↓ ドラマの見逃し配信動画はこちら

FOD Hulu

↓ ドラマの見逃し配信動画はこちら

FOD Hulu

Feedlyでの購読はこちら
follow us in feedly

下町ロケット。6話。ネタバレあらすじ。感想。ヤタガラス編。財前道生(吉川晃司)が、佃製作所に農機具のエンジンなどを供給してもらいたいと。ゲスト。キャスト。見逃し配信動画。視聴率など

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ。下町ロケット。6話。ネタバレあらすじ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?阿部寛さん主演のビジネスドラマです。

下町ロケットの6話は、2018年11月18日(日)夜9時から放送です。

ドラマ、下町ロケットの6話。今回から、ヤタガラス編です。

6話は、ギアゴーストは、ダイダロスと資本提携してため、佃 航平(阿部 寛)が、伊丹 大(尾上菊之助)に会いに行くようですが、伊丹は、的場俊一(神田正輝)への復讐のため、耳を貸さないようです。

また、財前道生(吉川晃司)が、佃製作所に、新しく帝国重工が開発する農機具のエンジンとトランスミッションを供給してもらいたいと頼みに来るということです。

財前と佃航平、また一緒に仕事をすることになるのでしょうか。

ということで、下町ロケットの第6話は、どんなストーリーになっているのでしょうか。以下、下町ロケット、6話のネタバレあらすじ、キャスト、視聴率、見逃し配信動画などについてです。

下町ロケットの5話、4話、3話のネタバレ、あらすじなど

下町ロケット5話。あらすじ、ネタバレ。感想。ゴースト編完結。ギアゴーストは裁判で勝つことができるのか?キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

下町ロケット。4話。ネタバレあらすじ。感想。殿村直弘(立川談春)が佃製作所を辞める?キャスト。見逃し配信動画。視聴率など

ドラマ。下町ロケット。3話。ネタバレあらすじ。感想。帝国重工が、佃製作所に信用調査が必要だと言い出す。ゲスト、キャスト。見逃し配信動画。視聴率など

下町ロケット。ネタバレあらすじ。1話から最終回の結末まで。シーズン2。キャスト。ゲスト。見逃し配信動画。視聴率は?最終回はいつ?

2018年秋ドラマ。2018年10月〜12月のドラマまとめ。ネタバレあらすじまとめ。下町ロケット ゴースト、Suits、獣になれない私たち、リーガルV、黄昏流星群、中学聖日記、大恋愛、ドロ刑など

目次

 

下町ロケット。6話。ヤタガラス編。ネタバレあらすじ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

下町ロケット。6話

下町ロケット 6話

下町ロケット、6話の主なキャスト、出演者

下町ロケットの主なキャスト、出演者です

佃 航平(阿部 寛)
佃 利菜(土屋太鳳)
立花洋介(竹内涼真)
山崎光彦(安田 顕)
軽部真樹男(徳重 聡)
江原春樹(和田聰宏)
迫田 滋(今野浩喜)
津野 薫(中本 賢)
唐木田 篤(谷田 歩)
蔵田慎二(坪倉由幸)
柏田宏樹(馬場 徹)
加納アキ(朝倉あき)
殿村恭子(立石涼子)
蒔田(山本圭祐)
本田郁馬(山田悠介)
佐伯文也(松川尚瑠輝)
上島友之(菅谷哲也)
坂本菜々緒(菅野莉央)
斉藤あゆみ(原アンナ)
仁科美咲(ぼくもとさきこ)

島津 裕(イモトアヤコ)
和泉沙耶(真矢ミキ)

神田川敦(内場勝則)
辰野(六角精児)

神谷修一(恵 俊彰)
中川京一(池畑慎之介)
水原重治(木下ほうか)
殿村正弘(山本 學)
末長孝明(中村梅雀)
佃 和枝(倍賞美津子)
伊丹 大(尾上菊之助)
殿村直弘(立川談春)
的場俊一(神田正輝)
財前道生(吉川晃司)
藤間秀樹(杉 良太郎)

今回もなのか、登場人物は多いですね。

下町ロケット1の出演者も登場しますし、イモトアヤコさんなど、新しい出演者もいます。

 

下町ロケット、6話のゲスト出演者

ドラマ、下町ロケット、6話のゲスト出演者

野木(森崎博之)

下町ロケットの脚本、演出、プロデューサーなど

脚本:丑尾健太郎
プロデューサー:伊與田英徳、峠田 浩
演出:福澤克雄、田中健太

こういった人たちが、下町ロケットを作っていくということです。

原作

 

下町ロケット ゴースト

下町ロケット ゴースト

  • 作者: 池井戸潤
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2018/07/20
  • メディア: 単行本

下町ロケット ヤタガラス

下町ロケット ヤタガラス

    • 作者: 池井戸潤
    • 出版社/メーカー: 小学館
    • 発売日: 2018/09/28
    • メディア: 単行本

ドラマ、下町ロケットの原作は、池井戸潤さんの小説ですね。

下町ロケット、ゴースト、そして、ヤタガラスが、このドラマの原作なのですよね。

ということで、ドラマよりも先に内容を知りたい方は、小説を読んで、さらにテレビでドラマも見ると、ドラマだけとはまた違った楽しみ方ができるのではないでしょうか。

下町ロケット。6話の予告動画

ドラマ、下町ロケット6話の予告動画

『下町ロケット』11/18(日) #6 「ヤタガラス編」スタート!! 最大の夢に挑む!!【TBS】

下町ロケットの6話は、財前が、無人自動農機具を作ると言い出しますね。

そして、佃製作所に、そのエンジンとトランスミッションを作って欲しいと。

そのために、佃航平の親友、野木を説得することになる航平。

果たして、どうなるのでしょうか。

下町ロケットの公式Twitter、Instagramなど

下町ロケットの公式Twitter

下町ロケットのTwitter

下町ロケットの公式Instagram

下町ロケットのInstagram

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

下町ロケット6話のあらすじ、ネタバレ

以下、下町ロケット、6話のあらすじ、ネタバレなどです。

ドラマ、下町ロケットの6話のあらすじ

下町ロケット、6話のあらすじ

下町ロケット、第6話。あらすじ。伊丹は取り合わない

島津(イモトアヤコ)から、ギアゴーストはダイダロスと資本提携をしたと聞いた佃(阿部寛)たち。急いで伊丹(尾上菊之助)のもとを訪れるが、的場(神田正輝)への復讐に燃える伊丹は、佃製作所からの恩義を忘れ、「あなたたちとでは生き残ることはできない」と非情な宣告をする。それを聞いた佃は激昂するが、伊丹は取り合わない……。

佃航平は、前回の5話で、島津からギアゴーストはダイダロスと資本提携したと聞きます。

航平は、伊丹のところに行き話すようですが、伊丹は、的場への復讐に取り憑かれたのか、話を聞かないようです。

航平が怒るようですが、伊丹は、聞く耳を持っていないということですね。

せっかく裁判に勝っても、これでは、佃製作所にとっては、残念なことになってしまいました。

下町ロケットの6話。あらすじ。財前が、佃製作所に農機具のエンジンなどを頼みにくる

そんな折、財前(吉川晃司)が佃を訪ねてくる。財前は新規事業として、無人農業ロボットの開発を目指していると告白。それは、高齢化が進み、深刻な労働力不足にあえいでいる日本の農業を救いたいという思いからだった。そこで、新しく帝国重工が開発する農機具のエンジンとトランスミッションを佃製作所に供給してもらいたいという申し出だった。

財前が、佃を訪ねてきて、無人農業ロボットの開発を目指しているということです。

日本の農業の労働力不足をどうにかしたいという思いから、新規事業を考えているということです。

そして、帝国重工が開発する農機具のエンジンとトランスミッションを佃製作所に供給してもらいたいと。

今度は、ロケットから農機具にということで、財前と佃航平が、また仕事をすることになるようです。

ドラマ。下町ロケット。6話、あらすじ。野木に会いにいく佃航平

さらに財前はほかの協力者として、北海道農業大学の教授で、無人農業ロボット研究の第一人者である、野木(森崎博之)の名前を挙げる。
野木は佃の大学時代の同期で、互いを高めあった親友。そんな野木を新規事業に協力するよう、説得してくれと頼まれる佃だったが……。

また、財前は、無人農業ロボット研究の第一人者である、野木に協力してもらいたいと考えているということですね。

その野木は、佃航平の大学時代の同期で親友ということです。

野木に協力するよう、航平に説得してもらいたいということです。

というのが、下町ロケットの6話のあらすじです。

ドラマ、下町ロケット、6話の見逃し配信動画は、Paraviで見られるようになるはずです。

下町ロケット第6話。ネタバレ

下町ロケット、6話のネタバレ

ダイダロスに向かう佃航平たちだったが。下町ロケット。6話

佃航平たちが、伊丹に会いにいく
伊丹は、トランスミッションが棚上げになりそうだと。
唐木田:御社にとっても、痛手でしょう
伊丹:うちは、別の農機具で参入することになりそうです

そっちは、大森バルブで決まっていると言う

佃航平:あなたのことを信じてきた。だから、訴訟も頑張ってきた・なのに、どうして?
伊丹:その節はありがとうございました。それはそれ。

伊丹は、ダイダロスと資本提携すると言う

佃:ふざけるのもいい加減にしなさいよ。こんな風に裏切られたのは初めてだ。
伊丹:どう思われようと結構。もういいですか。

ヤマタニと新しいことをやろうとしている、ダイダロス、ギアゴースト。

飲み屋で、ギアゴーストと鉢合わせる佃製作所の人たち
氷室というのが、開発主任になったという

立花洋介:島津さんは一人で、謝りに来ていましたよ。ひどすぎませんか。
氷室:その島津さんは、うちにとって価値がないから出て行ってもらったんでしょ

佃製作所で
島津は、どうするつもりか決めていないという
立花が、一緒にやらないかと誘うが。

トランスミッション第1号機を見てもらう
島津からいろんな意見をもらう

佃航平:うちで一緒にやれないか
島津:ありがとうございます。でも、疲れちゃったんですよね

財前が、佃製作所にやってくる
宇宙の周辺ビジネスを行うという
財前:無人農業ロボットです。無人で運転することができるようにすることです。

ヤタガラスからのデータを使って、自動で動くようにするという
財前:このビジネスに手を貸してもらえませんか。エンジンとトランスミッションを供給していただきたい
佃航平:しかし、その無人にする技術は?

野木博文を紹介して欲しいという財前
しかし、野木は、民間企業に力を貸す気は無いという

佃利奈は、帝国製作所のバルブシステムのチームリーダーになった。
航平は、指示を受けるかもしれないのかと。

北海道に野木に会いに行く、佃航平。下町ロケット。6話

北海道に行く、佃航平
北海道農業大学

すると、トラクターが無人で動いている
人を検知して、勝手に止まる。

野木:予定の時間になると、トラクターが動くようにプログラミングしてあるんだ

佃航平は、うちが開発したエンジンが載っていると

ヤタガラスのおかげで、誤差は、3センチ以下
前は、10メートルぐらい蛇行していた。

野木:お前が成功させてくれたあのロケットのおかげだ。

30年前
佃航平と野木は、ロケットの発射実験をしたりしていた

学生たちと食事をしている
そこに、財前がやってくる

野木:お前は、大企業の手先になったのか。だから企業は嫌なんだ。平気で人を騙すからな。

5年前に、キーシンのという会社から共同の事業を提案された。戸川譲社長
1年も経たないうちに、手を引くと。
キーシンは、システムをコピーした。

野木:金で自由を奪われる。もうまっぴらだよ

ヤマタニは、キーシンとも農機具を開発しようとしていた。

下町ロケットの6話、ネタバレあらすじ。後半

迷う佃航平は、殿村の家に行く。下町ロケットの6話

新潟県燕市
殿村は、農業法人に誘われる。

農林協からトラクターを安く買えるだろうと
しかし、殿村の父の正弘は、あそこの吉井の息子はダメだなと。

佃航平が、殿村の家に行く
トラクターが動かなくなった。

農林協の吉井浩がやってくる
どうして断ったんですか?
殿村:他の米と一緒にするなんて、できません。
吉井:品質の違いなんて、客にわからないだろう。
殿村:うちのお客は、わかってくれている。品質を買ってくれている。帰ってくれ。あんたみたいな人がいるだけで、米が不味くなる

殿村は、親父がいなくなったら、終わりだと。ここで負けるわけにはいかない。
殿村:親父のプライド何としても、守りたいんです。
佃航平:いいものを見た。俺の迷いも、すっ飛んじまったよ

航平は、野木に会いに行く。

航平は、野木に、新規事業に参加するという

30年前
佃航平は、野木に、JAXAのことは諦めるなと言われて、JAXAに進んだ。

航平:お前の夢を助けさせてくれよ
野木:同じことを、キーシンにも言われたよ。俺は、企業とは組まん。
航平:うちでも泊まっていかないか。晩飯でもどうだ

取引先で立ち会うところがある
航平は、すげーものが見れると

ロケットエンジンを見せる。今日は、バルブシステムのテストがあるという

財前がやってくる
相談事があるという帝国重工の社員たち。

テストの結果は、うまくいかない

佃航平:彼らにもノルマがある。乗り越えていく喜びを知っている。だからこそ、前に進むことができるんだ。

下町ロケットの6話。ネタバレ、結末へ

佃の家で
野木は、米がうまいと
佃航平は、その米は、元経理部長が作っていると、殿村の話をする
だが、高齢化で作れなくなっていってしまう。

航平:俺も、財前さんも、この国の未来のために、何ができるか考えてんるんだ。俺たちと力を合わせて、一緒にやってみないか
野木:わかった。わかったよ

野木は、帝国重工のことを見て、企業に対する考えが変わったと

ヤマタニ本社
航平は、今後、競合するかもしれないと伝えにいく
蔵田は、ホッとしていると。恨みっこなしでと。

的場は、無人農機具は、自分の直轄にしてくれという
航平は、的場に会いにいく

的場:御社の売り上げは?
財前:宇宙航空部と長い付き合いをしています。
的場:私なりのやり方で突き進む。先行利益を得たいと思っています。世の中は、実績だ。わかってるのかな

佃航平:実績をあげてなんぼ?御社では開発できなかったバルブシステムを作ってきました。今回も、成功させてみせますよ。どうか、期待してください
的場:おもしろい

奥沢に、的場が、トランスミッションを作ってくれという

伊丹が、的場が総責任者になったと、重田に伝える。
重田:面白くなってきたじゃないか。自ら地獄に足を踏み入れたってわけだ。

的場は、内製化に切り替えると、財前に伝える。
的場:佃製作所は、切れ

以上、下町ロケットの6話のネタバレ、あらすじなどでした。

ドラマ、下町ロケット、6話の見逃し配信動画は、Paraviで見られるようになるはずです。

ドラマ。下町ロケット。6話の感想。視聴率など

下町ロケットの6話の感想

ドラマ、下町ロケットの6話からは、ヤタガラス編ですね。

ヤタガラスを使った、無人の自動農機具、トラクターを開発するという話です。

帝国重工の財前が、このために、佃製作所の佃航平に、そのエンジンとトランスミッションを開発して欲しいと打診してきます。

また、航平の親友の野木に、そのシステムを作ることを手伝ってもらえないかとお願いして欲しいとも言ってきます。

なんだか、複雑なことになってきましたね。まずは、これが、下町ロケットの6話の感想です。

下町ロケット、6話。感想とあらすじ。野木と一緒に、無人農機具を作ることになるが

ということで、野木に会いに行く、佃航平。

そして、無人農機具を見せてもらうなどします。

で、野木に、帝国重工との話をしますが、野木は、企業とは仕事をしないと断りますね。

過去に、企業と共同で仕事をして、裏切られたからと。

ギアゴーストに裏切られた、佃航平は、それ以上、何も言えないですね。

それにしても、伊丹はひどいですね。人が変わってしまったようです。まあ、ドラマですが、こうなると、あまりにひどいですよね。伊丹が復讐したいというのは、わかるのですが、あんな風にしなくてもと思いますよね。

というのがありますが、航平は、殿村に会いに行って、自分が何をしたいのかを思い出して、帝国重工の新規事業を受けることにしました。

そして、それを、野木に伝えますね。

それから、帝国重工のバルブテストを見に行きます。そこで、野木は、企業への見方が変わったと。

そして、何をしたいのかを思い出したということで、一緒に、農機具を作ることにしますね。

しかし、的場が、この新事業を仕切るということで、なんと、エンジンなどを内製化するということになりました。

こうなると、佃製作所は、いらなくなってしまいますが。どうなるのか。

というのが、下町ロケットの6話ですね。

ここから、次回の下町ロケット、7話は、どうなるのか。今後の展開が気になりますね。

下町ロケット。7話のあらすじ

ある日、財前(吉川晃司)が佃製作所を訪れた。佃(阿部寛)らは笑顔で迎え、試作中のトランスミッションの説明をする。しかし、そこで財前が告げたのは、突然の取引中止だった。聞けば、帝国重工の次期社長候補と目される的場(神田正輝)により、エンジンとトランスミッションの内製化の方針が急きょ決定したという。長年取引のあったヤマタニに仁義を通し、社運を賭けた挑戦だっただけに、佃をはじめ社員たちも抗議するが、板挟みの財前にはどうすることもできない。さらに財前は、こんな状況でさらに厚かましいお願いをしなければならないと切り出した。それは、佃製作所が離脱するならプロジェクトを降りると言う野木(森崎博之)を説得してほしいというものだった。
自分たちは梯子を外され、そのうえ親友・野木の説得と、さすがに虫がよすぎると激昂する佃だったが……。

というのが、下町ロケット、7話のあらすじです。

下町ロケット。6話。視聴率は、13.1%

ドラマ、下町ロケットの6話の視聴率は、どうなるでしょうね。

下町ロケット、1話の視聴率は、13.9%でした。2話の視聴率は、12.4%でした。

下町ロケット、3話の視聴率は、14.7%でした。4話の視聴率は、13.3%でした。

下町ロケットの5話の視聴率は、12.7%でした。

下町ロケット、6話の視聴率は、13.1%でした。アップしましたね。

ドラマ、下町ロケットの主なキャスト、出演者についてなど

佃 航平(阿部 寛)

下町ロケットの主人公、佃航平は、阿部寛さんですね。

佃製作所の社長です。

ロケットへの夢を捨てきれず、夢に挑戦しました。今回は、大地が舞台になるようです。どんな苦労や成功が待っているのか。

佃 利菜(土屋太鳳)

佃航平の娘、利菜は、土屋太鳳さんです。

大学に進学しています。大学卒業後は、帝国重工に就職するようですね。

航平とは、どんな関係になっているのか。

立花洋介(竹内涼真)

技術開発部技術者の立花洋介は、竹内涼真さんです。

中里の退社後、「ガウディ計画」チームのリーダーとなっています。

今回は、どんな活躍をするのでしょうか。

山崎光彦(安田 顕)

技術開発部部長の山崎光彦は、安田 顕さんが演じます。

開発部の部長、リーダーとして、今回も活躍するのでしょうね。

無口でありながらも、情熱を秘めている山崎。物語を、盛り上げてくれそうですよね。

殿村直弘(立川談春)

経理部部長の殿村直弘を、立川談春さんが演じます。

白水銀行から出向してきて、銀行を退職、佃製作所に転職しました。

この殿村が、今回の舞台の「大地」のヒントのきっかけになるようですね。

島津 裕(イモトアヤコ)

ギアゴーストの技術者、島津裕は、イモトアヤコさんです。

トランスミッションの技術や特許を持っているということで、凄腕の技術者ですね。

佃航平とは、ボーリング場で出会うなど、何かと縁があるようです。

財前道生(吉川晃司)

帝国重工の財前道生は、吉川晃司さんですね。

今回もまた、佃製作所と、関係を持つことになるのでしょうか。

大手メーカーとしての帝国重工のプライドと、佃の技術への信頼など、今回もキーパーソンになるのかどうか。

 

と、こういった人物が登場しますが、新たな登場人物もいますね。このあたりが徐々にわかっていって、下町ロケット、ゴースト、ヤタガラスの物語が進んでいきそうですね。

下町ロケットの各回のネタバレ、あらすじ、結末など

下町ロケット。9話。動画。ネタバレ。野木のピンチに佃航平はどうする?ゲスト。キャスト。見逃し配信動画。視聴率など

下町ロケット。8話。ネタバレ。感想。動画。重田登志行(古舘伊知郎)たちは的場俊一(神田正輝)に復讐できるのか。キャスト。見逃し配信動画。視聴率など

下町ロケット7話。ネタバレあらすじ。感想。無人農業ロボットを開発することにする佃製作所。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

下町ロケット。6話。ネタバレあらすじ。感想。ヤタガラス編。財前道生(吉川晃司)が、佃製作所に農機具のエンジンなどを供給してもらいたいと。ゲスト。キャスト。見逃し配信動画。視聴率など

下町ロケット5話。あらすじ、ネタバレ。感想。ゴースト編完結。ギアゴーストは裁判で勝つことができるのか?キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

下町ロケット。4話。ネタバレあらすじ。感想。殿村直弘(立川談春)が佃製作所を辞める?キャスト。見逃し配信動画。視聴率など

ドラマ。下町ロケット。3話。ネタバレあらすじ。感想。帝国重工が、佃製作所に信用調査が必要だと言い出す。ゲスト、キャスト。見逃し配信動画。視聴率など

下町ロケット2話。あらすじネタバレ。感想。ギアゴーストのトラクターのバルブの仕事がなくなる?キャスト。見逃し配信動画。視聴率など

下町ロケット 1話。ネタバレあらすじ。感想。佃航平(阿部 寛)が新たなビジネスを始める?キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

以上、ドラマ、下町ロケット、6話のネタバレ、あらすじ、感想、視聴率、キャスト、見逃し配信動画などでした。