スポンサーリンク

↓ ドラマの見逃し配信動画はこちら

FOD Hulu

↓ ドラマの見逃し配信動画はこちら

FOD Hulu

Feedlyでの購読はこちら
follow us in feedly

下町ロケット 1話。あらすじ。ネタバレ。感想。佃航平(阿部 寛)がトラクターのトランスミッションを作ることにするが。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ。下町ロケット。1話。ゴースト。ネタバレあらすじ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?2018年10月14日(日)夜9時スタート。阿部寛さん主演のビジネスドラマです。

下町ロケットの1話は、2018年10月14日(日)夜9時スタートです。初回の第1話は、25分拡大スペシャルです。

ドラマ、下町ロケット、前作から3年。再び、TBS日曜劇場のドラマとして戻ってきます。

あれから、順調な佃製作所でしたが、どうも変化が訪れるようです。

下町ロケットの1話、危機感を抱いた佃航平(阿部 寛)は、新たなビジネスを考えているようです。

それが、宇宙から大地へということですね。

下町ロケット、シーズン2の1話は、そのきっかけなどが展開されるようです。

ということで、下町ロケットの第1話は、どんな話になっているのでしょうか。以下、下町ロケットのネタバレあらすじ、キャスト、視聴率、見逃し配信動画などについてです。

下町ロケットの各回のネタバレ、

下町ロケット。ネタバレあらすじ。1話から最終回の結末まで。シーズン2。キャスト。ゲスト。見逃し配信動画。視聴率は?最終回はいつ?

2018年秋ドラマ。2018年10月〜12月のドラマまとめ。ネタバレあらすじまとめ。下町ロケット ゴースト、Suits、獣になれない私たち、リーガルV、黄昏流星群、中学聖日記、大恋愛、ドロ刑など

目次

 

下町ロケット。1話。ゴースト。ネタバレあらすじ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率。佃航平(阿部 寛)がトラクターのトランスミッションを作ることにするが

下町ロケット。1話

下町ロケット 1話

下町ロケットの主なキャスト、出演者

下町ロケットの主なキャスト、出演者です

佃 航平(阿部 寛)
佃 利菜(土屋太鳳)
立花洋介(竹内涼真)
山崎光彦(安田 顕)
軽部真樹男(徳重 聡)
江原春樹(和田聰宏)
迫田 滋(今野浩喜)
津野 薫(中本 賢)
唐木田 篤(谷田 歩)
蔵田慎二(坪倉由幸)
柏田宏樹(馬場 徹)
加納アキ(朝倉あき)
殿村恭子(立石涼子)
蒔田(山本圭祐)
本田郁馬(山田悠介)
佐伯文也(松川尚瑠輝)
上島友之(菅谷哲也)
坂本菜々緒(菅野莉央)
斉藤あゆみ(原アンナ)
仁科美咲(ぼくもとさきこ)

島津 裕(イモトアヤコ)
和泉沙耶(真矢ミキ)

神田川敦(内場勝則)
辰野(六角精児)

神谷修一(恵 俊彰)
中川京一(池畑慎之介)
水原重治(木下ほうか)
殿村正弘(山本 學)
末長孝明(中村梅雀)
佃 和枝(倍賞美津子)
伊丹 大(尾上菊之助)
殿村直弘(立川談春)
的場俊一(神田正輝)
財前道生(吉川晃司)
藤間秀樹(杉 良太郎)

今回もなのか、登場人物は多いですね。

下町ロケット1の出演者も登場しますし、イモトアヤコさんなど、新しい出演者もいます。

 

下町ロケットのゲスト出演者

ドラマ、下町ロケット、1の出演者が当然出てきていますが、ゲスト出演者も登場するのでしょうね。

どういう人が、どんな形で登場してくるのか。

こちらも、話題になったりするかもしれませんね。

下町ロケットの脚本、演出、プロデューサーなど

脚本:丑尾健太郎
プロデューサー:伊與田英徳、峠田 浩
演出:福澤克雄、田中健太

こういった人たちが、下町ロケットを作っていくということです。

原作

 

下町ロケット ゴースト

下町ロケット ゴースト

  • 作者: 池井戸潤
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2018/07/20
  • メディア: 単行本

下町ロケット ヤタガラス

下町ロケット ヤタガラス

    • 作者: 池井戸潤
    • 出版社/メーカー: 小学館
    • 発売日: 2018/09/28
    • メディア: 単行本

ドラマ、下町ロケットの原作は、池井戸潤さんの小説ですね。

下町ロケット、ゴースト、そして、ヤタガラスが、このドラマの原作なのですよね。

ということで、ドラマよりも先に内容を知りたい方は、小説を読んで、さらにテレビでドラマも見ると、ドラマだけとはまた違った楽しみ方ができるのではないでしょうか。

下町ロケット。1話の予告動画

ドラマ、下町ロケットの1話の予告動画

[新ドラマ] 『下町ロケット』宇宙から大地へ!! 10/14(日)スタート!!【TBS】

ドラマ、下町ロケットの1話は、宇宙から大地へと舞台を移すようですね。

佃製作所が、宇宙から大地に舞台を移して、どんな製品を開発していくのか。

そして、どんな苦労を乗り越えていくのか。

下町ロケット、ゴースト、ヤタガラス、1話は、その始まりですね。

下町ロケットの公式Twitter、Instagramなど

下町ロケットの公式Twitter

下町ロケットのTwitter

下町ロケットの公式Instagram

下町ロケットのInstagram

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

下町ロケット、1話のあらすじ、ネタバレ

以下、下町ロケット、1話のあらすじ、ネタバレなどです。

ドラマ、下町ロケット、第1話のあらすじ

下町ロケット、1話のあらすじ

下町ロケット、1話。あらすじ。順調に見える佃製作所だったが

元宇宙科学開発機構の研究員で、ロケットの打ち上げ失敗の責任をとって辞職し、現在は父親が遺した下町の工場「佃製作所」で経営者として第二の人生を送っている佃航平(阿部寛)。一度はあきらめかけた佃の夢であったロケット製造を、自社が開発したバルブシステムを使用し、日本を代表する大企業・帝国重工の純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」により実現するなど、順調な佃製作所だったが…。

佃航平は、佃製作所の社長ですね。

夢だった、ロケット製造を成功させました。

順調に見える佃製作所でしたが。

下町ロケット。1話。あらすじ、危機感を抱く佃航平

ある日、帝国重工の社長交代により、スターダスト計画は次回で終わるかもしれない――と帝国重工宇宙航空開発部部長の財前(吉川晃司)から告げられ、佃はショックを受ける。ロケット製造に関わることは佃の夢であるとともに、今や「ロケット品質」を掲げる佃製作所社員たちの精神的支柱にもなっていたのだ。
そこへ追いうちをかけるように、大口取引先の農機具メーカーから小型エンジンの取引削減を告げられる。性能よりもコスト重視という考えに、技術力が売りの佃製作所は存在意義が揺らぎ始め、佃は強い危機感を抱く。

帝国重工の社長が交代し、スターダスト計画が終わるかもしれないということです。

そこに、農機具メーカーから小型エンジンの取引削減も重なります。

佃航平は、危機感を抱くということですね。

ドラマ、下町ロケット。第1話のあらすじ。佃航平が、畑に新たな夢を見る

そんな中、佃製作所の経理部長・殿村(立川談春)の父親が倒れる。殿村の実家は三百年続く農家。父親の看病と畑仕事の手伝いに、週末ごとに帰省する殿村を見舞う佃と山崎(安田顕)。トラクターを運転する殿村をじっと見て、佃はあることに気づく。それは、佃の中に新たな夢が生まれた、瞬間だった──。

殿村の父親が倒れて、畑仕事を手伝いにいくということです。

そんな殿村がトラクターを運転する姿を見て、佃はあることに気がつくということです。

佃航平が、新たな夢を見るようですね。

というのが、下町ロケット、1話のあらすじです。

ドラマ、下町ロケットの見逃し配信動画は、Paraviで見られるようになるはずです。

 

下町ロケット。1話のネタバレ

下町ロケット、1話のネタバレ

帝国重工がロケットから撤退するかも。下町ロケット。1話

帝国重工
財前道生が、ヤタガラスの打ち上げを成功させようと、皆にスピーチ

佃航平も来ている。

次期社長候補の的場俊一が、やってくる。
的場:スターダスト計画、10周年おめでとうございます。

3か月後。
打ち上げ前
打ち上げ成功!

立花洋介は、次のバルブは、俺が作ってみせると意気込んでいる
バルブシステムは、佃製作所のバルブを使っている。

ヤタガラスも、予定軌道に乗って、成功!

財前:次回のヤタガラスの打ち上げを持って、帝国重工は、ロケットから撤退するかもしれません。
他のプロジェクトがうまくいっていない。
的場が社長になれば、縮小どころかなくなってしまうかもしれない

帝国重工の会議
的場が、見直す必要があると。

スターダスト計画も撤退すべきだと。

佃航平:無限の可能性がある。それを捨てることになるぞ。
佃利奈:この際、転職しようと思って
航平:裏切り者!
利奈:これは、新素材の資料よ。私が、ロケット捨てるわけないでしょ

殿村が、ロケットがなくなったら、信用が落ちてしまうという

立花洋介が、バルブの設計図を描いてくる。
山崎:あいつ、次のロケットチームに入りたいって頑張っているんです。ロケットがなくなると知ったら
佃航平:そうなると思うか?

農業機械ヤマタニ
蔵田慎二:効率化されても、たいした意味がないと。低価格をメインにするから。
ダイダロスが低価格を担当するという
重田登志行がやってくる。佃航平に
重田:恨みっこなしで。技術、一辺倒ではないんです。動けばいいんですよ

殿村は、もっと根深い理由があるのではと。
顧客とのニーズにギャップがあるかもしれないという

下町ロケット。1話。殿村の父親が倒れた

殿村の父親が倒れた。実家に向かう殿村

立花と軽部
軽部が、立花のバルブは野暮ったいと
軽部:俺?ロケットに興味ないし。そのロケット事業も無くなるしな
まだ決まったわけではないと、佃航平が答えると、従業員たちが詰め寄ってくる

佃航平は、ボーリングしている。
島津裕が、くしゃみで邪魔する

新潟 燕市
殿村の実家に向かう
実家は、大きい

殿村が、トラクターで手伝っている
佃航平が、乗らせてくれという

殿村が後から付いてくる。作業ムラを直しているという。

握り飯を食べさせてもらう佃航平たち。
うまいと。
殿村の親父は、どうにか大丈夫だった。過労で倒れたという

殿村の父、正弘と、佃航平
正弘によると、ご先祖がツバメの群れを見つけて、米作りを始めたという。
殿村直弘は、親父の代で終わりで、大学を出させてもらったと

下町ロケット。1話、ネタバレあらすじ。後半へ

下町ロケット。1話。トラクターのトランスミッションを開発できないかと

佃航平が、トラクターを調べてる。
作業ムラが出る原因を探す。
ギヤを変えるときにムラができる。トランスミッションが原因だという。

佃航平:うちで開発できないかな、高性能のトランスミッション
バルブが重要だと
山崎:面白そうじゃないですか
殿村:いくらぐらいかかるものなんですか?

ヤマタニは、外注しようとしている。
創業5年のベンチャー、ギアゴーストに。
元帝国重工の社員。

ギアゴーストに向かう佃航平たち
伊丹大:企画、設計のみなんですよ、
帝国重工の非効率なやり方に納得できず、飛び出したという

コンペ方式でやっている。
伊丹大:これが、我々の信念ですから

島津裕が出てくる

島津:どうしてトランスミッションを開発しようと思ったんですか?
佃航平:私の夢は、トランスミッションメーカーになることです。
伊丹大:つまり、私たちのライバルになるということですか。

ある意味、ロケットのバルブより難しいと、島津。

コンペの相手は、大手の大森バルブ
従業員5000人。バルブ業界の帝王

佃航平:帝王に勝つぞ!プロジェクトリーダーは、軽部!加納。そして、立花。

大森バルブの営業会議
辰野:設計を見直せ。最高のバルブを作れ!

大森バルブをリバースエンジニアリングすると、相当すごいものだと。
軽部は、定時だからと帰ってしまう。

立花は、不満そう。
佃:これは、うちは、新しい分野にかけてやるものだ。泥臭くやれ。自分のプライド持って、最高のバルブを作ってくれよ

立花が、設計図を書いてみせると
軽部:野暮ったい。コストオーバーしてるだろ
予算内に作れなければ、無駄。付き合うのも無駄。

軽部は、オリジナルなものを作れという。ロケット品質なんてこんなものかと
加納アキが、ガウディこそ、ロケット品質だったと。

下町ロケットの1話。帝国重工が、ロケットから撤退する

財前と的場
財前は、半世紀先を見越したときは、可能性がある
的場:その発想、藤間社長と変わらない

財前が、佃航平を呼び出す
財前に内示があったという

的場は、大型ロケットはもう終わりだという

佃航平:あなたは、ロケットのために戦ってくれたんだ。大丈夫だと言ってください、財前さん
財前道生:私は、ロケット開発から離れます。佃さん、本当に申し訳ない

北陸医科大の一村から、佃航平に電話
立花と加納が、北陸医科大に行くという。
一村が、子供たちがサッカーの試合をするから見に来てくれと

子供たちがサッカーをしている
一村:本当に感謝しています

佃航平:人工心臓弁、働いてくれてるんだな
一村隼人:すごいですね。ロケットの技術

佃航平:俺は、まだ夢を見ていいんだ。帝国重工がやめるなら、自分たちでロケットを作ればいいんだ。それには、まずは、目の前の仕事だな。

藤間と財前
藤間:スターダスト計画がここまでできたのはお前のおかげだ、よくやってくれた。宇宙開発には可能性がある、可能性がある限り、諦めるな
財前:はい

下町ロケット、1話。結末。ギアゴーストコンペ

ギアゴーストコンペ2週間前

島津が、そのコストで作ったのかと。
大森バルブの辰野は、コンペを通ったら、値上げして欲しいという
伊丹大:それとこれとは話が違う

軽部に、設計図を見せる、立花。
軽部は、まあ、いいんじゃないのと。

ギアゴーストコンペ当日
大森バルブは、コストを規定内にしたという

佃航平たちがやってくる
辰野が、お互いのテスト評価を見せ合おうという

大森バルブの評価を見る
佃の評価が低い

佃:これが、うちの最高のバルブです。お分かりになりませんか?
辰野:うちのバルブで勉強していただいたということで

島津裕:待って。
大森バルブは、491個のパーツ
佃は、153個

強度が強いということです。
辰野:それがどうしたんですか?
島津:わからないんですか。このバルブのすごさが?

立花:このバルブは、大地を走る車に乗せて意味があるんです。
島津:細部にわたって、すごいんです。ユーザーのために作られている。圧倒的な差です。
感動して、島津は泣く。

佃:うちのバルブは、まず壊れない

伊丹大:これは、うちが求める最高のバルブです。佃さん、ぜひ、これを使わせてください

伊丹:その時の最高のものを使う。それが、うちの信念ですから
辰野:お考え、よくわかりました。

宇宙も大地もだと、佃航平。

弁護士の中川京一が、損害賠償を、ギアゴーストに

そして、佃のバルブは、次のヤタガラスには搭載できないかも

以上、下町ロケット。1話のネタバレあらすじでした。

下町ロケットの1話の見逃し配信動画は、Paraviで見られるようになるはずです。

 

下町ロケット。第1話の感想。視聴率など

ドラマ。下町ロケットの1話の感想

下町ロケット、新シリーズ、ゴーストが始まりましたね。

シーズン2ということになるのでしょう。

今回の下町ロケットの1話は、帝国重工が、ロケットから撤退するということですね。

これまで、赤字だった、ロケット部門を辞めてしまうということです。

打ち上げ自体は、成功していたようですが、赤字だと続けられないと、帝国重工の次期社長の的場が決めたということでしたね。

ロケットが終わると、佃製作所は、ピンチになってしまいますね。

というのが、まずは、下町ロケットの1話です。

毎回、ピンチが訪れる佃製作所ですが、また訪れます。これをどうやって乗り越えていくのかが、面白いんですよね。

下町ロケット、1話。感想、あらすじ。今度は、トラクターのトランスミッションを作る

そして、そんなピンチに、殿村の父親が倒れます。

新潟の実家に帰る、殿村。

佃航平と山崎も、実家にお見舞いに行きますね。

そこで、トラクターに乗る、佃航平。

作業ムラができると知る佃航平。これは、改良できるはずだと、トラクターのトランスミッションに、次は挑戦するということになりましたね。

下町ロケットの1話は、次は、トラクターだということになりました。

バルブを作るということで、ベンチャーのギアゴーストのコンペに参加することになる、佃製作所。

このコンペの相手が、大手の大森バルブだという。

大手と競うことになった、佃製作所。

どうやって勝つのでしょうか。

これを任されるのが、軽部、立花、加納でした。

そして、立花が、設計しますが、軽部は、野暮ったいと認めませんね。

立花が怒るわけですが、加納が、ロケット品質は、どういうことかということで、ガウディの一村教授に会いに行きますね。

そこで、立花や佃航平は、思い出します。夢を見ていい、そしてロケット品質はどういうことかと。これで、やっとスイッチが入った感じでしたね。ここからが、佃スピリットの見せ所ということですよね。

で、立花は、新たに設計し直して、軽部が、まあいいんじゃないかと。なんだか軽部は、軽い感じですが、本質は分かっているということなのかもしれません。

コンペでは、大森バルブとは、全く違った方向で作った、佃製作所が、採用されますね。

コンセプトが違ったというのが、勝因なのでしょうね。トラクターに合った、バルブを作ったということで。

こういうのは、ここが合っていないと、勝てないですよね。

ということで、トランスミッションのバルブは作れるようになった、佃製作所でした。

が、次回の下町ロケット、また、ピンチがやってくるようです。乗り越えることができるのでしょうか。

次回以降の下町ロケットも楽しみです!

下町ロケット。1話。視聴率は、13.9%

ドラマ、下町ロケットの1話の視聴率は、どうなるでしょうね。

シーズン2ということで、期待度が高いでしょうから、視聴率も高くなりそうですよね。

下町ロケット、1話の視聴率は、13.9%でした。好スタートですね。ここから、どこまで上がるでしょうね。

ドラマ、下町ロケットの主なキャスト、出演者についてなど

佃 航平(阿部 寛)

下町ロケットの主人公、佃航平は、阿部寛さんですね。

佃製作所の社長です。

ロケットへの夢を捨てきれず、夢に挑戦しました。今回は、大地が舞台になるようです。どんな苦労や成功が待っているのか。

佃 利菜(土屋太鳳)

佃航平の娘、利菜は、土屋太鳳さんです。

大学に進学しています。大学卒業後は、帝国重工に就職するようですね。

航平とは、どんな関係になっているのか。

立花洋介(竹内涼真)

技術開発部技術者の立花洋介は、竹内涼真さんです。

中里の退社後、「ガウディ計画」チームのリーダーとなっています。

今回は、どんな活躍をするのでしょうか。

山崎光彦(安田 顕)

技術開発部部長の山崎光彦は、安田 顕さんが演じます。

開発部の部長、リーダーとして、今回も活躍するのでしょうね。

無口でありながらも、情熱を秘めている山崎。物語を、盛り上げてくれそうですよね。

殿村直弘(立川談春)

経理部部長の殿村直弘を、立川談春さんが演じます。

白水銀行から出向してきて、銀行を退職、佃製作所に転職しました。

この殿村が、今回の舞台の「大地」のヒントのきっかけになるようですね。

島津 裕(イモトアヤコ)

ギアゴーストの技術者、島津裕は、イモトアヤコさんです。

トランスミッションの技術や特許を持っているということで、凄腕の技術者ですね。

佃航平とは、ボーリング場で出会うなど、何かと縁があるようです。

財前道生(吉川晃司)

帝国重工の財前道生は、吉川晃司さんですね。

今回もまた、佃製作所と、関係を持つことになるのでしょうか。

大手メーカーとしての帝国重工のプライドと、佃の技術への信頼など、今回もキーパーソンになるのかどうか。

 

と、こういった人物が登場しますが、新たな登場人物もいますね。このあたりが徐々にわかっていって、下町ロケット、ゴースト、ヤタガラスの物語が進んでいきそうですね。

下町ロケットの各回のネタバレ、あらすじなど

下町ロケット。9話。動画。ネタバレ。野木のピンチに佃航平はどうする?ゲスト。キャスト。見逃し配信動画。視聴率など

下町ロケット。8話。ネタバレ。感想。動画。重田登志行(古舘伊知郎)たちは的場俊一(神田正輝)に復讐できるのか。キャスト。見逃し配信動画。視聴率など

下町ロケット7話。ネタバレあらすじ。感想。無人農業ロボットを開発することにする佃製作所。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

下町ロケット。6話。ネタバレあらすじ。感想。ヤタガラス編。財前道生(吉川晃司)が、佃製作所に農機具のエンジンなどを供給してもらいたいと。ゲスト。キャスト。見逃し配信動画。視聴率など

下町ロケット5話。あらすじ、ネタバレ。感想。ゴースト編完結。ギアゴーストは裁判で勝つことができるのか?キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

下町ロケット。4話。ネタバレあらすじ。感想。殿村直弘(立川談春)が佃製作所を辞める?キャスト。見逃し配信動画。視聴率など

ドラマ。下町ロケット。3話。ネタバレあらすじ。感想。帝国重工が、佃製作所に信用調査が必要だと言い出す。ゲスト、キャスト。見逃し配信動画。視聴率など

下町ロケット2話。あらすじネタバレ。感想。ギアゴーストのトラクターのバルブの仕事がなくなる?キャスト。見逃し配信動画。視聴率など

下町ロケット 1話。あらすじ。ネタバレ。感想。佃航平(阿部 寛)がトラクターのトランスミッションを作ることにするが。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

以上、ドラマ、下町ロケットの1話のネタバレ、あらすじ、感想、視聴率、キャスト、見逃し配信動画などでした。