ドクターX。6話。動画。ネタバレ、あらすじ。城之内博美と大門未知子のケンカ。夫婦同時オペ。5期・2017年10月。見逃し配信。キャスト。視聴率。感想

シェアする

スポンサーリンク

ドクターX5、6話。動画。ネタバレ、あらすじ。2017年10月、5期。感想。キャスト。視聴率。見逃し配信動画

ドラマ「ドクターX」6話は、2017年11月16日(木)夜9時から放送です。

城之内博美(内田 有紀)と大門未知子(米倉涼子)が、ケンカをしてしまうようです。猪又孝(陣内 孝則)のせいでなのか、こんなことになってしまうようですね。

そして、六浦良夫(平泉 成)、六浦敦子(松金 よね子)の夫婦同時オペをすることになるようですが、博美が、オペを拒否するようです。ドクターXの6話、どうなってしまうのでしょうか。
ドクターX、6話、どんな結末になるのでしょうね。ということで、以下、ドクターX、6話のネタバレ、あらすじなどです。

「ドクターX」の6話を見逃した方は、見逃し配信動画が、U-NEXTかauビデオパスで見られます。
U-NEXT
動画を見るならauビデオパス!初回30日間無料で見放題

ドクターXの5話、4話のネタバレ、あらすじ、キャスト、視聴率、見逃し配信動画などについては、こちら

ドクターX。5話。動画。ネタバレ、あらすじ。大門未知子vs人工知能。5期・2017年10月。見逃し配信。外科医・大門未知子。感想。キャスト。視聴率

ドクターX、4話。動画。ネタバレ、あらすじ。森本が結婚?婚約者のガンをオペする?5期・2017年10月。見逃し配信動画。外科医・大門未知子。感想。キャスト。視聴率

ドクターX、第5シーズン。外科医・大門未知子。2017年10月。あらすじ。ネタバレ、キャスト。視聴率は?最終回はいつ?米倉涼子さん主演の医療ドラマ。10月スタート

ドクターX・6話

ドクターX、6話

目次

ドクターX5、6話。動画。ネタバレ、あらすじ。感想。キャスト。視聴率。夫婦同時オペ。城之内博美と大門未知子のケンカ。2017年10月、5期。見逃し配信動画

ドクターX5、6話のキャスト、出演者

大門 未知子(米倉涼子) ドクターX

西山 直之(永山 絢斗) 「東帝大学病院」の新米医師。

城之内 博美(内田 有紀) 神原名医紹介所の麻酔科医

海老名 敬(遠藤 憲一) 「東帝大学病院」の外科副部長。
原 守(鈴木 浩介) 「東帝大学病院」の外科医。
森本 光(田中 圭) 「東帝大学病院」の外科医。

伊東 亮治(野村 周平) 「東帝大学病院」のゆとり世代の医師。

有馬 亘(中林 大樹) 「東帝大学病院」の新米医師。
黒川 慎司(上杉 柊平) 「東帝大学病院」の新米医師。

志村 まどか(大地 真央) 「東帝大学病院」初の女性院長。

猪又 孝(陣内 孝則) 「東帝大学病院」の外科副部長。

神原 晶(岸部 一徳) 神原名医紹介所の所長

鳥井 高(段田 安則) 「東帝大学病院」の外科副部長。

内神田 景信(草刈 正雄) 「日本医師倶楽部」会長。

蛭間 重勝(西田 敏行) 「東帝大学病院・知床分院」の院長。

ドクターX5、6話のゲスト出演者

六浦 良夫(平泉 成)

六浦 敦子(松金 よね子)

平泉成さんと松金よね子さんが、中華料理店を営む夫婦として登場ですね。2人とも、ガンだということがわかるということで、助かるのでしょうか。

ドクターX5、6話(2017年10月、シーズン5)の予告動画

ドクターX5、6話(2017年10月、シーズン5)の予告動画

ドクターX、6話の予告動画の公開は終了しました。

今回の、ドクターXの第6話は、大門未知子と、城之内博美が喧嘩するようですね。

城之内が、猪又に、不手際で、オペに時間がかかったと嘘をつくようです。そして、これが原因で、未知子と博美が喧嘩するようですが。

また博美は、東帝大に出入り禁止になってしまうようです。

しかし、博美の腕が必要なオペが入り、大門未知子が、なんとかしようとするようですが、博美はオペをやらないと。

夫婦同時オペを行うようですが、ドクターX5の6話は、どうなるのでしょうか。

ドクターXの公式Twitter、Instagram

ドクターXの公式ツイッター

ドクターXのツイッター

ドクターXの公式Instagram

ドクターXの公式Instagram

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

「ドクターX」6話を見逃した方は、見逃し配信が、U-NEXTかauビデオパスで見られます。
U-NEXT
動画を見るならauビデオパス!初回30日間無料で見放題

ドクターX5、6話(2017年10月・シーズン5)のネタバレ、あらすじ

以下、ドクターX5、6話(2017年10月)のネタバレ、あらすじなどです。

ドクターX5。6話のあらすじ

ドクターX、6話のあらすじ。城之内博美が、東帝大学病院の出入り禁止に

ドクターX。6話のあらすじ

「東帝大学病院」の外科副部長・猪又孝(陣内孝則)によるオペを受けたVIP患者が、術後の経過についてクレームを入れてきた。猪又はとっさに、フリーランスの麻酔科医・城之内博美(内田有紀)の不手際でオペに時間がかかったのが原因だ、と嘘をついて責任逃れ。何の非もない博美は正々堂々と食ってかかるが、猪又の狡猾な根回しによって、「東帝大学病院」への出入りを禁止されてしまう。しかも、この一件を機に浮上した“ある事実”が火種となり、これまで同志の絆で結ばれていたフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子)とも険悪な雰囲気に…!

猪又のオペを受けたVIP患者が、術後の経過についてクレームを入れてきたということです。

猪又は、城之内博美のせいにしてしまうようですね。これはひどい。

博美は、このためか、東帝大学病院を出入り禁止にされてしまうということです。

そして、なぜか、この件から、大門未知子と博美は喧嘩するようですね。

ドクターX5の6話は、城之内の回という感じです。

ドクターX5、6話のあらすじ。猪又が邪魔してくる

そんな中、未知子が博美とともに担当する予定だった手術の日が近づいてくる。患者は2人が懇意にしている中華料理店の店主・六浦良夫(平泉成)の妻・敦子(松金よね子)。だが、敦子の手術を前に、良夫の膵臓に複数の腫瘍があることが判明してしまう! その病状は深刻で、根治させるには膵臓を全摘するしかない状態…。しかも、術後の生活も含め、極めてリスクの高いオペとなる。それでも未知子は命を救うために全摘を主張し続けるが、良夫のオペはさまざまな思惑から安全策を重視する猪又の手に渡り…。

そんな状況ですが、六浦良夫の妻、敦子のオペが近づいてきて、夫の良夫にも、腫瘍が見つかるということです。

全摘出を主張する未知子の手から、安全策を主張する猪又の手に、良夫は任されるようです。

ここでも、猪又が登場です。今回のドクターX、6話は、猪又が、いろいろ邪魔をしてくる回でもありますね。

ドクターX5。6話のあらすじ。博美は、オペに参加するのか?

だが、それで諦める未知子ではない。完璧な全摘手術で良夫の命を助けるには、博美の腕が必要――そう考えた未知子は「名医紹介所」の所長・神原晶(岸部一徳)の力を借り、博美の出入り禁止を解こうとするが、当の博美は「手術はやらない」と突っぱね…!?

全摘出には博美の腕が必要と、博美の東帝大学の出入り禁止を解こうと、未知子はするようですが、博美は、手術をやらないと。

博美が、「いたしません」は、ちょっと珍しいかもしれませんね。

こうなると、良夫は、どうなってしまうのでしょうね。敦子も、どうなるのか。

というのが、ドクターX5、6話のあらすじです。

以下、ドクターXの6話のネタバレです。

「ドクターX」6話を見逃した方は、見逃し配信動画が、U-NEXTかauビデオパスで見られます。
U-NEXT
動画を見るならauビデオパス!初回30日間無料で見放題

ドクターX。第6話のネタバレ

猪又がオペ。
自慢しながらオペする。
城之内博美が、麻酔科医として入っている。

中華料理店で、猪又のオペが遅いと、城之内と猪又が言っている。
六浦良夫の妻をオペすることになっている。

政治家のオペについて、猪又がクレームを入れられる
猪又は、城之内の麻酔に問題があったと、嘘をつく

東帝大病院に、しばらく城之内は出入りが難しくなる。
博美は、歩合制でやっているから、オペを減らされると困る。
大門は、給料制。
城之内博美:交渉しないのが悪いのよ
そして、大門未知子が餃子を食べてしまったということで、と城之内が喧嘩。

東帝大病院の瓜田慎吾が、麻酔科医として、これからは行う。

鳥井は、自宅謹慎になった。

蛭間が出張中で、猪又は、自分のことを院長代理だと思ってる。
猪又と海老名
猪又:人の上に立つには、何か他より秀でるないものがないと。海老名先生は何があるのかな?
海老名は、何も言わず黙っている

今回のドクターX、6話は、猪又が威張っていますね。そして、いろんな邪魔をしてくるわけですが、嫌な感じですね。

六浦敦子の手術は、城之内はできないとお見舞いに来た。
そこに、大門がやってきて、また喧嘩。
六浦良夫が、お腹が痛いということで、検査する。
膵臓に、複数の腫瘍がある。

瓜田が、ある方法でオペをしたいと、猪又に提案して来る。謝礼付きで

六浦良夫に、オペの説明をする大門未知子
良夫:そんなんで店、できるのか?
西山直之:透析が必要です。

透析の患者に必要なことは何かと、西山が、大門に聞くと
オペには完璧な輸血が必要だと、大門未知子は答える。

六浦良夫に、膵臓に複数の腫瘍が見つかります。これが悪性だったらまずいということですね。
ということで、良夫のオペがどうなるのかですね。

ドクターXの6話のあらすじ。六浦良夫は、すぐに仕事に戻りたい

ナースの長森陽菜が、西山とエレベーターで話してる。長森が西山の体調の心配してる。
そこに、原守が入って来る。
原が、2人をお酒を飲みに誘う
3人でお酒を飲みに行く。長森と西山は、原守に気づかれないように、イチャイチャしてる。

城之内が、六浦の中華料理店に行く
良夫:急に入院になっちゃって。俺まで世話が必要になったら、俺たち夫婦はどうなる?
その様子を、大門未知子が見ている。

術前カンファレンス

六浦敦子
腎臓に腫瘍

六浦良夫
化学療法では根治しないと、猪又に、異議あり!と、大門未知子。
海老名も、異議を唱える。
大門未知子:全摘しないとだめ。

猪又が、すでに患者本人から、術式は、患者から承諾を得ていた。
だから、大門未知子はオペができない。

大門未知子:なんで、同意したの?
良夫:あれなら、術後すぐに仕事に戻れるっていうから。敦子の世話になりたくないし。俺も早く復帰して、うまい餃子食わしてやるから。

麻雀をやりながらも、大門未知子と城之内は険悪
未知子は、城之内を東帝大に戻したいというが、
城之内:私はやらない。患者が望んでないから。仕事に戻りたいのよ。大門先生も、病気になればわかるわ。患者はオペをしたいわけではない。

ドクターX、6話のネタバレ。夫婦同時オペ

海老名と大門未知子
海老名:このまま、猪又先生にオペさせるのか?お前の限界こんなものか?なんかあるだろう。救う方法が?
大門未知子:あるの?
海老名:俺にわかるわけないだろう。俺の秀でてるところは、人の力を引き出すことだ。頑張れ、頑張れ大門!

城之内博美と神原
神原:無茶なオーダーするのも、博美を信頼しているからでしょ
博美:それは、執刀医の甘えよ。それでどれだけ苦労してるか。わかってるの、大門さんの自分勝手は、患者の命を救うためだって。失敗しないって気持ちは、あの人の専売特許だから。

そこに、海老名がやって来る
海老名が、城之内をランチに誘う。
いつか東帝大に戻ったら、自分のオペは全部、城之内にやってもらいたいと。
海老名:パートナーだから

六浦良夫が倒れた。これから緊急オペ
海老名にも電話が来て、レストランから戻ると、城之内に言うが、城之内が頼みがあると。

良夫のオペを、猪又が始まる。しかし、
大門未知子:事前に決めた術式では救えないよ

敦子のオペも始めないとと西山が大門に。

敦子のオペに、城之内が来ている。
大門未知子:あの人が入るなら、私オペしない。執刀医チェンジ。
と、西山がオペすることに。

大門未知子は、城之内が麻酔科医ならオペしないと言い出します。そして、西山がオペをすることになりますね。大丈夫なんでしょうか?
ここから、ドクターX、6話の結末です。

ドクターX。6話の結末へ。大門未知子が、良夫のオペをする

良夫の血圧が低下。
猪又が焦っている。
大門が入って来る。
大門未知子:あんたには任せられない。術式変更。全摘。
猪又:患者のオーダー無視するのか?
大門:患者のオーダーは、まず生きることだろう!
猪又と麻酔科医が、出て行く。

森本:でも、麻酔科医なして、どうするんですか?
大門:私、麻酔もできるので

西山が、六浦敦子のオペをする。速い。

良夫の切除した部分は悪性ではなかった。
術式を変更。
膵臓を胃につなげる。
森本:麻酔科医がいないのに、できません
そこに、城之内が良夫のオペに入って来る。

城之内:わかってるでしょ。むずかしいわよ。
大門:私、失敗しないので

猪又と海老名
猪又:あいつらが失敗したら、お前もクビだ

オペは、成功。
大門未知子:餃子、楽しみにしてるよ。

海老名:やっぱり、パートナーっていいね。今度、飯食いに行こうよ。
城之内:すいません。私のパートナーが待っているので

西山もオペを成功
大門未知子:ほ、完璧なオペじゃん。
西山:ありがとうございます。

神原が院長室にやって来る。
メロンと請求書
1000万円。

おしどり夫婦を同日にオペした。奇跡のオペ。
神原は、瓜田がオペを放棄して、患者の命を大事にしなかった、と告発されたいかと脅す。
猪又が、瓜田はクビだ、今回はこれで手を打とう。

六浦良夫と敦子
また中華料理店を再開している。

ドクターX。6話(2017年10月)、結果として、オペもうまく行って、大門未知子と城之内博美も、仲直りしたようです。

「ドクターX」6話を見逃した方は、見逃し配信動画が、U-NEXTかauビデオパスで見られます。
U-NEXT
動画を見るならauビデオパス!初回30日間無料で見放題

ドクターX。6話(2017年10月・シリーズ5)の感想、視聴率など

ドクターX5、3話。ネタバレ、あらすじ。4話のあらすじ。5期。2017年10月。セカンドオピニオンを聞きたい患者。見逃し配信動画。外科医・大門未知子。第5シリーズ。感想。キャスト。視聴率

ドクターX、2話。ネタバレ、3話、あらすじ。大門未知子とゆとり世代の医師。見逃し配信。2017年10月、外科医・大門未知子。第5シリーズ。感想。キャスト。視聴率

ドクターX、1話。2017年10月、外科医・大門未知子。第5シリーズ、ネタバレ、あらすじ。大門未知子、蛭間院長が帰ってきた。感想。キャスト。視聴率

ドクターX、6話の感想

ドクターX、6話(2017年10月)の感想。

城之内博美にとっては、大門未知子は、命の恩人でもありますよね。

シリーズ4で、博美は、未知子にオペで助けてもらったというのがあります。

それでも、譲れないことがあるからなのか、今回のドクターX、6話ではケンカしてしまうようです。

いつもは、仲の良い、オペでもいいコンビの、大門未知子と城之内博美。

猪又のせいなのか、今回のドクターXの6話では、険悪な感じになってしまうようです。

そんな時に、夫婦同時オペを行うようですが、どうなってしまうのでしょうか。

ドクターX。6話の感想。ささいなことからケンカする大門未知子と城之内博美

今回のドクターXの6話は、大門未知子と城之内博美が、ケンカをして、結構険悪な感じでしたね。

いつもは仲が良くても、ケンカをすれば、あんな感じかもしれません。

にしても、餃子がきっかけで、そして、お金や、オペの方針を巡って、ケンカになるとは、大門未知子らしいといえば、らしいですよね。

食べ物が好きですからね(笑)。

でも、最後には、どちらも、患者のことを考えて、ちゃんと、オペをやりきって、夫婦を救いました。

さすが、プロですよね。

ドクターX。6話の感想。猪又と海老名。そして、六浦良夫と西山

そして、今回の、ドクターX5、6話は、猪又が、いろいろ威張っていて、嘘までついていましたね。

そこで、海老名が、それを嫌ったのか、怒ったのか、大門や城之内を、応援していました。まあ、城之内に何か下心があったのかもしれませんが。

で、大門たちのオペで、六浦夫婦は助かって、また中華料理店を再開できましたね。

そして、六浦良夫は、餃子の大会で得た賞金で、クラブに遊びに行っていたようです。敦子が怒っていました。

なんだか、ダメな男ばかりですが、西山は、敦子のオペを完璧にやりきったということで、ゆとり世代の医師も、大門みたいに、オペが好きという人間もいるようですね。

というのが、今回のドクターXの6話の感想です。

そして、次回のドクターX、7話は、原守の元カノの外国人外科医が登場するようです。次回、ドクターX5の7話、どんな話になるのでしょうね。こちらも楽しみです。

ドクターX、7話のあらすじ

ドクターX5、7話のあらすじ

「東帝大学病院」の病院長・蛭間重勝(西田敏行)のもとへ、医療界のトップに君臨する「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄)の妻・小百合(戸田菜穂)から、やんごとなき依頼が舞い込んだ。従妹である萌々香(小飯塚貴世江)の見合い相手を医局の中から見繕ってほしい、というのだ。

今回のドクターX、7話は、内神田景信の妻、小百合から、従兄弟である萌々香の見合い相手を見つけて欲しいと頼まれる、蛭間。

これは、やはり応えないわけには、蛭間としてはいかないでしょう。

ドクターX。7話のあらすじ。原守にアメリカ人の元カノが会いに来る

 白羽の矢が立った外科医・原守(鈴木浩介)は意気込んで、萌々香と見合いをすることに。ところが見合いの場に突然、大門未知子(米倉涼子)が客人だと言い、外国人女性を連れてきた! その顔を見た原は思わず目を見張る。彼女こそは、原と同時期にロシアの病院に勤務しており、当時は恋人関係にあったアメリカ人外科医ナナーシャ・ナジンスキー(シャーロット・ケイト・フォックス)! ナナーシャは何を思ったか、超一流の腕を持つにもかかわらず外科医を辞め、原に会いたい一心で日本にやって来たらしい…。

原守が、見合い相手になったということですが、その見合いの場に、大門未知子が、原の元恋人、アメリカ人外科医ナナーシャ・ナジンスキーを連れてくるということです。

ナナーシャは、原に会いたくて、日本に来たということですね。

なんでしょう。今回のドクターX、7話は、原守の回ということのようですね。

ドクターX、7話のあらすじ。ナナーシャには、脳腫瘍が

 この事態に、内神田夫妻の顔色をうかがう蛭間夫妻は激怒。ナナーシャとすぐ縁を切るよう命じられた原は、本人に事情を話して穏便に事を済まそうとする。ところが、ナナーシャは日本滞在予定の3カ月間だけでいいから、自分と一緒にいてほしいと懇願。ナナーシャの想いに原の心は揺れるが…。

そんな折、未知子はナナーシャの些細な異変を察知。すぐさま検査すると、完全切除が極めて難しい脳腫瘍を患っていることが判明する。しかし、このまま放置すれば、ナナーシャの余命は3カ月が限度だ…。目の前の命を見捨てることのできない未知子は、自分にオペさせるよう申し出るが、ナナーシャは「このオペは無理」と手術そのものを拒絶! その矢先、ナナーシャが東京から姿を消し…!?

蛭間にナナーシャと縁を切るように言われた、原は、穏便に済まそうとするようです。

しかし、ナナーシャは、3ヶ月間は一緒にいて欲しいと。原の心が揺れるようです。いつもなんだか頼りないですからね。

大門未知子は、ナナーシャの異常を感じて、検査すると、脳腫瘍になっているということです。余命3ヶ月ということで、大門が、オペすると言い出しますが、ナナーシャは、無理だからと手術を拒否するようです。

そして、ナナーシャが、東京からいなくなるようですが。というのが、ドクターX、7話のあらすじです。

ドクターX5。6話の見どころ

ドクターXの6話の見どころは、やはり、城之内博美と大門未知子のケンカでしょう。

内田有紀さんと米倉涼子さんが、このあたりを語っています。

2人で芝居をしていると安心感!

――おふたりで一緒にお芝居をしているときの心境は、いかがですか? 第6話では未知子と博美がひょんなことから仲たがいするという展開もあったりしますが…。

米倉:「ケンカのシーンがまた楽しくて! 劇中でにらみ合っては、大笑いしていたんですよ」

内田:「信頼できる役者さんだからこそ、芝居の掛け合いも濃くなる。ケンカのシーンは本当に楽しんでやれました」

米倉:「第4シリーズで博美さんが病に倒れるシーンもそうだったんですけど、隠し事を察知するといった密なやりとりが、芝居としてはとても楽しいんです。未知子と博美さんの関係が軸にあるから、小ざっぱりとはしているんですけど、お互いの気持ちが浮き彫りになるから、とても気持ちいいんですよね」

内田:「米ちゃんと未知子さんがすごく重なるので、私も安心感を覚えて、お芝居がしやすいんです。何と言っても、米ちゃん自身が素直だから、私も一緒にいると感情のスイッチが入りやすい!」

米倉:「この間、一徳さんにも『いろんなことが分かりやすい人なんだね』と言われたんですよ…。私ってどれだけ包み隠せず、面白味のない人間なんだろう!? って思いました(笑)」

内田:「包み隠すこと=面白味じゃないから! ストレートな米ちゃんとのお芝居がとても楽しいんですよ」

米倉:「私は有紀ちゃんに頼りっぱなしです(笑) 同い年ではあるけれど、有紀ちゃんは私より断然キャリアも長いし、精神的にも大人! お姉ちゃんみたいな安心感があるんですよね」

2人で芝居をすると安心感があるということです。この2人、同い年なんですね。

そんないつもは仲良しなコンビが、今回のドクターX第6話では、喧嘩してしまうようです。

ドクターX。6話の見どころ。未知子と博美の友情

――最後に、第6話の見どころをお願いします。

内田:「患者になったことがない未知子と、患者として未知子に救われた経験のある博美――2人の感じ方の違いも浮き彫りになってきますし、そこから未知子が何を感じ、どういった道を進んでいくのかが楽しみになってくる回になっていると思います」

米倉:「平泉成さんと松金よね子さん演じる患者夫婦にも“愛”があるし、信頼し合う未知子と博美の間にも友情という名の“愛”がある。いろんな愛の形を感じていただけたらな、と思います」

経験の違う、2人が、すれ違いつつ、未知子が何かを感じることがあるのかどうか。

そして、患者夫婦の2人愛もあるようです。それから、未知子と博美の友情も。

ということで、「ドクターX」6話は、未知子と博美がどうなるのかなどが見どころですね。

ドクターX。5話のネタバレ。五反田のオペを大門未知子が行う?

お昼に屋上に行くと、五反田が、将棋をしている
マングースとの対戦を再現している。
五反田:これで、僕の負けなんです。いつかAIが人間の頭脳を超える時がくるんでしょうね。
大門未知子:私は2個かな。オペのこととご飯のこと。いろいろ手が見えると迷うんじゃないの?
五反田:色々ある可能性を捨てて行きます。そうすると、勘のようなものが。
大門:ある。そう言うの。
五反田:もし、AIに勝てるとした、そこだと思うんです。僕のオペしてもらえませんか。あなたとなら、一緒に勝負ができそうです。

五反田は、大門未知子が気に入ったようですね。どこか勝負師と外科医は、通じるところがあるのかもしれません。五反田のオペを大門未知子が行うのでしょうか。

内神田と神原
内神田:お久しぶりです。
神原:東帝大の医局を私は飛び出し、あなたは残った。
内神田:率直に言ってください。旧友と飲みたくなった理由。
神原:全国の病院がAIを採用したら、あなたの懐にいくらが入ってくるのか。
内神田:鋭い洞察だ。要求は何ですか?
神原:何も、うちの大門未知子を利用しないでもらいたい。ただ、オペが好きなだけの子なんです。
内神田:受けますよ彼女は。どんな状況でも。彼女をそんな医者に育てたのは、あなたなんじゃないですか

内神田と神原は、知り合いというか旧知の仲だったんですね。ここでどうこうしようというのはなさそうですが、神原は、大門未知子をま

大門は、卓球をやりながら、五反田の病名を考えている

聖々苑の豚トロ丼が、五反田の勝負飯
大門が、聖々苑に行くと、五反田がいる。
大門未知子:腕を見せて。
先月ぐらいから、腕にちょっとしたイボのようなものがある。
レアの豚肉をたべようとする、五反田。
大門:最近、海外行った?
病院に戻って、再度MRIに。

大門未知子、何か閃いたようです。五反田の病名がわかったのでしょうか。
ここから、ドクターX5の5話の結末です。

ドクターX、5話の結末へ。五反田の病名は?

五反田五段の、術前記者会見
鳥井が執刀すると、発表する。
病名は、脳膿瘍だと、蛭間が発表する

大門が五反田のオペを始める
鳥井があとからやってくる
大門:ちょうどよかった、ここ吸引して

大門:いた。
西山:虫です。有鉤嚢虫。大門先生は、患者が豚肉の生肉を食べたと言うことを知って。
鳥井:ヒポクラテスは、脳膿瘍と診断したんだ。
大門未知子:私、診断も失敗しないので

大門が、有鉤嚢虫を全部摘出する。

鳥井:なぜ君にはわかったんだ?
大門:AIは、ご飯食べないからね。あんたは、研究不足

鳥井は、大門になぜわかったのかと聞きますね。AIは、食べないからと大門は答えます。
まあそうですが、答えになっているのかいないのか。
あんたは研究不足と言われて、鳥居は怒っていましたが。

神原が、院長室にメロンと請求書を持ってやってくる
蛭間:大門未知子が勝手にやったオペですし。びた一文払いませんよ
神原:そうでしょうか。大門がやらなかったら、患者は、別の病名でオペをしていました。東帝大は、著しく信頼をそこなることになっていたでしょうね。

請求書は、1000万円。
蛭間:丸を減らすことはできないもんでしょうかね?
神原:私どもが黙っていたら、ヒポクラテスもバカ売れ。東帝大も安泰

五反田とマングースが、再対局

蛭間は、鳥井とヒポクラテスがうまくやったことだと、記者会見する
鳥井は、病名は有鉤嚢虫症ですと、言い出す。

蛭間は、病名は脳膿瘍だと言い張る。

五反田は、ピンチ。
五反田の地獄の桂馬打ち
五反田が勝つ

ドクターX、4話のネタバレ。四織のオペが始まる。

四織のオペが始まる。
大門が助手として入る。

ガンが広がっている。
森本が部分切除を始める。
もっとギリギリを攻めないと、肝臓を20%以上、残せない。
鳥井が、大門と代われと言うと、
大門:いたしません。私、助手なので
森本がオペを続ける。

大門は代わらないと。
森本は、これ以上は無理だと、インオペで終わりになる。

オペは、失敗?

海老名:隠蔽する手立てを考えましょう
蛭間:俺は、全く知らねえんだもん。
海老名:忖度でございます。

森本と大門
森本:どうしてかわってくれなかったんですか?大門先生ならできたはずです。
大門:無理。あんたのインオペは正しかった。以上。

森本と四織
森本:完全には撮りきれませんでした。しかし、化学治療もあります。
四織:仕方ないです。森本先生ができないなら。私、あなたと結婚できません。
森本:僕は、約束を忘れません。1年後結婚しようと約束しましたよ。僕は絶対に諦めません。だから、頑張りましょう。

森本が諦めないで、頑張ろうと、四織を励ましますね。四織は助かるのでしょうか。
ここから、ドクターX、4話の結末です。

ドクターX5、4話の結末。大門がオペする

1週間後
四織を転院させるという話。

大門が、四織のオペを始める。
猪又:失敗するだけだろう
大門:私、失敗しないので!

大門:大きくなった
と肝臓が大きくなっている

ALPPS
神原が、肝臓が大きくなったと説明。
海老名:育てようとしてたのは、森本ではなく、肝臓。

森本が執刀させてくれと、大門に頼むが、この前やったからダメだと。
森本:助手をやらせてください、僕の患者だから
と、助手を代わる。
オペは、成功

院長室に、神原が来る
請求書 1000万円
内神田会長への報告料も入っています。
万歳!

日本医師倶楽部
会議中に、蛭間が、内神田に報告
内神田:なんの話だね?私に四織なんて娘はいない。子供は男ばかりだ。

森本は、成功してよかった。内神田に挨拶に行かないと。
四織:治してくれてありがとうございました。これ、おかえします。
とお金をだす。
四織:私、あなたと結婚できません。警察呼んでください。

結婚詐欺だった。
会長の娘になりすましていた。

森本は、ショックで倒れてしまう

ドクターX、外科医・大門未知子(2017年10月)の脚本、演出、プロデューサーなど

ドクターX、シリーズ5、外科医・大門未知子の脚本、演出、プロデューサーなどです。

脚本:林 誠人、寺田 敏雄、香坂 隆史

脚本は、この3人の方のようですね。3人とも、ドクターXに携わってきた方たちですね。

ゼネラルプロデューサー:内山 聖子(テレビ朝日)

ドクターXシリーズをずっと手がけられた、ゼネラルプロデューサーの内山さんですね。

プロデューサー:大江 達樹(テレビ朝日)、都築 歩(テレビ朝日)、霜田 一寿(ザ・ワークス)、池田 禎子(ザ・ワークス)、大垣 一穂(ザ・ワークス)

演出:田村 直己(テレビ朝日)、松田 秀知(共同テレビ)

演出も、これまでの、ドクターXを作ってきた、お二人ということです。

ドクターX、2017年10月・5期の主題歌

ドクターXの主題歌は、これまで、Superflyさんの歌ですよね。

『Force –Orchestra Ver.-』

『ユニゾン』

の5期は、ダブル主題歌ということで、Forceは、ドクターX1期の主題歌だったものをオーケストラバージョンでということです。

そして、ユニゾンは、新曲ということですね。

ドクターXの5話から、「ユニゾン」は登場していました。いい感じの歌でしたね!ドクターXを盛り上げていました。

ドクターX、6話(2017年10月)の視聴率は、20.7%

ドラマ、ドクターX、6話の視聴率は、どうなるでしょうか。

ドクターX、1話の視聴率は、20.9%で、2話の視聴率は、19.6%でした。3話の視聴率は、19.0%で、4話の視聴率は、19.1%でした。5話の視聴率は、20.8%でした。

ドクターX、6話の視聴率は、20.7%でした。また20%を超えましたね。すごすぎです。

以上、ドクターX、6話のあらすじ、ネタバレ、キャスト感想、視聴率などでした。

そのほかの2017年の秋ドラマは、こちら

2017年の秋ドラマ。2017年10月〜12月のドラマまとめ。陸王、ドクターX、コウノドリ、奥様は取り扱い注意など

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう