陸王3話。動画、ネタバレ、あらすじ。感想。陸王のソールは改良できるのか?キャスト。見逃し配信。視聴率。4話のあらすじ

シェアする

スポンサーリンク

ドラマ、「陸王」第3話。動画、ネタバレ、あらすじ。感想。キャスト。見逃し配信。視聴率。4話のあらすじ

陸王の3話は、2017年11月5日夜9時から放送です。今回の陸王3話も15分拡大スペシャルということです。

今回の「陸王」3話は、前回、陸王のソールの素材として、シルクレイを使えるようになって、ソールの開発を進めるという話ですね。宮沢紘一(役所広司)が、がんばって、飯山晴之(寺尾 聰)を説得して手に入れたシルクレイ。これを、陸王のソールに使えるようにするということでしょう。

「陸王」第3話は、陸王のソールの開発を中心に展開するようです。
ということで、ドラマ、陸王の3話は、どんな話になっているのでしょうか。以下、陸王、3話のネタバレ、あらすじ、感想、視聴率、見逃し配信動画などについてです。
陸王3話を見逃した方は、見逃し配信動画が、U-NEXTで見られます。
U-NEXT

ドラマ「陸王」2話、1話のネタバレ、あらすじ、ネタバレ、キャスト、視聴率、見逃し配信動画などについては、こちら

陸王、2話。あらすじ、ネタバレ。靴底のソールの素材を手に入れられるか?感想。キャスト。視聴率。見逃し配信動画

ドラマ、陸王、1話。ネタバレ、あらすじ。スポーツシューズの開発に挑戦する人たちのドラマ。感想。キャスト。視聴率

ドラマ、陸王。あらすじ。ネタバレ、キャスト、原作。視聴率は?最終回はいつ?役所広司さん主演の企業ストーリー

陸王・3話

陸王 3話

ドラマ、陸王3話。動画、ネタバレ、あらすじ。感想。キャスト。視聴率、見逃し配信動画。陸王のソールは改良できるのか?

「陸王」3話のキャスト、出演者

以下が、陸王のキャスト、出演者です。意外と出演者が多いです。

宮沢紘一(役所広司)

宮沢大地(山﨑賢人)
茂木裕人(竹内涼真)

坂本太郎(風間俊介)

城戸明宏(音尾琢真)
大橋 浩(馬場 徹)
安田利充(内村 遥)
江幡晃平(天野義久)

仲下美咲(吉谷彩子)
水原米子(春やすこ)
橋井美子(上村依子)
西井冨久子(正司照枝)

正岡あけみ(阿川佐和子)

佐山淳司(小籔千豊)
家長 亨(桂 雀々)
富島玄三(志賀廣太郎)
有村 融(光石 研)
宮沢美枝子(檀 ふみ)
飯山素子(キムラ緑子)

村野尊彦(市川右團次)
小原賢治(ピエール瀧)

飯山晴之(寺尾 聰)

「陸王」3話のゲスト出演者

栗山(鳥居みゆき)

鳥居さんが演じる栗山は、学校の体育の授業で生徒たちに足袋を履かせるため、数社の足袋会社に問い合わせをしていて、その中で「こはぜ屋」の宮沢と連絡をとり、面会するという役だそうです。

島遥香(中西麻耶)

陸王の第3話に、3大会連続パラリンピック出場日本記録・アジア記録保持者の義足の陸上選手・中西麻耶さんが出演するそうです。茂木にインタビューする記者役で登場とのことです。

陸王、主なキャスト、出演者の情報

宮沢紘一(役所広司)

このドラマ、陸王の主人公ですね。

老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長で、足袋の需要が先細りのため、新事業を考えて、ランニングシューズを開発して発売しようとしています。

紆余曲折を経て、どうなっていくのかが、気になりますよね。いろいろな困難に立ち向かって、いろいろな人の助けを借りるようです。陸王で、どんな主役として描かれるのでしょうね。

宮沢大地(山﨑賢人)

宮沢紘一の息子、宮沢大地です。

紘一の長男で、「陸王」のソール部分に使用する「シルクレイ」の生産を任されることになります。紘一との立場の違いなどから、もめることもあるようですが、家族として、また従業員として、どうやって紘一と関係を作っていくのか。

仕事以外の部分でも、気になるところです。

茂木裕人(竹内涼真)

茂木裕人は、ダイワ食品の陸上競技部の選手ですが、怪我に悩まされるところがあるようですね。

学生時代箱根駅伝5区を走ったということで、怪我などからどうやって、活躍できるような選手になっていくのか、それともなれないのか、こちらも、挫折をどう乗り越えるのかということがあるようで、注目ですね。

ドラマ、陸王の原作

ドラマ、陸王の原作は、池井戸潤さんの小説『陸王』ですね。

陸王

陸王

  • 作者: 池井戸潤
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/07/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

小説の原作があっての、ドラマ化ということです。かなり高評価の小説です。

ドラマも、期待が高まりますよね。日曜劇場での、池井戸作品は、「半沢直樹」があります。また陸王で、人気のドラマになって、視聴率が上がりそうな感じもありますね。

ドラマ、陸王3話の予告動画

ドラマ、陸王3話の予告動画

今回の「陸王」第3話は、こはぜ屋が、本格的にシューズ業界に挑戦するということがテーマのようですね。

しかし、靴底、ソールの問題がやはりあるようです。ここをどう解決するかが、今回の陸王のポイントですね。
また、宮沢大地も、シューズ開発などに興味が出てきているようです。どうするのでしょうか。

陸王3話の予告動画

そして、茂木も、復活のために努力するようですが、陸王をどうするのか。

「陸王」第3話は、ソールの開発を中心に、紘一たちが開発に取り組んでいくようです。
紘一「今やらなくて、いつやるってな」とがんばるようですね。

陸王の公式Twitter、Instagram、Facebook

陸王公式ツイッター

陸王の公式ツイッター

陸王の公式Instagram

陸王の公式Instagram

陸王の公式Facebook

陸王の公式Facebook

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

陸王、3話を見逃した方は、見逃し配信動画が、U-NEXTで見られます。
U-NEXT

「陸王」第3話のネタバレ、あらすじ

以下、陸王、3話のネタバレ、あらすじなどです。

ドラマ、「陸王」第3話のあらすじ

「陸王」第3話のあらすじ

宮沢(役所広司)の懸命な説得によって、「陸王」開発にかかせない素材「シルクレイ」を使用できることになったこはぜ屋。飯山(寺尾聰)は特許使用の条件として、自分自身も陸王の開発チームに加わりたいと申し出る。こうして陸王の本格的なソール作りが始まろうとしていた。しかし富島(志賀廣太郎)は、一度は会社をつぶした飯山という人間が果たして信用できるのか懐疑的な目を向けていた。

陸王、2話で、陸王のソールの素材としてシルクレイを使えるようになりました。

紘一が諦めずに、飯山を説得して、やっとのことでしたね。

そして、飯山が、開発に加わります。

しかし、富島玄三は、会社を潰した人間を信用できるのかと懐疑的なようです。たしかに、飯山の態度なども職人ぽいので、信用できないというか怪しい感じはありますね。

「陸王」第3話は、玄三と飯山の「バトル」のようなこともあるのでしょうか。

「陸王」第3話のあらすじ。茂木が、陸王を履いてトレーニングをするが

一方、アトランティスからスポンサード契約を打ち切られた茂木(竹内涼真)は、怪我を治すため藁をも掴む思いで宮沢が送った陸王に足を入れた。その履き心地に驚きを隠せない茂木だったが、走るうちにソールの不安定さが露呈して…。

そして、茂木が、ようやく紘一が送っていた陸王を履いて、トレーニングをしていましたね。

履き心地には満足しているようですが、しかし、ソールの不安定さを感じているということです。やはり、ソールに問題があるのでしょう。

この陸王のソールの開発を、今回の「陸王」3話は、やっていくのでしょうか。

今回の陸王、第3話、茂木VS毛塚があるのでしょうか。

陸王、3話、「陸王」のソールを巡って、話が展開していきそうですね。というのが、陸王、3話のあらすじです。

以下、陸王、3話のネタバレです。

ドラマ、陸王、3話を見逃した方は、見逃し配信動画が、U-NEXTで見られます。
U-NEXT

「陸王」第3話のネタバレ

宮沢大地の就職面接
会社を継ぐつもりはない

紘一は、まゆを運搬している。

大地が帰宅すると、シルクレイの製造装置を、飯山が組み立てている。
飯山:そこのバルブ締めてくれ。

富島玄三は、飯山のことを信用できるのかと、紘一に。
富島玄三:必要なお金はどうするんです?
宮沢紘一:俺から、銀行に話す。俺は、飯山という男にかけると決めたんだ。

紘一が、大地に、いい加減な仕事をするな、検診漏れなんてするなと。

飯山:あの若い奴は違うのか?
安田:大ちゃんならいいんじゃないですか
飯山;なかなかいい筋してますよ。
紘一:あいつがやりたがらないだろう。どうせ。

大地は、同級生と、親父にとってお荷物なんだと愚痴を言っている。

大地と紘一
紘一:飯山さんの下で、シルクレイの開発やってみるか?無理にとは言わないが。
大地:やってもいいけど。どうせ新しい人間を雇う、人間ないだろう。少しは会社に恩返ししないとな。

大地が、飯山を手伝うことになりますね。これがいい方向に行くと良いのですが。
陸王、3話は、シルクレイをソールとして使えるようにするという話ですね。

シルクレイを調整する。陸王、3話のあらすじ

翌日
シルクレイの作成装置を飯山が動かす

小原と佐山
小原:茂木は、うちのではない靴を履いてないんだとな。
佐山:茂木は、もう。タイムも上がっていませんし。

シューフィッターの村野が、茂木の様子を見に来る
村野:気になってな。どうなんだこの靴。
茂木:はき心地は悪くないです。ダメですね。全力で走るとなると、ゴムだと柔らかすぎて

飯山:硬さの調整だ。今、専門家から資料を取り寄せてるところだ。
正岡:ただ固ければいいってわけじゃないんだね。
飯山:硬さをコントロールできるようにする必要があるんだな。
富島:いつ商品化できるんですか。
大地:茂木が履いてくれればなあ。
紘一:陸王のソールができたら、茂木にもう一度売り込みにいく

硬度55度〜60度。平均的なソールの硬さ
飯山と大地が、試作を続ける
しかし、なかなかできない

紘一は、銀行に追加融資を申し込みに行く。2000万円。
担当の大橋は、保証はあるのか?と。
紘一:茂木選手に、シューズを履いてもらおうと思っています。
大橋:確実な実績を作って来てください。

紘一は、茂木に会いに行くが、監督に断られる

紘一は、なかなか茂木に会えません。まあ、簡単な話ではないですよね。足袋屋ですから。
簡単にできれば、苦労はないというか。

陸王、3話のあらすじ。熊谷シティマラソン

紘一が、娘の茜に、アトランティスのシューズいいかと聞く。
格好いいから人気だと。
大地が帰って来る。すぐに寝ると。

熊谷シティマラソン
スタート

35キロ地点
先頭の選手に、毛塚がついて行く。
毛塚が、先頭を追う。
毛塚が、2位でゴール

茂木がおめでとうと、握手を求めるが、毛塚は、素通りして行く。

飯山と大地
ソールの硬さが柔らかくならず、ちょうどいい数値にならない。

スポーツショップにいく、紘一
有村に相談する紘一。
有村:それを考えるのが、宮沢さんのお仕事です。アトランティスだって、50年かけて今の地位があるんです。殴り込みをかけるなら、それだけの覚悟が必要なんです。
坂本:こういう時に銀行が力になるべきなのに。
紘一:目が覚めました。
坂本:もしいよいよとなったら
とアドバイスしてくれる。

町村学園の栗山から電話がかかって来る。
紘一が、足袋を持って行く。
栗山から電話
栗山:足袋のほうは、今回は見送らせていただきました。陸王、これをうちで使わせていただきたいと。
陸王が、採用される。
1200足!

紘一:初めての実績になる。大きな一歩だ!

社員が喜ぶ。

「陸王」3話のネタバレ。資金繰りをどうするか?

融資を頼みに行く、紘一
大橋:今回はあくまで足袋の代わりで採用されたんでしょ。
紘一:支店長に会わせてください。
しかし、支店長は、外出している。
大橋:シルクレイを持って来てください。
紘一:よくわかりました。定期預金を切り崩します。

坂本が、紘一に話したことから、紘一が判断して、定期預金を解約すると。

大橋と家長支店長
家長:好きなようにさせておけ。丸裸になって困ることになる。

紘一が、定期預金を解約することにしました。これは、ある意味、背水の陣というか、最後の手段のようですね。陸王、3話、追い詰められてきてしまいましたね。

富島玄三が、定期預金を解約して来たことに反対する。
先代が、苦労したのは、全部、私のせいだと。
玄三:何としても、先代の夢を叶えたかった。もしあればなかったら、こはぜ屋はもっと豊かなはずです。先代が言いました。どうして止めてくれなかったんだと。もうあんな思いはたくさんです。だから、もうこれ以上、続けるべきではありません!

茜が海外留学したいと言い出す。
茜:協力よろしくお願いします!
300万円かかる。

紘一が定期預金の解釈を妻の美枝子に言おうとするが、言えない。

大地に、二次面接の次の段階に進む。朝8時に来てほしいと

月刊アスリートの記者
毛塚と茂木の対談をしてほしいと。

村野が小原に、新しいシューズを作りたいというが、小原は必要ないと
村野:茂木は必ず復活します。復活した後によそに取られていいんですか。
佐山:あの足袋屋のことを言ってるんですか
村野:あの靴は、そんなに悪くないですよ
小原:だったら、その足袋屋に行けばいい。

村野も、茂木を応援していますね。しかし、会社というか小原は応援する気がないようです。

陸王、3話のあらすじ。いろいろと上手くいかないことが続く

会社に向かうが、遅刻してしまう大地
もっと社会人としての自覚を持ったほうがいいんじゃないですかと、担当者に言われる。

帰ると、飯山がやり直すと。
大地:本当にできるんですか。もうやり尽くしたじゃないですか。このままじゃ、完成しないんじゃないですか。
飯山:だったら、お前も考えてみろ
大地:こんな出来損ないの機械、持って来たのあんただろ!
飯山:もういい、帰れ。今日はここまでだ

茂木に島記者から電話。今回は見送りになった。今回は別の方に。

大地と紘一
紘一:なんかあったのか?
大地:帰れて言われたから。また失敗で逆ギレされた。あの人、ダメだよ。どうすればいいかわかんなくなってる。
紘一:飯山さんは、できるって言ったんだ。飯山さん、できないこと、できるって言う人かな?
大地:できそうにないことをできるって言ったんじゃないかな。飯山さんが言った嘘を鵜呑みにしちゃったんだよ。
紘一:嘘から出たまこともあるんじゃないか。

紘一:あとで、差し入れ持って行くか。
大事:顧問だって帰ってるよ

砂糖とミルクを忘れた。後から大地が届けにいく。
飯山は、倉庫で、まゆを出そうとしている。
紘一:あれが、嘘をついた人間に見えるか。少なくともこの1ヶ月、必死にやって来た努力に嘘偽りはなかったんじゃないのか
飯山が倒れる。
大地が手伝う。

飯山:お前酒飲んで来たろ。うまくなかったろ。何かから逃げた酒、うまくないからな。さっさとこいつ完成させて、うまい酒飲み行くぞ

飯山が、頑張っています。大地も、こうやって行動で示されたら、疑うわけにはいかないでしょう。疑っていた自分が、ちょっと恥ずかしくなるかもしれませんね。
陸王、3話、シルクレイの調整が上手くいきませんが、どうなるのでしょうか?

有村から紘一に電話
茂木が、陸王を履いてくれたと。

紘一は、ダイワ食品に茂木に会いに行く

コーヒーは、温度で味が違う
まゆを似る温度が、決め手かもと、飯山がひらめく。

紘一が見に行ってみると、茂木は、陸王を履いていない。

温度が変われば、硬さが変わるとわかる。

「陸王」3話の結末は、次のページへ

陸王、3話の結末
陸王3話を見逃した方は、見逃し配信動画が、U-NEXTで見られます。
U-NEXT

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう