35歳の少女。6話ネタバレ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

スポンサーリンク

ドラマ。35歳の少女。6話あらすじネタバレ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

柴咲コウさん主演のドラマです。

日テレで、土曜日夜10時放送です。

6話は、時岡 望美(柴咲 コウ)は家を出て、広瀬 結人(坂口 健太郎)と暮らし始めますね。

35歳の少女の6話の、展開はどうなる?

35歳の少女。6話あらすじネタバレ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率などをまとめておきます。

↓ ドラマ。35歳の少女、6話の見逃し配信動画は、Huluで見られます。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

2020年秋ドラマ。10月〜12月のドラマ一覧。ネタバレあらすじまとめ

スポンサーリンク

35歳の少女。6話あらすじネタバレ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

35歳の少女。6話
35歳の少女。6話

ドラマ。35歳の少女、6話の主なキャスト、出演者

時岡 望美(柴咲 コウ)

広瀬 結人(坂口 健太郎)

今村 進次(田中 哲司)

今村 達也(竜星 涼)

今村 加奈(富田 靖子)

相沢 秀男(細田 善彦)

林田 藤子(大友 花恋)

時岡 愛美(橋本 愛)

時岡 多恵(鈴木 保奈美)

 

35歳の少女の脚本、演出、プロデューサーなど

チーフプロデューサー:池田 健司

プロデューサー:大平 太 諸田 景子 田上 リサ(AX-ON)

脚本:遊川 和彦

演出:猪股 隆一 明石 広人 伊藤 彰記(AX-ON)

ドラマ。35歳の少女の原作

35歳の少女は、遊川 和彦さんの脚本のオリジナルドラマということです。原作はありません。

公式Twitter、インスタグラムなど

35歳の少女の公式Twitter

35歳の少女のTwitter

35歳の少女の公式インスタグラム

35歳の少女のインスタグラム

 

ハッシュタグは、 #三十五歳の少女 ですね。

35歳の少女。6話あらすじ

ドラマ。35歳の少女、6話のあらすじ

望美のぞみ(柴咲コウ)は、初めて多恵たえ(鈴木保奈美)から離れることに不安を隠しながらも、結人ゆうと(坂口健太郎)との「幼い同棲」を始める。周囲に交際を認めてもらうために真面目に生きようと誓う結人と望美。代行業をやめて教師の職を探す結人は、望美がアナウンサーの夢を諦めていないことを知るが、現実の厳しさを伝えられずにいた。一方多恵は、望美のいない寂しさを紛らわせように仕事に没頭する……。

 

勢いで会社を辞めた愛美まなみ(橋本愛)は、夢だったグラフィックデザイナーを目指すも就活は難航。お酒のトラブルで会社をクビになった進次しんじ(田中哲司)は行き場をなくし、酔って時岡家を訪ねる。望美が出て行ったことを知り、つい多恵に勝ち誇ったような態度をとるが、一蹴される。

 

一方、理想の教師像を掲げる結人は、採用してくれる小学校が見つからず次第に追い込まれていく。そんな結人を励まし、自分もアナウンサーになる努力を続ける。

そんな中、愛美が二人のアパートを訪れる。無邪気に夢を追う望美から“本当は多恵の元に帰りたいのでは?”と本質をつかれついカッとなる愛美。さらに家族の幸せを心から願う望美は、思いがけない行動に出る。

35歳の少女

↓ ドラマ。35歳の少女、6話の見逃し配信動画は、Huluで見られます。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

スポンサーリンク

35歳の少女。6話のネタバレ

以下、35歳の少女。6話のネタバレです。

35歳の少女。6話のネタバレ。望美は結人と暮らし始める

時岡愛美(橋本 愛)が、学校でいじめられたと泣いている。
今村進次(田中哲司)が酔って帰宅する
時岡望美(柴咲コウ)がマンボで盛り上げる

望美が目が覚める。
広瀬結人(坂口健太郎)の家だと気がつく。ママとはもう会えないのかという。

結人は、ママたちに真面目に付き合っていると認めてもらわないとと。
小学校の面接を受けるという。

望美は、アナウンサーになるつもりだと。
結人は難しいだろうと言うが、望美は熱意を伝えれば大丈夫だろうという。

そして、スーツを買いに行く。

愛美は転職活動をしているが、動画を見たと言われて、なかなか決まらない。

進次は懲戒解雇された。お客さんに引き渡す家で酔いつぶれていたから

夜、進次は酔って、今村家にやってくる。
進次「俺のどこが悪いってんだよ。会社クビになって。家も追い出されなきゃ」
時岡多恵(鈴木保奈美)に、別れると言われた時から歯車が狂ったと。

進次は望美はどうしたのだと。
多恵「あの子なら出て行きました。私より結人君といたいそうです」
私は、何一つ後悔していません。望美を諦めなかったのだった。

結人は、面接に行く

望美たちは、職探しをしている。35歳の少女。6話ネタバレ

結人が帰宅すると、望美は面接はどうだった?と
結人「多分、全部、ダメだよ」
望美は明日もわかってくれる学校はあると。
自分は、アナウンサーの面接に行ったが、年齢制限があると言われたと言う。

愛美はハローワークに行く。
と、進次もいる。
喫茶店に行く

進次は、愛美は離婚した時、ついてこなかったという。
愛美は進次に、向こうの人と別れるのかと、ママのほうが好きなのではと。

愛美は、結人に電話する。捨てるようなことはしないでねと、愛美。
うちに来ないかと、結人が誘う。

望美はみんなで夢を叶えようよ、という。
愛美「アナウンサーになる夢、諦めてないとか」
望美は大丈夫だと。夏目漱石はデビューが遅かったという

望美「まなちゃん、ママのところに帰ったら?」
本当は暮らしたいんじゃないかと思ってと。
愛美はこんなままごとみたいな生活は続かないと言い残して、出ていく

望美は、進次に電話する。
進次「パパのことはいいから、ママのことはどうするんだ?寂しそうだったぞ」

スポンサーリンク

35歳の少女。6話のネタバレ。望美はみんなを応援したい

進次は帰宅する。
今村加奈(富田靖子)は部屋から出てこない。
今村達也(竜星涼)はなんとかしろ、説得して出てこいと言えという。

達也は、愛してるとか言えばいいだろうと。
誰かやってくる。
と、加奈が出てくる。宅配
通販で何か毎日のように買っている。

望美は、みんなのことが心配
カセットテープを聞く。
なんでアナウンサーになりたいのかと。
望美は、色んな人と会って、話を聞いて、世界中の人に伝えるのだという。
友達になって、幸せになって欲しいと
多恵は、素晴らしいと思うと言う
多恵「ママは、応援するよ。世界中の人が笑顔になったら、素敵だと思うから」

望美は、豆腐を買ってきて、みんなで力を合わせようと言おうと思うと。
結人はやめたほうがいいのではという、聞いてくれないだろうから
しかし、

望美は、進次と愛美を呼んで、多恵のいる家にいく。

望美はお願いがあると。
望美「ここで3人で暮らしたら?」お互いに励ましあったりすれば、頑張っていけると思うと。
進次は、ママが許すわけないという。

多恵は、愛美に電話もメールもしていると
愛美は私が悪いという。

望美は、しばらく一緒に暮らすことを許してあげてよと、多恵に。
多恵「わかった。」
ここで家族で暮らしましょう
多恵「望美あなたもよ。結人と暮らして幸せとは思えない。」
結人はどうなのかと。
多恵「あなたがアナウンサーになるのは、もう無理」
望美「何があっても応援してくれるって言ってくれたじゃん」
愛美は「もうこれ以上余計なことしないでくれる?」
愛美「あの時、死んでくれればよかったんだから」
進次がビンタする。
愛美「お姉ちゃんのせいで、大切な家蔵はバラバラになっちゃったの!」
と出ていく

望美も出ていく

結人が望美に。35歳の少女。6話ネタバレ。結末

結人が帰宅すると、望美はいない。
結人は望美を探す。
雨が降ってくる

望美が結人に電話してくる
望美「私は、アナウンサーになれると思う?正直に言って」
結人「無理だと思う」

望美は25年前に死んだほうがよかったのかな、と。
結人「そんなことない!」
と、救急車のサイレンの音がする。電話からも

家に戻る、結人
望美「本当は、私がみんなの時間を盗んでたんだね。昔はみんなを笑顔にすることができたのに、今はできない」
と泣いてしまう。
死んだほうがよかったのかも

結人「俺ができることがやってやりたい。お前の家族に笑顔になってほしい。苦しむのもやめてほしい」
でも、どうしたら苦しみから救ってやれるかわからない、俺には何にもできない。

結人「けど、俺は、どんなことがあってもお前のそばにいる。離れない」
「モモ」の亀みたいだと、望美。

キスする2人

望美は、私にはこの人がいると。

以上、35歳の少女。6話のネタバレでした。

↓ ドラマ。35歳の少女、6話の見逃し配信動画は、Huluで見られます。
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

35歳の少女。6話のまとめ、感想。視聴率など

35歳の少女、6話のまとめ

6話は、望美が、結人と暮らし始めます。

不安ですが、望美は、アナウンサーになろうと頑張りますね。

結人のことも応援します。

愛美は会社を辞めて、進次は辞めさせられます。

 

みな、転職、就職活動ですね。

進次は酔って、多恵に当たる感じになっていました。

愛美は、望美を心配しますが、望美や多恵にも、反発しますね。

 

望美は、なんとかみんなを幸せに、まとめようとしますが。うまくいかず。

愛美は、死んだほうが良かったと。

落ち込む望美でしたが、結人は、ずっとそばにいると、キスをします。

 

というのが、35歳の少女、6話のまとめです。

35歳の少女、6話の感想。現実がうまくいかないと

現実が思ったようにうまくいかないと辛いですよね。

望むようにいったら、こんな感じにはならないわけで。

 

それでも、どうにかしたいと望美が頑張るわけですが、とくに愛美は反発して。

なかなかうまくいかなかったですね。

ただ、結人は、ずっとそばにいると言っていました。

これが続くと良いのですが、7話、どうなるでしょうね。

ドラマ。35歳の少女、7話のあらすじ

のぞみ(柴咲コウ)は喧嘩別れしてしまった家族のことが内心気になりつつも、これからは結人ゆうと(坂口健太郎)のために生きようと決める。しかし、両親に挨拶させてほしいと頼む望美に、結人は家族とは縁を切ったと濁す……。

 

一方、家庭内別居状態が続く進次しんじ(田中哲司)は、加奈かな(富田靖子)から離婚届を突きつけられる!さらに、謎の大金を手にした達也たつや(竜星涼)は本当の父親に会いに行ったと言い……。そしてデザイナーとして就職先の見つからない愛美まなみ(橋本愛)は、鉢合わせた相沢あいざわ(細田善彦)と藤子ふじこ(大友花恋)から結婚の報告を受け荒れていた。

 

教師としての理想を叶えられる小学校を見つけられない結人は人知れず追い詰められていた。そんな中、アナウンサーの夢を諦め洋食屋でアルバイトを始めた望美の元に多恵たえ(鈴木保奈美)が現れる。“普通の人生”を歩もうと焦る心の内を見すかされながらも、多恵の前で強がる望美。多恵は、“結人が望美の気持ちを受け止められなくなる”と、不吉なことを言い残す。

その日、再び両親に紹介してほしいと頼まれ根負けした結人は、望美を連れて実家へ。そこで望美は、今まで知らなかった結人の家族関係を目の当たりにする……。

35歳の少女。7話あらすじ予告動画。キャスト。見逃し配信動画

35歳の少女。視聴率は?

35歳の少女、6話の視聴率は、どうなるでしょうね。

35歳の少女、1話の視聴率は、11.1%でした。

35歳の少女、2話の視聴率は、9.6%でした。

35歳の少女、3話の視聴率は、10.0%でした。

35歳の少女、4話の視聴率は、9.1%でした。

35歳の少女、5話の視聴率は、9.4%でした。

35歳の少女、6話の視聴率は、7.6%でした。

35歳の少女の見逃し配信動画は?

35歳の少女の見逃し配信動画は、Huluで見られるようになるのではないかと思います。

35歳の少女の各回のネタバレ、あらすじ、結末など

35歳の少女の各回のネタバレ、あらすじ、結末などは、以下に追記予定です。

35歳の少女。8話あらすじ予告動画。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

35歳の少女。7話ネタバレ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

35歳の少女。7話6話5話4話3話2話1話。最終回の結末まで。柴咲コウさん主演。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?最終回はいつ?主題歌

35歳の少女。7話あらすじ予告動画。キャスト。見逃し配信動画

35歳の少女。6話ネタバレ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

35歳の少女。6話あらすじ予告動画。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

35歳の少女。5話ネタバレ。望美が家を出ていくことに。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

35歳の少女。5話あらすじ予告動画。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

35歳の少女。4話ネタバレあらすじ感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

35歳の少女。4話あらすじ予告動画。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

35歳の少女。3話ネタバレ。感想。望美が多恵に感謝を伝える。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

35歳の少女。3話あらすじ予告動画。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

35歳の少女。2話ネタバレあらすじ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

35歳の少女。2話あらすじ予告動画。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

35歳の少女。1話あらすじネタバレ。目覚めたら35歳。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率

35歳の少女。主なキャスト、出演者についてなど

時岡 望美(柴咲 コウ)

主人公の時岡 望美は、柴咲 コウさんですね。

明るく無邪気で能天気な小学4年生で、“喜怒哀楽”が激しいということです。

クラスメイトの広瀬結人に思いを寄せていて、事故に遭い、心は10歳のまま35歳の体で目覚めたとのこと。

広瀬 結人(坂口 健太郎)

広瀬 結人は、坂口 健太郎さんです。

望美の小学校のクライメイトで初恋の相手ということです。一度小学校の教師となったが、ある事件をきっかけに退職しているそうです。

望美への想いもふたたび出てくるようですね。どうなるのでしょう

時岡 愛美(橋本 愛)

時岡 愛美(橋本 愛)さんです。

望美の妹です。

大手広告代理店の営業部門で働いており、一見、美人で、仕事もできるしっかり者だが、外見とは裏腹のメンヘラ“かまってちゃん”タイプ。

恋愛には不器用。男は決まって去っていくということで、恋愛下手のようです。

今村 進次(田中 哲司)

今村 進次は、田中 哲司さんが演じます。

望美の父です。

望美の事故から5年後、妻と離婚し、再婚。

義理の息子が引きこもりになってしまって、家庭も仕事も行き詰まっているとのこと。

今村 加奈(富田 靖子)

今村 加奈は、富田 靖子さんです。

進次の再婚相手。

進次が前の家庭に未練があることに勘付いていながら、何も言えていないでいるということで、進次との関係は微妙なようです。

今村 達也(竜星 涼)

今村 達也は、竜星 涼さんです。

加奈の連れ子ということです。

そこそこの私大を卒業後、そこそこの企業に就職したが、いじめに遭い、2年足らずで会社を退職してしまう。

自宅の部屋に1年以上引きこもっているということです。

相沢 秀男(細田 善彦)

相沢 秀男は、細田 善彦さんが演じます。

愛美の勤める大手広告会社の営業部課長だそうです。愛美の重い愛にうんざりし愛美と別れたがストーカーまがいの行動で追い回されるということで、ちょっと大変そうですね。

林田 藤子(大友 花恋)

林田 藤子は、大友 花恋さんです。

愛美の部下で相沢の恋人とのこと。

時岡 多恵(鈴木 保奈美)

時岡 多恵は、鈴木 保奈美さんです。

望美の母親。25年間望美の介護を続ける一方で、保険の外交員として、二人の娘を女手ひとつで育ててきた。

「いつか、娘が目覚める」ことだけを信じて生きてきた。

記事まとめ

シェア

フォロー