小さな巨人、6話。ネタバレ、あらすじ。キャスト。感想。豊洲署編スタート。早明学園の闇はどこに続いているのか。視聴率。

シェアする

スポンサーリンク

ドラマ・小さな巨人、6話。ネタバレ、あらすじ。キャスト。視聴率。感想

小さな巨人、6話ということで、後半が始まりますね。今回から豊洲署編がスタートします。

香坂真一郎(長谷川博己)が豊洲署に異動になります。ここからかなり登場人物も変わってきますよね。

早明学園の不正について、捜査していくことになるようですね。早明学園の富永(梅沢富美男)は、元警視庁捜査一課長であり刑事部参事官にまでなった男で、退任後に天下りで学園の専務になっていたということです。

香坂は、新人刑事時代に、お世話になっていたようです。

小さな巨人、6話から、また別の元警視庁捜査一課長の人物なども登場して、早明学園の事件とあいまって、進んでいくことになり、警察組織へ香坂が切り込んでいくのでしょうか。

ということで、ドラマ、小さな巨人、6話、どんな話だったのでしょう。以下、小さな巨人の6話の、あらすじ、ネタバレ、感想などです。
「小さな巨人」6話を見逃した方は、U-NEXTで見られます。
U-NEXT

小さな巨人、5話、4話のあらすじ、ネタバレはこちら

小さな巨人、5話。ネタバレ、あらすじ。感想。香坂は三笠署長を逮捕できるか?キャスト。視聴率

「小さな巨人」4話。ネタバレ、あらすじ。視聴率。感想。キャスト。香坂が小野田を追い詰める?

小さな巨人。ネタバレ、あらすじ。キャスト、原作。視聴率は?最終回はいつ?結末は?長谷川博己さん主演の警察ドラマ

小さな巨人・6話

小さな巨人 6話

小さな巨人。6話。キャスト。ネタバレ、あらすじ。豊洲署編スタート。早明学園の闇はどこに続いているのか。視聴率は?

小さな巨人。6話のキャスト

香坂 真一郎:長谷川博己
山田 春彦:岡田将生
小野田 義信:香川照之

渡部 久志:安田顕
中村 俊哉:竜星涼
三笠 洋平:春風亭昇太

三島 祐里:芳根京子
藤倉 良一:駿河太郎
柳沢 肇:手塚とおる

香坂 敦史:木場勝己

横沢亜美:中村アン
横沢裕一:井上芳雄

富永 拓三:梅沢富美男
金崎玲子:和田アキ子

矢部貴志:ユースケ・サンタマリア

小さな巨人の6話の予告動画

小さな巨人の公式Twitter

小さな巨人の公式Twitter

ドラマ・小さな巨人。6話のあらすじ、ネタバレ

小さな巨人の6話のネタバレ、あらすじは、以下のような感じです。

小さな巨人、6話から、香坂が異動して、豊洲署に移ります。

そこで、早明学園の事件に向き合うことになるようです。

これが、過去の警察組織についてなども、関係してくるようですね。

小さな巨人、5話であまりスッキリしなかったですよね。

6話以降で、スッキリした話になるのかどうか。

以下、小さな巨人、6話のネタバレです。

豊洲警察署
香坂と三島が異動してきた。

課長、須藤文香
香坂は、課長代理

山田が係長として豊洲署に異動
小野田:一年も経てば、俺が引き上げてやる。結果、それが一番早い出世に繋がる。ただし、問題だけは起こすなよ。
山田:わかりました。

横沢裕一が失踪。
妻の横沢亜美が、探して欲しいと豊洲署にやってきた。
早明学園の経理課長。

富永拓三。元捜査一課長。早明学園の専務に天下り。

富永が、小野田を一課長に引き上げた。
小野田に報告する香坂。

小野田:お前は、二度も横滑り異動したんだ。もう昇進の目はないだろう。それでも人事に絶対というものはない。最後は、人が人を決めるんだ。そうで有る限り、出世の可能性はある。諦めん限り、生き続けられる。それが組織で生きるということだ。

早明学園 初等部・中等部 着工記念式典
捜査に行く、香坂、山田、三島。

山田が職員に聞き込みをすると、横沢が横領の疑いがあるということを聞き出す。

山田が、捜査をしていますね。結構、強引な感じですが。
山田も所轄に来るとは。小さな巨人、展開が急ですよね。

富永と香坂と、金崎。小さな巨人、6話のあらすじ

富永と香坂
富永:お前の父もいい部下だったんだが。
しかし、ミスをして、所轄に異動。
横沢に6000万円の横領の疑いがある。金崎玲子は、示談にしようとしている。
富永:今は一大プロジェクトが始まった時だ。そんな時に警察の事件ということになると、評判に関わる。
だから、示談にすると。
香坂:横沢さんの奥さんから、失踪の件を相談されています。横領の件とは別の話ですので。
出て行く、香坂。
金崎:話が違うんじゃないんですか。富永さん。

山田のあとを追う男。
男:久しぶり、刑事さん。

渡部が、豊洲署に来る。
渡部は、捜査一課長の運転担当になっていた。
小野田が、香坂に会いたいと迎えにきた。

小野田:早明学園の家出人創作、どうだった?
香坂:現在、事件性の有無を確認しているところです。
小野田:しかし、もういいだろう。通常の家出人捜索をして、それで終わりでいい。いいからそこまでにしておけ。香坂、お前は優秀な男だが、優秀であるが故に犯してしまう失敗というものがある。組織には知らなくてもいいこともあるんだ。
富永が手を回した様子。

藤倉は、捜査一課係長になっていた。

香坂が帰宅すると、母親の真由美が香坂の過去の写真を隠していて、妻の美沙が見せてくれとせがんでいた。

三島が山田を横沢の家から出て来るところを見かける。
それを、香坂に三島が報告する。

横沢は、家に、職場の同僚の矢部貴志を連れてきていた。

山田が、横沢の件を事件性なしとして、香坂を通さずに須藤課長に報告していた。
須藤:香坂さん、あなたももっと数字を出してちょうだい。

香坂が、毎朝新聞の記者、佐川勇人に電話する。
調べて欲しいことがあると。

香坂たちが矢部のことを尾行する。「小さな巨人」6話のネタバレ

A地点 香坂
矢部のことを調べる香坂たち。山田には、伝えていない。
B地点 寺井・三島。矢部を尾行する。
C地点 篠原・関口。

矢部を見失う。
三島を山田が助ける。

矢部には、逃げられる。

香坂:本当は、何があった?
三島:矢部が逃げたのは、逆の方向でした。

香坂と山田
香坂:山田、お前は何を隠している?矢部を逃したのはお前だろう。逃亡の手助けをした。
山田:香坂さん、検討ハズレもいいところですよ。そもそも逃げられたのはみなさんでしょう。尾行すらできないなんて。
香坂:お前も、その所轄の一員だろう。
山田:勘違いしないでください。僕は、みなさんとは違う。捜査一課に戻ることが決まっている、一課の人間なんです。家出人捜索なんてどうでもいいことなんです。平穏無事に1年過ごせば、一課に戻れる僕が、捜査を邪魔する理由なんてないでしょう。

佐川が、早明学園の不当な土地売買のカラクリを、香坂に告げる。
早明学園は、国が持て余している土地を10億円で買い取った。
国は、学園設立の便宜を図り、有名政治家を顧問にし、海外の生徒や教師を斡旋した。

三島が、矢部のことを、職員に聞き込みに行くと
喧嘩騒ぎがあった。PCの手配をお願いしますと、矢部が言っていた。
と、三島が香坂に報告すると
香坂:なるほどな。矢部の正体がわかってきた。山田の狙いも。三島、お手柄だ。お前に頼みたいことがある。

香坂と山田。
香坂:PCといえば、パトカーのことだ。矢部は、パトカーの手配を要請したんだ。あの男は、警察官だ。あの男の本名は、江口和夫。今は、人事課にいるが、元捜査二課の刑事だ。それにお前の新人時代に担当した、先輩刑事でもある。山田、お前の気持ちになって考えてみた。

小さな巨人、6話。香坂と山田の関係も微妙ですね。
もう少し信頼できないのかなと思いますが、どうなのでしょうね。

山田と矢部(江口)は、後輩と先輩の仲だった。小さな巨人、6話のクライマックスへ

江口:捜査一課にいたんじゃないのかよ。
山田:江口さんこそ、どうしてここに?これ以上は聞きません。僕も江口さんとは会わなかったことにします。
江口:待て。
山田:内偵ですか。極秘の任務ですね。だから誰もあなたの存在を知らない。それで僕は何をすればいいんです。

江口は、早明学園の闇取引、その証拠を掴もうとしていた。

江口:横沢さんは、横領したという噂があるが、全く逆だ。不正を暴こうとしていた。
江口は、証拠としての裏帳簿を得ようと横沢さんに協力していた。
横沢は裏帳簿を手に入れたが、江口が受け取る前に姿を消した。裏帳簿をどこかに隠していたはず。
ということで、山田は、証拠を探していた。

香坂:なぜ私に報告しなかった?
山田:前に言ったでしょう。僕は捜査一課の人間だ。あなたは所轄の人間だ。一度横滑りした人間は、二度と這い上がることはできない。一課の僕がそんな人間を信用するわけないでしょう。敵は味方のふりをする。香坂さん、最初から、味方なんていないんですよ。僕らにとって、自分以外の全員が敵なんです。警察官が自分を守るためには、戦うしかない。教えてくれたのは、香坂さんですよ。
香坂:山田
山田:僕にだって、言えないことはあるんだ!

江口から山田に電話。証拠と、横沢の居場所がわかったと、協力してくれということで、江口の元に向かう山田。
そのあとを追う、香坂。

早明学園。
屋上
江口が倒れている。
山田が逃げる。
香坂が山田を追う。

山田:香坂さんに、早く報告すればよかった。
捜査一家の車が来る。山田が殺人容疑で確保される。

小さな巨人、6話の結末は、山田の逮捕でした。こんな展開が待っていたとは、驚きですね。

以上、小さな巨人の6話のネタバレ、あらすじでした。
「小さな巨人」6話を見逃した方は、U-NEXTで見られます。
U-NEXT

小さな巨人の7話のネタバレ、あらすじなどはこちら

小さな巨人。7話。ネタバレ、あらすじ。感想。逮捕された山田はどうなる?キャスト。視聴率。

小さな巨人、8話。ネタバレ、あらすじ。感想。横沢は捕まるのか?知られざる真実とは?キャスト。視聴率。

ドラマ、小さな巨人、6話の感想。視聴率は?

小さな巨人3話。ネタバレ、あらすじ。キャスト。視聴率。感想。警察内部に裏切り者が?

「小さな巨人」2話。ネタバレ、あらすじ。感想。視聴率。キャスト。大切なものを守るために戦う?

小さな巨人、1話。キャスト。ネタバレ、あらすじ。視聴率。感想。香坂真一郎(長谷川博己)が所轄に左遷される

ドラマ、小さな巨人、6話の感想。山田が逮捕、何があった?

小さな巨人、6話の感想。

小さな巨人、5話で、芝署編が終わって、6話から、豊洲署編です。

過去の元警視庁捜査一課長が登場しますね。この富永が、小野田(香川照之)を一課長の座に引き上げて、捜査一課で勤務していた香坂の父・敦史(木場勝己)を所轄へと異動させたということで、因縁があるのかもしれません。

ここから、「小さな巨人」は、どんな風に展開していくのか。豊洲署編からラストまで気になりますね。

と、小さな巨人の6話では、いろいろな新しい登場人物が出てきましたね。

そして、矢部(江口)は、山田の先輩だったようで、山田は協力していたら、江口が殺されて、山田は殺人容疑で捕まってしまいました。

これは、急展開ですね。

一体何があったのか。

横沢と証拠を見つけたという江口に会いに行って、江口が殺されている。

山田がやったのでしょうか?

それとも他に誰かがいたのか?

今回の「小さな巨人」6話では、そこまではわかりませんでしたね。なんとなく、山田は何かを隠しているような感じがありました。一体何を隠していたのか?

今後の「小さな巨人」で、このあたりがわかった来るのでしょう。

豊洲署編に入って、山田が逮捕されて、いきなりの急展開です。

次回の「小さな巨人」の7話では、香坂が、山田を助けようとするようですが、まだまだこの早明学園の件は、いろいろと裏がありそうです。

小さな巨人、次回以降もどんな展開になるのか、面白そうですね!

ドラマ、小さな巨人、6話の視聴率は?

ドラマ、小さな巨人、6話の視聴率は、どうなるでしょうか。1話は13.7%で、2話は13.0%でした。3話の視聴率は、11.7%で、4話は、13.5%でした。そして、小さな巨人、5話の視聴率は、13.9%でした。

ドラマ、小さな巨人、6話の視聴率は、13.5%でした。現状維持ですね。

小さな巨人、最終回。10話。ネタバレ、あらすじ。早明学園の事件の真相は?香坂は警察を変えられるのか?感想。視聴率

小さな巨人、最終回。10話。ネタバレ、あらすじ。予想。これまでのまとめ

小さな巨人、9話。ネタバレ、あらすじ。香坂は上司の不正を暴けるか?感想。キャスト。視聴率。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう