過保護のカホコ。あらすじ。ネタバレ、キャスト、原作。視聴率は?最終回はいつ?箱入り娘の成長ドラマ。感想

シェアする

スポンサーリンク

過保護のカホコ。あらすじ。ネタバレ、キャスト、原作。視聴率は?最終回はいつ?感想

ドラマ「過保護のカホコ」が、2017年7月12日(水)にスタートします。

高畑充希さん主演のホームドラマということですね。

過保護に育てられた根本加穂子(高畑充希)。そのカホコが、麦野初(竹内涼真)に出会い成長していくドラマということですね。

カホコをめぐる、家族の話が展開されるホームドラマということのようです。

以下、過保護のカホコの「あらすじ。ネタバレ、キャスト、原作」などについてまとめておきます。
「過保護のカホコ」を見逃した人は、Huluで見逃し配信を見られるはずです。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

過保護のカホコ、3話、2話のネタバレ、あらすじ、感想、視聴率などはこちら

過保護のカホコ。3話のネタバレ、あらすじ。カホコが麦野初に恋をする。感想、キャスト、視聴率

過保護のカホコ、2話のネタバレ、あらすじ。カホコがいろいろな仕事を探す。感想、キャスト、視聴率

過保護のカホコ

過保護のカホコ

過保護のカホコ。あらすじ。ネタバレ、キャスト、原作。視聴率は?最終回はいつ?箱入り娘の成長ドラマ。感想

過保護のカホコのキャスト

根本加穂子:高畑充希

根本泉:黒木瞳
根本正高:時任三郎

麦野初:竹内涼真

並木初代:三田佳子
並木福士:西岡徳馬

並木環:中島ひろ子
並木衛:佐藤二朗
並木節:西尾まり
並木厚司:夙川アトム
並木糸:久保田紗友

根本多枝:梅沢昌代
根本正興:平泉成
根本教子:濱田マリ

主役の根本加穂子を高畑充希さんが演じます。

登場人物の多くが、並木家か根本家ですね。家族の話なのでしょう。

この中では、唯一、麦野初(竹内涼真)が、カホコとは血がつながっていませんね。それがこのドラマのポイントなのかもしれません。

根本加穂子:高畑充希

過保護に育てられた、カホコ。これを、高畑充希さんが演じます。

20歳を過ぎて、就職前でも、自分で今日着る洋服も決められないカホコ。温室育ちのカホコですね。

就活もうまくいかず、内定ももらえていません。それでも、そこまで悲観している感じでもない。そんなカホコですが、麦野初と出会うことで変わっていきますね。

根本泉:黒木瞳

カホコの母親です。カホコを大事に育てています。自分では過保護とは思っていないようです。愛情を注いでいると思っているようですが、甘やかしていますね。

そして、正高にはあまり期待していないというか、変なところでは期待しているようです。

そして、自分のテリトリーでは女王のように強いですが、テリトリーを出ると、途端に弱気になります。

根本正高:時任三郎

正高は、過保護だとは思いつつも、カホコのことが可愛くて、なかなか強いことも言えず、また、泉には逆らえないという。

ただ、本心は、もっとどうにかしないととは思っているようです。ナレーションとして、この正高の本音の声が出てきますね。

麦野初:竹内涼真

カホコを見て、過保護で甘ったれということを、すぐに言い出して、いろいろとやらせます。

初、本人は、絵描きになりたいということで、頑張っているようですが、まだ認められていません。そして、カホコだけが、初の絵の才能を認めてくれているということで、何かと話は聞いていますね。

このカホコと初の出会いが、この「過保護のカホコ」のストーリーを展開させていきますね。

この4人が、主に絡んでいって、「過保護のカホコ」は物語が進みますね。

「過保護のカホコ」の原作。脚本は、遊川和彦

過保護のカホコの原作はないようです。オリジナルですね。

脚本が、遊川和彦さんということで、また変わった感じの人間ドラマになるのではないでしょうか。

クスッと笑えたり、辛辣なブラックな感じがあったりするのかもしれません。

いずれにしても、「過保護のカホコ」の原作はなくて、オリジナルのドラマですね。ということで、最後までどうなるかはわからないという展開になるのでしょう。

演出 南雲聖一、日暮謙、伊藤彰記、明石広人

プロデューサー 大平太、田上リサ

過保護のカホコのTwitter、Instagram

過保護のカホコのTwitter

過保護のカホコの公式Twitter

過保護のカホコのインスタグラム

過保護のカホコの公式インスタグラム

過保護のカホコのあらすじ

以下、過保護のカホコのあらすじです。

史上最強の箱入り娘は、家族の危機を救えるのか?

ということで、箱入り娘のカホコが、家族の危機を救ったりするようですね。

この物語は、現代の日本が生んだ
【過保護の象徴】のような女子大生・カホコが主人公。

何から何まで親の庇護のもの、
温々と生きてきた“奇跡の純粋培養人間”
就職間際の21歳にして、
アルバイトもしたことがない。一人で服を選べない。
送迎付きで駅まで歩いた事がない。

カホコは、21歳になっても、服を選べないということです。

こういう人もいるのかもしれませんね。

そして、アルバイトをしたこともないということで、働いたことがないようです。女子大生ですから、仕事をしたことはないのでしょう。

しかも、駅まで歩いたことがないということで、かなり過保護ですね。

そんな、ないない尽くしのカホコがついに、
抗菌のビニールハウスから、
雑菌まみれの世の中に飛び込んでいきます。

そして一人の青年に告げられるのです。
「お前みたいな過保護が日本をダメにするんだ」

で、そんなカホコが、過保護で日本をダメにすると言われるようですね。

これは、ちょっとショックですよね。いきなりそんなことを言われてもという感じでしょう。

しかし、この言葉をきっかけに、ここから、カホコは変わっていくのでしょう。

カホコの「自分探し」が始まり、毎回「こんなの初めて!」な経験を通して
自分の中に眠っていた本当の”力”が、家族の問題を次々と解決していく
痛快ホームドラマを目指します。

カホコの眠っていた力って、なんなのでしょうね。

そして、家族の問題も解決していくようです。

自立に向かって進んでいくということでしょうか。

ドラマ「過保護のカホコ」、カホコの成長のドラマ、ホームドラマのようです。

過保護のカホコ。あらすじでした。

過保護のカホコの主題歌は、星野源さんの「Family Song」に

過保護のカホコの主題歌は、星野源さんの「Family Song」になったそうです。

星野源さんは、逃げ恥などで、人気になりましたよね。

その星野源さんが、この「過保護のカホコ」の主題歌を歌っているということです。

脚本を読ませて頂き、家族をテーマにしたソウルミュージックにしたいと思いました。その後「家族とは何ぞや」とぐるぐる考えながら作詞をし、楽曲はバンドメンバーに朝まで付き合ってもらい、細かくこだわりながらレコーディングしました。

『おげんさんといっしょ』では家族であった高畑充希ちゃんが主演のドラマ、とても楽しみです。主題歌も聴いて頂ける日を楽しみにしております。

家族をテーマにした歌になっているそうです。

過保護のカホコ、やはり家族がテーマのドラマでもありますよね。そんな中で、カホコがどう成長していくのか。そんなドラマなのでしょうね。

ドラマ、過保護のカホコの視聴率は?

ドラマ、過保護のカホコの視聴率、どうなるでしょうね。

この時間帯は、話題になれば、視聴率は高くなりそうですよね。そういう意味では、どこまで、「過保護のカホコ」が話題になるかで、視聴率が変わっていくだろうと思います。

変わった話になると話題になって、視聴率は伸びるのではないでしょうか。

過保護のカホコ、1話は、11.6%となかなかいいスタートでした。

過保護のカホコの最終回はいつ?どうなる?結末は?

ドラマ「過保護のカホコ」の最終回は、全10回なら、9月13日(水)ということになるでしょう。

おそらく、全10話だろうと思うので、このあたりに過保護のカホコの最終回はなるのではないでしょうか。

あとは、最終回はどうなるのでしょうね。

成長ドラマということなので、独り立ちできるようになるとか、たくましくなるといった感じで終わりになる、結末としてはそんな感じになるのかなと思います。

サスペンスや謎があるドラマということではなさそうなので、カホコがどこまで成長できるか、その結末が、最終回では見られるのではないでしょうか。
「過保護のカホコ」を見逃した人は、Huluで見逃し配信を見られるはずです。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

過保護のカホコのAI

過保護のカホコのLINEのAI

こんなものもあるということです。

カホコAIとLINEで友達になると、返事などをしてくれるということです。

ちょっと変わった試みですね。こういうのも話題になって、ドラマも盛り上がったりすることもあるのかないのか。

新しい試みで面白いですね。

過保護のカホコのネタバレ

過保護のカホコの各回のネタバレは、この記事の以下に追記予定です。

過保護のカホコ、1話のネタバレ、あらすじなど

過保護のカホコ、1話のネタバレ、あらすじ。カホコが働く意味を考える?感想、キャスト、視聴率

だんだんティッシュ配りがうまくなって行く、カホコ。
初もティッシュ配りを手伝う。

正高が、過保護にしているのではと、泉に言うが、過保護にはしていないと。
正高:ママを頼ってしまうのではないかな。こうとわかったら、頑張ったじゃない。苦労するかもしれないけど、独り立ちさせてやるのも親の務めなんじゃないかな。
泉:そうね。全部、私がいけないんでしょ。私の気持ちなんかわからないのよ。あんな不妊治療して、あの子を産んだのに。結局、私をバカにしているのよ。専業主婦だから。
泣き出してしまう、泉。

仕事が終わって、お腹が空いて倒れそうになる泉。飯を食いに行く、カホコと初。
カホコ:なんかいつもと違う。いつもより美味しい。
初:なんでかわかるか?
カホコ:シェフが変わったとか。
初:労働の後だからだよ。

食事が終わったら、寝てしまうカホコ。
そのカホコを、写生する初。

朝になってしまう。
目覚めるカホコ。写生の絵を見る。
カホコ:あたしこんなの初めて。絶対画家になるべきだよ、麦野くん。何があっても、画家になってね。応援するから。

寝てしまうカホコ。カホコをおぶって、根本家に届ける麦野初。
しかし、起きないカホコ。
玄関先に置いて行く麦野。

泉:何やってたの!散々心配かけて。ああよかった。
カホコ:ごめんね、ママ。カホコね、やっとわかったよ。なんのために働くか。カホコは、人を幸せにするために働きたい。誰かに感謝されたり、人の役に立ったとわかったら、嬉しかったし。だから、カホコの力でたくさん人を幸せにするような仕事を見つけたい。まだなんなのかわからないけど。

カホコ:眠いから、また寝るね
カホコは、「人を幸せにする仕事」を検索する、が寝てしまう。

過保護のカホコ、2話のネタバレ

過保護のカホコ、2話のネタバレ、あらすじ。カホコがいろいろな仕事を探す。感想、キャスト、視聴率

麦野に相談する、カホコ。
糸に何か言ってくれと、頼むカホコ。

そして、病院に麦野を連れて行く、カホコ
並木家の親戚が、みんな来ている。そして、帰って行く、親戚たち。

麦野:二度と絵が描けないと思ったら、何言われてもムカつくだけだから。そっとしておいたほうがいいよ
と帰る、麦野とカホコ

千羽鶴なら作れるからと、作ろうと言い出すカホコ。
1羽百円なら手伝ってやってもいいという、麦野初。

折り紙を買って来る、カホコ。
貯金を降ろして来て、一緒に作ろうと、麦野のところに来る。

鶴を降り始める、カホコ。
そして、麦野初。

翌日、千羽鶴を持って、糸のお見舞いに行く、カホコ
すぐに帰ろうとするカホコ
糸:気にしないでね、かほこちゃん。黙ってて言ったの。黙っててもダメになったから。もうチェロ弾けないとか笑ちゃうよね。
カホコ:いろいろ調べてみたんだけどね。片手で弾ける楽器もあるし、歌もあるよ。言葉も調べてみたんだ。不可能の反対は挑戦だ。家族みんないとちゃんの演奏楽しみにしてるから。いとちゃんなら、大丈夫だから。
糸:そんなことわかってんだよ。なに上から目線で説教垂れてんの。これが本当の私だよ。親戚のやつ大っ嫌いだから。なんであんたらみたいな素人の前で弾かないとならないわけ。中でもあんたが一番嫌いだった。ぬくぬくと育って。私の気持ちなんてわかるわけない!帰って!

耳を塞ぐ、カホコ
帰宅途中で、泉に出会う。
しかし、糸の言葉を、母には言わない、カホコ。
帰宅すると、節が来ている。
誰にも言わず、部屋に入るカホコ。

麦野が部屋の下にいる。
神社で会う。
カホコ:私、こんなの初めて。
麦野:糸ちゃんに、ひどいことでも言われたか。お前みたいな庶民に言われるのが一番ムカつくから。どんな人間にも2面性があるから。自分がどれだけ温室育ちかわかったろ。
カホコ:どうしたら、いいのかわからないの。
麦野:だったら、思いっきり泣け。お前は何一つ悪いことしてないだろう。糸ちゃんのことをママに言わないのは、優しさだろう。なんなら胸を貸してやろうか。
麦野初の胸で泣き出すカホコ。

麦野:これから、ママに言えないことがあったら、俺が聞いてやるから。
カホコ:案外優しいんだね。こういうのも2面性なの。
まだ泣く、カホコ

病室で泣いている、糸。

また、麦野がカホコをおんぶして、マンションに送ると。
泉と正高が出て来る。

過保護のカホコ、3話のネタバレ、あらすじなど

過保護のカホコ。3話のネタバレ、あらすじ。カホコが麦野初に恋をする。感想、キャスト、視聴率

泉:本当に、自分用のお弁当だよね?麦野くんに会ってないよね?いい人だったらママが一番に応援するから。カホコが好きなら、誰でも応援するわよ。
泉は、いろいろなNGな人を言い出す。

また、並木家にみんなで集まって、イトを励ますと。
カホコ:じいじとばあばは、どうして結婚したの?
福士:そんな昔のことは忘れた。
初代:大恋愛だったの。両方の家に反対されて大変だった。
環に告白したかと聞かれるカホコ、応援していると。
節たちがやってくる。が、イトは、どうしても来たくないと部屋から出てこないと。
節が、厚司に、どうして気づかなかったの?となじる。
節:なんでイトがあんな目に会わないとならないの。
泉:辛い時は、親の愛情だから。
節:わかる、けど。

そこにピザの配達で、麦野初が来る。
泉が支払いに出て来る。
そこに
節:もしかして、カホコとイトのお見舞いに来てくれたの?イトが自分を描いてもらった絵を見てたし。
初:それは他人の空似じゃないし。
節:でも、イト言ってたよ。カホちゃん、部屋に入ってこなかったって。
カホコ:イトちゃん、気づいてたの。あっ!

泉に、麦野と会っていたことがバレてしまう。

帰宅後、ピリピリしている泉。
泉:悲しいだけ。カホコが嘘ついてたから。麦野くんと会ってたのよね?
カホコ:そんなことないよ。
泉がカホコが買った服を持ち出して来て、
泉:なんでママに隠れて、そんなことするの?ママはそれが一番傷ついたの。
カホコ:ごめんねママ。カホコは、ママの言う通りにしてればいいの。画家は一番ダメなの。ビデオを見ましょう。

正高は何か言おうとする。

カホコ:私、こんなの初めて。カホコはなんて言ってくれてもいいけど。麦野くんの悪口はやめてくれないかな。最後まで話すの止めるのをやめてくれないかな。今は全然違うから。ママがなにを言おうと、カホコは、麦野くんと会うから。もうこれ以上、カホコの邪魔しないで。

家を出て行くカホコ
アトリエにまで来る
カホコ:あのね、初くん。カホコが、ママにどなちゃったの。だって、あのすっごく腹が立ったの。カホコの好きな人のことけなしたから。
麦野:じゃあ、その勢いで告白してみたらどうだ?
好きだよ、初くん。カホコが好きなのは、初くんなの。
麦野:は?え。

アトリエを出て行く、カホコ
家の下まで帰って来る、カホコ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう