井早紀:石橋けい
登坂千絵:伊藤修子

坂下葵:佐藤江梨子
小田萌子:藤澤恵麻

安原トモ:徳井義実
宮地伸行:宇野祥平
宮地宏樹:佐藤瑠生亮
森 泰生:加藤雅人
南城彰:リリー・フランキー

宮地伸行:宇野祥平
宮地宏樹:佐藤瑠生亮

「セシルのもくろみ」の登場人物、多い感じですね。

そして、キャストが、豪華というか、話題になりそうな感じの方が多いです。

宮地奈央(真木よう子)、浜口由華子(吉瀬美智子)、沖田江里(伊藤歩)、安永舞子(長谷川京子)、黒沢洵子(板谷由夏)の5人の女性もですが、安原トモ(徳井義実)や南城彰(リリー・フランキー)などの男性陣も個性的な感じですし。

魅力的なキャストで、セシルのもくろみが、面白くなりそうですね。

宮地奈央:真木よう子

このドラマ「セシルのもくろみ」の主人公です。

一応、体育会系の主婦ですね。黒沢に目をつけられて、VANITYの読者モデルになります。沖田江里と組んで、なんだかんだ言いながら、専属モデルを目指すことになり、試行錯誤していますね。果たして、のし上がることができるのかどうか。

沖田江里:伊藤歩

ライターですね。

以前は、外資系のファッション関連の会社に働いていましたが、日本から撤退して、職がなくなり、ライターに転職。

お金がないので、宮地を育てて、ライターとして稼ぎたいと思っています。成功するために貪欲です。

黒沢洵子:板谷由夏

VANITYの編集部デスク。次期編集長の座を狙っているようです。

クールな感じですが、うちに秘めているものは熱い感じですね。

沖田をけしかけて、宮地を読者モデルにしました。読者モデルを「利用」して、VANITYを変えて、自分が編集長になろうと考えているようです。

浜口由華子:吉瀬美智子

VANITYの専属モデルで、カバーモデル。カリスマモデルで、ハマユカの愛称で呼ばれています。

宮地とは正反対の存在のようですが、裏にはまだ何かあるということで、宮地が憧れて、由華子に弟子入りしますが、その後、2人の関係がどうなっていくのか。

安永舞子:長谷川京子

「ヴァニティ」の元No.2モデル。現在は、コメンテーターに。

情報番組のファッションアドバイザーとして認知されはじめ、今では押しも押されぬ人気コメンテーターになっているということです。

セシルのもくろみの原作

ドラマ、セシルのもくろみには、小説の原作がありますね。

唯川恵さんの小説です。

セシルのもくろみ (光文社文庫)

セシルのもくろみ (光文社文庫)

  • 作者: 唯川恵
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2013/04/11
  • メディア: 文庫

「セシルのもくろみ」には、小説の原作があるので、ドラマと比べたり、結末を先回りして知るということもできそうですよね。

原作とドラマで、どこまで同じかはわかりませんが。

ということで、セシルのもくろみは、原作があるドラマということになります。

脚本、プロデューサー、演出、制作

脚本:ひかわかよ
プロデューサー:太田大
演出:澤田鎌作、並木道子、高野舞
制作:フジテレビ第一制作センター

脚本が、救命病棟24時・第5シリーズ、医龍4のひかわかよさんですね。

セシルのもくろみのTwitter、Instagram

セシルのもくろみのTwitter

セシルのもくろみの公式Twitter

セシルのもくろみのInstagram

セシルのもくろみの公式Instagram

セシルのもくろみのイントロ、あらすじ

以下、ドラマ、セシルのもくろみのイントロ、あらすじです。

ファッション雑誌業界を舞台に専業主婦・独身・共働き・シングルマザーなど様々な立場の女性たちがぶつかり合いながらも幸せを探していく女性たちの物語『セシルのもくろみ』をおおくりします!主演は、演技派女優として実力・人気共に確固たる地位をほこる真木よう子さん。これまで『SP 警視庁警備部警護課第四係』(2007年)でクールなアクションをこなす巡査部長、『最高の離婚』(2013年)で浮気されていた妻など様々な役どころを演じてきた真木さんは、今回、“美”から遠ざかっていた主婦役に挑戦。

ファッション雑誌業界がドラマの舞台ということです。

真木よう子さんが宮地奈央という「主婦役」を演じるということですね。

日頃、凛とした魅力で圧倒的な存在感を放つ“女優・真木よう子”とは一味違ったラフでアットホームな表情をみせてくれます。さらに豪華共演陣として、吉瀬美智子さん、伊藤歩さん、板谷由夏さん、長谷川京子さんが集結!!“オトナのオンナ”の代名詞とも言える彼女たちがドラマを盛り立てていきます。

真木よう子さんの、ラフでアットホームな感じが出ているようです。

そして、共演陣に、4人の女性ですね。

この4人の浜口由華子(吉瀬美智子)、沖田江里(伊藤歩)、安永舞子(長谷川京子)、黒沢洵子(板谷由夏)が、いろいろと絡んできて、ドラマ「セシルのもくろみ」が盛り上がっていくようです。

セシルのもくろみの1話のあらすじ

以下、ドラマ「セシルのもくろみ」1話のあらすじです。

宮地奈央(真木よう子)は、金型仕上げのエンジニアである夫・伸行(宇野祥平)、中学生の息子・宏樹(佐藤瑠生亮)と北春日部に暮らす主婦。息子に少しでも多くご飯を食べさせることや、パート先の惣菜店のお手製ポテトサラダが人気なことなど、日々の小さな幸せが自分の幸せだと満足している、体育会出身の威勢が良い女性だ。

主人公の宮地奈央は、主婦です。

体育会出身の女性だそうです。

そんな奈央が

ある日、奈央は、人気女性ファッション誌『ヴァニティ』の編集デスク・黒沢洵子(板谷由夏)から読者モデルとしてスカウトされる。南城彰(リリー・フランキー)が編集長を務める『ヴァニティ』は、「ハマユカ」の愛称で知られ、絶大な人気を誇る浜口由華子(吉瀬美智子)がカバーモデルとして君臨。情報番組のコメンテーターとして活躍中の安永舞子(長谷川京子)も、かつてはモデルとして在籍していた。

ファッション誌の読者モデルにスカウトされるそうです。

おお、なんかいきなりの展開ですね。

そして、そのファッション誌は、人気の女性ファッション誌で、浜口由華子がすごい人気のようですね。

ファッションブランドのPRの職を失い、今はファッションライターとして大成しようともがいている沖田江里(伊藤歩)は、洵子から奈央のことを聞き、北春日部まで会いに行く。そこで江里は、命がけで稼げるモデルにする、と必死に説得し、一度は誘いを断っていた奈央をオーディションに参加させる。が、自分を美しく見せること自体に抵抗を感じていた奈央は、撮影でも上手く笑うことすらできない。それでも奈央は、江里やカメラマンの山上航平(金子ノブアキ)、カリスマヘアメイクの安原トモ(徳井義実)の力を借りて撮影に挑み…。

そこに、ファッションライターとして活躍したい沖田江里が現れて、奈央をモデルにしていくと説得するそうです。

奈央は、あまり乗り気ではなかったようですね。まあ、主婦ですし、ささやかな幸せを感じて生きていたのでしょう。

そして、どうにかオーディションに参加して、そこから活躍の道が開けるのかもしれませんね。

というのが、「セシルのもくろみ」の1話のあらすじです。
「セシルのもくろみ」の見逃し配信は、FODで配信されます。
まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

セシルのもくろみの視聴率は?

ドラマ、セシルのもくろみの視聴率はどうなるでしょうね。

この時間帯、木曜日の夜10時は、最近、意外とドラマの視聴率が苦戦していますよね。そこまでライバルもないと思うのですが、なかなか視聴率につながっていないというのがあります。

面白いドラマが登場すれば、視聴率が上がるのではないかと思うのですが。

話題になることがいろいろとあると、セシルのもくろみの視聴率は上がるのではないでしょうか。

2017年の夏ドラマ。2017年7月〜9月のドラマまとめ。ごめん、愛してる、コード・ブルー、カンナさーん!ウチの夫は仕事ができないなど

セシルのもくろみの最終回はいつ?結末はどうなる?

セシルのもくろみの最終回は、全10回だと、9月14日(木)になるだろうと思います。

おそらく全10回でこのあたりが、セシルのもくろみの最終回になるのでしょうね。

結末はどうなるのでしょうか。

宮地奈央が、読者モデルとして活躍して、そこからどうなるかですよね。主婦でもあるわけで、いろいろと悩むこともあるのかもしれませんが、その後、どんな選択をするのか。

セシルのもくろみ、最終回や結末は、このあたりの幸せなどが描かれて、どうなるかというところだろうと思います。

セシルのもくろみのネタバレ、感想

ドラマ、セシルのもくろみの各回のネタバレは、この記事の以下に追記予定です。

セシルのもくろみ、1話のネタバレ、あらすじ、感想

セシルのもくろみ。1話のネタバレ、あらすじ、感想。キャスト。宮地奈央(真木よう子)が読者モデルにスカウトされる。視聴率

VANITYの10周年パーティー。
浜口由華子が登場。
奈央に近づいてくる。
浜口:学校ですれ違ったと思うんだけど。息子が部活も一緒みたい。VANITYにようこそ。
握手する2人。

奈央:あんたバカなの?私で天下取れるわけないじゃん。
沖田:まさか、自分とハマユカ比べた?私にもわかんないけどさ。探してみる価値はあるかと思って。あんたに言われて、鳥肌が立ったんだよ。

今幸せなの?と聞かれて。
奈央:あんたは褒められたくて生きてるわけ?大事な人がそばにいる。それが幸せだよ。狭い世界なんかじゃない。あんたはどうなの?
沖田:やりがいあるし、幸せだと思ってるよ。
奈央:自分の幸せは自分が決めるんだよ。

沖田:あんな風に言える人、初めて会ったから。見えない景色が見えるんじゃないかなと思ったんだよ。

インスタがあると、他の読者モデルに教えられる宮地奈央。
怒ってる奈央。
奈央:裏切ったから、怒ってるの。
沖田:売れる企画にするのが私の仕事。そのためなら、なんでもやらせていただきます。
黒沢:無理にやらなくても。やる気のある方は他にいるので。
奈央:信じた私がバカだった。

帰り道、泣き出す奈央。

自分の正義を通したければ、認めさせること。
と言う、安原の言葉を思い出し、晴海書房に戻る奈央。

奈央:これが、この世界の戦い方なんですよね。負けたまま逃げるのは絶対いやなんで。私が認められれば、本当に正義を貫けますか?
安原:宮地の正義見せてよ

セシルのもくろみ、2話のネタバレ、あらすじ、視聴率、感想などはこちら

セシルのもくろみ。2話のネタバレ、あらすじ。専属モデルに読者モデルがバトルロイヤル。感想、キャスト、視聴率

沖田は、ブランド会社で働いていた。去年、ブランドが日本から撤退して、失業。VANITYがライターを募集しているっていうから、未経験だが、月給15万円。
奈央:大丈夫なのか?結婚は?
沖田:仕事と俺がどっちが大事なんだっていうから、やめた。
奈央:あんたにとって、仕事は大事。
沖田:人生。旦那も子供もいないから、仕事が人生そのものだったって死ねたらいい。

帰宅して。
奈央:仕事楽しい?
伸行:楽しいかな。先輩ですげえ人いるんだよね。目で見て1000分の1ミリが見極められるの。俺、あそこまで行きたいな。行けるかな。楽しいっていうか、幸せなことじゃん。
奈央:そっか!

山上と沖田
沖田:私、ライターとしての才能ないのかな?
山上:江里ちゃんは大丈夫、才能あるし、根性あるし。面白いし、って、寝てるし。

沖田が起きると、山上の部屋にいる、沖田は、覚えていない。

ハマユカの撮影の見学をしたいと現場にいる。
奈央は、盗めるところを盗もうとしている。

他のモデルの服が切れてしまった。
お弁当の包みで隠す、ハマユカ。
企画の提案をする、ハマユカ

サップを見かける。ボードの上に乗って、水を進む感じのもの。
宮地奈央がやりたいと言い出す。

頑張ってやってみると、ボードの上に立てたが。
調子に乗って、落ちる。
山上が、いい写真を撮ってくれる。

ハマユカが、お疲れ、またうちに来てと。
弟子入りする!と言い出す宮地奈央。

7月23日
ハマユカの家に宮地奈央が行くと、夫の和真が酒を飲んで酔っ払って玄関で倒れている。
母親が来て、家を開けてばっかりのあなたには、任せておけないと、隣の家に連れて行ってしまう。

セシルのもくろみ、3話のネタバレ、あらすじ、感想、視聴率などはこちら

セシルのもくろみ。3話のネタバレ、あらすじ、感想。ハマユカの穴埋めができるのか?キャスト、視聴率

ハマユカの旦那のDVなどの週刊誌記事は出なかった。
宮地:ゆかさんの気持ち無視して、いろんなことが決まっている気がする。
安原:ハマユカの気持ちが宮地にわかるの?

帰りに、ハマユカに会う、宮地
明日から撮影に復帰する。
宮地:大丈夫ですか?我慢してるんじゃないですか?
ハマユカ:別れるつもりなんてないわよ。
宮地:ハマユカっていうブランドを守るためですか?
ハマユカ:もちろんそれもある。ハマユカ=VANITYなの。
宮地:ゆかさん、本気で言ってます?ハマユカの前に、浜口由華子があるんじゃないですか。
ハマユカ:ハマユカなしに、浜口由華子はないの。モデルも家庭も手放すつもりはないわ。
宮地:嘘ばっかの世界ですね。
ハマユカ:宮地さんにはわからないかもしれないわね。完璧で憧れる女性。私が選んだ道なの。

宮地と安原。
宮地:自分が幸せでいることより、他人に幸せに見られることが幸せって、由華さん本当に思ってるのかな。
安原:一流の人間って孤独だよ。トップにたつ人間には、孤独の上に立つ、覚悟があるんじゃないかな。それが透けて見えるから、美しいんだと思う。宮地がそこを目指すべきかはわからないけれども

沖田と山上
沖田:ハマユカってすごいよね。辛くても完璧を目指す。宮地と行けるところまでいく。別の人と組むのもあるかもしれないけど、宮地と行きたいな。その価値観ごと変えられたりしないのかな。
山上:やばいね。それができたら、めちゃくちゃかっこいいね。俺もトモさんもチームミヤジだって、忘れないでね。で、今日は泊まってく?

南城とハマユカ
ハマユカ:別の道に行っていたらと思うことがある。
南城:今あるものを大切にしたほうがいいよ

読者モデルの企画は、なしに。
しかし、沖田のエクササイズウェアの企画は、11月号に載せることに
新しい専属モデルは、来週の編集会議で決定する

ハマユカの撮影を見ている、宮地奈央

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう