未解決の女。1話。警視庁文書捜査官。ネタバレあらすじ。感想。嶋野泉水(中山美穂)は誰に殺されたのか?見逃し配信動画。キャスト。視聴率

スポンサーリンク

ドラマ、未解決の女。1話。警視庁文書捜査官。ネタバレあらすじ。感想。見逃し配信動画。キャスト。視聴率。動画。ゲスト出演者

 

「未解決の女 警視庁文書捜査官」の1話が、テレビ朝日で、2018年4月19日(木)夜9時からスタートします。

矢代朋(波瑠)が、「特命捜査対策室」第6係に異動になって、鳴海理沙(鈴木京香)とともに、文書を解読して、未解決事件を解決していくということです。

未解決の女の1話は、嶋野泉水(中山美穂)というミステリー作家が10年前に殺された事件を、朋と理沙が捜査するようですね。

ドラマ、「未解決の女」1話は、どんな結末になるのでしょうか。

ということで、未解決の女の1話は、どんな内容なのでしょうか。以下、「未解決の女 警視庁文書捜査官」1話のあらすじ、ネタバレ、キャスト、視聴率、見逃し配信動画などです。

未解決の女 1話の見逃し配信動画は、auビデオパスで見られます。

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

未解決の女。警視庁文書捜査官。ネタバレあらすじ。1話から最終回の結末まで。見逃し配信動画。キャスト、視聴率は?最終回はいつ?波瑠さんと鈴木京香さんの刑事ドラマ

スポンサーリンク
  1. 未解決の女。1話。警視庁文書捜査官。ネタバレあらすじ。感想。見逃し配信動画。キャスト。視聴率。嶋野泉水(中山美穂)は誰に殺されたのか?
    1. 未解決の女 警視庁文書捜査官、1話の主なキャスト、出演者
    2. 未解決の女 警視庁文書捜査官、1話のゲスト出演者
      1. 未解決の女の脚本、演出、プロデューサーなど
    3. ドラマ、未解決の女 警視庁文書捜査官の原作
    4. 未解決の女 警視庁文書捜査官、1話の予告動画
    5. 未解決の女 警視庁文書捜査官の公式Twitter、Instagramなど
    6. 未解決の女 警視庁文書捜査官、1話のあらすじネタバレ
    7. 未解決の女 警視庁文書捜査官、1話のあらすじ
      1. 未解決の女、1話。あらすじ、矢代朋は、異動に
      2. 未解決の女。1話、あらすじ。10年前の未解決事件
      3. 未解決の女。1話。あらすじ。矢代朋が再捜査を提案して
    8. 未解決の女 1話、ネタバレあらすじ
      1. 未解決の女。1話。ネタバレあらすじ。矢代が事件を再捜査しようと
    9. 未解決の女。1話。ネタバレ。あらすじ。殺害された女性たちの共通点
      1. 未解決の女。1話のネタバレあらすじ。結末へ
    10. 未解決の女 警視庁文書捜査官、1話の感想、視聴率など
      1. 未解決の女、1話の感想
      2. 未解決の女。1話の感想。なかなか複雑な事件を、矢代と鳴海のコンビで解決
      3. 未解決の女。2話。あらすじ
      4. 未解決の女 2話。あらすじ
      5. 未解決の女の2話。あらすじ
      6. ドラマ、未解決の女 警視庁文書捜査官、1話の視聴率
    11. ドラマ、未解決の女の1話の前に。
      1. 未解決の女 警視庁文書捜査官、あらすじ
      2. 未解決の女 警視庁文書捜査官。あらすじ。文字を糸口に事件を解決していく
      3. ドラマ、未解決の女のあらすじ
      4. 未解決の女の主なキャスト、出演者についてなど
      5. 矢代朋(波瑠)
      6. 鳴海理沙(鈴木京香)
      7. 古賀清成(沢村一樹)
      8. 岡部守(工藤阿須加)

未解決の女。1話。警視庁文書捜査官。ネタバレあらすじ。感想。見逃し配信動画。キャスト。視聴率。嶋野泉水(中山美穂)は誰に殺されたのか?

未解決の女。1話

未解決の女 警視庁文書捜査官 1話

未解決の女 警視庁文書捜査官、1話の主なキャスト、出演者

未解決の女 警視庁文書捜査官、1話の主なキャスト、出演者

矢代朋(波瑠)

鳴海理沙(鈴木京香)

古賀清成(沢村一樹)

草加慎司(遠藤憲一)

財津喜延(高田純次)

川奈部孝史(光石研)

岡部守(工藤阿須加)

未解決の女 警視庁文書捜査官、1話のゲスト出演者

未解決の女 警視庁文書捜査官、1話のゲスト出演者

中山美穂さんが、第1話のゲスト出演者ということです。

嶋野泉水という殺された人気ミステリー作家の役ということです。泉水の夫・山本則夫役で渡辺いっけいさん、泉水の元担当編集者・新海雄二役で半海一晃さんも、「未解決の女」1話のゲスト出演者ということですね。

Mizuki(風間俊介)

未解決の女の脚本、演出、プロデューサーなど

未解決の女の脚本、演出、プロデューサーなど

脚本:大森美香

脚本は、大森美香さんです。「あさが来た」などの脚本を書かれた方ですね。

ゼネラルプロデューサー:横地郁英(テレビ朝日)

横地郁英さんは、「探偵物語」、「重要参考人探偵」などのゼネラルプロデューサーの方です。

プロデューサー:服部宣之(テレビ朝日)、菊池 誠(アズバーズ)、岡 美鶴(アズバーズ)

服部宣之さんは、「トットちゃん!」、「やすらぎの郷」などのプロデューサーです。菊池 誠さんは、「黒革の手帖」(2017)などのプロデューサーの方です。岡 美鶴さんも、「黒革の手帖」(2017)などのプロデューサーの方です

演出:田村直己(テレビ朝日)、樹下直美(アズバーズ)

田村直己さんは、「ドクターX ~外科医・大門未知子~」「仮面ライダーエグゼイド」などの演出をされた方です。樹下直美さんは、「オトナ高校」などの演出をされた方ですね。

ドラマ、未解決の女 警視庁文書捜査官の原作

未解決の女 警視庁文書捜査官の原作

警視庁文書捜査官 (角川文庫)

警視庁文書捜査官 (角川文庫)

  • 作者: 麻見和史
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2017/01/25
  • メディア: Kindle版

『警視庁文書捜査官』が「未解決の女」の原作ということです。

原作があるので、こちらを読んで、ドラマを楽しむというのもできますね。もちろん、原作を読まずに、「未解決の女」を楽しむというのもありですよね。

未解決の女 警視庁文書捜査官、1話の予告動画

未解決の女 警視庁文書捜査官、1話の予告動画

ドラマ、未解決の女の1話は、矢代朋が、鳴海理沙と、10年前に殺されたミステリー作家の未解決事件を捜査していくという話です。

嶋野泉水(中山美穂)は誰に殺されたのか?これを、矢代朋と鳴海理沙が捜査していくというkとです。果たして、真犯人を見つけることができるのかどうか。

未解決の女1話の結末が気になりますね。

未解決の女 警視庁文書捜査官の公式Twitter、Instagramなど

未解決の女 警視庁文書捜査官の公式Twitter

未解決の女 警視庁文書捜査官のTwitter

未解決の女 警視庁文書捜査官の公式Instagram

未解決の女 警視庁文書捜査官のInstagram

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

未解決の女 1話の見逃し配信動画は、auビデオパスで見られます。

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

 

未解決の女 警視庁文書捜査官、1話のあらすじネタバレ

以下、未解決の女 警視庁文書捜査官、1話のあらすじネタバレです。

未解決の女 警視庁文書捜査官、1話のあらすじ

未解決の女、1話。あらすじ、矢代朋は、異動に

未解決の女。1話のあらすじ

無鉄砲な熱血捜査で負傷した警視庁捜査一課強行犯係の刑事・矢代朋(波瑠)は復帰早々、異動を命じられる。異動先は薄暗い地下にある窓際部署――「特命捜査対策室」第6係。未解決事件の文書捜査を担当する「文書解読係」だった! 朋は戸惑いながらも、文書解読のエキスパートと呼ばれる不愛想な先輩刑事・鳴海理沙(鈴木京香)らとともに、新部署で働き始めることに。だが、その業務内容の実態は、単なる捜査資料の“倉庫番”にすぎず…。

刑事の矢代朋は、「特命捜査対策室」第6係に異動になります。

鳴海理沙とともに、文書読解をするようですが。

というのが、まずは、未解決の女、1話の始まりということですね。

未解決の女。1話、あらすじ。10年前の未解決事件

 そんな折、強行犯係の刑事たちが理沙のもとへ、つい先日起こった連続変死事件の被害者である女性2人の遺書を持ち込む。その遺書を読んだ理沙はすぐさま犯人像と犯行動機を解析するが、強行犯係たちは懐疑的…。その矢先、新たな情報が第6係にもたらされる。先の被害女性2人の部屋に、10年前の日付が記されたミステリー作家・嶋野泉水(中山美穂)のサイン入り自著があったというのだ。実は、泉水は10年前に密室状態の自宅で腹部を刺されて死亡! 密室トリックの解明はおろか、犯人の目星さえ付けられないまま、捜査は打ち切りになっていた――。

理沙に、被害者女性2人の遺書が持ち込まれるということです。

犯人像と犯行動機を理沙が解析して。

嶋野泉水のサイン入りの本が、被害者の部屋にあったということです。

そして、その泉水は、10年前に密室状態で、殺されていたということで、未解決の事件ということです。

未解決の女。1話。あらすじ。矢代朋が再捜査を提案して

 事情を聞いた朋はやる気満々で、強行犯係に10年前の事件の合同再捜査を提案。朋の熱血ぶりを冷めた目で見る理沙だが、朋が聞き込み捜査で直感したという推理を聞くや、興味を示しだし…!?

朋は、再捜査を提案するようですね。

そして、聞き込みから得た推理を、理沙に言うようです。

というのが、ドラマ、未解決の女、1話のあらすじですね。未解決の女、1話は、どんな結末になるのでしょうか。

以下、未解決の女の1話のネタバレです。

未解決の女 1話の見逃し配信動画は、auビデオパスで見られます。

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

 

未解決の女 1話、ネタバレあらすじ

未解決の女の1話、ネタバレあらすじ

2008年4月23日
嶋野泉水がインタビューを受けている。
数時間後、嶋野泉水の遺体が消防隊員に発見される
鍵のかかった部屋で死んでいた。

2018年
矢代朋が仕事に復帰する。
川奈部:お前の席はここにはない。

特命捜査対策室第6係に、矢代朋は配属される。
部屋は地下にある。

倉庫番の魔女
岡部と桑部が、鳴海を探している。

矢代が挨拶しようとすると、鳴海理沙が現れる。

桑部と岡部は、連続変死事件を追っている。
鳴海:書いたのは同一人物。性別は女。怨恨による復習。
つみを漢字にしていないのは、認めていないか。
鳴海:男は、女に毒を使わない。殺された2人の罪を探してみたら

死んだ二人の部屋には、嶋野泉水の小説がある。

6係は、未解決事件の資料を整理する。

矢代が、室長の古賀に資料を渡しに行く。
嶋野泉水の小説が、両方の部屋にあると、川奈部なども気がつく。
鳴海が調べろと言ったという。

未解決の女。1話。ネタバレあらすじ。矢代が事件を再捜査しようと

矢代が、嶋野の殺人事件の資料を読む。
男がエントランスから出て行ったが、特定できていない。

矢代:この未解決事件、捜査しませんか?
鳴海:毎年、70万件は、未解決のまま溜まって行く。
矢代:とにかく私は、この件は、再捜査すべきだと思います。行ってきます。

加藤篤子の部屋に行く、矢代。
篤子の恋人、Mizuki。フリーライター
Mizuki:必ず篤子を見つけた犯人を未tけてください。

嶋野泉水の家にも行く、矢代朋
山本則夫:知らない。警察に話すことなんてない!
矢代朋は、夫が怪しいと。
草加:喜ばれるとでも思ったか。

新海雄二:実はね。泉水先生は、不倫していた。バーテンダーですよ。
バーテンダーは、きょういち

鳴海:部屋は密室状態。
矢代:そこに、何かトリックが

矢代は、刑事としての直感で、夫の山本が臭うと。

財津は、恐妻家。切れ者
鳴海:ここで働きたいなら、直感を信用しないこと

山本:私が妻を殺しただと。さっさと出て行け!
矢代はまた、嶋野泉水の家にいる。

鳴海から矢代に電話
鳴海は、なんの本が並んでいるか言ってくれと。

鳴海は、私の言う通りに言えと
盲目の狙撃者からの数作は目を見張るものがありました。しかし、この書棚には並んでいません。もし貸して、奥様の書いたものではないのではないですか

山本は、泉水は、女性の作品にはひらがなの割合を多くした。男性の作品には漢字を多くしたと言っていた。

山本:おしゃる通り。数作品は、妻が書いたものではないです。
新海がゴーストライターに書かせたものだと言う。

ある日、男が訪ねてきた。泉水は、もうあなたは必要ないと言っていた。
山本:その3日後に、妻は殺された

それを黙っていたのは、妻の名誉を守りたかったから。

矢代が事件をまとめていると、岡部がやってくる。
殺された女性たちに接点があったと言う。

未解決の女。1話。ネタバレ。あらすじ。殺害された女性たちの共通点

殺害された女性たちは、フェイクニュースを作っていた。
そのニュースで、ビストロの店長は、自殺していた。
鈴村美咲は、ビストロの店長の恋人
鈴村美咲が、女性2人を殺した?

バーテンダーの宮下恭一 嶋野泉水が死ぬ3ヶ月前に死んでいた。

Mizukiも、小説の同人誌仲間。

鳴海は、捜査したくないと言う。
矢代:もったいない。こんなに真実のかけらを集めているのに。自分は行ってきます。

新海に会いに行く。
Mizukiを使っていた。外された。
1年前にやってきて、ニュースサイトを作るから、一緒にやらないかと言っていたという。
MIzukiが、フェイクニュースの黒幕だった。

そして、古賀に報告する矢代朋

古賀:勝手に捜査してもらって困りますね。下は倉庫番。
Mizukiは、女と別荘に行っているとわかる

鳴海は、嶋野泉水の遺稿を読んでいる。

矢代:私も行ったほうがいいんじゃないでしょうか
古賀:正義の味方気取りか?ただの自己満足なんだよ
矢代:真実は真実です

鳴海が自転車で帰ろうとしている。
矢代:先輩は変態で、いえ、真実を見抜く目を持っています。私は先輩と事件を解決したいと思います。
鳴海:乗れば

と自転車を矢代に渡す。
矢代が自転車で別荘に向かう

未解決の女。1話のネタバレあらすじ。結末へ

Mizukiが、鈴村美咲に殺されそうになってる。
美咲:あなたも、死んで。
Mizukiには、まだ毒が聞いていない。
美咲をどうにかしようとしていると、そこに、矢代朋が、Mizukiを投げ飛ばす。

鈴村美咲は自供

しかし、Mizukiは黙秘。
矢代朋が、鳴海の代わりに取り調べ

Mizukiは、嶋野泉水の息子だった。
近づいて、ゴーストライターになった。

Mizukiは嶋野の家に行き、納得いかないと。
3日後、泉水を刺して、殺した。

Mizukiは否定する。密室だったと。

鳴海:密室を作れるのは、嶋野泉水自身よ。自ら閉めて、密室を作った。

文字の「コネクト」が、飛び出ている。
筆跡は、親子の間でも似てしまうことがある。

鳴海:ある種、破壊願望がある。

過去の回想
嶋野泉水:あなたを捨てて悪かったわ。執筆の活力になればいいじゃない。父親も死んだ。あなたは、もう自分の足で立たなきゃならない。

そして、Mizukiが、嶋野を刺す。

Mizuki:謝れ。
泉水:謝らない。私の人生に後悔はない。
Mizkuki:なら、自分で完全犯罪にしろよ

鳴海:そして、完全犯罪になった。
Mizuki:あんたらこそ、なんで、そんなことするんだよ?
矢代:そうね。初めからあなたが息子だと知っていた。

Mizukiを降ろそうと言い出したのは、嶋野。叩かれて、成長できるからと。

嶋野の最後の原稿は、夢破れたミステリー作家が主人公の冒険物語だった。

鳴海は、すべての事件は解決できないから弔うんだと。

1課長がやってくる。矢代、これからも犯人をあげろ、期待していると。

未解決の女 警視庁文書捜査官の1話、ネタバレあらすじでした。

未解決の女 1話の見逃し配信動画は、auビデオパスで見られます。

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

未解決の女の2話のネタバレ、あらすじ、感想、見逃し配信動画などはこちら

未解決の女。2話。ネタバレあらすじ。感想。警視庁文書捜査官。類似した2つの誘拐事件を矢代朋と鳴海理沙が解決?見逃し配信動画。キャスト。視聴率

未解決の女。3話。ネタバレあらすじ。感想。警視庁文書捜査官。5年前の殺人事件を追う矢代朋と鳴海理沙。塚本秀平(吉田栄作)が怪しいが。見逃し配信動画。ゲスト、キャスト。視聴率

未解決の女 警視庁文書捜査官、1話の感想、視聴率など

未解決の女。最終回8話。ネタバレあらすじ。感想。警視庁文書捜査官。矢代朋は死んでしまうのか?3億円強奪事件の真相は?見逃し配信動画。キャスト。視聴率

未解決の女。7話。ネタバレあらすじ。感想。警視庁文書捜査官。15年前の3億円強奪事件。矢代朋がピンチに?ゲスト、キャスト。見逃し配信動画。視聴率

未解決の女 6話。ネタバレ、あらすじ。感想。動画。警視庁文書捜査官。矢代朋の同窓生、遠藤千鶴はなぜ殺されたのか?見逃し配信動画。キャスト。視聴率

未解決の女。5話。ネタバレあらすじ。感想。警視庁文書捜査官。矢代朋がスーパードクターと結婚?ゲスト、キャスト。見逃し配信動画。視聴率

未解決の女。4話。ネタバレあらすじ。感想。警視庁文書捜査官。15年前の失踪事件の真相は?ゲスト、キャスト。見逃し配信動画。視聴率

未解決の女、1話の感想

未解決の女 警視庁文書捜査官、1話の感想。

 

ドラマ、未解決の女が、始まりますね。

波瑠さんが、熱血刑事ということで、これまでとは違った感じの役を演じるようです。

その矢代朋が、文書を解読する才能がある、鈴木京香さん演じる鳴海理沙と、10年前の殺人事件を解決しようとするというのが、未解決の女の1話ですね。

 

誰になぜ殺されたのか、といった結末が気になるところですね。

未解決の女。1話の感想。なかなか複雑な事件を、矢代と鳴海のコンビで解決

未解決の女、始まりましたね。

未解決の女の1話は、矢代朋が、怪我で、配属替えになります。

そこには、倉庫番の魔女と呼ばれる、鳴海理沙がいました。文書から犯人のことなどをプロファイリングすることができる、一応刑事でしたね。

この2人、なんだか変な感じですよね。ある意味、どちらも。特徴的というべきか、対照的というべきか。

というのが、まずは、未解決の女の1話の感想です。

そんな鳴海理沙のところに、連続殺人事件のことを、桑部刑事と岡部刑事が聞きにきます。

それは、10年前の嶋野泉水の殺人事件と関係があるかもしれないことでした。

というのは、嶋野泉水の小説が、その2人の部屋にあったから。

で、矢代朋が、嶋野の事件を調べ始めますね。そして、刑事の勘で、夫の山本が怪しいと言い出します。

まあ、結局、そうではなかったわけですが、朋の勘はあてにはならないということがわかりますね。

そして、嶋野は、最後の数作品は、ゴーストライターを使っていたことが、鳴海のおかげでわかります。

そのゴーストライターの中に、Mizukiがいて、それは、嶋野の息子だったということでした。

嶋野にゴーストライターを外されての、殺人ということでしたが、嶋野泉水は、息子のことを思って、外したわけでしたね。

しかし、Mizukiはこのことをわからず、殺してしまったということで、辛いところですね。これも、未解決の女の1話の感想です。

また、連続殺人事件は、Mizukiたちがフェイクニュースを作っていて、それが元で自殺したシェフの恋人が行ったことということでしたね。

なんだか、どちらの事件も、悲しい話ですね。

ということで、矢代朋と鳴海理沙のコンビが、事件を解決という、未解決の女の1話でした。

次回の未解決の女の2話は、誘拐事件を扱うようですね。どう解決するのでしょうね。

未解決の女。2話。あらすじ

未解決の女。2話のあらすじ

大手IT企業の社長令嬢が連れ去られ、1億円もの身代金を要求される誘拐事件が発生する。早期解決を目指す捜査本部は、各部署から人員をかき集め体制を強化。「特命捜査対策室」からも第6係の刑事・矢代朋(波瑠)が招集される。誘拐されたのは中学生の幸田遥花(畑芽育)。犯人が電話で、父親・幸田雅也(戸次重幸)に遥花の声を聞かせたとき、遥花は「かもめ」とだけ口にしたという。まるで意味が分からない朋だが、その一言は文字フェチの同僚・鳴海理沙(鈴木京香)に12年前のある未解決事件を思い出させることに…! それは主婦・坂下菜々美(高岡早紀)の娘・芽衣が誘拐された事件。実は当時、芽衣も今回と同様に「かもめ」という言葉を発していた――。

IT企業の社長令嬢が誘拐されます。

捜査本部に、矢代朋も召集されるということです。

誘拐された幸田遥花が電話で、父親の幸田雅也と話した時、「かもめ」とだけ言ったということですね。

鳴海理沙は、その言葉で、12年前の未解決事件のことを思い出し、それは、坂下菜々美の娘、芽衣が誘拐された事件で、芽衣も、「かもめ」言っていたということです。

未解決の女 2話。あらすじ

 まもなく身代金の受け渡し役に任命された朋は、雅也の秘書に扮し、指定場所に赴く。ところが犯人の指示で方々を走らされた結果、自慢の体力があだとなり、本物の秘書でないことが犯人に露見! 身代金はまんまと誘拐犯の手に渡り、人質も解放されないという最悪の事態を招き…。

朋は、身代金の受け渡し役になり、秘書に扮して指定場所に行く。

犯人の指示で走らされて、体力があるということで、秘書ではないとバレてしまうということです。

そして、身代金は犯人の手に渡り、人質も解放されないという結果に。

未解決の女の2話。あらすじ

 一方、理沙は「特命捜査対策室」の室長・古賀清成(沢村一樹)から、犯人と雅也の通話解析を命じられる。そんな中、朋は先輩刑事・草加慎司(遠藤憲一)から、12年前の未解決事件の詳細を聞くことに。その事件は、今回の誘拐事件と奇妙な共通点を持っていただけでなく、理沙を人嫌いにさせる原因にもなっていて…!?

理沙は、古賀から通話解析を命じられるということです。

また、12年前の未解決事件は、今回の事件と共通点があるようです。

そして、理沙を人嫌いにさせる原因にもなっていたということですね。

というのが、ドラマ、未解決の女、2話のあらすじです。

ドラマ、未解決の女 警視庁文書捜査官、1話の視聴率

未解決の女、1話の視聴率はどうなるでしょうね。

 

未解決の女 警視庁文書捜査官の1話の視聴率は、14.7%でした。高視聴でのスタートですね。これが、どこまで維持できるのか。これからも期待したいですね。

以上、未解決の女 警視庁文書捜査官、1話のあらすじ、ネタバレ、キャスト感想、視聴率などでした。

ドラマ、未解決の女の1話の前に。

未解決の女 警視庁文書捜査官、あらすじ

朋と理沙が共に取り組むのは、タイトルからも察しがつくように未解決事件の捜査! 凶悪事件の時効が廃止された2010年以降、全国の警察本部に未解決事件専従班が設置され、その効果がどんどん表れてきている昨今――。この実在する専従班をモデルにした警視庁捜査一課「特命捜査対策室」を舞台に、『未解決の女 警視庁文書捜査官』は幕を開けます。

ドラマ「未解決の女」は、未解決事件専従班をモデルにした警視庁捜査一課「特命捜査対策室」が舞台ということです。

未解決の女 警視庁文書捜査官。あらすじ。文字を糸口に事件を解決していく

 しかし、その捜査方法はあっと驚く手法! なんと…“文字”を糸口に未解決事件を鮮やかに解決していくのです。というのも、朋と理沙が所属するのは未解決事件の文書捜査を担当する「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)。強行犯係から異動してきた朋は当初こそ懐疑的ですが、文字に隠された真実を深く読み解く理沙と捜査を共にするうちに、その重要性を認識していくことに…。

捜査方法は、文字を糸口に事件を解決していくということです。

「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)ということで、文書から事件を解決していくようですね。

どんなふうに解決していくのでしょうか。

ドラマ、未解決の女のあらすじ

「倉庫番」と揶揄されて窓際部署扱いされる第6係で、2人は個性豊かなおじさま捜査官たちや、イヤ~な上司とパワフルに対峙しながら、未解決事件を解決していきます。爽快な謎解きプロセスと併せ、朋と理沙、近日発表予定の濃ゆ~い男性陣の個性的なキャラクターも楽しめる『未解決の女』。世代や性別を問わず、肩の力を抜きながら楽しめる新感覚ミステリーに、どうぞご期待ください!

第6係は、倉庫番と窓際部署扱いされているということです。

そんな第6係で、朋と理沙は、未解決事件を解決していくようですね。

波瑠さんが演じる矢代朋は、体力と柔術には自信のある肉体派熱血刑事ということで、アクションもあるようです。波瑠さんのアクションシーンは、どんな感じになるのかなども気になりますね。

未解決の女の主なキャスト、出演者についてなど

矢代朋(波瑠)

このドラマ、「未解決の女」の主人公、矢代朋は、波瑠さんですね。

熱血タイプの矢代朋ということです。

「特命捜査対策室」第6係へ異動になって、鳴海理沙と出会い、未解決の事件を解決していくということです。

鳴海理沙(鈴木京香)

矢代朋とコンビを組む、鳴海理沙は、鈴木京香さんです。

朋とは対照的に、あまりやる気がないようです。周りからは「倉庫番の魔女」とも呼ばれているということです。

わずかな文章から書き手の性格や思考を言い当てることができるということで、朋と組むことで、未解決の事件を解決していくということですね。

古賀清成(沢村一樹)

警視庁捜査一課「特命捜査対策室」室長の古賀清成は、沢村一樹さんです。

捜査一課強行犯係の係長だったが、特命捜査対策室をテコ入れするため、室長に抜擢されたということです。

特に第6係(文書解読係)を不要の係とみなして嫌っているということですね。

岡部守(工藤阿須加)

矢代朋と同期の岡部守は、工藤阿須加さんが演じます。

「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)に異動した朋の代わりに、強行犯係へ配属となったということです。

朋のことが気になっているようです。

 

といったところが、未解決の女 警視庁文書捜査官の主なキャスト、登場人物ですね。

こういった面々で、未解決事件を解決していくということですね。

記事まとめ

シェア

フォロー