99.9ー刑事専門弁護士。第2話の感想、あらすじ、ネタバレ。松本潤、香川照之、榮倉奈々の弁護士ドラマ

シェアする

スポンサーリンク

99.9ー刑事専門弁護士。第2話も見ました。嵐の松本潤演じる、深山がまた事実に迫っていました。

第1話はこちら。

99.9ー刑事専門弁護士。第1話の感想、あらすじ、ネタバレ。松本潤、香川照之、榮倉奈々の弁護士ドラマ – ゆらりのらり感想ブログ

「99.9ー刑事専門弁護士」の第2話以降、どんな展開になっていくのか。なぜ、深山は刑事専門の弁護士をやっているのかなどが描かれるのかもしれません。 刑事専門ルームのチームが、今後どうなっていくのなど、気になりますね。

99.9ー刑事専門弁護士。第1話の感想、あらすじ、ネタバレ。松本潤、香川照之、榮倉奈々の弁護士ドラマ – ゆらりのらり感想ブログ

第2話は、どうなったのでしょうか。

f:id:yurarinorari:20160424221640j:plain

あらすじ|TBSテレビ:日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士-』

スポンサーリンク

99.9ー刑事専門弁護士。第2話の感想、あらすじ、ネタバレ。

99.9ー刑事専門弁護士、第2話のあらすじ

居酒屋で、騒いでいた男と揉み合いになり、殺してしまった、山下。その山下の弁護をすることに、今回はなっています。

山下は、向こうが喧嘩を売ってきた、ナイフを振りかざしてきたので、そのナイフで被害者の木内を刺したと正当防衛を主張する。

しかし、事実を探求したい、深山は、被害者の木内の刺し傷が、山下が言う、2回ではなく、5回であることから、疑いを持つ。

まずは、居酒屋の店長に、どういう状況だったかを聞きに行く。山下の証言通り、木内が騒いでいて、山下と言い合いになって、店の外に出て行ったとのこと。

深山は、被害者の木内の出身地静岡に聞き込みに。そこで、以前、木内が、女性を強姦していることを知る。そしてのその女性は自殺をしていて、その婚約者が、山下だったことがわかる。その女性は、犯人は2人いたと警察に伝えたが、警察には信じてもらえなかった。

木内は、朝霧インターナショナルの会長の孫で、朝霧が、警察などに圧力をかけ、示談として事件をもみ消した。朝霧インターナショナルは、斑目法律事務所の大口取引先で、朝霧会長は、香川照之さん演じる佐田に、早く終わらせるように迫る。

そこで、佐田が、深山に手を引くように迫るが、

佐田:手を引け
深山:僕には僕のやり方しかできません。

と、事実を探すことにこだわる深山。

事件を見たという人を見つける深山だったが、その人は、事件の次の日に消えた。
3日間深山が、目撃者を待っていると、目撃者が現れる。

逃げる目撃者。榮倉奈々さん演じる、立花彩乃がプロレス技をしかけ、捕まえる。

目撃者いわく、山下さんが木内を刺したあと、もう一人、男が来た。そして、その男が木内を刺した。「死にたくなかったら、この金で黙ってろ。」と金をもらった。

その金は、木内が持っていたものだった。

居酒屋の店長が、防犯カメラに山下さんと木内を追っていく姿が、映っていた。

店長は、静岡の出身で、木内と山下さんの婚約者を強姦した犯人でもあって、木内が脅しに来ていたことを恨み、木内を殺したのだった。

そんな店長に立花は、「あなたは、木内に罪をなすりつけて、普通に生きようとした。自分勝手に2つの命を奪ったあなたにそんなこと許されないから。」と言い放つ。

店長は逮捕される。

山下さんは、自分は木内を殺そうとしていたと、罪を償うことに。ただ、2人目の犯人も捕まってよかったと。

感想:99.9ー刑事専門弁護士、第2話

今回は、なんというか殺そうとした山下さんの動機が、ちょっとわかる気もします。

なので、山下さんに同情してしまうところも無きにしもあらずです。

犯罪が犯罪を呼ぶというのはあるのかもしれません。嘘が嘘を呼ぶ。批判が批判を呼ぶような。

それにしても、事実にこだわるのが、深山というのは、2話でも同じですね。たしかに、2回しか刺していないと言っているのに、刺し傷が5カ所もあるのは、さすがにおかしいですが。

弁護士が調べることというよりは、検察が調べるとか、警察が調べることなのかも。こういうのは私はよくわかりませんし、結果として、事実がわかれば、それはそれで、裁かれることになるというのはあるのでしょうけれど。

今回は、朝霧インターナショナルという、斑目弁護士事務所の大口顧客も関係してきました。それでも、所長の斑目は、朝霧が契約を切ってきても、あまり関係ない感じでしたね。朝霧のライバル会社から契約の申し出があったというのはあるのでしょうけれど。斑目所長も、なかなかの「たぬきおやじ」です。

第2話は、事件の関係者の関係が、なかなか複雑でした。そういう意味では楽しめた感じです。ただ、いまいち、深山や立花が、どういう理由で弁護士をやっているのかといったことは出てきていませんでしたね。まだ2話目なので、このあたりはこのあと乗除に明かされるのかもしれませんが。

このあたりが出てこないと、単なる、推理モノになってしまうかも、などと思ってしまいました。まあ、今後出てくるというのはあるのでしょうから、次以降に期待したいです。

立花が店長に言い放った言葉で、正義感が強い・強気というのはわかりましたよね、まあこれは、第1話からなんとなくわかっていたことですが(笑)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう