地味にスゴイDX。校閲ガール・河野悦子。あらすじ、ネタバレ、感想。河野悦子がLASSYの編集者になって

シェアする

スポンサーリンク

地味にスゴイDX。校閲ガール・河野悦子。あらすじ、ネタバレ、感想

ドラマ「地味にスゴイ」が、スペシャルドラマとして帰って来ます。

ドラマ「地味スゴ」のあれからですね。ちなみに、地味にスゴイ。校閲ガール・河野悦子の最終回は、以下です。

地味にスゴイ!最終回、第10話。校閲ガール・河野悦子・ドラマ。キャスト。ネタバレ、あらすじ、感想。石原さとみさん、LASSYの編集者になる?

これから、河野悦子や折原幸人、森尾登代子などは、どうなっているのか。地味にスゴイDX、楽しみですね。
地味にスゴイ!は、Huluで見逃し配信動画を見られます。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

地味にスゴイ・DX

地味にスゴイ!DX

地味にスゴイDX。校閲ガール・河野悦子。あらすじ、ネタバレ、感想

「地味スゴ」のキャスト

河野悦子:石原さとみ
折原幸人:菅田将暉
森尾登代子:本田翼
米岡光男:和田正人
藤岩りおん:江口のりこ
尾田大将:田口浩正
今井セシル:足立梨花
波多野 望:伊勢佳世
佐藤百合:曽田茉莉江
青木祥平:松川尚瑠輝
正宗信喜:杉野遥亮
東山:ミスターちん
西田:長江英和
北川:店長松本
坂下梢:麻生かほ里
目黒真一郎:高橋修
亀井さやか:芳本美代子
貝塚八郎:青木崇高

茸原渚音:岸谷五朗

本郷大作:鹿賀丈史

二階堂凛:木村佳乃

橘花恋:佐野ひなこ

Twitter

地味にスゴイDX。校閲ガール・河野悦子。あらすじ、ネタバレ

地味にスゴイDX。校閲ガール・河野悦子。あらすじ

やっと叶えたファッション誌編集者の夢!
でも本当にやりたかったことじゃなかった?
まさか、私の天職は、校閲!?

悦子は、校閲から、ファッション誌の編集者になったようですね。

しかし、本当にやりたいこととは思えなくなって来ているのかもしれません。

校閲の仕事が合っていたのかもしれませんね。

悦子が校閲部から念願のLassy編集部に異動して一年。
幸人との関係も順調で充実した毎日を送っていた。

とはいえ、一年が経って、幸人との関係も順調ということで、充実しているようです。

そんな中、「Lassy」にスゴ腕新編集長がやってくる!
創刊時からのベテランスタッフのクビを切るなど、編集長の冷酷なやり方に悦子は猛反発!

Lassyに新しい編集長がやってくるようですね。

これが、二階堂凛(木村佳乃)で、すご腕の編集長で、冷酷なようです。

これに、悦子は猛反発するみたいですね。

いつものように、ここで、自分の主張をする悦子なのでしょう。

校閲の存在をバカにされ編集部を追い出される始末。
さらに!
幸人の新しい担当編集者(若くて可愛い)に胸騒ぎ
仕事に恋に大ピンチの悦子、一体どうする!?

しかし、校閲の存在をバカにされて、編集部も追い出されてしまうようです。

さらに、幸人の新しい編集者が、橘花恋(佐野ひなこ)という若くて可愛い女の子になったので、心配なようです。

仕事や恋で、いろいろとまた問題が出て来て、どうなってしまうのか。地味にスゴイDX、河野悦子のその後が描かれているようで、面白そうですね。

以下、地味にスゴイDX。校閲ガール・河野悦子のあらすじ、ネタバレです。

地味にスゴイDX。校閲ガール・河野悦子のネタバレは、放送終了後に追記予定です。

ファッション誌、LASSYの編集者になりたかった、河野悦子。

しかし、校閲部に配属になって、渋々校閲をやっていましたよね。

それでも、仕事が合っていたのか、異動できると信じていたからか、一生懸命仕事をしていましたね。

そして、念願叶って、LASSYの編集者になっているようです。

しかし、仕事が合っていないかもと思ったりもするのかもしれません。

そんなところに、新しい編集長が来て、悦子とやり合うようですね。また悦子は、いつものように、自分の考えを主張するのでしょうか!?

で、校閲部に戻されるのか、編集部を追い出されるようです。

それで、どうなるのでしょうね。

また、幸人との関係もその後どうなっているのでしょうね。

仕事と恋の話など、校閲ガールDXは、河野悦子がその後どうなったのかがわかりそうで楽しみですね。

地味にスゴイDX。校閲ガール・河野悦子のネタバレは、放送終了後に追記予定です。
地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子は、Huluで見逃し配信動画を見られます。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

地味にスゴイDX。校閲ガール・河野悦子。感想

地味にスゴイDX。校閲ガール・河野悦子の感想は、放送終了後に追記予定です。

河野悦子、ドラマの最終回では、編集にはなれなかったですよね。

それから、LASSYの編集になっているようです。

そして、幸人ともいい感じみたいですね。

しかし、新しい編集長が来て、また校閲部に戻されるのでしょうか。編集部を追い出されるようです。

幸人も、新しい可愛い編集者がついて、不安になるようですが。

地味にスゴイDXは、ドラマ、地味にスゴイの後日談、その後ですね。どうなっているのか、楽しみです。

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子の最終回のあらすじ、ネタバレ

地味にスゴイ!最終回、第10話。校閲ガール・河野悦子・ドラマ。キャスト。ネタバレ、あらすじ、感想。石原さとみさん、LASSYの編集者になる?

企画を考えて、プレゼンする悦子。

プレゼン当日
亀井編集長:企画書見ました。ファッション誌志望なだけあるわ。ラッシーの特集の傾向も研究している。それじゃプレゼンして。
悦子:ラッシーは、私のバイブルでした。創刊号から取り寄せて、隅から隅まで繰り返し読みました。でも、今回の企画は森尾が作ってくれたものです。校閲の仕事にかかりきりになってしまって、企画を考える時間を取れませんでした。せっかくチャンスをいただいたのに、本当にすいませんでした。人の力を借りてこちらに異動になっても意味がないと思いますので、この企画は取り下げさせてください。本当に異動の話申し訳ありませんでした。
亀井:異動ってなに?確かに企画を出せって言ったけど、それはあなたがラッシーの編集者を希望しているって聞いたから。どれだけ本気かっていうのを見るだけであって、異動とかいう話は全く出ていないんだけど
悦子:そうなんですか。
亀井:どっちにしろ、チャンスが転がっていたのに、人の企画だって、正直に白状しちゃうようじゃダメね。人の手柄を奪ってでも這い上がってやろうというくらいじゃないと、この世界生きていけないわよ。あなたもよ、森尾。
森尾:はい。
亀井:しばらくは、校閲で頑張りなさい。また気が向いたら、声をかけるわ。お疲れ様。

堀尾:本当にごめん。でも、なんであんなこと言ったの?
悦子:あの企画が採用されて、異動の決め手になったとしたら、ずるした自分、いつまでも許せないだろうなって。
森尾:潔癖だな。私は、先輩にLASSYに来て欲しいんです。編集者として、一緒に働きたいんです。
悦子:大丈夫、近いうち必ず行って見せるから。
森尾:わかりました。待ってます。その時は、先輩って読んでもらっていいですか。
悦子:じゃあ、心から先輩って呼べるように、スキルアップしてもらってていいですか。
森尾:いいよ。森尾先輩頼りになるって、言われるぐらいにしておきますから。
悦子:じゃあ、先輩、奢ってよ。

校閲部で。
貝塚:いた、いた、いた。直木龍之介のHPが削除されたから、今回は愉快犯の仕業だってことで、処理された。で、お前は?プレゼンがダメで一人で落ち込んでんのか?
悦子:なんで、知ってんのよ。
貝塚:じゃあ、結局、ラッシーの異動は夢に終わったわけだ。
悦子:だから、終わってないから。絶対に近いうちに行って見せるから。ただな。本郷先生のことで頭いっぱいになっちゃって。プレゼンのこと後回しにした自分に心底がっかりした。こんだけラッシーに行きたいと思っているのにさ、やること半端だなって。
貝塚:それは半端なんて言わない。お前は、校閲の仕事とラッシー異動を、天秤にかけて、校閲の仕事を優先した。お前は、夢があっても、目の前にある仕事を全力で取り組む。だから、校閲部のみんなも受け入れてくれた。この先、お前が編集者になろうと、校閲者になろうと、お前はお前なんだ。少なくとも俺は、どっちのお前も全力で応援してる。
悦子:なんだよ、たこ。なんかたこ食べたくなったから、帰る。

大将で、みんなで飲んでいる。
今井セシル:彼、いいんですか?
悦子:今、作家で、書いているところだから。
と言ったところに、幸人が来る。
幸人:それがさ、岩崎さん一家がうちに来てさ、宴会が始まっちゃって。えっちゃん、ほんと悪いんだけど、部屋借りてもいいかな。
悦子:いいよ。

悦子:夜食作ったから置いておくね。
幸人:できた。えっちゃん読んでくれる?
悦子:いいの?
幸人:一番最初の読者はえっちゃんて決めてたから。

幸人:読み終わった?どうだった?
悦子:面白かった。
幸人:本当に?
悦子:本当に。すっごくすっごく面白かった。
幸人:よかった。
悦子:本当にお疲れ様。

悦子:あの、なんか色々うやむやになっちゃって。付き合う、付き合わないって話。幸人君はほんとにすごいと思う。ここにたどり着いた。本当にすごいことだと思う。私は、せっかく夢に近づけるチャンス、みすみすふいにした。本当に悔しい。幸人君はもがいてもがいてこうして納得できるものが書けるように。私も、自分が納得できる自分になれるように。ラッシーに行けるように。このままの関係でいさせて欲しい。甘えちゃって、夢を追うことから逃げちゃうような気がするの。
幸人:わかった。そうしよう。俺も、やっと書きたいことが見つかって。この道でやっていけそうな気がしているだけで。まだ結果出してないし。俺も頑張る。えっちゃんも頑張って。
悦子:うん。

校閲部
校閲部の扉を電飾している。
藤岩:河野さん、さすがにこれはやりすぎです。
悦子:これ、あたしじゃないです。
藤岩:じゃあ、誰が一体こんなバカなことを。
茸原:それは、私です。地味な校閲部が、少しずつ自信を持つようになりました。作家さんの信用を得、編集と対等になり。皆さんも少しずつ、自己主張するようになりました。そんな校閲部が、私の自慢であり、誇りです。そんな校閲部に地味なプレートは似合わない。だから私が作りました。

是永の新作ができた。「東京B-SIDE」
茸原:この本は間違いくなく売れます。

この本ができるきっかけについて、幸人が説明。悦子との出会いや仕事について。

エールを送りたい。夢を叶えていても、夢を叶えていなくても、今の社会を支えている地味にスゴイ人たちに。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう