↓ ドラマの見逃し配信動画はこちら

FOD Hulu U-NEXT ビデオマーケット

↓ おすすめのドラマの見逃し配信動画はこちら

ドラマの見逃し配信動画のおすすめサイトまとめ。U-NEXT、FOD、Hulu、auビデオパス、ビデオマーケット

BG 身辺警護人。1話。動画。ネタバレあらすじ。感想。島崎章(木村拓哉)は立原愛子(石田ゆり子)を守れるか。キャスト。視聴率。見逃し配信動画

シェアする

スポンサーリンク

BG 身辺警護人。1話。動画。ネタバレあらすじ。感想。キャスト。視聴率。見逃し配信動画

ドラマ「BG-身辺警護人」1話は、2018年1月18日(木)夜9時から放送スタートです。初回のBG1話は、拡大放送です。

BGの1話は、島崎章(木村拓哉)が、ボディガード、身辺警護人に復帰するということですね。

そして、1話は、厚生労働大臣の立原愛子(石田ゆり子)を守れるのか、というのがあらすじのようです。

また、BGでは、島崎は民間会社に勤めているということで、警察には快く思っていない人もいるようで、落合義明(江口洋介)などと対立しつつ、話が展開していくということのようです。
BGの1話は、どんな話になって、どんな結末になるのでしょうか。
ということで、BGの1話、どんなストーリーなのか。以下、BG第1話のあらすじ、ネタバレ、感想などです。
BG 身辺警護人の1話の見逃し配信動画は、U-NEXTで見られます。
U-NEXT

BG。身辺警護人。ネタバレ。あらすじ。1話から最終回まで。見逃し配信動画。キャスト。視聴率は?最終回はいつ?木村拓哉さん主演のボディガードのドラマ

BG 身辺警護人 1話

BG 身辺警護人。1話。動画。ネタバレあらすじ。感想。島崎章(木村拓哉)は立原愛子(石田ゆり子)を守れるか。キャスト。視聴率。見逃し配信動画

BG 身辺警護人。1話のキャスト、出演者

島崎章(木村拓哉)

落合義明(江口洋介)
高梨雅也(斎藤工)
菅沼まゆ(菜々緒)
沢口正太郎(間宮祥太朗)

立原愛子(石田ゆり子)

村田五郎(上川隆也)

今関重信(永島敏行)

氷川修(宇梶剛士)
清田春孝(阿部進之介)

河野純也(満島真之介)

島崎瞬(田中奏生)

BG 身辺警護人。1話のゲスト出演者

雑誌記者・犬飼悟(勝地涼)

太田詩織(新井恵理那)

BG。身辺警護人、1話の予告動画

BG 身辺警護人、1話の予告動画

公開終了

BGの1話は、警備保障会社が、新たに身辺警護の部署を作って、そこに、島崎章(木村拓哉)が復帰するという話から始まるようです。

そして、厚生労働大臣の立原愛子(石田ゆり子)の身辺警護を行うようですが、果たしても守ることができるのか。

このあたりが、BG1話の見どころですね。

「BG-身辺警護人」の公式Twitter

「BG-身辺警護人」の公式Twitter

「BG-身辺警護人」の公式Twitter

BG-身辺警護人の1話を見逃した方は、見逃し配信動画が、U-NEXTで見られます。
U-NEXT

BG 身辺警護人、1話のネタバレ、あらすじ

以下、BG 身辺警護人、1話のネタバレ、あらすじなどです。

BG-身辺警護人。1話のあらすじ

BG-身辺警護人。1話。あらすじ

極寒の路面補修工事現場――警備員の島崎章(木村拓哉)が勤務する現場に一台の黒塗りの車が通りかかる。助手席には黒っぽいスーツを着た男・落合義明(江口洋介)、そして後部座席にはサングラス姿の立原愛子(石田ゆり子)が座っていた。記者たちに追われ急を要する気配を察した章が抜け道を指示すると、急発進した車はコーンを飛ばして疾走。その様子を章はただ見送るのだった。残された記者の中には、週刊「時論」の記者・犬飼悟(勝地涼)の姿もあり…。

工事現場に警備員をしている、島崎章。

そこを立原愛子を乗せた車が通り過ぎるということですね。また、警護SPの落合義明も同乗しているということです。

ドラマ、BGは、ここから始まるわけですね。

BG。1話。あらすじ。島崎がボディーガードになる

その翌日、章は日ノ出警備保障の社長・今関重信(永島敏行)に呼ばれ、本社へ。そこで身辺警護課の新設とそこへの着任を打診される。数年前、とある出来事をきっかけにボディーガードの世界から身を引いていた章は、一度はその打診を固辞するが、今関の強い希望で受け入れることに…。
高梨雅也(斎藤工)、菅沼まゆ(菜々緒)、沢口正太郎(間宮祥太朗)、そして村田五郎(上川隆也)といった、各部署から集められたメンバーとともに“新人ボディーガード”として身辺警護課に着任した章は、厳しい訓練を終え、ついに初の任務に就く。依頼人は隅田川で開催されるマラソン大会のスポンサーである会社会長の大久保佐助(伊武雅刀)。当日、大会に出席する際の警護が任務の内容だった。

島崎は、身辺警護課に着任するということです。

新人ボディーガードとして働くことになるということですね。

島崎の過去に何があったのか、気になるところです。BGの1話では、まだこのあたりはわからなそうですね。

BG-身辺警護人、1話。あらすじ。厚生労働大臣の愛子を守れるか?

その頃、厚生労働大臣の愛子は“元ファン代表”を名乗る人物から脅迫状を受け取っていた。「退陣なくば、死の号砲が鳴る」という文面に警視庁SPの落合は、スターターとしての参加が予定されているマラソン大会への出席を取りやめるよう進言。しかし愛子は、脅迫に屈することはしない、と参加への決意を新たにする。

「立原大臣の脅迫事件に巻き込まれるのは御免」と、執拗に警備を強化するよう迫る大久保。しかし章と高梨の間で、警備に対する考え方に食い違いが生じる。そんな中、ついにマラソン大会の日を迎えることになるが…!?

愛子が、脅迫状を受け取っていたということで、島崎たちは、そのボディーガードを行うということです。

しかし、島崎と高梨の間で、警備について考え方で対立してしまうようですが。

果たして、立原愛子大臣を守れるのでしょうか。というのが、ドラマ、BG、1話のあらすじです。以下、BG、1話のネタバレです。

BG-身辺警護人の1話を見逃した方は、見逃し配信動画が、U-NEXTで見られます。
U-NEXT

BG、1話。ネタバレ

2012年
サッカー選手。河野純也
そのボディーガードを、島崎章がしている。

2018年
工事現場
警備員を島崎章がしている。
工事中で通行止だと答えるが、立原愛子に通らせてくれと言われ、島崎が通す。

日ノ出警備保障で、身辺警護課を始めたいと、今関社長が、島崎に。
島崎:失敗を犯したものは、現場には戻れません。
今関は、黙っていればいい。このままで終わっていいのかと。

島崎は、トレーニングを始める。
すでに、身辺警護課の人材を選んでいる。

身辺警護課の訓練
島崎の動きがいい

警視庁SP
落合義明
立原愛子に、「贈り物」が届いた。
危険物だと思われる。
中身は、古い乾電池だった。

「慢心は最大の敵だ。
退陣なくば、死の号砲が鳴る。」

元ファンからと手紙が入っている。

隅田川都民マラソンで、立原は、スターターを務めている。

島崎の息子、瞬は、母親の再婚を邪魔したくないということで、島崎の家に来ている。

BG、1話は、島崎がボディーガードに復帰しますね。
ここから、島崎がどんな活躍をするのでしょうか。

BG。身辺警護人、1話のネタバレあらすじ

島崎が出社すると、立原がスターターを務めるマラソン大会の警護の仕事が入っている。
立原は、失業は、自己責任の面があると、言ってしまっていた。

立原は、記者の犬飼のインタビューに答える。
失言ではないと思っている。マラソン大会にも、スターターとしてたつと。

高梨が、BGをすると。
島崎がバックアップする。

隅田川マラソン大会のスポンサー、サスケフーズの大久保佐助が、依頼して来た。
高梨は、万が一の時は、自分が盾になると。
大久保は、絶対に死にたくない。
島崎は、大久保に行かないという選択肢はないのかと聞くと、ずっと隅田川マラソンを支えて来たと。

高梨は、島崎に怖いのかと。
死ぬ気でやらないとダメなのではと言われるが、島崎はクライアントを守るにはやられないことが大切だと言うが。
高梨は、自分一人でも守れると。
島崎:君こそ、向いてないんじゃないの?怖いからこそ、考えるんであって。怖くない人と組むの怖いな。

警視庁SPの落合は、180名をさいて、警備をすると。

立原愛子は、党の幹部に、早々に終わらせると。
立原は、これは、君の自己責任だからと言われる。

落合が、島崎が持って来た敬語プランに、民間警護は、街の用心棒レベルだと言う。

島崎は、マラソン大会が開催される運動競技場に行く。

島崎は、立原愛子の席やクライアントの席などを見て、機関銃や爆弾のケースなどをシュミレーションする。
島崎は、警備員に捕まってしまう。

BG。身辺警護人。1話のネタバレあらすじ。マラソン大会当日

村田と島崎が、飲んでいる
高梨は、辞めたいと言い出してきた。現金輸送課に戻りたいと。
高梨は、元自衛官。
島崎は、本人の希望なら、いいのではと。

村田は、元警察官。ダメ警官だったと。
島崎は、他の会社でボディガードをしていたと答える。

犬飼悟が記事を出す。
立原が、犬飼に電話する。
立原は、あれは、いたずらだと。シェークスピアの言葉を使っているから。

大会当日
島崎たちが、警備に出て行く

大久保佐助が、会場にやってくる。
大久保:何があっても、俺の命を守れよ
島崎:会長のお命は、私たちが守ります。

会長が、競技場の席に到着する。

立原愛子大臣も到着する。

村田と落合は知り合いで、元SPだった?。

高梨が、島崎に電話。気になる書き込みがあったと。
警察など一部のみが知る内容の書き込みだと。

立原愛子が、お詫びして全力で日本のために尽くすと。
そして、立原のピストルで、マラソン大会がスタートする。

マラソン大会が始まります。狙われている立原と、島崎たちが守る大久保会長は、どうなるのでしょうか。ここからBG、1話の結末です。

BG.身辺警護人。1話ネタバレ。結末へ

スタート後に爆発があって、煙があがる。
観客たちが逃げ出す。

立原愛子は、爆発があったほうに走り出す。

島崎は、沢口と村田に大久保会長を任せて、立原を追う。
立原に追いつく島崎
そこに犬飼がやってくる。
煙は、発炎筒だった。

犬飼は、インタビューを申し込んだだけ。
脅迫状を書いた人を知っていますねと。

犬飼が、インタビューを始める。
止める島崎。

島崎は、犬飼に蹴られる。
そこに、落合が来る。

犬飼は、立原愛子を人質に取る。
脅迫状は、自作自演だと。

犬飼が、慢心は禁物だと言う言葉を、立原が就任した時に送った。
島崎:よっぽど好きなんだね。

島崎が、犬飼を捕まえる。

落合:なぜ、ここにいた?
島崎:迷い込んじゃいまして。これで、大会、続行できますよね。

落合が、用心棒は信用していないと。

島崎:用心棒の意味ってわかりますか?敵から身を守るための棒切れのことを、言います。あなたたちが、拳銃を出さなかったら、あいつはナイフを出さなかったんじゃないですか。丸腰だから、人守れることもあるんじゃないですか。
落合:いいですね。民間は、好き勝手言えて。
島崎:すいません。偉そうなこと言いました。

島崎が高梨に電話。助かったと。
高梨が、辞めたのは、あんたと組みたくなかったから。
嘘つきのあんたと。

島崎が、大久保会長からもらった、ラーメンを、警備員に持っていく

BG、1話、無事に仕事が終わりましたね。これから、ドラマ、BGは、どう展開して行くのでしょうか。

BG-身辺警護人の1話を見逃した方は、見逃し配信動画が、U-NEXTで見られます。
U-NEXT

ドラマ、BG 身辺警護人、2話、3話のあらすじ、ネタバレ、感想、見逃し配信動画などはこちら

BG 身辺警護人。2話。動画。ネタバレあらすじ。感想。裁判官の夫妻を守れるか?キャスト。視聴率。見逃し配信動画

BG 身辺警護人。3話。動画。ネタバレあらすじ。感想。人気アイドルの身代金を送り届ける?キャスト。視聴率。見逃し配信動画

BG 身辺警護人、1話の感想、視聴率など

BG 身辺警護人。4話。動画。ネタバレあらすじ。感想。立原愛子の真の目的は?キャスト。視聴率。見逃し配信動画

BG 身辺警護人。5話。動画。ネタバレあらすじ。感想。島崎と河野の過去に何が?キャスト。視聴率。見逃し配信動画

BG 身辺警護人。6話。動画。ネタバレあらすじ。感想。島崎たちが元総理大臣を警護する。元妻の警護も?キャスト。視聴率。見逃し配信動画

ドラマ、BG、1話の感想

BG、1話の感想。

BG 身辺警護人は、木村拓哉さんが主演です。

初めてのボディーガード役ということですね。

ということで、要人などを警護していくというのが、仕事です。どんな活躍を見せるのでしょうか。また、共演陣も、豪華ですよね。このあたりの絡みも気になるところです。

そして、脚本が、緊急取調室、キントリの井上由美子さんということなので、このあたり、推理なども楽しめそうです。アクションもあるのでしょうか。

BG、1話、どんなドラマなのか、期待して見たいですね。

BG 身辺警護人、1話の感想。島崎章、ボディガードがこれからどうなって行くのか

ドラマ、BGの1話は、木村拓哉さん演じる島崎章が、ボディーガードに復帰します。

過去に、何かミスをして、ボディーガードは辞めていたようです。

そして、復帰して、最初の仕事は、立原愛子大臣が命を狙われているということで、彼女と同じマラソン大会にスポンサーとして参加する会長を守るという仕事でした。

結論から言うと、無事に守ることができましたね。

しかも、ついでにというか、流れ的になのか立原大臣のことも守りました。

かなり危険な感じではありましたが、まあドラマですからね。

と、BG 身辺警護人の1話は、無事に仕事を終わらせることができて良かったですよね。

ただ、警視庁のSPの落合には、島崎は目をつけられたかもしれませんね。

落合は、民間の警備会社を嫌っているのかもしれない様子でしたし。

それに、村田と落合も、知り合いのようで、過去に何かあるのかもしれません。

と、BG 身辺警護人の1話では、まだまだ登場人物たちのことは、よくわかりませんね。これから、ドラマ、BGは、わかってくることのほうが多いのでしょうね。

ということで、BG 身辺警護人の2話以降がどうなって行くのか。気になりますね。

ドラマ、「BG-身辺警護人」脚本、演出、プロデューサーなど

脚本:井上由美子

脚本は、「緊急取調室」「営業部長 吉良奈津子」などの脚本の井上由美子さんです。

プロデューサー:川島誠史(テレビ朝日)、秋山貴人(テレビ朝日)、田上リサ(5年D組)

プロデューサーは、「不機嫌な果実 」「奪い愛、冬 」などの川島誠史さんなどです。

監督:常廣丈太(テレビ朝日)、七髙 剛

監督は、「緊急取調室 (第2シーズン) 」などの常廣丈太さんなどです。

井上由美子さんが、どんなボディーガードの話を書くのか、楽しみですね。

BG 身辺警護人、1話の視聴率は、15.7%

BG、1話の視聴率は、どうなるでしょうか。

BG 身辺警護人、1話の視聴率は、15.7%でした。15%超えですね。すごいです。さすが木村拓哉さんというところでしょうか。

以上、BG、1話のあらすじ、ネタバレ、キャスト感想、視聴率などでした。

そのほかの2018年の冬ドラマは、こちら

2018年の冬ドラマ。2018年1月〜3月のドラマまとめ。99.9、anone、海月姫、BG、きみが心に棲みついた、ファイナルカット、アンナチュラルなど

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう