陸王7話。動画、ネタバレ、あらすじ。感想。陸王のアッパー素材を見つけられるか。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

シェアする

スポンサーリンク

陸王7話。動画、ネタバレ、あらすじ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

ドラマ、陸王の7話は、2017年12月3日(日)夜9時から放送です。

陸王の7話は、ランニングシューズ「陸王」のアッパー部分の素材を新たに見つける必要が出てきて、宮沢大地(山﨑賢人)が、素材を探すという話です。

しかし、なかなか見つからないようですね。このためか、宮沢紘一(役所広司)が、陸王の開発を諦めたくなるということもあるようです。これまで、何度もくじけずにやってきた紘一でしたが、かなりピンチということですね。

そんな紘一たちに、坂本太郎(風間俊介)が、ある提案をするようです。どんな提案なのでしょうか。陸王の7話、またしても、ピンチなこはぜ屋、陸王ですが、どう切り抜けることができるのか。アメリカに本社がある巨大アパレルメーカー「フェリックス」の社長・御園丈治役として、松岡修造さんも登場するそうです。
ということで、ドラマ、陸王、7話は、どんな話になっているのでしょうか。以下、陸王、7話のネタバレ、あらすじ、感想、視聴率、見逃し配信動画などについてです。
陸王7話を見逃した方は、見逃し配信動画が、U-NEXTで見られます。
U-NEXT

「陸王」6話、5話のネタバレ、あらすじ、ネタバレ、キャスト、視聴率、見逃し配信動画などについては、こちら

陸王6話。動画、ネタバレ、あらすじ。感想。陸王を履いた茂木の復帰戦。RⅡを履いた毛塚に勝てるのか?キャスト。見逃し配信動画。視聴率

陸王、5話。動画、ネタバレ、あらすじ。感想。茂木は陸王を選ぶのか?陸王のアッパー部分の開発も。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

ドラマ、陸王。あらすじ。ネタバレ、キャスト、原作。視聴率は?最終回はいつ?役所広司さん主演の企業ストーリー

陸王・7話

陸王 7話

目次

陸王。7話。動画、ネタバレ、あらすじ。感想。キャスト。視聴率、見逃し配信動画。陸王のソールは改良できるのか?

「陸王」7話のキャスト、出演者

以下が、陸王のキャスト、出演者です。意外と出演者が多いです。

宮沢紘一(役所広司)

宮沢大地(山﨑賢人)
茂木裕人(竹内涼真)

坂本太郎(風間俊介)

城戸明宏(音尾琢真)
大橋 浩(馬場 徹)
安田利充(内村 遥)
江幡晃平(天野義久)

仲下美咲(吉谷彩子)
水原米子(春やすこ)
橋井美子(上村依子)
西井冨久子(正司照枝)

正岡あけみ(阿川佐和子)

佐山淳司(小籔千豊)
家長 亨(桂 雀々)
富島玄三(志賀廣太郎)
有村 融(光石 研)
飯山素子(キムラ緑子)

宮沢美枝子(檀 ふみ)
宮沢茜(上白石萌音)

村野尊彦(市川右團次)
小原賢治(ピエール瀧)
佐山淳司(小籔千豊)

飯山晴之(寺尾 聰)

「陸王」7話からの出演者

御園丈治(松岡修造)

アメリカに本社がある巨大アパレルメーカー「フェリックス」の社長・御園丈治役として、松岡修造さんが登場します。

ドラマにレギュラーとして出演するのは「陸王」が初めてだそうです。こちらも楽しみですね。

陸王、主なキャスト、出演者の情報

宮沢紘一(役所広司)

このドラマ、陸王の主人公ですね。

老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長で、足袋の需要が先細りのため、新事業を考えて、ランニングシューズを開発して発売しようとしています。

紆余曲折を経て、どうなっていくのかが、気になりますよね。いろいろな困難に立ち向かって、いろいろな人の助けを借りるようです。陸王で、どんな主役として描かれるのでしょうね。

宮沢大地(山﨑賢人)

宮沢紘一の息子、宮沢大地です。

紘一の長男で、「陸王」のソール部分に使用する「シルクレイ」の生産を任されることになります。紘一との立場の違いなどから、もめることもあるようですが、家族として、また従業員として、どうやって紘一と関係を作っていくのか。

仕事以外の部分でも、気になるところです。

茂木裕人(竹内涼真)

茂木裕人は、ダイワ食品の陸上競技部の選手ですが、怪我に悩まされるところがあるようですね。

学生時代箱根駅伝5区を走ったということで、怪我などからどうやって、活躍できるような選手になっていくのか、それともなれないのか、こちらも、挫折をどう乗り越えるのかということがあるようで、注目ですね。

ドラマ、陸王の原作

ドラマ、陸王の原作は、池井戸潤さんの小説『陸王』ですね。

陸王

陸王

  • 作者: 池井戸潤
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/07/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

小説の原作があっての、ドラマ化ということです。かなり高評価の小説です。

ドラマも、期待が高まりますよね。日曜劇場での、池井戸作品は、「半沢直樹」があります。また陸王で、人気のドラマになって、視聴率が上がりそうな感じもありますね。

ドラマ、陸王7話の予告動画

ドラマ、陸王7話の予告動画

陸王の7話は、アッパー部分の素材を、また一から探さなくてはならなくなった、こはぜ屋。

宮沢大地が頑張るようですが、なかなか見つからないようです。宮沢紘一は、陸王を諦めようかとも思ってしまうようです。

そんな紘一に、坂本が驚きの提案をするようです。どんな提案なのでしょうか。

陸王の7話、今回も面白そうですね。

陸王の公式Twitter、Instagram、Facebook

陸王公式ツイッター

陸王の公式ツイッター

陸王の公式Instagram

陸王の公式Instagram

陸王の公式Facebook

陸王の公式Facebook

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

陸王、7話を見逃した方は、見逃し配信が、U-NEXTで見られます。
U-NEXT

陸王、7話のネタバレ、あらすじ

以下、陸王、7話のネタバレ、あらすじなどです。

ドラマ、陸王、7話のあらすじ

陸王、7話のあらすじ

陸王、7話のあらすじ

タチバナラッセルとの取引が白紙になり、またもや窮地に立たされた宮沢(役所広司)と「こはぜ屋」。取引終了までに、新たな供給先を探さなければ「陸王」の生産はストップしてしまうと、危機感を募らせるばかりだった。

タチバナラッセルとの取引が白紙になりました。

新たなアッパー部分の素材を供給してくれる会社を探さないと、陸王の生産はストップしてしまいます。

陸王の7話は、新たな素材探しの話ですね。

ドラマ。陸王。7話のあらすじ。アッパー素材を探す大地だったが

アッパー素材を探すために大地(山﨑賢人)が東奔西走するのだが、やっと話を聞いてもらえる企業を見つけても、コストが見合わずうま味のないビジネスだと、取り付く島もなく断られてしまう。 茂木(竹内涼真)の期待に応えるためにも、なんとしてでも、世界一のシューズ「陸王」を完成させたい…その一心で、必死に協力してくれる企業を探す日々だったが、そんなときシルクレイ製造機にトラブルが発生!

そして、アッパー素材を探す宮沢大地でしたが、企業を見つけても、旨味がないと話を断られてしまうということです。これは、辛いですね。

茂木のためにも、素材を見つけたいということでしたが、なかなか見つからないようです。

そんな時に、シルクレイの製造機にトラブルが発生するということで、陸王の7話、またしても、こはぜ屋は、ピンチですね。

陸王。7話のあらすじ。こはぜ屋は、ピンチを切りに抜けられるのか

もはや絶体絶命、最大のピンチに立たされた宮沢ら「こはぜ屋」。絶望の淵に立たされた宮沢は、坂本(風間俊介)からある提案を受ける。宮沢が耳を疑うその提案とは……!?

そんなピンチのこはぜ屋に、坂本がある提案をするようです。

一体どんな提案なのか。そして、このピンチを、紘一たち、こはぜ屋は切り抜けられるのか。

というのが、ドラマ、陸王の7話のあらすじです。

以下、陸王、7話のネタバレです。

ドラマ、陸王、7話を見逃した方は、見逃し配信が、U-NEXTで見られます。
U-NEXT

陸王。7話のネタバレ

タチバナラッセルの取引中止はできないということに従業員が怒っている。
飯山:負けたなら、次のレースに勝てばいいじゃないか
宮沢紘一:タチバナラッセルの代わりを探すしかない。
大地が、織物会社をリストアップした。電話しまくって、候補を探すと。
そして、大地は、就活は、行きたいところだけ受けると。

茂木は、もっと目立つ走りができたら、よかったのかもと。
村野は、大地がアッパー素材を見つけると伝えて欲しいと、茂木に伝えた。

月刊アスリートの取材が、茂木に入る。
ニューイヤー駅伝の話を聞かせて欲しいと。

大地が、織物会社に頼みに行くが、何か支払いのトラブルがあるのではと言われる。

茂木の取材
島原:リベンジを果たしたと思われますか?
茂木:フォームも変えて、シューズを変えて。リセットですね。陸王がそれを可能にしてくれたんです。
と、茂木は、陸王を見せる。こはぜ屋の話をする。

茂木は、陸王を宣伝するために、インタビューを受けた。恩返しをしたいと。

こはぜ屋の開発室がボヤになる。
開発機が、燃える
開発機は、ダメになってしまった。
飯山:こいつは、もうただの鉄くずだ。
紘一:じゃあ、シルクレイは?
飯山:もう作れねえよ

シルクレイの開発機が壊れてしまいました。これは大ピンチですね。
これがなくなったら、陸王のソールを作れません。陸王の7話、どうなってしまうのか?

陸王。7話のネタバレ。1億円をどうするか?

飯山は、あれを1から作ると1億かかると
ソールのストックは、20足

新しい設備は入れられるか?
富島玄三:1億の借金なんてできるわけがない。足袋屋に戻るのが安全です。
紘一は、銀行に行って、相談してくると。

美枝子:諦めるのも、経営者の仕事と、お父さんも言っていたわ。

大地は、1次面接を行かなかった。
紘一:アッパー素材探しはいいから。ちゃんと就活しろ

飯山の前に男が現れる
男は、フェリックス日本支社の関口
フェリックスは、世界的アウトドアメーカー
飯山は、特許を独占使用契約をしたいと言われる。年間6000万円。

飯山は、売ろうかと考えている。
素子は、本当にそれでいいの?と

銀行に行く、紘一と玄三
1億借りたいと頼むが、支店長に、身の丈の合わない投資は、失敗すると。無謀すぎる。
大橋も、反対だと。リスクが高すぎる。

やはり1億は多すぎますよね。こはぜ屋の体力、今の売り上げから考えると無謀でしょう。
そうなると、陸王の開発はできなくなってしまいますが、どうするのでしょうか。

紘一と村野
紘一:銀行がお金を貸してくれなければ、どうすることも
村野:茂木たちを見捨てるんですか
飯山:現実と理想の板挟みなんだ。
村野:わかりますよ。あいつらは、命をかけて走ってるんだ。
紘一:できることなら、サポートしたいと思っています。現実的には厳しいかもしれない。私は、社員たちを守らなければならない。
村野:もう結構です。それぐらいの覚悟で、陸上競技者に近づこうとしたのなら、競技者への冒涜だ。ここで私のやることはありませんね。茂木には、私から伝えます。

飯山:社長、悔いの残らねえ、諦め方って知ってるかい?俺にはできなかったけどな。

陸王。7話のネタバレ。陸王の開発を諦めるのか?

月刊アスリートが、茂木のところに届く。
茂木がインタビューで答えたことと違うことが載っている。
毛塚のことが大々的に紹介されている。
RⅡの広告が出ている。

毛塚に、小原が、次の大会では必ず、結果を出して欲しいと。

茂木が、監督にこんなことはインタビューで言っていない、抗議させて欲しいと言うと
監督:これが、世の中だ。実力で示せ。お前が納得する状況を作るのはお前だ。だから死ぬ気で走れ。

紘一は、陸王を作れなくなったと落ち込んでいる
大地が、紘一がそんな顔でいたら、辛気臭くなると。
親子ゲンカになってしまう。

埼玉中央銀行 前橋支店
坂本が支店長に食い下がるが、内勤に変わってもらうことになるよと。
会社は畳むことにしたと。
早く見捨てていただきたかった、損失を増やすこともなかったと、社長に言われてしまう。

飯山は、フェリックスへの返事を迷っている。
来月までに返事が欲しいと言われる。

紘一と坂本
大橋から、坂本に電話があったと。
紘一は、お金を貸してくれないなら、どうしようもないと。
坂本は、銀行員なら、今回の融資は反対すると。
坂本:一番大事なことが抜け落ちている気がします。あなたはどうしたいんですか?宮沢社長は、この事業を継続したいのかどうなんですか
紘一:もちろん、やりたいと思っているよ。仮に1億借りられても、従業員を路頭に迷わせることには行かない。
坂本:それなら、諦めるしかないですよ。早いほうがいい。決断するとは、そう言うことです。やる前から、諦めるなんて、宮沢社長らしくありません。宮沢社長の思いはどこに行ったんですか?

坂本が、宮沢紘一の思いを聞いていますね。たしかに、紘一がやりたいのか、やりたくないのか、それが大切ですよね。
果たして、紘一はどうするのでしょうか?
ここから、陸王、7話の結末です。

陸王、7話のネタバレ。結末へ

坂本は、銀行を辞めようと思っている。ベンチャーキャピタルに進むと。
坂本:銀行は過去しか評価できません。ずっと不満でした。将来性を買って、凍死するんです。
紘一:ほんとは、坂本さんのような人でこそ、銀行員でいてほしかったな。
坂本:人に投資すると言われます。もし事業をするつもりなら、連絡ください。何か力になれるかもしれません。

紘一が帰宅すると、大地が居間で寝ている
茜:またダメだったって。アッパー素材の会社に交渉に行っているって。ここ最近、ずっとそうしているみたいよ
会社をリストアップした資料を見ている、紘一。

紘一は、陸王を履いて、走る
紘一:何やってるんだよ、俺は!

茂木は、ずっと走ってトレーニングしている。

坂本とこはぜ屋の面々で飲むと紘一が
紘一:銀行で断られた時、ホッとした気がする。陸王を諦めることを銀行のせいにしていた気がする。坂本さん、銀行員が100人いたら100人断ると言っていましたよね。101人目に当たってみようと思う。やれるだけやって、どうしてもダメだった時は、自分で決断して諦めたい。悔いの残らない諦め方をしたい。だから、もう少し頑張らせて欲しい。

紘一は、坂本にこはぜ屋に投資できるかどうか調べ欲しいと頼む。

飯山は、フェリックスに断りを入れる。

紘一は、投資会社に陸王を持っていく

茂木と毛塚
茂木:体調はいいのか?
毛塚:まさか、怪我していた奴に心配されるとはな。お前も知名度をあげてくれ

坂本が、1億は難しいと。会社を売らないかと提案してくる。買収したいという会社がある。
フェリックスが、買収したいと。

社長の御園が、日本に帰ってきた。

陸王、7話は、陸王の開発が続けられるのか、ピンチが続いていますね。次回どうなるのか。

陸王の7話を見逃した方は、見逃し配信動画が、U-NEXTで見られます。
U-NEXT

ドラマ、陸王、8話のネタバレ、あらすじ、感想、見逃し配信動画などはこちら

陸王、8話。動画、ネタバレ、あらすじ。感想。こはぜ屋は買収される?チーム陸王は解散?キャスト。視聴率。見逃し配信動画

ドラマ。陸王。7話の感想、視聴率など

陸王4話。動画、ネタバレ、あらすじ。感想。茂木は引退するのか、それとも?キャスト。見逃し配信。視聴率

陸王3話。動画、ネタバレ、あらすじ。感想。陸王のソールは改良できるのか?キャスト。見逃し配信。視聴率

陸王、2話。あらすじ、ネタバレ。靴底のソールの素材を手に入れられるか?感想。キャスト。視聴率。見逃し配信動画

ドラマ、陸王、1話。ネタバレ、あらすじ。スポーツシューズの開発に挑戦する人たちのドラマ。感想。キャスト。視聴率

陸王、7話の感想

陸王の7話の感想。

前回の陸王、6話では、ようやくデビュー戦を飾った陸王でした。

しかし、アッパー部分の素材を使えなくなり、生産ができなくなってしまうかもという状況になりました。

大地が一生懸命、素材の会社を探すようですが、なかなか見つからないようです。というのが、ドラマ、陸王の7話ですね。

そして、今回は、巨大アパレルメーカー「フェリックス」の社長・御園丈治役として、松岡修造さんが登場します。この御園が、陸王の鍵を握っているのかもしれませんね。

陸王の7話は、どうなるのか、楽しみですね。

陸王。7話の感想。陸王の開発にピンチが

今回の陸王、7話は、またしても、こはぜ屋に大きなピンチがやってきますね。

シルクレイの開発機が、燃えてしまいました。

アッパー素材もなくなって、しかも、シルクレイまでも。

シルクレイの開発機を、新たに作るには1億円が必要ということでしたが、銀行に断られてしまいます。
このため、紘一は、陸王の開発は諦めないとと思い始めて、もう諦めた感じでしたね。

しかし、息子の大地は、諦めないで、アッパー素材を作ってくれる会社を探していました。
その様子を見て、紘一は、ふたたび、陸王を開発しようという気になりましたね。
諦めなかったですね。紘一は。

というのが、まずは、陸王、7話の感想です。

陸王。7話。感想。紘一は、こはぜ屋を売るのか?

そして、紘一は、投資会社に転職した坂本に、投資ができないかと頼みますね。

しかし、結果は無理だということになりました。

けれども、こはぜ屋を買収したいという会社があると。
この会社が、飯山のシルクレイの特許を使いたいという、フェリックスでした。

飯山は悩んだ末に、フェリックスの提案を断って、これが、会社ごとの買収という話になったのでしょう。
フェリックスにしてみれば、安い買い物になるのかもしれませんね。

紘一にしてみれば、喉から手が出るほど、お金は欲しいですよね。そうなると、会社を売ってしまうというのもありなのかもしれません。

紘一は、どんな選択をするのでしょうか。これは気になるというのが、ドラマ、陸王の7話の感想ですね。

そして、陸王の8話は、どうなるのか。こはぜ屋を売ってしまうのかどうか。陸王8話、結末が気になりますね。

陸王、8話のあらすじ

陸王。8話あらすじ

ランニングシューズ「陸王」製造の心臓部であったシルクレイ製造機が故障してしまい、最大のピンチに追い込まれた「こはぜ屋」。窮地に立たされた上に、銀行員の坂本(風間俊介)からは「会社を売らないか」と提案され、宮沢(役所広司)は「100年続いたこはぜ屋の暖簾を手放せというのか!」と怒りを露にする。

坂本から会社を売らないかと提案された、宮沢は、怒るようですね。

たしかに、これは、怒りたくもなるかもしれませんね。

しかし、陸王の開発にはお金がいるわけで。どうするのかというのが、陸王、8話ですね。

ドラマ。陸王の8話のあらすじ。駅伝に参加する?

陸王の生産を再開するには、シルクレイ製造機の造り直しは必要不可欠だ。そのためには高額の資金が欠かせないが、現状はどうすることも出来ないでいた。そんなとき、こはぜ屋に出入りするドライバーの江幡(天野義久)が、近々開催される市民駅伝に参加しないかと話を持ちかけた。陸王を履いて参加することで、宣伝にもなるというのだ。

江幡が、陸王を履いて、市民駅伝に参加しないかと誘ってきたということです。

宣伝にもなるからと。

陸王。8話のあらすじ。御園社長の狙いは?

その提案を聞き「そんな場合ではない」と言い放った宮沢だが、わずかでも「陸王」が人の目に触れることで、興味を持ってくれる人が居るかもしれないと思い直し、自分と江幡、そして大地(山﨑賢人)、安田(内村遥)、そしてあけみ(阿川佐和子)とチームを組み出場を決意する。果たして、大会の結果は?一方、こはぜ屋の買収を画策する「フェリックス」の御園社長(松岡修造)はどう動くのか? その真意は!?

初めは、そんな時ではないと言った紘一でしたが、陸王が人の目に触れることで、興味を持ってくれる人がいるかもと思い、こはぜ屋のチームで、出場するということですね。

どうなるのでしょうね。

そして、こはぜ屋を買収しようとする御園社長の真意はどこにあるのでしょうか。

というのが、陸王の8話のあらすじです。どうなるのでしょうね。

ドラマ、陸王の脚本、演出、プロデューサーなど

脚本 八津弘幸

「下町ロケット」、「流星ワゴン」、「半沢直樹」などを手がけています。ドラマ、陸王もということで、これは、また期待できそうですよね、

プロデューサー 伊與田英徳、飯田和孝、川嶋龍太郎

ドラマで、プロデューサーが3人というのは珍しいような。伊與田英徳さんは、「半沢直樹」もプロデュースですね。「下町ロケット」「小さな巨人」などもプロデュースで最近の日曜劇場のプロデュースが多いですね。

演出 福澤克雄、田中健太

福澤克雄さんは、半沢直樹の演出もされていますね。

半沢直樹や下町ロケットなどに携わった人たちが、今度は、「陸王」をドラマ化ということです。これは、楽しみですね。

ドラマ。陸王の7話の視聴率は、14.7%

ドラマ、陸王、7話の視聴率は、どうなるでしょうか。

陸王、1話の視聴率は、14.7%で、2話の視聴率は、14.0%でした。陸王、3話の視聴率は、15.0%でした。4話の視聴率は、14.5%でした。陸王、5話の視聴率は、16.8%で、6話の視聴率は、16.4%でした。

陸王、7話の視聴率は、14.7%でした。ダウンしてしまいましたね。

以上、陸王、7話のあらすじ、ネタバレ、キャスト感想、視聴率などでした。

そのほかの2017年の秋ドラマは、こちら

2017年の秋ドラマ。2017年10月〜12月のドラマまとめ。陸王、ドクターX、コウノドリ、奥様は取り扱い注意など

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう