小さな巨人、5話。ネタバレ、あらすじ。感想。香坂は三笠署長を逮捕できるか?キャスト。視聴率

シェアする

スポンサーリンク

ドラマ、小さな巨人、5話。ネタバレ、あらすじ。キャスト。視聴率。感想

小さな巨人も5話ですね。今回は、芝署編が完結するようです。ということで、楽しみですね。

前回の小さな巨人、4話では、三笠署長(春風亭昇太)がどうも内通者だとわかった香坂真一郎(長谷川博己)でしたが、証拠がなく、まだ逮捕には至っていません。

ということで、今回の小さな巨人の5話では、その証拠を探す、香坂たちです。

果たして、香坂は、三笠署長を逮捕することができるのか?

ドラマ、小さな巨人、5話、どんな話だったのでしょうか。以下、小さな巨人の5話の、あらすじ、ネタバレ、感想などです。
「小さな巨人」5話を見逃した方は、U-NEXTで見られます。
U-NEXT

小さな巨人、4話、3話のあらすじ、ネタバレはこちら

「小さな巨人」4話。ネタバレ、あらすじ。視聴率。感想。キャスト。香坂が小野田を追い詰める?

小さな巨人3話。ネタバレ、あらすじ。キャスト。視聴率。感想。警察内部に裏切り者が?

小さな巨人。キャスト、原作。あらすじ。視聴率は?最終回はいつ?結末は?長谷川博己さん主演の警察ドラマ

小さな巨人・5話

小さな巨人 5話

スポンサーリンク

小さな巨人。5話。キャスト。ネタバレ、あらすじ。視聴率は?香坂は三笠署長を逮捕できるか?

ドラマ、小さな巨人。5話のキャスト

香坂 真一郎:長谷川博己
山田 春彦:岡田将生
小野田 義信:香川照之

渡部 久志:安田顕
中村 俊哉:竜星涼
三笠 洋平:春風亭昇太

三島 祐里:芳根京子
藤倉 良一:駿河太郎
柳沢 肇:手塚とおる

香坂 敦史:木場勝己
中田 和正:桂文枝
中田隆一:加藤晴彦

池沢菜穂:吉田羊

五十嵐 仁 :堀尾 正明

山本アリサ:佐々木希

小さな巨人の5話の予告動画

小さな巨人の公式Twitter

小さな巨人の公式Twitter

小さな巨人・5話のあらすじ、ネタバレ

ドラマ・小さな巨人の5話のネタバレ、あらすじは、以下のような感じです。
香坂:今回の件、私のミスでした。申し訳ありませんでした。
小野田:謝って済む問題ではない。何千という凶悪犯を逮捕して来た。その私が犯人扱いされるなど。お前たちは、私にどれだけの屈辱を与えたのかわかっているのか。
香坂:大変、申し訳ありませんでした。
山田:申し訳ありません。
小野田:中田隆一の捜査は全て一課が行う。捜査情報が漏れる恐れがある。所轄は指示があるまで待機。

所轄で、三笠署長が黒幕だったと、共有する。
何か証拠があるはずと考える、香坂たち。
中村が、山本アリサが、隆一から預かったUSBメモリがあると教える。そのUSBメモリにお守りがついている。
風見京子のお守りだった。
USBの端が欠けている。
破片を探す。三笠が隠したかもと。

三笠と、中田和正、中田隆一。
なんとかしてくれと中田たちに、三笠署長が言われる。
相応の謝礼が欲しいと言い出す、三笠。

三笠署長を所轄は捜査した。
一課は、中田隆一をマーク。

しかし、肝心の証拠が見つけられない。

小さな巨人の5話。あとは証拠があれば、三笠署長を追い詰めて、中田隆一を捕まえられるのでしょうが、証拠が見つかりません。
どこに隠しているのでしょうか?

香坂は、三笠署長に無駄だから諦めろと言われる。「小さな巨人」5話のあらすじ

三笠:大変そうだな。香坂。無駄だよ。所轄は大人しく他の捜査に当たるべきだろう。
香坂:それはどうも。わざわざ中国に来られるということは、何か探られたくないということがあるでしょうか。
三笠:なにをやろうと無駄だということだ。捜査一課は、隆一を捜査しているようだが、それも先に手は打たれている。諦めろ、この勝負、お前たちの負けなんだよ。
香坂:最後に勝てば、それでいい。
三笠:せいぜい頑張れ。お前たちの勝ち目はゼロだ。

署長室に、隠しているのではということで、署長がいない間に捜査することにする香坂たち。

署長室の鍵がないとわかって、戻ってくる三笠。
机の引き出しが怪しいが鍵がかかっていて、開かない。
急いで片付ける、香坂たち。

そこに小野田が来て、三笠に相談があると連れて行く。

三笠が戻ると、部屋の状態は、元に戻っていた。

中田隆一が、明日、日本を出て行くということがわかる。

香坂が小野田に相談する。
逮捕令状をと香坂が頼むが、小野田はリスクがあると。
小野田:証拠はどこにある?
香坂:証拠とは言えませんが、私の勘です。
小野田:私はお前たちがしたことを許さないが、今は元一家長を挙げるということのために一時休戦してやってるんだ。勘ではなく、証拠をもってこい。証拠がなければ、逮捕状は出ない。中田隆一の飛行機が出るのは、明日の午前8時。令状を出すのに、3時間はかかる。タイムリミットは、朝5時。その勘という奴を証明してみせろ。

三笠が隠した証拠を探す、香坂たち。小さな巨人、5話のネタバレ、あらすじ

三笠は、机の引き出しから、証拠を持ち出して、証拠品保管庫に隠す。
5000ぐらいの証拠品がある。そのリストにはない証拠を探す、香坂たち。
タイムリミットは朝5時まで。

捜査一課も、証拠探しを手伝うことに。

渡部が、所轄の刑事は指示待ちだったが、香坂のおかげで変わったと。
香坂:所轄に来て、私も何かが変わりました。必ず見つけ出しましょう。

警察幹部の懇親会が終わって。
小野田が、三笠を送って行く。

山田が証拠のUSBの欠けらを見つける。

やっと、証拠を見つけましたね。これで、中田隆一を逮捕して、三笠署長もということになりそうです。
「小さな巨人」1話からの話が5話に来て、ようやく解決されそうですね。

空港で、中田隆一が逮捕状とともに、逮捕される。
香坂と山田が、隆一の取り調べをする。

取り調べを小野田と三笠が見ている。

池沢菜穂は、偽証を認めて、何があったかをすでに話していた。

池沢菜穂が風見京子を説得していた所に、中田隆一もいた。
そして、USBメモリーを奪い合って、風見京子が落ちてしまう。

隆一:それで、証拠は?これは、盗んだものではありません。
USBメモリの欠けらを取り出す、香坂。
香坂:これを隠し持っていた人物がいます。三笠署長、あなたですよね。
山田:この破片から京子さんの血液が検出されました。40メートルの高さから落下して欠けたということです。
香坂:そして、あなたはこのUSBメモリを持っていた。これが、風見京子さんを殺した何よりの証拠だ。もう誰もあなたを助けるものはいない。あなたおしまいなんですよ。

証拠を見つけて、中田を逮捕し、そして。。。小さな巨人の5話の結末へ

三笠:どうやってそれを見つけたんだ?
香坂:警視庁のプライドです。あなたが昨夜これを保管室に隠し置いた後、5000ある証拠品から見つけ出したんです。私一人では決してできなかった。私の部下、仲間たちのおかげです。これでもうゼロではない。正真正銘、100だ。あなたは中田隆一の証拠を隠しました。警察官として守るべき信念を捨て、犯罪者に加担した。元課長のあなたは、警察官として絶対やってはならないことをやったんだ。あなたはもう警察官ではない、犯罪者だ。

刑事課に戻って。
香坂:ありがとう。みんなのおかげだ。
喜ぶ、刑事たち。

香坂と山田が、握手をする。

中田和正は、事件への関与を否定。隆一が一人でやったことに。
風見康夫は、意識を取り戻した。
渡部が、真犯人を逮捕できたと報告する。

香坂は、柳沢監察官に、記者に情報をリークしたことを報告した。
そして、香坂は、豊洲署に行くことになる。

香坂は、今度は、豊洲署に行くことになるということです。そこまで重くはない処分なのでしょうか。
「小さな巨人」6話以降は、豊洲での話になるようですね。
しかし、まだ「小さな巨人」の5話は、ここで終わりではありませんでした。

三島祐里は、異動希望を出す。

三笠署長に下された処分は、別の所轄への転出。
殺人の隠蔽などへの処分は一切なかった。

香坂:どうしてなんです?子供だって捕まる。当たり前のことでしょう。
小野田:しかし、その当たり前のことを行えば、警察の存在そのものがなくなる。捜査一課長というのは、警視庁の顔だ。その犯罪を暴露してみろ。これまでの捜査に国民から疑問の声があがる。とそれが、表向きの理由だ。
山田:三笠署長ですが、業務の傍、警察官の天下り先を斡旋していました。その中で、中田社長と大きな癒着があった。その中にあって、今回のことは断ることはできなかった。
小野田:今回のことが表に出れば、困る人がたくさんいるんだ。国民を守る、警察の組織自体を我々は守らねばならない。お前たちも、この立場になればわかる。正義だけでは、国民の真の安全は守れない。お前たちが目指す、捜査一課長というのは、そういうものなのだ。
香坂:そうだとしても、私は私なりの正義を貫き通してみます。

三笠:香坂、まだ本当の怖さをわかっていない。本当に怖いのは、あの男なんだよ。現場ばたけの小野田がなぜ捜査一課長になれたと思う?出世のために、仲間を裏切ったからだ。敵は味方のふりをする。お前もせいぜい気をつけることだな。
香坂:くそ!

私は、この後、本当の敵を知ることになる。と香坂。

以上、小さな巨人の5話のネタバレ、あらすじでした。
「小さな巨人」5話を見逃した方は、U-NEXTで見られます。
U-NEXT

小さな巨人の6話のネタバレ、あらすじなどはこちら

小さな巨人、6話。ネタバレ、あらすじ。キャスト。感想。豊洲署編スタート。早明学園の闇はどこに続いているのか。視聴率。

小さな巨人。7話。ネタバレ、あらすじ。感想。逮捕された山田はどうなる?キャスト。視聴率。

小さな巨人、5話の感想。視聴率は?

「小さな巨人」2話。ネタバレ、あらすじ。感想。視聴率。キャスト。大切なものを守るために戦う?

小さな巨人、1話。キャスト。ネタバレ、あらすじ。視聴率。感想。香坂真一郎(長谷川博己)が所轄に左遷される

小さな巨人、5話の感想。なんかモヤモヤする結末でした

ドラマ、小さな巨人、5話の感想。

芝署編が終わりましたね。

所轄と捜査一家が協力して、証拠を見つけて、中田隆一を逮捕しました。

そして、三笠署長も、処分はされましたが。。。

大きなお咎めはなし。

小さな巨人、5話の最後に、「くそ!」と香坂が言っていましたが、確かに、くそ!って感じですよね。

まずは、これが、小さな巨人、5話の感想です。

それにしても、香坂たちは、最後まで諦めないで、よく証拠を見つけましたよね。ああいう粘りは大切でしょう。それで、結果として、中田隆一は捕まったわけですから。

しかし、警察内部の話は、全く変わっていないということになるのかもしれません。

だとすると、香坂たちの頑張りはなんだったのか。

確かに、組織を守るためというのはあるのでしょうけれど。

なんというか、小さな巨人の5話は、なんとも後味の悪いというか、すっきりしない終わり方でした。芝署での話はこれで終わって、香坂は豊洲署に異動するようですが。

それが、小野田や警察組織の改革などに繋がるのでしょうか。それとも、香坂は、警視庁に戻ることができるのか。

小さな巨人、6話以降も気になりますね。

「小さな巨人」は後半へ

これが終わると、小さな巨人、また違う話になるようです。

どうも、お金の流れが不明瞭な、学校法人の話になるようですね。現実のあの問題に似ている話なのかもしれません。

小さな巨人、学校法人編になるようですね。

ドラマ、小さな巨人、5話の視聴率は?

小さな巨人、5話の視聴率は、どうなるでしょうか。1話は13.7%で、2話は13.0%でした。3話の視聴率は、11.7%で、4話の視聴率は、13.5%でした。

5話は、芝署編、完結ということで上がりそうですよね。

ドラマ、小さな巨人、5話の視聴率、13.9%と微増です。現状維持というところでしょうか。小さな巨人、6話は新しい豊洲編になるので、また上がるかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう