下町ロケット2話。あらすじネタバレ。感想。ギアゴーストのトラクターのバルブの仕事がなくなる?キャスト。見逃し配信動画。視聴率など

下町ロケット2話。あらすじネタバレ。感想。ギアゴーストのトラクターのバルブの仕事がなくなる?キャスト。見逃し配信動画。視聴率など

シェアする

ドラマ。下町ロケット。2話。ネタバレあらすじ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?阿部寛さん主演のビジネスドラマです。

下町ロケットの2話は、2018年10月21日(日)夜9時放送です。2話も、25分拡大スペシャルです。

ドラマ、下町ロケットの2話は、ギアゴーストが特許侵害で訴えられるようです。

このため、佃製作所のトラクターのトランスミッションのバルブの話はなくなってしまうのかもしれません。裏には、どうも中川京一(池畑慎之介)がいるようです。

佃航平(阿部 寛)は、どうするのか。

下町ロケット、2話、どんな展開になるのか。

ということで、下町ロケットの第2話は、どんなストーリーになっているのでしょうか。以下、下町ロケット、2話のネタバレあらすじ、キャスト、視聴率、見逃し配信動画などについてです。

下町ロケット、1話のネタバレなどは、以下の記事です。

下町ロケット 1話。ネタバレあらすじ。感想。佃航平(阿部 寛)が新たなビジネスを始める?キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

下町ロケット。ネタバレあらすじ。1話から最終回の結末まで。シーズン2。キャスト。ゲスト。見逃し配信動画。視聴率は?最終回はいつ?

2018年秋ドラマ。2018年10月〜12月のドラマまとめ。ネタバレあらすじまとめ。下町ロケット ゴースト、Suits、獣になれない私たち、リーガルV、黄昏流星群、中学聖日記、大恋愛、ドロ刑など

スポンサーリンク

目次

ドラマ、下町ロケット。2話。ネタバレあらすじ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率。ギアゴーストのトラクターのバルブの仕事がなくなる?

下町ロケット。2話

下町ロケット 2話

下町ロケット、2話の主なキャスト、出演者

下町ロケットの主なキャスト、出演者です

佃 航平(阿部 寛)
佃 利菜(土屋太鳳)
立花洋介(竹内涼真)
山崎光彦(安田 顕)
軽部真樹男(徳重 聡)
江原春樹(和田聰宏)
迫田 滋(今野浩喜)
津野 薫(中本 賢)
唐木田 篤(谷田 歩)
蔵田慎二(坪倉由幸)
柏田宏樹(馬場 徹)
加納アキ(朝倉あき)
殿村恭子(立石涼子)
蒔田(山本圭祐)
本田郁馬(山田悠介)
佐伯文也(松川尚瑠輝)
上島友之(菅谷哲也)
坂本菜々緒(菅野莉央)
斉藤あゆみ(原アンナ)
仁科美咲(ぼくもとさきこ)

島津 裕(イモトアヤコ)
和泉沙耶(真矢ミキ)

神田川敦(内場勝則)
辰野(六角精児)

神谷修一(恵 俊彰)
中川京一(池畑慎之介)
水原重治(木下ほうか)
殿村正弘(山本 學)
末長孝明(中村梅雀)
佃 和枝(倍賞美津子)
伊丹 大(尾上菊之助)
殿村直弘(立川談春)
的場俊一(神田正輝)
財前道生(吉川晃司)
藤間秀樹(杉 良太郎)

今回もなのか、登場人物は多いですね。

下町ロケット1の出演者も登場しますし、イモトアヤコさんなど、新しい出演者もいます。

下町ロケット、2話のゲスト出演者

ドラマ、下町ロケット、1の出演者が当然出てきていますが、ゲスト出演者も登場するのでしょうね。

どういう人が、どんな形で登場してくるのか。

こちらも、話題になったりするかもしれませんね。

下町ロケットの脚本、演出、プロデューサーなど

脚本:丑尾健太郎
プロデューサー:伊與田英徳、峠田 浩
演出:福澤克雄、田中健太

こういった人たちが、下町ロケットを作っていくということです。

ドラマ、下町ロケットの原作

下町ロケット ゴースト

下町ロケット ゴースト

  • 作者: 池井戸潤
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2018/07/20
  • メディア: 単行本

下町ロケット ヤタガラス

下町ロケット ヤタガラス

    • 作者: 池井戸潤
    • 出版社/メーカー: 小学館
    • 発売日: 2018/09/28
    • メディア: 単行本

ドラマ、下町ロケットの原作は、池井戸潤さんの小説ですね。

下町ロケット、ゴースト、そして、ヤタガラスが、このドラマの原作なのですよね。

ということで、ドラマよりも先に内容を知りたい方は、小説を読んで、さらにテレビでドラマも見ると、ドラマだけとはまた違った楽しみ方ができるのではないでしょうか。

下町ロケット。2話の予告動画

ドラマ、下町ロケットの2話の予告動画

下町ロケットの2話は、ギアゴーストが特許侵害で問題になるようです。

そのあおりで、佃製作所のバルブも白紙になってしまいそうになるようです。

果たして、このピンチをどう乗り越えるのか。2話から、苦難がやって来ますね。

ドラマ、下町ロケットの公式Twitter、Instagramなど

下町ロケットの公式Twitter

下町ロケットのTwitter

下町ロケットの公式Instagram

下町ロケットのInstagram

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

下町ロケット、2話のあらすじ、ネタバレ

以下、下町ロケット、2話のあらすじ、ネタバレなどです。

ドラマ、下町ロケット、2話のあらすじ

下町ロケット、2話のあらすじ

下町ロケット、2話。あらすじ。ギアゴーストがライバル企業のケーマシナリーから特許侵害の指摘

殿村(館川談春)の実家へ行き、『トランスミッション開発』という新たな夢を持った佃(阿部寛)。ギアゴーストのコンペで大森バルブに勝利するなど順調そうな佃製作所であったが、ギアゴーストがライバル企業のケーマシナリーから特許侵害の指摘を受け、コンペの話が白紙になろうとしていた。

ギアゴーストのコンペで、大森バルブに勝利した佃製作所。

これで、うまくいくかと思いきや、下町ロケットの2話では、ギアゴーストが、ライバル企業のケーマシナリーから特許侵害の指摘を受けて、コンペの話が白紙になりそうということです。

ピンチが、またやってきますね。

下町ロケットの2話、あらすじ。弁護士の中川京一

特許侵害を指摘したケーマシナリーに話を持ち掛けたのは、佃製作所とも因縁のある弁護士・中川京一(池畑慎之介)だった……。

特許侵害を指摘したのは、弁護士の中川京一だったということです。

この前のシリーズでも、邪魔をしてきた、弁護士ですね。

ナカシマ工業の話で、今も同じようなことをしているということのようです。

ドラマ。下町ロケットの2話、あらすじ。ギアコーストに全面協力することにした佃製作所

そこで、佃(阿部寛)は自社の顧問弁護士である神谷修一(恵俊彰)に相談すると、予想外な答えが返ってきた。ギアコーストに全面協力することにした佃製作所だったが、度重なるトラブルに難航し、社内は不穏な空気に。特許侵害訴訟からギアゴーストは逃れることができるのか?
新たな挑戦に向け、歩きだす佃たちは果たしてどうするのか!

弁護士の神谷修一に相談すると、意外な答えが返ってくるということです。どんな答えなのでしょうか。

佃製作所の社内は、不穏な空気になってしまうようです。

ギアゴースト、そして、佃製作所はどうなるのでしょうか。

というのが、下町ロケットの2話のあらすじです。

ドラマ、下町ロケット、2話の見逃し配信動画は、Paraviで見られるようになるはずです。

ドラマ、下町ロケット。2話のネタバレ

下町ロケット。2話のネタバレ

ギアゴーストは15億の特許侵害を指摘される。下町ロケット。2話

水原重治
ヤタガラス7号機に新型エンジンを搭載しようと考えている。
しかし、不具合を起こす。原因は、バルブ

水原:新型バルブの製造をなんとかお願いできないでしょうか。
これは、藤間社長の考えだと。次の礎を残しておきたいと

次の社長候補、的場俊一が、潰してしまうかもしれないという

山崎は、時間がなく、ダウンサイジングやコストなども大変だと。
佃航平は、ロケット品質も過去のことになってしまうという。

ギアゴーストのトランスミッションは、ヤマタニへのトラクターに内定した。

しかし、ギアゴーストは、末永弁護士が、損害賠償のお金が必要だという
佃航平は、ヤマタニに行く
蔵田が、ギアゴーストとの取引は、一旦中止になりそうだという

3日前
T2に対して、ケーマシナリーから特許侵害が指摘された。

ケーマシナリーは、15億が損害を受けているという
中川京一:裁判で争うか、15億円を払うか
期限は、2週間

伊丹大は、銀行を回ったが、15億円には程遠い。
末永は、出資者を募ったら、ということで、ヤマタニ製作所にやってきた。
が、断ったという

佃航平は、どうしたらいいか、こっちが聞きたいと。

佃航平は、15億をうちから出せないかなと。貸すだけだという
津野は、返す保証がないと。
殿村は、帝国重工も出資で失敗したから、触らなぬ神に祟りなしだと答える。

神谷修一弁護士に相談する佃航平
神谷修一:クロスライセンス契約を狙ってはどうでしょうか

ケーマシナリーがギアゴーストの特許を侵害している可能性を探してみてはという
そして、見つかったら、ギアゴーストの出資者になって、買収してみてはと。

佃航平は、ギアゴーストに内緒にするのはどうかと悩む
が、ケーマシナリーのトランスミッションを集めて、特許を侵害していないか調べる

軽部が作業を任せられる。
立花洋介は、よその力を借りるのかと

立花は、よその力で作るのは、どうなのかと思っているようですね。帝国重工みたいですね。
まあ、協力もあって良いと思いますが。

島津が帝国重工を去った理由。下町ロケット。2話、あらすじ

佃利菜は、帝国重工でバルブはできているのかと聞かれる。

ボーリング場で、島津に会う佃航平
帰りに雨が降ってきて、航平は島津に車で送ってもらう。

しかし、車のエンジンがおかしい。
島津が、エンジンを調べてみる。島津は、父が教えてくれたという

島津は、佃製作所のバルブを見たときに、ユーザのことを考えていると
そんなトランスミッションを作るのが、島津の夢だという

佃航平が帰宅する
と、利菜が、バルブシステムはどうだと聞かれるが、航平は大変だと。

元帝国重工の島津と伊丹のことを、利菜に聞く
島津は天才だったが、上の人は認めなかったという

5年前、島津は、上司の奥沢に嫌われたと
島津は、飛ばされた
そして、伊丹も、同じ部署に
幽霊のような扱いを受けていた

だから、ギアゴーストという名前。

佃航平は、クロスライセンスをギアゴーストにやっぱり教えるべきだという
佃航平:ギアゴーストの夢はどうなる?あの人にとってのトランスミッションは、俺にとってのロケットのようなもんなんだよ。こんなやり方で、奪っていいのか?
人を思いやるような気持ちが大切だという

伊丹は出資の条件に社員の雇用の保証を入れていた
航平:これは、俺のわがままだ。すまん。
と、土下座して謝る。
殿村:それで、いいと思います。それでこそ、社長ですよ

佃航平。やはり人情に厚いですね。そして、商売下手です。
これは、佃航平の専売特許だと答えていましたが、誰も買ってくれない特許だとも言っていましたね(笑)

佃航平が、ギアゴーストにクロスライセンスを教える。
そして、佃製作所が手伝うと

伊丹大は、これに賭けるしかないと答える。

下町ロケット2話、ネタバレあらすじ、後半へ

ロケットのバルブがうまくいかない。下町ロケットの2話、ネタバレ。

軽部が、ただで買収できないなら、うちにはなんのメリットもないだろうと、島津たちに言う
佃航平が、島津たちに謝る

佃製作所
新型ロケットのバルブの耐久テスト。バルブが詰まってスタック

痛みが逃げるが勝ちというのもあると言うが、
佃航平:発射したら、飛ぶしかない。どんな難問にも、答えがある。それが信念です。

理想的な素材が見つかれば、と島津に漏らす

島津が、素材会社を紹介してくれる。
佃が、島津をギアゴーストまで送ると、中川京一がやってくる
ケーマシナリーの要望をまとめて渡してくる。

伊丹は、技術なら負けないが、今の世の中、それだけでは勝負できない。

殿村が実家に戻ると
同級生の稲本が、農業法人を作ると言う。
俺たちに貸してくれという

殿村正弘は、断れと、田んぼは、今年で終わりだと

新型ロケット用バルブ耐久テスト
また、失敗
チームのメンバーは疲労。
山崎は、立花を貸してくれという
軽部は、ダメだと

軽部:社長、ロケットなのか、トランスミッションなのか1つにしてもらえませんか

佃航平は、トランスミッションは、奥が深いという
山崎も、ロケットのバルブを頑張るというう

立花は、投影機でチェックし始める。
ギアゴーストが、チェックしたものを再検査している。

柏田:社運がかかっているんだよ。たった一つの見落としも許されないんだ。
立花:もっと効率よくやれよ
柏田:うちが邪魔だってことですか
軽部:もう出て行ってもらったほうがいいんじゃないですか

島津は、どうして投影機を使うのかと尋ねる

伊丹は、迷惑をかけているのはうちだから、ここまでで良いという
と、島津が、効率的な部分もあるから、作業をミックスしようという

島津が、投影機の理由を聞きます。これのほうが早い部分もあるから、取り入れようということになります。良いものは良いと言えるのは、島津の良いところですね。
とここから、下町ロケット、2話の結末です。どうなるのか。

下町ロケット。2話。結末

島津が紹介してくれた素材会社の素材が、とても良い素材だった。コストも安い
ロケットバルブの耐久テスト
成功!

喜ぶ社員たち

報告を受けて、帝国重工の社員も喜ぶ
島津:やりましたね!大気圏突破しましたね。
佃航平:あとは、御社です。

佃利菜と和泉沙耶
和泉:あなたは、本当に頑張った。自慢の娘よ
利菜は、ロケットを成功させてみせるからという

トランスミッションを調べたが、何も出なかった。
と、立花が、大きさは違うが似ている部品を見つける
パクリで、特許侵害だと

島津が確認する
が、素材が違うから、特許侵害にはならないだろうという

伊丹:佃製作所のみなさん、我々に力を貸してくださってありがとうございました。トラクターバルブの件、本当に申し訳ありませんでした。できるだけのことはします

佃航平が、殿村たちを集める
航平:その15億、うちが払えねえかな
殿村:将来、うちに何かあった時の蓄えです
航平:その将来っていうのは、何だい?ロケットも

しかし、みんな反対する

殿村は、無理に手を広げるなという
航平:ギアゴーストの技術に惚れたんだ。この人たちと一緒に仕事がしたいと思った
作る人が好きで好きでたまらない情熱がある。
航平:見捨てしまって良いのか。同じ技術者として、見捨てちゃならないんだ。世の中は変わるんだ。俺たちも変わらないといけないんだ。どうか、みんなの力を貸して欲しい

航平たちが、神谷修一弁護士とギアゴーストに行く
航平:全力で支援させていただきたく考えております。
伊丹:ありがとうございます

末永が、中川に猶予をくれないかと頼む。
伊丹:精査して、お支払いします

以上、下町ロケット、2話のネタバレあらすじでした。

ドラマ、下町ロケットの3話のネタバレ、あらすじ、感想などは、以下の記事です

ドラマ。下町ロケット。3話。ネタバレあらすじ。感想。帝国重工が、佃製作所に信用調査が必要だと言い出す。ゲスト、キャスト。見逃し配信動画。視聴率など

下町ロケット。2話の感想。視聴率など

下町ロケットの2話の感想

ドラマ、下町ロケットの2話は、ギアゴーストが、特許侵害で損害賠償を求められますね。

それも、15億円。

この支払いができないと、ギアゴーストは、倒産になってしまいます。

そして、佃製作所のトランスミッションのバルブも、納入はなしということになる。

ということで、下町ロケットの2話、佃製作所もある意味、ピンチです。

下町ロケット、2話。感想。あらすじ。佃製作所が、ギアゴーストを「買収」することに

また、帝国重工のヤタガラスに、新しいバルブを載せて欲しいと頼まれる、佃航平。

しかも、納期が短く、耐久性は高く、コストも安くということでした。

こちらも大変になって来ています。

そんな状況でしたが、佃製作所は、ギアゴーストを助けることにします。

まずは、特許のクロスライセンスを狙って、それをギアゴーストには黙って探して、見つかったら、ギアゴーストを買収するつもりでしたね。

しかし、佃航平は、島津のことを知って、ギアゴーストにクロスライセンスのことを教えます。さらに、一緒にケーマシナリーの特許侵害がないか探します。

見つかりそうになりましたが、ケーマシナリーが対策をしていたようです。

で、こちらは、ダメでした。

一方、新型ロケットのバルブは、島津が教えてくれた素材で、うまく製造できましたね。

そして、航平は、ギアゴーストに出資するということにしました。

一緒に仕事がしたい、見捨ててはならないと。

そうですよね。航平には、見捨てられないですよね。自分と同じような夢を持っている人たちですから。

そういう意味では、当然の結果と言えると思います。

ただ、まあ、危ない橋を渡ることにはなるのでしょう。15億円は、佃製作所にも、大きなお金ですから。

今回、島津が格好良かったですよね。技術者、職人として。

そして、佃航平も、良かったでよね。やはり、夢を追うというのは良いですね。楽ではないと思いますが。

ということで、下町ロケットの2話は、佃製作所が、ギアゴーストを「買収」することになりました。が、これで解決という感じではないようです。

まだ、中川が別の手を打ってくるのかもしれません。

下町ロケット。2話。視聴率は、12.4%

ドラマ、下町ロケットの2話の視聴率は、どうなるでしょうね。

下町ロケット、1話の視聴率は、13.9%でした。

下町ロケット、2話の視聴率は、12.4%でした。落ちてしまいましたね。

ドラマ、下町ロケットの主なキャスト、出演者についてなど

佃 航平(阿部 寛)

下町ロケットの主人公、佃航平は、阿部寛さんですね。

佃製作所の社長です。

ロケットへの夢を捨てきれず、夢に挑戦しました。今回は、大地が舞台になるようです。どんな苦労や成功が待っているのか。

佃 利菜(土屋太鳳)

佃航平の娘、利菜は、土屋太鳳さんです。

大学に進学しています。大学卒業後は、帝国重工に就職するようですね。

航平とは、どんな関係になっているのか。

立花洋介(竹内涼真)

技術開発部技術者の立花洋介は、竹内涼真さんです。

中里の退社後、「ガウディ計画」チームのリーダーとなっています。

今回は、どんな活躍をするのでしょうか。

山崎光彦(安田 顕)

技術開発部部長の山崎光彦は、安田 顕さんが演じます。

開発部の部長、リーダーとして、今回も活躍するのでしょうね。

無口でありながらも、情熱を秘めている山崎。物語を、盛り上げてくれそうですよね。

殿村直弘(立川談春)

経理部部長の殿村直弘を、立川談春さんが演じます。

白水銀行から出向してきて、銀行を退職、佃製作所に転職しました。

この殿村が、今回の舞台の「大地」のヒントのきっかけになるようですね。

島津 裕(イモトアヤコ)

ギアゴーストの技術者、島津裕は、イモトアヤコさんです。

トランスミッションの技術や特許を持っているということで、凄腕の技術者ですね。

佃航平とは、ボーリング場で出会うなど、何かと縁があるようです。

財前道生(吉川晃司)

帝国重工の財前道生は、吉川晃司さんですね。

今回もまた、佃製作所と、関係を持つことになるのでしょうか。

大手メーカーとしての帝国重工のプライドと、佃の技術への信頼など、今回もキーパーソンになるのかどうか。

と、こういった人物が登場しますが、新たな登場人物もいますね。このあたりが徐々にわかっていって、下町ロケット、ゴースト、ヤタガラスの物語が進んでいきそうですね。

下町ロケットの各回のネタバレ、あらすじ、結末など

下町ロケット 最終回。ネタバレ、あらすじ。感想。佃たちは、農業ロボットを発売できるのか。ゲスト。キャスト。見逃し配信動画。視聴率など

下町ロケット10話。動画。ネタバレ、あらすじ。佃航平が島津を一緒に仕事をしないかと誘う。ゲスト。キャスト。見逃し配信動画。視聴率など

下町ロケット。9話。動画。ネタバレ。野木のピンチに佃航平はどうする?ゲスト。キャスト。見逃し配信動画。視聴率など

下町ロケット。8話。ネタバレ。感想。動画。重田登志行(古舘伊知郎)たちは的場俊一(神田正輝)に復讐できるのか。キャスト。見逃し配信動画。視聴率など

下町ロケット7話。ネタバレあらすじ。感想。無人農業ロボットを開発することにする佃製作所。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

下町ロケット。6話。ネタバレあらすじ。感想。ヤタガラス編。財前道生(吉川晃司)が、佃製作所に農機具のエンジンなどを供給してもらいたいと。ゲスト。キャスト。見逃し配信動画。視聴率など

下町ロケット5話。あらすじ、ネタバレ。感想。ゴースト編完結。ギアゴーストは裁判で勝つことができるのか?キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

下町ロケット。4話。ネタバレあらすじ。感想。殿村直弘(立川談春)が佃製作所を辞める?キャスト。見逃し配信動画。視聴率など

ドラマ。下町ロケット。3話。ネタバレあらすじ。感想。帝国重工が、佃製作所に信用調査が必要だと言い出す。ゲスト、キャスト。見逃し配信動画。視聴率など

下町ロケット2話。あらすじネタバレ。感想。ギアゴーストのトラクターのバルブの仕事がなくなる?キャスト。見逃し配信動画。視聴率など

下町ロケット 1話。ネタバレあらすじ。感想。佃航平(阿部 寛)が新たなビジネスを始める?キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

下町ロケット、1話。結末。ギアゴーストコンペ

ギアゴーストコンペ2週間前

島津が、そのコストで作ったのかと。
大森バルブの辰野は、コンペを通ったら、値上げして欲しいという
伊丹大:それとこれとは話が違う

軽部に、設計図を見せる、立花。
軽部は、まあ、いいんじゃないのと。

ギアゴーストコンペ当日
大森バルブは、コストを規定内にしたという

佃航平たちがやってくる
辰野が、お互いのテスト評価を見せ合おうという

大森バルブの評価を見る
佃の評価が低い

佃:これが、うちの最高のバルブです。お分かりになりませんか?
辰野:うちのバルブで勉強していただいたということで

島津裕:待って。
大森バルブは、491個のパーツ
佃は、153個

強度が強いということです。
辰野:それがどうしたんですか?
島津:わからないんですか。このバルブのすごさが?

立花:このバルブは、大地を走る車に乗せて意味があるんです。
島津:細部にわたって、すごいんです。ユーザーのために作られている。圧倒的な差です。
感動して、島津は泣く。

佃:うちのバルブは、まず壊れない

伊丹大:これは、うちが求める最高のバルブです。佃さん、ぜひ、これを使わせてください

伊丹:その時の最高のものを使う。それが、うちの信念ですから
辰野:お考え、よくわかりました。

宇宙も大地もだと、佃航平。

弁護士の中川京一が、損害賠償を、ギアゴーストに

そして、佃のバルブは、次のヤタガラスには搭載できないかも

以上、ドラマ、下町ロケットの2話のネタバレ、あらすじ、感想、視聴率、キャスト、見逃し配信動画などでした。