99.9ー刑事専門弁護士。第6話の感想、あらすじ、ネタバレ。松本潤、香川照之、榮倉奈々。真犯人を見つける

シェアする

スポンサーリンク

99.9ー刑事専門弁護士。第6話です。第5話からの続きですね。

真犯人は誰なのか、2つの事件は解決できるのか?

99.9ー刑事専門弁護士。第5話の感想、あらすじ、ネタバレ。松本潤、香川照之、榮倉奈々。真犯人は誰? – ゆらりのらり感想ブログ

99.9ー刑事専門弁護士。第4話の感想、あらすじ、ネタバレ。松本潤、香川照之、榮倉奈々。佐田ファームは? – ゆらりのらり感想ブログ

第7話はこちら

99.9ー刑事専門弁護士。第7話のあらすじ、ネタバレ、感想。松本潤、香川照之、榮倉奈々。社長の息子の犯罪を暴けるか? – ゆらりのらり感想ブログ

f:id:yurarinorari:20160522220332j:plain

あらすじ|TBSテレビ:日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士-』

99.9ー刑事専門弁護士。第6話の感想、あらすじ、ネタバレ

99.9ー刑事専門弁護士。第6話のあらすじ、ネタバレ

真島博之(当時21歳)は、恋人の小野美希を殺害。真島は獄中で死亡。

事件は、1998年10月23日に起こった。

調書を作った検事は、香川照之さん演じる佐田。主任検事は、十条。
三枝尚彦が目撃者として目撃証言をした。

佐田は、再捜査するように言ったが。

佐田「0.1%を見つけるのが得意なんだろう。その新しい証拠を見つけてから、ここに来てください。」と、松本潤さん演じる、深山に言う。

現場に行く、深山と明石。

十条に会いに行く佐田。

佐田「再捜査はされたのでしょうか?」十条「優秀な部下がとった調書を信じたということだ。検索官として当たり前のことをしたまでだ。」

当時のニュース映像。
目撃証言があった南星橋は工事中で通行止め。10月23日まで工事中の看板が映っていた。

真島の母親に佐田が謝りに行く。
母親「今度こそ、再審をしてもらえるんですね。殺人犯の母親として生きてきました。私も死のうと思ったのですが、遺族でも再審請求できると知ってあの子の無実を証明しようと思ってきました。ありがとうございます。」

丸川検事「嘘の目撃証言をしたことは明確だ。」
「記憶違いをしたんだ。北星橋だった。本人を読んで確認しろ。」
三枝「北星橋だった。」

検察は、再審請求を棄却。

真犯人を見つけるために

佐田「事件を一から洗い直す。」真犯人を見つけるために。

真島と小野は、テニスサークルで知り合って、交際を始める。
小野さんの親友は、小野さんが真島と大げんかして脅されて危険を感じていたと証言している。
防犯カメラに真島さんが映っていた。
真島さんの親友のところに深山が行く。

板橋卓二「先に寝てしまった。10時から午前3時。わからない。息子が一人います。彼女も逃げてさえいなければ、逆上されて殺されることはなかったのに。」
小野さんの親友のところに、佐田と立花彩乃が行く。親友は「些細な喧嘩。脅されて危険を感じていたなんて言っていません。調書の確認はしていますか?していません。
しつこく言い寄ってくる人がいて困っていると言っていました。」

防犯カメラの映像の再現。

丸川検事が防犯カメラの写真を見る。

電柱からバイクに乗っている人の身長を計測。
このバイクに映っている人は真島さんではない。

板橋さんに会いに行く、深山と佐田。
深山「小野さんが逆上されて逃げて殺されたとはどこにも出ていない。それは現場にいる犯人しか知りえないこと。」と板橋さんに迫る。
佐田「私は真犯人を見抜けなかった。あなたにこんな思いをさせてしまって申し訳ない。でも罪は罪だ。嘘が本当になることはない。一度ついた嘘は必ず自分に返ってきます。板橋さん、あの奥さんと子供の前で心から笑ったことはありましたか。」
板橋「ずっと後悔していて。あいつを犯人にしてしまって。2人を殺したのは自分なのに。自分だけこんな」
佐田「ご自身で自首してください。」

大友検事正「もういいだろう。谷繁さんの事件も再捜査するように指示を出せ。」

谷繁さん、意識が戻る。

深山「公明正大な場で裁きを受けてください。」と三枝に。

佐田が深山に「お前のおかげだよ、感謝している」

同窓会?で、大友検事正と班目所長が、食事をする場面が。

99.9ー刑事専門弁護士。第6話の感想

複雑に絡み合った2つの事件。しかも、検察は隠蔽したいかのようでした。そして、18年前の事件ですから、どうだったのかはわからない。

しかし、それでも、事実を見つけようと、深山は現場に行ったり、ニュース映像を見たりしていましたね。事実を見つければ、なんとかなる。というか、事実を見つけたいというのが、深山の行動の理由だったりします。

それに感化されたのか、今回は佐田も、事実を見つけるために動きます。まあ、自分が昔関わった事件ですからね。それは動きますよね。そんな「99.9」の第6話でした。

それにしても、検察は結構悪どい感じです。まあ、間違ったと認めたくないというのもあるのでしょう。また、大友検事正と班目所長は、知り合いのようというか、同級生、同期生なのでしょうか。ここもつながっているのですね。

まだ、深山の過去があまり出てきていません。次は第7話です。そろそろ、もう少し出てきてもいいような気もしますね。次は、また違った事件のようです。今回は、佐田や大友の過去のような話でしたが、今後、深山と大友が絡んでくるということもあるのではないでしょうか。7話以降も、気になる「99.9ー刑事専門弁護士」ですね。

99.9ー刑事専門弁護士。第1話の感想、あらすじ、ネタバレ。松本潤、香川照之、榮倉奈々の弁護士ドラマ – ゆらりのらり感想ブログ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう