99.9ー刑事専門弁護士。第3話の感想、あらすじ、ネタバレ。松本潤、香川照之、榮倉奈々。

シェアする

スポンサーリンク

99.9ー刑事専門弁護士。第3話。

今回は、どんな展開になるのでしょうか。果たして、嵐の松本潤さん演じる深山大翔の過去などは明らかになっていくのでしょうか。

第1話、第2話は、こちら。

99.9ー刑事専門弁護士。第1話の感想、あらすじ、ネタバレ。松本潤、香川照之、榮倉奈々の弁護士ドラマ – ゆらりのらり感想ブログ

99.9ー刑事専門弁護士。第2話の感想、あらすじ、ネタバレ。松本潤、香川照之、榮倉奈々の弁護士ドラマ – ゆらりのらり感想ブログ

f:id:yurarinorari:20160501220151j:plain

あらすじ|TBSテレビ:日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士-』

99.9ー刑事専門弁護士。第3話の感想、あらすじ、ネタバレ。

99.9ー刑事専門弁護士。第3話のあらすじ

今回は、川口建設の金庫に常備していた1000万円が盗まれ、経理を担当していた吉田果歩が、1000万円を盗んだと疑われる。その弁護が今回なのですが、榮倉奈々さん演じる、立花彩乃が、今回は自分が担当したいと言い出し、それを香川照之さん演じる佐田篤弘が認めることになります。

深山は、あまり活躍しないのでしょうか。

依頼してきたのは、宮崎冴子という吉田さんの母親で、末期のすい臓がん。
お金は貯金してきたものがあるから、娘を助けて下さい、と頼んでくる。

金庫の暗証番号は、川口建設の社長と専務と吉田果歩さんだけが知っている。

果歩さんに立花と深山が接見に行くと、果歩「私には母はいません。あんな女には助けてもらいたくない。」と断られる。

吉田さんの母の宮崎冴子は、「15年以上、会ってない。あの子を捨てて逃げたんですから。父親は、仕事をしない人間で借金が。暴力も振るうので、離婚した。父親が果歩を手放さない。3年後に、養護施設に入れられたと聞いたが、あたらしい家族ができていた。最後にあの子に会いたい。謝りたい。最後は親らしいことをしたい。」

と弁護を頼んできた。

深山が川口建設に行って、社長と専務に当日の状況を聞く。

お金がなくなったのは、出張の日の翌朝です。
社長・大阪と専務・栃木に出張。
社長、毎日開ける。

ひと月ごとに暗証番号は変える。足し算をして、番号を覚えてもらうとのこと。

吉田さんの私物には、大きい三角屋根の家の写真がたくさん入っていた。

養護施設の人:お金を大切にする子なんです。お母さんと、大きな三角屋根の家に住むんだと昔、言っていました。

立花が、また吉田さんに接見に行く。

吉田さん:あんな女とは会いたくない。
立花:余命、一ヶ月です。

母親の宮崎冴子さんからの手紙を読む。

「本当にごめんなさい。いつか三角屋根の家で暮らそうねと言ったことを覚えていますか。少しずつ貯めたお金があります。あなたは、そのお金でその家に住んでください。」
吉田果歩:「罪を認めます。早く出られると聞きました。お母さんに早く会いたいんです。」

佐田に相談する、立花。示談にしたほうがいいのでしょうか。
佐田は「それが依頼人の利益だ」と。
深山は「僕はそれが弁護だとは思いません。
僕だったら、事実を曲げることは絶対できません。」

またしてもぶつかる、佐田と深山。

斑目所長は「示談にしたいと言ってきたみたいだね。依頼人の利益とはなんだと思う?
依頼人の人生に良いこととは限らない。利益が何かなんて決まった何かなんてないんじゃないかな。判断ができるのは、吉田さんと向き合っている君だけだ。決めなさい。」

立花は、「裁判で争おうと思います。ただし吉田さんを説得します。」と佐田に伝え吉田さんを説得に行く。
「私なら、無実を証明して、お母さんに会いたい。」と吉田さんを説得した立花。

裁判では、川口建設の社長が、大帝建設の社長に、お金がなくなった日に会いに行っていた。口利き料として、渡していた。そして、金庫の暗証番号も、専務と吉田果歩さんは勘違いして覚えていたから、開けられたのは社長だけとわかる。

無罪判決となり、母親の冴子と会う、吉田果歩さん。

99.9ー刑事専門弁護士。第3話の感想

今回は、なんと、榮倉奈々さん演じる、立花彩乃が、弁護をすることに。

というのがちょっと意外でしたが、無事に依頼人の無罪を証明できましたね。

今回も、佐田と深山は、なんとなくぶつかっていました。

考え方が違うからでしょう。深山は、事実にこだわる。佐田は、弁護人の利益、求めることにこだわる。ぶつかるのでしょうね。

それでも、佐田は、料亭で川口建設の社長と大帝建設の社長が会っていることを突き止めて、立花に教えています。ルーム室長として、動くようになってきたというところでしょうか。

一方、深山は変わらないですね。

そして、一瞬でしたが、深山が、自分の過去のことを思い出しているようなシーンがありました。いまいちよくわかりませんでしたが。もしかすると、深山の過去が、事実にこだわるようにさせているのかもしれません。

今回は、立花が主役のような展開でした。深山だけに活躍させたくない、助手みたいなのは嫌ということからでしたが、判断に迷いそうなところも、助言を聞きつつ、自分で決めていました。

少しずつ、深山のやり方もわかってきていて、自分も弁護をやりたいということで、やってみて、結果としてうまくいきましたね。

深山、佐田、立花が3人で協力しているというのとは、まだちょっと違う感じがしますが、最初の頃よりは、「協力的」と言えるのかもしれません。

99.9の第4話以降では、この3人、どうなるのでしょうね。今度は、深山が解決していくのだろうと思いますが。

3人の関係も気になりつつ、深山や立花の過去がどんな感じなのかも、気になります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう