スポンサーリンク

Feedly

節約したいなら、こちらをどうぞ

Feedlyでの購読はこちら
follow us in feedly

先に生まれただけの僕、第5話。先僕、ネタバレ、あらすじ。感想。オープンキャンパスはうまくいく?キャスト。視聴率。見逃し配信

シェアする

スポンサーリンク

先に生まれただけの僕、第5話。先僕、ネタバレ、あらすじ。感想。キャスト。視聴率

ドラマ、先に生まれただけの僕、5話は、2017年11月11日(土)夜10時から放送です。

今回の先僕、5話、京明館高校で、オープンキャンパスを行うということです。

このために、生徒にアイデアを出して欲しいと鳴海涼介(櫻井翔)は考えるようですね。うまくいくのでしょうか。

また、樫松物産社長・原(小林勝也)も呼ぶようです。何か狙いがあるようですが。
今回の「先に生まれただけの僕」5話、オープンキャンパスなどうまくいくのでしょうか。

先に生まれただけの僕、5話は、どんなストーリーなのでしょうね。以下、先に生まれただけの僕、5話のネタバレ、あらすじ、感想、視聴率などです。
先に生まれただけの僕の5話は、Huluで見逃し配信動画を見られます。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

「先に生まれただけの僕」4話、3話のあらすじ、ネタバレ、キャスト、視聴率などについては、こちら

先に生まれただけの僕、第4話。先僕、ネタバレ、あらすじ。アクティブラーニングで上手くいく?見逃し配信動画。感想。キャスト。視聴率

先に生まれただけの僕。第3話。先僕、ネタバレ、あらすじ。感想。キャスト。鳴海が数学を教える。デジタル万引きの対応も。視聴率。見逃し配信動画

先に生まれただけの僕。先僕。あらすじ。ネタバレ、キャスト、原作。視聴率は?最終回はいつ?櫻井翔さん主演の学園ドラマ

先に生まれただけの僕・5話

先に生まれただけの僕 5話

目次

先に生まれただけの僕、5話。先僕。動画。ネタバレ、あらすじ。感想。キャスト。視聴率。見逃し配信動画。キャンパスはうまくいく?

「先に生まれただけの僕」5話の主なキャスト、出演者

鳴海 涼介(櫻井翔)

京命館高等学校
柏木 文夫(風間杜夫)
矢部 日菜子(森川葵)
市村 薫(木南晴夏)
及川 祐二(木下ほうか)

島津 智(瀬戸康史)
真柴 ちひろ(蒼井優)
河原崎 孝太郎(池田鉄洋)
郷原 達輝(荒川良々)
杉山 文恵(秋山菜津子)
綾野 沙織(井川遥)

総合商社樫松物産
加賀谷 圭介(高嶋政伸)
香坂 友梨子(松本まりか)
後藤田 圭(平山浩行)
松島 聡子(多部未華子)

樫松物産社長・原(小林勝也)

先に生まれただけの僕、主なキャスト、出演者の情報

鳴海 涼介(櫻井翔)

嵐の櫻井翔さんが演じる、先に生まれただけの僕の主人公、鳴海涼介。商社マンから、京明館高等学校の校長先生になるということです。

出向ということで、校長先生になるようですね。

島津 智(瀬戸康史)

2年2組担任で英語教師です。瀬戸康史さんが演じます。アクティブラーニングを実践する立場にあるようです。

真柴 ちひろ(蒼井優)

特進クラスの2年3組担任で、現代社会の教師。蒼井優さんが演じます。

綾野 沙織(井川遥)

カウンセラーの資格を持つ保険の先生ということです。井川遥さんが演じます。なんかイメージなどに似合っていますよね。

加賀谷 圭介(高嶋政伸)

総合商社樫松物産の専務で、高嶋政伸さんが演じます。鳴海の上司ということになるようです。

松島 聡子(多部未華子)

多部未華子さんは、鳴海涼介の恋人、松島聡子を演じています。総合商社樫松物産の社員でもあるということですね。どんな恋人関係なのか、気になりますね。

先に生まれただけの僕、5話の予告動画

先に生まれただけの僕、5話の予告動画

先僕、先に生まれただけの僕の5話は、京明館高校がオープンキャンパスを開催するという話ですね。

そして、それをどうやって成功させるのかという話と、鳴海は、樫松物産社長にもオープンキャンパスに来て欲しいと呼ぶようです。

何か狙いがあるようですが、これがうまくいくのか、先に生まれただけの僕、5話、鳴海の狙いはうまくいくのでしょうか。

先に生まれただけの僕、先僕の公式Twitter、Instagram

先に生まれただけの僕の公式ツイッター

先に生まれただけの僕のツイッター

先に生まれただけの僕の公式Instagram

先に生まれただけの僕の公式Instagram

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

先に生まれただけの僕の5話は、Huluで見逃し配信動画を見られます。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

先に生まれただけの僕、5話のネタバレ、あらすじ

以下、先に生まれただけの僕、5話のネタバレ、あらすじなどです。

先に生まれただけの僕、5話のあらすじ

先に生まれただけの僕、5話のあらすじ

受験生(中学3年生)に向けた、学校を知ってもらう為のイベント『オープンキャンパス』開催を知った鳴海(櫻井翔)は、生徒たちにもイベントに協力してもらい、京明館高校の魅力をアピールしたいと教師たちに提案。
ちひろ(蒼井優)は自分が担任する2年3組の生徒に、オープンキャンパスでのメインイベントを考えてみてほしいと相談する。
ちひろが最近知った話術「ペップトーク」が功を奏し、3組の生徒たちはすっかり乗り気に。自分たちの学校の魅力を伝えるにはどうしたらいいかと知恵を絞る生徒たちの様子に、ちひろは教師としての喜びを感じる。

受験生に向けた「オープンキャンパス」を行うというのが、今回の「先に生まれただけの僕」第5話ですね。

鳴海は、生徒たちにもイベントに協力してもらおうと考えるようです。

そして、真柴ちひろが、ペップトークで、生徒たちを乗り気にさせるようです。

先に生まれただけの僕、5話のあらすじ。社長に来てもらうことに

さらに、鳴海は樫松物産社長・原(小林勝也)にもオープンキャンパスに来てほしいと直訴。そこには鳴海のある狙いが隠されていた。
しかし、そんな鳴海の行動が疎ましい加賀谷(高嶋政伸)は沙織(井川遥)に接触。校内で鳴海に反発している教師の名前を聞き出そうとする。

さまざまな思惑と生徒たちの熱意が渦巻く中、オープンキャンパスは当日を迎える…。

鳴海は、そのオープンキャンパスに社長の原を呼ぶということです。社長に高校の良さを知ってもらおういうことなのでしょうか。

しかし、加賀谷専務は、自分を超えて上に直訴しているようで嫌だと思うようですね。

綾野沙織(井川遥)に鳴海に反発している教師を聞き出そうとするようです。教えてしまうのでしょうか。オープンキャンパス、うまくいくのでしょうかね。

というのが、先に生まれただけの僕、5話のあらすじです。

以下、先に生まれただけの僕、5話のネタバレです。

先に生まれただけの僕、5話は、Huluで見逃し配信動画を見られます。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

先に生まれただけの僕、第5話のネタバレ

鳴海は、加賀谷専務を怒らせたと悩んでいる。先手を打たなきゃと。

来週から学校説明会が始まる。このままだと、定員割れがあり得る。
柏木:オープンキャンパスの参加者も少なかったからな。今年の来校者数は史上最低でした。
オープンキャンパスで、雰囲気を知ってもらって、学校説明会で、入学して欲しいという。

鳴海が、またオープンキャンパスをやりたいと言い出す。
鳴海:オープンキャンパスは、プレゼンの場です。お客様に、来てもらわないと。
学校説明会を来る人を増やしたい。
生徒たちにイベントを考えてもらって、オープンキャンパスをやってもらいたい。

真柴が、生徒にイベントを考えてみてと、人気校になったらうれしいでしょうと。

鳴海:ベップトークだ。真柴先生、ベップトーカーだったんだ。なんかいける気がして来た。オープンキャンパス。

鳴海が、社長室に電話して、スケジュールを確認する。

加賀谷は、鳴海を苦々しく思っている。
加賀谷が社長に呼ばれる
原社長:京明館高校の校長がこれを持って来たよ。若すぎると思ったが、頑張ってるじゃないか、鳴海君は。

加賀谷:あいつ、俺を飛び越して社長に。

真柴先生と市村先生が、ペップトークについて話してる。
市村:ちひろちゃん、なるみんに、いい感じだよね。
真柴:ペップトークに興味があるだけ。
市村:私も、興味出て来た。京明館高校がどうなるか。

ペップトークで、生徒をやる気にさせた、真柴先生。そして、鳴海は、社長をオープンキャンパスに来て欲しいと頼みます。
加賀谷は、苦々しく思っているようです。
先に生まれただけの僕の5話、鳴海が、少し攻めていますね。

先に生まれただけの僕、5話のあらすじ。加賀谷が、手を回して来る

加賀谷が、綾野沙織に会っている。
加賀谷:保健の先生は、斜めの関係。先生から見て、鳴海校長の働きぶりは?
綾野:私も応援してます。反発している先生もいます。
加賀谷:例えば、だれ?

松原と鳴海
松原:オープンキャンパスって、誰でも行っていいの?私も行っちゃおうかな。

真柴のクラスで、オープンキャンパスのアイデアを考える。
しかし、いいアイデアが出てこない。

真柴は、ペップトークで、君たち以外に答えを見つけられる人間はいないと、生徒を応援する。
と、生徒たちが、やる気になって考える。

社長をオープンキャンパスに呼んだと、先生に伝える鳴海
鳴海:怒らせると、ほんと怖い。気を引き締めて頑張ってください。

杉山先生、河原崎先生、郷原先生たちが、社長が来ると話し合っている。
無能に見られるのは嫌だと。

やっぱり先生たちも、人からの評価は気になるようです。
これで、反発していた先生たちが変わっていくのかどうか。

郷原が、加賀谷に呼ばれる
緊張している、郷原。

真柴のクラスの生徒が舞台をやろうと言い出す。
合唱をやろうとも言い出す。
応援もやりたいと

しかし、周りは、あまり乗り気ではない。

加賀谷と郷原
郷原:彼は、教育の素人ですよ
加賀谷:そうですよね。自衛隊にいたんですよね。そのヘアスタイルは、自衛隊時代から?だから鳴海校長に反発があるんですね。
郷原:生徒の受けのために、オープンキャンパスなんてやって。でも、社長も来るんでしょう。
加賀谷:郷原先生にお願いしたいのは、原社長は、普段の京明館高校を見たいと言っています。ありのままの高校を見せて欲しい。

他の2人の先生にも、郷原が伝える。

先に生まれただけの僕、5話のネタバレ

綾野先生が、校長室で、紅茶を入れてくれる。
綾野が、加賀谷専務と会った。先生に反発しているのは誰なのかと聞かれ、教えた。
綾野:あの方は、鳴海先生をよく思っていませんね。
鳴海:ああ、先手打ったつもりだったのに
綾野:ビジネスの世界の勝負ごとを持ち込む必要はないと思います。生徒を信じて任せたんでしょ。とっても楽しみ、京明館のOGとしても

鳴海と柏木が、中学校の先生に、オープンキャンパスのこと頼みに行く。
中学の前で、オープンキャンパスのチラシを生徒が配っているのを、鳴海と柏木が見かける
中学生に断られるが、めげてない。

書道で、賞を取った学生に、真柴のクラスの女生徒たちが、パフォーマンスをやってくれないかと頼む
が、見世物じゃないと断られるが、京明館高校をよく思われたい、変わりたいと。

生徒たちが、プログラムを考えて来た。
鳴海:ありがとうございます。真柴先生。
真柴:それは、生徒たちに言ってください。

オープンキャンパス当日。
出足は悪くない。
社長と加賀谷が来る。

松原聡子もやって来る。

いよいよオープンキャンパス当日です。どうなるのでしょうね。
生徒たちは、何をパフォーマンスするのでしょうか。
そして、オープンキャンパスは成功するのか。
ここから、先に生まれただけの僕の5話の結末です。

先に生まれただけの僕。5話の結末へ

島津智一の英語の授業。アクティブラーニング。
社長と加賀谷も見学している。
社長:素晴らしいじゃないか!ねえ
加賀谷:はあ。

市村薫先生の授業も、アクティブラーニング。

郷原先生の物理の授業。生徒たちが退屈そう。
加賀谷:これが、典型的な授業ですよ

杉山先生の古文の授業
杉山:勉強も、自分で解けたとき、嬉しいのよ。わかればわかるほど、楽しくなって来るの。
ペップトークの本が置いてある。
生徒たちもやる気になる。

河原崎の授業も、ペップトークで、盛り上がっている。

体育館で、イベントを行うと案内がある。みんなが体育館に集まる。
生徒たちが考えたプログラム。

高校生たちのパフォーマンス。
書道のパフォーマンス。DJの音楽付き。

次は、弓道のパフォーマンス。

書道の文字は、「ボクらの未来。ボクらが創る」

みんな拍手する。
生徒たちが、京明館高校の校歌を歌い始める。

社長:今日は、なかなか面白かったよ。鳴海くん。理念を変えたいと思ってるのかね?
鳴海:たくましく生きるに変えたいと思っています。
社長:まずは結果を出しなさい。それからだよ

鳴海と松原が話している様子を見かける、真柴

先に生まれただけの僕、5話、とりあえずオープンキャンパスは成功しましたね。

先に生まれただけの僕、5話は、Huluで見逃し配信動画を見られます。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

先に生まれただけの僕、6話のあらすじ、ネタバレ、感想、見逃し配信動画などはこちら

先に生まれただけの僕、第6話。先僕。動画。ネタバレ、あらすじ。感想。学校説明会はうまくいく?鳴海の恋の行方は?キャスト。視聴率。見逃し配信動画

先に生まれただけの僕、先僕、5話の感想、視聴率など

先に生まれただけの僕、5話の感想

先に生まれただけの僕、5話の感想。

毎回、何か問題が起こる、ドラマ、先に生まれただけの僕。今回は、問題が起こるという感じではないのかもしれません。

京明館高校で、オープンキャンパスを行うということで、これ自体は、問題なく進みそうな感じですね。

ただ、その裏で、鳴海の思惑や、加賀谷専務の思惑などがあるようで、これがどうなるのかなどありそうですね。

今回の先に生まれただけの僕、5話は、問題なく進むのでしょうか。

先に生まれただけの僕。5話の感想。ペップトーク

何とか、京明館高校を立て直したいと考えている鳴海。

そこで、オープンキャンパスを柏木から知って、もう一度やろうと言い出します。

しかも、生徒たちに、何をやるかを考えてもらおうと。

真柴先生のクラスの生徒たちがやる気になります。

真柴は、ペップトークというものは知らなかったですが、自然と生徒たちをやる気にさせるような話し方をしていました。そして、鳴海にペップトークというものがあると知って、真柴は勉強もしていましたね。

真柴は、初めは、鳴海に反発していましたが、頑張っている鳴海を見て少しずつ、変わってきている感じでした。というのが、先僕、先に生まれただけの僕の5話の、まずは感想です。

先に生まれただけの僕。5話の感想。オープンキャンパスが上手くいく

そして、やる気になった生徒たちが、アイデアを考えて、オープンキャンパスで、パフォーマンスを行うことになりました。

また、アクティブラーニングや、ペップトークを使った、先生たちの授業も、評判が良く、受けていましたね。

まずは、勉強のやる気を引き出せるようになる。先生が変わってきて、生徒たちも、変わりたいと思っているようでした。

鳴海の考えや気持ちが少しずつ広がっているんでしょうね。というのも、先に生まれただけの僕、5話の感想です。

そして、そういった、努力が、オープンキャンパスのとりあえずの成功につながりましたね。

これで、生徒がたくさん説明会に来てくれたら、入学志願者が増えますよね。

で、社長に言われていましたが、まずは結果を出さないとならないですね、鳴海は。

ここから、どんな結果を出せるかというのが、先に生まれただけの僕、5話の結末でした。

次回の「先に生まれただけの僕」6話は、学校説明会を行うということです。

ここで、入学したいと思う生徒が増えるのかどうか。次回の先僕、6話が、気になります。

先に生まれただけの僕、4話のネタバレ。3年生が疎外感を感じている

加賀谷と鳴海
加賀谷:お前いつから教育者になったんだ?
鳴海:先生の意識改革が必要になってくる。
加賀谷:理念を変える。お前は自分の城を作るつもりか?全員のコンセンサスをとって、これを作ったのかよ。数字を出せ!お前、なんで社員バッジを外してんだよ。樫松の社員だろうお前は。

秘書の香坂に、松原は、鳴海が加賀谷に責められて、腰砕けになってがっかりだと伝える。

松原が心配して、鳴海に電話するが、鳴海は心配ないと。

3年生は疎外感を感じているのではと、真柴が鳴海に伝えてくる
真柴:生徒たちに、校長から直接何か伝えたほうが良いのでは。

野球部
引退した3年生が、しごきのような練習をした。
普段はそんなことをするような生徒ではない。

鳴海が、3年生を集めて、話をすると。

鳴海が、3年生に話をするということです。先に生まれただけの僕、4話は、ここから結末です。
どんな話をするのでしょうか。

先に生まれただけの僕、4話の結末へ。

鳴海:みんなに謝ります。改革プランにみんなは入っていません。時間がなかった。ごめんなさい。ただ、あえて言わせてもらいます。社会では、こんなこと普通にあります。

就職組に立ってもらう

鳴海:理不尽なことがたくさん転がっています。僕に腹立てているかもしれないけど。覚悟しておくべきです。でも、ブラック会社なら、さっさと逃げていいんだよ。理不尽な人は、います。そういう時は線引きです。

専門学校に行く人に立ってもらう

鳴海:将来を決めて選択したことは、素晴らしいと思います。専門学校は基礎中の基礎。仕事で必要なスキルは現場で学んで行くんです。こんなはずじゃなかったと思っても、諦めないでください。

そこに加賀谷が、学校の前にやってくる

大学に進学する人たちに立ってもらう

鳴海:今のレベルで入れる大学は、就職に有利な大学ではないかもしれません。人間力で勝負しなければならないんです。大学の4年間は、無駄に過ごしてはいけません。大学は自由が増えることです。高校以上に、なんの役に立つのかと思うこともあるかもしれない。単位のために授業を受けなければならないかも。学問だけではありません。大学に行ったら、いろんな奴がいるということなんです。視野が広がって行くんです。

鳴海:今回、みんなに指摘されて、問題があるとわかりました。これからの4年間が人生が決まると思って過ごしてもらいたい。嘘はすぐ見抜かれる。

鳴海:もし今、将来がわからなくても、構いません。たくさんの人に会うでしょう。自分にふさわしい仕事がわかってくるでしょう。思い通りの人生なんて、絶対にないよ。ダメなのは、何もしない奴にはチャンスは回ってこない。

そこに加賀谷がやってくる。

鳴海:これから高校は変わっていきます。3年生も大事な生徒であることに代わりありません。充実してと言い切れるような高校生活を過ごしてください。

加賀谷は、何も言わず出て行く。

先に生まれただけの僕の脚本、演出、プロデューサーなど

脚本:福田靖

『HERO』や『救命病棟24時』などを手がけた脚本家の方ですね。「先に生まれただけの僕」は、社会派エンターテインメントということで、楽しめそうなドラマになりそうですね。

演出:水田伸生

『ゆとりですがなにか』『お熱いのがお好き?』、『サイコドクター』といったドラマの演出をされた方ということです。

プロデューサー:次屋尚(日本テレビ)、高橋史典(ケイファクトリー)

次屋尚さんは、「スーパーサラリーマン左江内氏」「恋のから騒ぎ」などのプロデューサーさんだそうです。

「先に生まれただけの僕」は、社会派エンターテインメントで、学園モノなので、最近あまりないドラマなのかもしれませんね。

先に生まれただけの僕・主題歌は、 嵐『Doors 〜勇気の軌跡〜』

先に生まれただけの僕・主題歌は、 嵐『Doors 〜勇気の軌跡〜』だそうです。

嵐が主題歌を歌うということで、こちらも、話題になりそうですね。

そして、歌とともに、ドラマ、先に生まれただけの僕も話題になると、ドラマの人気も出てきそうですよね。

先に生まれただけの僕、5話の視聴率。8.1%でアップしました

先に生まれただけの僕、5話の視聴率は、どうなるでしょうか。

先に生まれただけの僕、1話の視聴率は、10.1%でした。2話の視聴率は、7.5%でした。3話の視聴率は、10.5%で、4話の視聴率は、7.7%でした。

先に生まれただけの僕、5話の視聴率は、8.1%でした。少しアップしましたね。

以上、先に生まれただけの僕、5話のあらすじ、ネタバレ、キャスト感想、視聴率などでした。

そのほかの2017年の秋ドラマは、こちら

2017年の秋ドラマ。2017年10月〜12月のドラマまとめ。陸王、ドクターX、コウノドリ、奥様は取り扱い注意など

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう