アニメ・3月のライオン・15話。ネタバレ、あらすじ。感想。零の自我、出席日数は足りる?

シェアする

スポンサーリンク

アニメ・3月のライオン・15話。ネタバレ、あらすじ。感想。

3月のライオン・15話は、島田に負けた零がどうなるのか。

そして、島田と後藤の勝負がどうなるのか、というところが気になるところですね。

アニメ、3月のライオン、15話、どうなったのでしょうか?

3月のライオン15

ストーリー・3月のライオン・15話

アニメ・3月のライオン・15話。ネタバレ、あらすじ。感想。零の自我、出席日数は足りる?

Twitter

3月のライオン・15話。ネタバレ、あらすじ

Chapter.30 月光
香子
ひび割れたようなグラス。
そのヒビを入れたのは、父親と僕だった。

香子が出て行く。
香子:将棋以外の人生もあるさと言って。二人して負け犬のように見て。
零:僕が出て行くよ。僕なら心配する人はいないから。

後藤と島田の三番勝負
「ガチンコの殴り合い。」
林田:行ってくれば?将棋会館。
と言われ、将棋会館に行く、零。

これは、自分を信頼している同士の戦いなのだ。

島田が負ける。後藤九段の白星。

香子が来る。
島田:A級、なめんてじゃねーぞ。

零の心の声:早く大人になりたかった。大事な人たちを守れないと思ったから。

Chapter.31 自我のカタマリ

三日月堂で。
ひなた:本当にがんばったんだと思う。零ちゃんなら。
川本相米二:挑戦したと言うことだから。
あかり:よっぽど勝ちたい相手だったんでしょうね。
川本相米二:仕事の恥は、仕事で取り返すしかないからな。なあに、そのうち気づくさ、一線でやっている奴はみんな恥をかいていると言うことに。

零は、もう欠席できない。
だから、後藤と島田の対局を見られない。

また、ガチンコ。
両者、入玉。
島田が勝つ。

島田:坊はどうして、桐山に優しくしようとするんだ?
二階堂:桐山は、僕の頭をかち割って、泥の中から出してくれたと思うからです。俺より強い奴がいる。俺はひとりぼっちじゃないんだって。
島田:わかるよ、それ。なんとなく。

その頃、桐山は、先生の計算ミスで、出席日数が2日足りず、レポートで穴埋め。

アニメ・3月のライオン・15話の感想

3月のライオン、15話、島田と後藤は、1勝1敗ということで、次、どちらが勝つかで次に進むほうが決まりますね。

かなりガチンコの戦いだったということがわかります。

そんな様子を見たり、見られなかったりした零ですが、学校の出席日数が足りず、レポートで穴埋めだそうです。これで、進学ができるのでしょうか。

恥をかいて、失敗して、そこから学んで、どう進んでいくのか。

零の今後が気になりますね。

そして、二階堂は、やはりいいやつということで(笑)。

二階堂は癒しキャラでもありますね。

努力している人間がいるというのは、周りにそういう人がいないと、確かに、同じ種類の人間がいて安心ができるというのはあるかもしれませんね。

3月のライオン、15話は、ストーリーは、そこまで進まなかったような気もしますが、零や二階堂がこれからどうなっていくのかといったことが気になる感じで、よかったなと思います。

アニメ、3月のライオン16話は、島田と後藤、どちらが勝つかが気になりますね。

ということで、次回の3月のライオン、16話も、楽しみです!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう