スポンサーリンク

↓ ドラマの見逃し配信動画はこちら

FOD Hulu WOWOW

↓ ドラマの見逃し配信動画はこちら

FOD Hulu WOWOW

Feedlyでの購読はこちら
follow us in feedly

ドラマ。義母と娘のブルース。ネタバレあらすじ。1話2話。最終回の結末まで。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?最終回はいつ?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ。義母と娘のブルース。ネタバレあらすじ。1話から最終回の結末まで。見逃し配信動画。キャスト、主題歌。視聴率は?最終回はいつ?2018年7月10日(火)夜10時スタート。綾瀬はるかさん主演のホームドラマ

 

義母と娘のブルースは、2018年7月10日(火)夜10時に放送がスタートします。

綾瀬はるかさん主演のホームドラマということです。

子持ちの宮本良一(竹野内 豊)にプロポーズされて結婚するキャリアウーマンの岩木亜希子(綾瀬はるか)。

娘の宮本みゆき(横溝菜帆)に気に入られようとするようですが、果たしてうまくいくのか。

義母となる、岩木亜希子と娘の宮本みゆきを巡るドラマが、「義母と娘のブルース」ということです。

ということで、義母と娘のブルースのあらすじ、ネタバレ、キャスト、視聴率は?最終回はいつ?といったことをまとめておきます。

義母と娘のブルースの各回のネタバレなども、この記事に追記していく予定です。

義母と娘のブルースの見逃し配信動画は、Paraviで見られるようになるはずです。

義母と娘のブルースの2話、1話のネタバレあらすじ、感想、動画などは以下です

義母と娘のブルース 2話。ネタバレあらすじ。感想。動画。岩木亜希子(綾瀬はるか)が 宮本良一(竹野内 豊)、宮本みゆき(横溝菜帆)と3人で暮らし始める。ゲスト。キャスト。視聴率など

義母と娘のブルース。1話。ネタバレあらすじ。感想。動画。綾瀬はるかさんが義母になる。ゲスト。キャスト。見逃し配信動画。視聴率など

目次

 

 

スポンサーリンク

ドラマ。義母と娘のブルース。ネタバレあらすじ。1話から最終回の結末まで。見逃し配信動画。キャスト、主題歌。視聴率は?最終回はいつ?

義母と娘のブルース

義母と娘のブルース

義母と娘のブルースの主なキャスト、出演者

義母と娘のブルースの主なキャスト、出演者です。

岩木亜希子(綾瀬はるか)
宮本良一(竹野内 豊)
麦田章(佐藤 健)

宮本みゆき(横溝菜帆)幼少時代
宮本みゆき(上白石萌歌)高校生時代
友井智善(川村陽介)
西条乙女(橋本真実)
猪本寧々(真凛)
前原 大輔(村本大輔 (ウーマンラッシュアワー))
宮本愛(奥山佳恵)

田口朝正(浅利陽介)
笠原廣之進(浅野和之)
下山和子(麻生祐未)

ドラマ。義母と娘のブルースの主なキャスト、出演者についてなど

岩木亜希子(綾瀬はるか)

このドラマ、「義母と娘のブルース」の主人公、岩木亜希子を、綾瀬はるかさんが演じます。

宮本良一と結婚することになって、義母となる亜希子。

キャリアウーマンで、営業部長ということですね。

娘となる、みゆきと仲良くなろうと、自分なりにするようですが。

宮本良一(竹野内 豊)

亜希子と結婚する宮本良一は、竹野内豊さんです。

綾瀬はるかさんとは、初共演ということです。

宮本良一は、あまり頼りになる感じではない父親という感じですね。

そんな良一ですが、思うところがあって、亜希子との結婚を決めるようです。娘のみゆきに認めてもらえるののでしょうか。

麦田章(佐藤 健)

バイク便の麦田章を、佐藤健さんが演じます。

元気が良いようですが、ちょっとおっちょこちょいなところもあるのかもしれません。

そんな、麦田章が、亜希子や良一、みゆきとも関係してくるのかもしれませんね。

宮本みゆき(横溝菜帆)

義母と娘のブルースの、娘のほうの宮本みゆきは、横溝菜帆さんです。

オーディションで選ばれたとのこと。

みゆきは、義母となる、亜希子のことが嫌いなようです。たしかに、変わっているので、ちょっと嫌いかもしれませんね。

ここから、みゆきと亜希子の関係がどう変わっていくのか。

高校時代の宮本みゆきは、上白石萌歌さんが演じるということです。上白石さんは2011年の第7回 「東宝シンデレラ」 オーディションにてグランプリを受賞しモデルとしてデビューということですね。7月に公開するアニメ映画 「未来のミライ」(細田守監督) では主人公の声を担当するということで、この「義母と娘のブルース」でも、注目ですね。

 

というのが、義母と娘のブルースの主なキャスト、出演者です。主演の綾瀬はるかさんも気になるところですが、なかなか個性的な方たちが登場するドラマになりそうですね。

ドラマ、義母と娘のブルースのゲスト出演者

義母と娘のブルースのゲスト出演者は、どうなのでしょうね。

そこまで多くはなさそうなテーマのドラマのように思いますが、ゲストはどうなるのか。

日常を描くドラマのようなので、ゲスト出演者はあまり多くないかもしれませんね。

義母と娘のブルースの脚本、演出、プロデューサーなど

脚本:森下佳子

プロデュース:飯田和孝、大形美佑葵

演出:平川雄一朗、中前勇児

こういった方たちが、「義母と娘のブルース」制作スタッフですね。

原作

ドラマ、義母と娘のブルースの原作は、マンガの「義母と娘のブルース」だそうです。

義母と娘のブルース (ぶんか社コミックス)

義母と娘のブルース (ぶんか社コミックス)

  • 作者: 桜沢鈴
  • 出版社/メーカー: ぶんか社
  • 発売日: 2013/06/01
  • メディア: Kindle版

4コママンガのようですね。

4コママンガをドラマ化するとなると、かなり話をふくらませるという感じなのでしょうか。

オリジナルな要素もあったりするのかもしれませんね。

ドラマ、義母と娘のブルースの公式Twitterなど

義母と娘のブルースの公式Twitter

義母と娘のブルースのTwitter

 

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

義母と娘のブルースのあらすじ

義母と娘のブルースのあらすじ

義母と娘のブルースのあらすじ

TBS では、7月期の火曜ドラマ枠で綾瀬はるか主演の 『義母と娘のブルース』 を放送する。原作は4コマ漫画 「義母と娘のブルース」(ぶんか社刊)。桜沢鈴さんによる義母と娘の愛と成長を描くハートフルな物語だ。
女性の社会進出が進み、晩婚化となっている昨今、家族の形も多様化していくのではないだろうか…。本ドラマは、綾瀬はるかさん演じるバリバリのキャリアウーマンの主人公が、娘を持つ男性からプロポーズをされ結婚し、母親になろうと畑違いの家事や育児に一生懸命に奔走、家族と過ごす日々を描いた10年間の物語。
そこにあるのは、大事件でもハプニングでもなく、あたりまえの喜びや、悲しみ、そして時にほっこりとする小さな奇跡である。

4コマ漫画が原作の「義母と娘のブルース」。

ハートフルな物語ということです。

綾瀬はるかさん演じる、キャリアウーマンの主人公、岩木亜希子が、娘を持つ男性と結婚し、母親になるという話ですね。

仕事と育児に、一生懸命に向き合うという、ホームドラマでもあり、仕事のドラマのようです。

綾瀬さんと竹野内さんは本作がドラマ初共演

主人公のキャリアウーマン・岩木亜希子を演じるのは、綾瀬はるかさん。あらゆるジャンルで活躍し続け数々の賞を受賞するなど、女優としてのキャリアを積み上げている綾瀬さん。『世界の中心で、愛をさけぶ』 では白血病により17歳で生涯を終える女子高校生、『白夜行』 では人を殺めてしまう女性、『MR.BRAIN』 では脳科学者の助手、『JIN−仁−』 では女医を志す武家の娘など、さまざまな役柄を演じてきた綾瀬さんが、今作で初の義母役に挑む!
一方、綾瀬演じる亜希子にプロポーズする子持ちのサラリーマン・宮本良一を演じるのは、TBS の連続ドラマに6年ぶりの登場となり、ドラマや映画、CM などで存在感を発揮している竹野内豊さん。良一は、決して優秀な仕事ぶりではないが職場では誰からも愛され、日々小さな奇跡を見つけることが好きな朗らかな性格。そして8歳の娘を持つ父親だ。綾瀬さんと竹野内さんは本作がドラマ初共演となる。

子持ちのサラリーマン、宮本良一を、竹野内豊さんが演じるということです。

綾瀬さんと竹野内さんは本作がドラマ初共演だそうです。

ちょっと意外な感じがするのは、もう共演していそうなイメージがあるからでしょうか。

宮本良一は、朗らかな性格ということですね。

軸足が固まらない青年、麦田。義母と娘のブルースのあらすじ

さらに、物語の 「台風の目」!
亜希子、良一家族に波乱と時には奇跡を呼び起こす麦田章役には佐藤健さんが決定した。佐藤は 『ROOKIES』(2008年)、『冬のサクラ』(2011年)、『とんび』(2013年)、『天皇の料理番』(2015年) など数々の TBS ドラマに出演。前作 『天皇の料理番』 では、陛下に使える宮中の料理人役として、包丁さばきだけでなく、福井弁、フランス語、英語にも果敢に取り組み、圧倒的な存在感を見せた。3年ぶりの TBS 連続ドラマ出演となる本作で、なかなか目標が定まらず、軸足が固まらない青年・麦田をどう演じるのか?

軸足が固まらない青年、麦田は、佐藤健さんが演じるということです。

この麦田が、宮本や亜希子をかきまわす感じのようですね。

義母と娘のブルースの台風の目になるようです。

義母と娘のありふれた温かい日常を描く、義母と娘のブルース

そのほか、良一の小学生の娘・みゆき役には、総勢277人、6度にわたるオーディションの末選ばれた横溝菜帆さんが決定。綾瀬演じる亜希子の部下・田口朝正役には、テレビや映画で味のあるキャラクターを演じ続けている浅利陽介さん。竹野内さん演じる宮本良一の上司・笠原廣乃進役にはお約束の浅野和之さん。そして、世話好き、噂好きの不動産屋のおばちゃん・下山和子役に麻生祐未さんと、いぶし銀の光を放つ俳優たちが宮本家を支える。
さらに、『ROOKIES』 以来、佐藤健さんとの共演になる川村陽介さん、『アンナチュラル』 で亡き女性を好演した橋本真実さん、『おんな城主 直虎』(NHK) での好演が印象的な真凛さん、竹野内さん演じる宮本良一の亡き妻・宮本愛役に奥山佳恵さんが出演する。

親子の愛、友との絆、支えてくれる周囲の人間たちの優しさ、満ち足りている時には気がつかない。

しかし、欠けてしまうと、どうしようもない淋しさに包まれてしまう。

当たり前の日常に、実は満ち溢れている、こんな温かい気持ちを、義母と娘のありふれた毎日を通してお届けする。

娘のみゆきは、オーディションから選ばれた横溝菜帆さんだそうです。

この娘のみゆきと義母の亜希子のやりとりが中心のドラマになるようです。

ということで、義母と娘のブルースは、日常の義母と娘のやりとりなどと、その周りにいる人たちのドラマということですね。

義母と娘のブルース、1話のあらすじ

義母と娘のブルース、1話のあらすじ

義母と娘のブルース。1話。あらすじ

数年前に母親を亡くし、父親の良一 (竹野内豊) と父一人子一人で生きてきた宮本みゆき (横溝菜帆)。
そんな彼女の前にある一人のキャリアウーマンが現れる。彼女の名前は岩木亜希子 (綾瀬はるか) 。業界トップシェアの金属会社・光友金属の営業部長を務める彼女は、みゆきの新しい義母になる女性であった。

そんな亜希子とみゆきの初対面の日。亜希子はみゆきに名刺を差し出し、「私、このような者にございます」 と挨拶するが、みゆきは 「私、この人嫌い」 と一蹴。「初手の5分で心をつかめなければ、そのプレゼンは失敗です」 謎の封筒を置いて帰ってしまう亜希子。亜希子が来ることを聞かされていなかったみゆきは良一をギロリ。慌てふためく良一はみゆきを必死に説得するが逆に言い負かされてしまう。亜希子の義母としての初陣は、あえなく惨敗に終わるのだった。

宮本みゆき。

彼女の前に、岩木亜希子が現れて、名刺を差し出して、挨拶するということです。

しかし、みゆきは、亜希子のことが嫌いだと。

封筒を置いて帰る亜希子ですが、相手の心をつかめなければ、失敗ですと、みゆきに気に入ってもらえず、失敗します。

亜希子は、なんだか変わった感じの人間なのかもしれませんね。

ドラマ、義母と娘のブルース、1話、あらすじ

しかし、“戦国部長” の異名を持つ亜希子は、このままでは終わらない。百戦錬磨のビジネス経験を活かし、みゆきの心をつかもうとありとあらゆる策を練る。児童心理学の書籍を読み漁り、みゆきを知る人間に片っ端からリサーチをかける。会社の後輩・田口朝正 (浅利陽介) をも巻き込み、とっておきの作戦を立てる。

一方、下山不動産の噂好きおばちゃん・下山和子 (麻生祐未) に、「再婚は早いのでは?」 と釘を刺されてしまう良一だが亜希子への想いを語る。みゆきの牙城を崩すためのヒントをもらおうと下山の元を訪れる亜希子。「あんたの味方はできないよ。私はみゆきちゃんの味方」 と言い張る下山に亜希子は… !?

しかし、亜希子は、こんなことで諦めないということです。

児童心理学の本を読んだり、みゆきのことを調べたりするようです。

そして、立てた作戦は?

下山不動産の下山和子に反対されると、亜希子は何かをするのかもしれませんね。

義母と娘のブルース、1話、あらすじ

その頃、光友金属を訪れていたバイク便の青年・麦田章 (佐藤健) に荷物を託す田口。威勢よく飛び出し行く麦田にどこか違和感を覚える田口。この違和感は、後にとんでもない被害に発展する…!?

果たして亜希子は、みゆきに受け入れられるのだろうか !?
義母として、認められるのだろうか !?

本作は、一生懸命仕事をしてきた女性が、一生懸命母親になろうとする物語である。
そして、亜希子さんを受け入れるべきか一生懸命考える娘、一生懸命見守ろうとする父親の何気ない日常の物語である。
そんな日常には、喜びや、悲しみ、そして奇跡が溢れている。

また、バイク便の麦田章に、田口が荷物を託すようですが、これが、被害に発展するようです。

どうなるのでしょうね。

義母と娘のブルース、1話は、亜希子がみゆきに出会って、そこからどうなっていくのかという話ですね。

ドラマ。義母と娘のブルースは、2018年7月10日(火)夜10時スタート

ドラマ、義母と娘のブルースは、2018年7月10日(火)夜10時スタートです。

2018年の夏ドラマとして、綾瀬はるかさんが義母として、登場するということですね。

竹野内豊さんが、その夫役で共演ということです。

4コマ漫画をドラマ化ということで、ちょっと変わった形になるのかもしれません。

キャリアウーマンが、義母になり、娘の心をつかめるのか。

義母と娘のブルース、ホームドラマとして楽しめそうなドラマですね。

 

義母と娘のブルースの最終回は、いつ?どうなる?結末は?

義母と娘のブルースの最終回は、全10話なら、9月11日(火)になりますね。

 

義母と娘のブルースの最終回、どうなるのでしょうね。

亜希子とみゆきが、親娘として、仲良くできるようになるのか。

宮本良一、宮本みゆき、岩木亜希子の3人が、家族になれるのかといったところが、気になるところですね。

どんな最終回の結末になるのでしょうね。

義母と娘のブルースの各回のネタバレ、あらすじ、結末など

義母と娘のブルースの各回のネタバレ、あらすじ、結末などは、今後、以下に追記していきます。

義母と娘のブルースの見逃し配信動画は、Paraviで見られるようになるはずです。

義母と娘のブルースの1話のネタバレ、あらすじ、結末など

義母と娘のブルース。1話。ネタバレあらすじ。感想。動画。綾瀬はるかさんが義母になる。ゲスト。キャスト。見逃し配信動画。視聴率など

義母と娘のブルース。1話。ネタバレあらすじ。みゆきはいじめられている?

亜希子は、みゆきに苦労している。
田口が、モンテクノの件は、任せてくれという

みゆきの小学校に行く、岩木亜希子
そして、みゆきのあとをつける

帰り道に、みゆきは、男の子にブス、お前んとこ父親一人しかいないからと言われる。
亜希子:いつもいじめて来るのは、あの子達ですか?
みゆき:別にいじめられていません。からかわれているだけです。

亜希子は、良一に報告するという
亜希子:いじめがなくなれば、報告する必要はありません。行きますよ
と、みゆきを引っ張って行く亜希子

さっきの男の子たちのところに行く
相手を知ろうと亜希子
ひろきが、男の子のボス?
いじめっ子のようには見えない。

亜希子は、みゆきに、いじめをしてほしくないと頼むようにという
亜希子:十分に交渉の余地がある

帰ろうとするみゆきに、良一に電話して報告すると言うと
みゆきがやめてと、亜希子を蹴る。

亜希子:みゆきちゃんならできます。うまくいかなければ、責任は私がとります

義母と娘のブルース。1話。ネタバレあらすじ。結末へ

みゆきが、ひろきのところに行く
みゆき:どうして私だけいじめるの?
ひろき:ブスだからに決まってるだろう。ムカつくんだよ。
みゆき:なんで?
ひろき:本当はブスじゃねえからだよ。ママが死んだからって下ばかり向いていて

良一から、亜希子に電話。
亜希子:その件は、クローズしましょう。一旦様子を見ましょう。

と田口から亜希子に、助けてくれと電話。
見積もりが入れ替わっていた

良一がみゆきを迎えに行くと
みゆき:パパ、あの人に電話して

亜希子は、トラブル解決のために仕事で中国に行っている。

みゆきは、前に捨てた、亜希子の手紙を開けて読む

みゆき:パパ、これ何?
と、亜希子の履歴書を出して来る

良一:おたくの会社に入りたいって出すやつでさ

亜希子は、上海で、本社の社長と交渉

亜希子が、マンションに帰宅すると、
亜希子に、みゆきから手紙が届いている。

中身は、合格採用通知

当家の母親募集に合格だと言う

亜希子は、児童館に行く。
みゆき:何しに来たんですか?
亜希子:私の気持ちをお伝えに上がりました。この度は、ご採用いただき、ありがとうございます。

と、亜希子は、腹芸を見せる。

みゆき:こんな人、知りません!

義母と娘のブルースの1話のネタバレ、あらすじ、結末など

義母と娘のブルース 2話。ネタバレあらすじ。感想。動画。岩木亜希子(綾瀬はるか)が 宮本良一(竹野内 豊)、宮本みゆき(横溝菜帆)と3人で暮らし始める。ゲスト。キャスト。視聴率など

義母と娘のブルース。2話。結末へ

良一が帰宅すると、亜希子がハンバーグを作ろうとしている。
良一:じゃあ、一緒にやりましょう。

良一は、バラを買ってくる

良一が、亜希子にハンバーグの作り方を教えながら、一緒につくる

ハンバーグを食べる3人
レシピノートがあるかと聞くと、あまり役に立たないと。
かなり適当に書かれている

みゆき:亜希子さんにできるわけないじゃん。コピはそれはそれで
亜希子:それはそうですね。一人しかいないママですものね

土下座して謝ろうとするみゆき
良一:やめましょうよ。家族はクライアントではないんですから。履歴書にあった、ビジネスの経験を生かした明るい家庭を築くというのをやってください

みゆきが人参が苦手
と、人参食べるの見てみたい!と歌い出す。良一も歌い出す

と、やらないと言うみゆきだったが、人参を食べるみゆき

亜希子:MVPものの食べっぷりです。
良一:みゆき、亜希子さんに渡そうか。
と、花を出して来る
良一:食べられない人参を食べさせてくれた。これはもうママだろう。亜希子さんもママだろう

亜希子に花を渡すみゆき

良一と亜希子
良一:専業主夫になりますから。僕、今日会社やめて来ましたから。
亜希子:それはあまり意味がない気がします。家事を回すのは、みゆきちゃんと私がうまくいくようにするためです。なので、私が仕事を辞めると言うのはどうでしょうか?
良一:亜希子さんには仕事はすべてですよね。一生懸命やって来て。僕は嫌ですよ
亜希子:私は、専業主婦の世界を知ることを、新たな武器を得る方法だと思っています。

亜希子:今日、1日で、後々仕事を辞めることを悔やんだりしないだろうと確信したのです

翌日、亜希子は、退職願を出す
年俸を上げてやると社長。
亜希子はでは、10億だと

亜希子:私の娘は、べらぼうに可愛いのです。笑顔には1000万円の価値があります。10億の価値があります。

田口が、奇跡の花屋で花を買う
田口は、岩木亜希子が寿退社をすると聞く
田口:ご結婚おめでとうございます
と花を渡す

亜希子:社長がいます。今日は、誕生日のはずです。その花を渡して来てください。

良一は、会社を辞めない。
そして、良一が倒れる。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう