『進撃の巨人』23巻のネタバレ・あらすじ・感想など。ライナーの話

シェアする

スポンサーリンク

『進撃の巨人』23巻が、2017年8月9日に発売されましたね。ということで、『進撃の巨人』23巻のネタバレ・あらすじ・感想などを書いておきます。

23巻は、エレンなどはほとんど登場しません。

進撃の巨人(23) (講談社コミックス)

進撃の巨人(23) (講談社コミックス)

  • 作者: 諫山創
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/08/09
  • メディア: コミック

進撃の巨人 23 ([特装版コミック] 講談社キャラクターズA)

進撃の巨人 23 ([特装版コミック] 講談社キャラクターズA)

  • 作者: 諌山創
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/08/09
  • メディア: 単行本

ちなみに、進撃の巨人、22巻のネタバレ、あらすじ、感想などはこちらです。

『進撃の巨人』22巻のネタバレ・あらすじ・感想など

進撃の巨人(22) (週刊少年マガジンコミックス)

進撃の巨人(22) (週刊少年マガジンコミックス)

  • 作者: 諫山創
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/04/07
  • メディア: Kindle版

『進撃の巨人』23巻のネタバレ・あらすじ・感想など。ライナーの話。

今回の『進撃の巨人』23巻は、基本的には、ライナーの話ですね。鎧の巨人のライナーが、マーレに戻ってからの話です。ライナーは、マーレに戻れたようです。

『進撃の巨人』23巻のネタバレ・あらすじ

スラバ要塞

マーレが、スラバ要塞を攻めている。

鎧の巨人は、そろそろ継承者の時期。

連合艦隊をやっつけて、マーレの勝利

連合艦隊をやっつけて、マーレの勝利。

中東連合は、マーレと講和条約を締結。

しかし、マーレは、兵器の開発で遅れている

しかし、マーレは、兵器の開発で、他国に遅れている。

このため、やはり始祖の巨人の奪還が必要だと、再び思い始めている。

獣の巨人、ジークは、始祖の巨人・進撃の巨人(エレン)を奪還しようと考えている。獣の巨人も、そろそろ力を継承する時期。

これまでに、マーレの調査艦隊は、破れている

ただ、これまでに、マーレの調査艦隊は、エレンたちの巨人に破れている。

エレン以外の巨人の力も使っているだろうと。

おそらく、アルミンでしょうね。アルミンが、超大型巨人になったわけですから、この2人が、どうにかしているのではないかと。

ライナーが、故郷に帰還

ライナーは、故郷に帰還する。

パラディ島での、エレンたちとの日々を地獄だったと回想する。

ライナーは、エルディア人なので、マレー人になろうと、戦士に志願し、鎧の巨人になった。

そして、パラディ島の巨人たちをやっつけようと、子供の頃から考えていた。

『進撃の巨人』23巻の感想

『進撃の巨人』23巻は、鎧の巨人・ライナーや獣の巨人・ジークなどから見た話ですね。

始祖の巨人の力を奪い返そうと、ライナーたちは潜入していました。しかし、奪い返せずに、マーレに戻ったということです。

ライナーは、母親がエルディア人で、マーレ人になろうと、戦士になって、そのあとで、パラディ島に、始祖の巨人などを調査するために、潜入していたわけですね。

しかし、それが失敗して、というのが、『進撃の巨人』22巻までの話です。

『進撃の巨人』22巻のネタバレ・あらすじ・感想など

要は、壁の中にいた人たちは、島の外から逃げてきて、島の中に自ら壁を作っていた。彼らは、「ユミルの民」と呼ばれ、巨人化する力がある。

人類は滅んでいたわけではなくて、まだ島の外、壁の外の大陸にいて、彼らは、「マーレ政府」という。

簡単にいうと、この島の外、壁の外の「マーレ政府」と壁の中の「ユミルの民」の戦いなのですが、そのそれぞれの中でも、派閥があって、さらに複雑になります。

パラディ島の外では、マーレが巨大帝国になっていたわけですが、最近は、その他の国の兵器の開発が進み苦戦している感じで、マーレの兵器開発の時間稼ぎに、再度、パラディ島に向かうのかもしれません。

『進撃の巨人』23巻では、エレンたちはほとんど出てこないですね。22巻から、どう進むのかと思っていましたが、『進撃の巨人』23巻では、ライナーたちの話になりました。

ライナーなどの過去、現在がわかりましたが、あまり話は進んでいる感じはないですね。24巻以降で進むのでしょう。

『進撃の巨人』24巻は、2017年12月8日(金)発売予定

進撃の巨人(23) (講談社コミックス)

進撃の巨人(23) (講談社コミックス)

  • 作者: 諫山創
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/08/09
  • メディア: コミック

『進撃の巨人』24巻は、2017年12月8日(金)発売予定です。

次の24巻は、また舞台を「パラディ島」に変えるようです。また、ライナーが、パラディ島に戻るのでしょうか。

それとも他の誰かが戻るのか。

これで、またエレン側の話というか、進撃の巨人のメインの話が進んでいきそうです。進撃の巨人、24巻の展開が楽しみですね。

進撃の巨人、ここからどうなるか?

『進撃の巨人』23巻まで来ましたが、『進撃の巨人』、ここまでは、結構、わかるというか、壁の外の話を予想できれば、こうなるかなというのがわかってきたところがありました。

ただ、ここからは、どちらに進むのかがいまいちわからないですよね。エレンたちは、島の外に打って出るのか出ないのか。島の外のことはわからないですから、他の巨人たちを待つのかもしれません。待ち伏せて、やっつけようと考えているのかもしれませんね。

エレンが、「始祖の巨人」の力を持っている、巨人を操ることができるというのは、エレンたちも何となくわかっているわけで、そうなると、その能力をどう使うかで、変わってくるでしょう。

『進撃の巨人』23巻、ここからどんな展開になっていくのか。24巻以降が楽しみですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう