BG・身辺警護人。5話ネタバレあらすじ感想。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

スポンサーリンク

BG・身辺警護人。5話あらすじネタバレ。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

ドラマ、BG・身辺警護人は、テレビ朝日の2020年の春ドラマです。木村拓哉さんが主演です。BGは、木村拓哉さん演じる島崎章が主人公のボディガードのドラマです。

BGの5話は、2020年7月16日(木)夜9時から、テレビ朝日で放送です。

5話は、沢口正太郎(間宮祥太朗)の恋人、角田凪子(成海璃子)がストーカーに狙われているということで、島崎章(木村拓哉)と高梨雅也(斎藤工)がボディーガードをするということです。

 

BGの5話は、どんな内容になっているのでしょう。

ということで、ドラマ、BG・身辺警護人。5話あらすじネタバレ。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率などといったことをまとめておきます。

BG。身辺警護人。ネタバレ。あらすじ。1話から最終回まで。見逃し配信動画。キャスト。視聴率は?最終回はいつ?木村拓哉さん主演のボディガードのドラマ

2020年春ドラマ。4月〜6月のドラマ一覧。ネタバレあらすじまとめ

スポンサーリンク

BG・身辺警護人。5話あらすじネタバレ。感想。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

BG。5話
BG。5話

BG・身辺警護人、5話の主なキャスト、出演者

島崎章(木村拓哉)

高梨雅也(斎藤工)

菅沼まゆ(菜々緒)

沢口正太郎(間宮祥太朗)

笠松多佳子(市川実日子)

小俣健三(勝村政信)

劉光明(中村トオル)

島崎瞬(田中奏生)

中島小次郎道枝駿佑 (なにわ男子/関西ジャニーズJr.)

ドラマ。BG・身辺警護人。2020。キャストまとめ。木村拓哉さん主演

BG・身辺警護人。5話のゲスト出演者など

岩田一也(三宅弘城)

角田凪子(成海璃子)

BG・身辺警護人の脚本、演出、プロデューサーなど

脚本:井上由美子

音楽:髙見優

エグゼクティブプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日)

ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子(テレビ朝日)

プロデューサー

川島誠史(テレビ朝日)、秋山貴人(テレビ朝日)、浜田壮瑛(テレビ朝日)、山本喜彦(MMJ)、田上リサ(MMJ)

監督:常廣丈太(テレビ朝日)、七髙剛

BGの原作

BG・身辺警護人は、オリジナルのドラマですね。

今回は、続編ということです。

BG 身辺警護人。最終回。動画。ネタバレあらすじ。感想。落合が真実を暴露して、村田の名誉は守られた。キャスト。視聴率。見逃し配信動画

BG・身辺警護人の公式Twitter、インスタグラムなど

BG・身辺警護人の公式Twitter

BG・身辺警護人の公式Twitter

ハッシュタグは、#BG #BG身辺警護人 ですね。

BG・身辺警護人、5話のあらすじ

BG・身辺警護人。5話あらすじ

「KICKS CORP.」の社長・劉光明(仲村トオル)が目をかけている第一秘書・岩田一也(三宅弘城)の下で、サブ秘書として働いている角田凪子(成海璃子)が、夜道で引ったくりにスマホを盗まれ、ケガを負った。実は、凪子は子会社「KICKSガード」のボディーガード・沢口正太郎(間宮祥太朗)の恋人。連絡を受けた沢口は、元同僚・島崎章(木村拓哉)の口利きで、かかりつけの整形外科医・笠松多佳子(市川実日子)に緊急処置を頼む。幸い凪子は軽症で、胸をなでおろす沢口。ところが…診察中、なぜか凪子が防犯ブザーを複数所持していることが発覚。章が問いただすと、凪子が「少し前からストーカーに狙われている」と告白したのだ!

相手は誰か分からず、沢口にも心配をかけたくなくて黙っていた、という凪子。彼女の身が心配でならない沢口は、島崎と高梨雅也(斎藤工)に身辺警護を依頼する。ところが警護中、2人は凪子が無意識に取る些細な行動に、釈然としないものを感じ…!?

その矢先、島崎と高梨はストーカーを取り押さえることに成功する。ところが…その正体はどうにも信じがたい“意外な人物”! しかも背後には、ほかでもない劉が率いる「KICKS CORP.」の影がちらついて…!?

これは、単純なストーカー事件ではない――。凪子と共にストーカーと真正面から闘い、封じられた真相に光を当てようと立ち上がる島崎と高梨。だが、行く手には“とんでもない盾”を構えた劉が泰然と立ちはだかる! しかもあろうことか、その向こう側には「KICKS CORP.」の急所ともいうべき“致命的な秘密”が隠れていて…!? 章と劉がついに直接対決へ…物語は急展開で最終局面へ突入!

BG・身辺警護人

というのが、BG・身辺警護人、5話のあらすじです。

 

スポンサーリンク

ドラマ。BG・身辺警護人。第5話、ネタバレ

BG・身辺警護人の5話ネタバレ

角田凪子(成海璃子)が誰かに追われている。

角田凪子を、笠松多佳子(市川実日子)に見せにいく。

沢口正太郎(間宮祥太朗)は、笠松に彼女だと。
島崎章(木村拓哉)もやってくる。
島崎「世話になってるだけだよ」

角田は、スマホを取られた。

ひったくりだと言うが、防犯ブザーを3つ持ってた。
と、笠松が島崎に教える。

凪子は、ストーカーに3ヶ月ほど追われていると、沢口たちに教える。
高梨雅也(斎藤工)もやってくる。

高梨は、SNSをやるかと。アカウントを停止すると良いという
沢口が、島崎と高梨に、凪子の警護をしてくれないかと頼む
沢口「俺、凪子と結婚したいと思ってるんですよ!」
給料が上がったから、自分の貯金から警護料を払うという。

島崎「仕事として受けて良いでしょうか」
ストーカーを突き止めるために、隠れてボディーガードをするという。

島崎たちは凪子を警護することに。BG。5話。ネタバレ

島崎瞬(田中奏生)は、笠松先生といい感じだろうと、章に。
章「俺は、もう女の人と深い関係になるつもりは」
瞬「女は壁をひょいと乗り越える人が好きなんだから」

小俣健三(勝村政信)は、岩田一也(三宅弘城)に終わらせるからと。

桑田議員の警護の計画を、菅沼まゆ(菜々緒)がミーティングで伝えている。

凪子の帰り道を、島崎と高梨が警護。
凪子は、怯えない。
島崎は、凪子がストーカーが誰か知っているかもしれないと。

作業服の不審者がいる。
高梨が追いかける。
それは、KICKSの小俣健三だった。

小俣を事務所に連れていく
島崎「女子社員をつきまとったんですか?」
小俣「俺はそんな小さい男ではない」

カフェで店員の中島小次郎(道枝駿佑)が、角田と高桑。
角田凪子は、小俣課長には帰ってくれと。沢口にも言わないでくれという。
沢口の上司だからと言い出す。
凪子「ボディーガードは大丈夫です。契約は終了してください」

島崎は、小俣に謝る。
小俣「この貸しは大きいぞ」

高梨「あんた怖いんだろ。劉社長に関わるのが。制御がきかなくなる自分が怖いんだろ」

翌日、高梨は凪子に何を隠しているのかと聞きにいく
島崎「沢口はあなたの安全をと依頼してきました。我々の任務はまだ終わっていません」

スポンサーリンク

BG・身辺警護人。5話。ネタバレ。凪子は上司にストーカーされていた

凪子は、ストーカーは、第1秘書の岩田だという。
誘われたが断った。
それから、ロッカーの鍵などを壊されたと。
沢口に迷惑になるから黙っていたという。

島崎は、沢口はそういうことは怖がらないという。
凪子は、バラすと言われたんだと。
岩田「キスしたこと沢口にバラすよ!」

島崎「しっかり戦いましょう。沢口のためにも」
戦えない人なんていないという。

凪子は、岩田を電話で会議室に呼び出す
島崎・高梨「誤差なし」

劉に、小俣と岩田が報告する
13:36
島崎は、小俣に岩田と話したいと伝える。
小俣「不法侵入だ!」

劉が話を聞くという
凪子は、岩田と話がしたいと。

岩田と、菅沼、沢口もやってくる。

凪子は、岩田につけまわさないでくれと、スマホを返してくれという。
劉「岩田くん、君には第一秘書を退いてもらう」
島崎「まだ謝罪していない!」

岩田「社長のためにやったのに」
劉が警備データを誤って送ってしまってそれを取り戻そうとしたのだという。
岩田は、社長のためなんだと。
劉「浅知恵だな」

岩田は、コーヒーを劉にかける。
そして、コーヒーカップを割って、凪子を襲おうとする。
島崎が凪子を守る

劉と島崎。BGの5話。ネタバレ。結末

劉は、沢口に、これがコーヒーではなかったらという
劉「そんなものだよな。ボディーガードなんて」
島崎「だから、どんな危険な目に合わせてもいいですか?」
あの時の襲撃は、劉の仕業だったと、沢口に教える。

島崎は、人を危険にさらす宣伝行為は認められない。
劉は、銃の前に立てるのか?と聞く
島崎「いつでも本気で盾になる覚悟はできています」

劉は、婚約者を守るためのボディガードが逃げた話をする。
劉「出来もしないのに、盾になるなんて言う奴のほうが大嫌いだ」

凪子は会社を辞めると「私の決意を守ってくれて、ありがとうございました」と島崎に。
沢口「何にも言ってくれないのは、寂しい。俺のこと信じて欲しかった」
凪子は、距離を置こうという
凪子「私も信じて欲しかった」

事務所に戻って
島崎が高梨に、自分の感情を押し付けたと謝る。
高梨は、正直になれという。

桑田議員が、劉にあのデータは流出したのではないかと。
小俣「あの人は信用なりません。自分以外道具としか思っていない男です」

沢口は、KICKSを辞めると。
劉にボディーガードを憎んでいるように見えるという。
しかし劉は、憎しみはビジネスを成功させると

20:46
回転寿司屋
笠松と島崎
笠松「私の場合は、夫が守ってくれた。今は独身」
島崎より強いかもと

笠松の夫は、警察官で死んだと。新婚3ヶ月だったという。

例の男が、島崎と笠松の写真を撮る。
島崎が、男を追う
笠松は、あの人見たことある気がするという。

BG・身辺警護人。5話のまとめ。感想。視聴率、主題歌など

BG・身辺警護人、5話のまとめ

 

BG・身辺警護人、5話。感想

 

BG。5話のTwitterの反応まとめ

 

BG・身辺警護人。6話あらすじ

島崎章(木村拓哉)と高梨雅也(斎藤工)のもとへ、商店街でカレー食堂を営む佐久間華絵(名取裕子)から“厄介な警護依頼”が舞い込んだ。この40年間、夫と二人三脚で店を切り盛りし、カレーを作り続けてきたという華絵。だが、懇意にしていた大家が亡くなった途端、相続した息子・玉井充(永沼伊久也)が立ち退きを要求! 裁判を起こされた上に、ガラの悪い連中に嫌がらせまで受け、追い詰められた夫は発作を起こして亡くなってしまったという…。充との交渉の場に立ち会い、夫が命を懸けて守ろうとした店とカレーを護ってほしい、と訴える華絵。だが、法律的には大家側に理があり、下手に介入すれば、章たちも法律違反に問われてしまう。この現状を鑑み、高梨は逡巡するが…。

そんな中、立ち退きの断行日がやって来た。充は立ち退きのために強引な手段に出るが、華絵は諦めず、籠城を開始! 華絵の依頼で、章と高梨も立てこもりに付き合うが、店内を見渡した章はふと華絵の意図に違和感を覚え…!?

時を同じくして、章のかかりつけの整形外科医・笠松多佳子(市川実日子)の脳裏には、章を付け回す謎の男(中村織央)と以前会ったときの記憶がよみがえる! 章の身を心配し、男の正体を調べようとする多佳子。一方、総裁特別補佐に就任した桑田宗司(小木茂光)の記者懇親会を警護していた菅沼まゆ(菜々緒)と沢口正太郎(間宮祥太朗)は、会場に紛れ込んでいる謎の男を発見し…! 男の正体と目的とは一体何なのか!? ますます謎が深まる中、やがて桑田や謎の男と裏でつながる「KICKS CORP.」の社長・劉光明(仲村トオル)を“窮地”に追い込む事態が発生してしまう――。

BG・身辺警護人

というのが、BG・身辺警護人、6話のあらすじです。

BG・身辺警護人。6話あらすじ予告動画。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画

BG・身辺警護人、5話の視聴率は?

BG・身辺警護人、5話の視聴率はどうなるでしょうね。

BG・身辺警護人、1話の視聴率は、17.0%でした。BG・身辺警護人、2話の視聴率は、14.8%でした。

BG・身辺警護人、3話の視聴率は、14.4%でした。BG・身辺警護人、4話の視聴率は、14.4%でした。

BG・身辺警護人、5話の視聴率は、14.4%でした。

BG・身辺警護人。見逃し配信動画は?

BG・身辺警護人。見逃し配信動画は、TELASAなどで見られるようになるのではないかなと。

 

BG・身辺警護人の各回のネタバレ、あらすじ、結末など

BG・身辺警護人の各回のネタバレ、あらすじ、結末などは、以下に追記予定です。

BG・身辺警護人。最終回7話ネタバレあらすじ感想。島崎と高梨は?キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

BG・身辺警護人。ネタバレあらすじ。1話2話3話4話5話6話。最終回の結末まで。木村拓哉さん主演。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?最終回はいつ?主題歌

BG・身辺警護人。最終回7話あらすじ予告動画。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画など

BG・身辺警護人。6話あらすじネタバレ。感想。謎の男の正体がわかる。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

BG・身辺警護人。6話あらすじ予告動画。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画

BG・身辺警護人。5話ネタバレあらすじ感想。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

BG・身辺警護人。5話あらすじ予告動画。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画

BG・身辺警護人4話ネタバレあらすじ感想。キャストゲスト。引きこもりのボディガード。見逃し配信動画。視聴率など

BG・身辺警護人。4話あらすじ予告動画。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画など

BG・身辺警護人。3話あらすじネタバレ。感想。詐欺師をガードする島崎たち。キャストゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

BG・身辺警護人。3話あらすじ。予告動画。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画など

BG身辺警護人2話ネタバレあらすじ。感想。島崎と高梨がコンビに!キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

BG・身辺警護人。1話あらすじネタバレ。感想。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

BG・身辺警護人。主なキャスト、出演者についてなど

島崎章(木村拓哉)

主人公の島崎章は、木村拓哉さんです。

警護ミスでサッカー選手・河野純也から選手生命を奪ってしまい、長らく身辺警護業務から退いていたが、「日ノ出警備保障」の身辺警護課に異動となり、“新人”ボディーガードとして復帰。「日ノ出警備保障」がIT系総合企業「KICKS CORP.(キックスコーポレーション)」に買収され、「KICKS(キックス)ガード」となった後も身辺警護課で働き、利益優先で依頼主を政財界のVIPに限定する経営方針に違和感を感じて、「弱き者の盾になる」という使命を貫くため「KICKSガード」を退社し、フリーとして再出発するということです。

高梨雅也(斎藤工)

高梨雅也は、斎藤工さんです。

元自衛隊員のボディーガードで、「日ノ出警備保障」に続き、「KICKS(キックス)ガード」の身辺警護課でも章と共に働くということです。

相変わらずぶっきらぼうで融通の利かない性格。しかし、ボディーガードという職には熱い使命感を持っている。

菅沼まゆとは現在、恋人関係ということです!?

菅沼まゆ(菜々緒)

菅沼まゆは、菜々緒さんが演じます。

「KICKS(キックス)ガード」身辺警護課のボディーガード。

ボディーガードの仕事はお金のため、と割り切っている。やがてその働きぶりが社長・劉光明の目に留まって、何かあるようですね。

沢口正太郎(間宮祥太朗)

沢口正太郎は、間宮祥太朗さんです。

「KICKS(キックス)ガード」身辺警護課のボディーガード。

かつてはド新人だったが、今は一人前のボディーガードに成長しているということです。章とは仕事を紹介したり、依頼主の情報を伝えたりするなど、会社に内緒で協力するとのこと。

笠松多佳子(市川実日子)

笠松多佳子は、市川実日子さんが演じます。

「菊理会 白山総合病院」の整形外科医です。「日ノ出警備保障」が「KICKS CORP.(キックスコーポレーション)」に買収される前から、ずっと身辺警護課の契約担当医をしている。

身体のケアだけでなく、ボディーガードの愚痴を聞くなど、章たちにとっては癒しの存在とのこと。

小俣健三(勝村政信)

小俣健三は、勝村政信さんが演じます。

「KICKS(キックス)ガード」の身辺警護課長です。警視庁・警護課出身。亡くなった村田五郎の後任として、身辺警護課長に就任したということです。

身辺警護に対する姿勢は村田と180度違い、ハートで護るよりも、組織の強さで護るという考えの持ち主でs、社長・劉光明の経営方針に追従し、独立した章たちのことも徹底的に敵視するということです。

劉光明(中村トオル)

劉光明は、中村トオルさんです。

IT系総合企業「KICKS CORP.(キックスコーポレーション)」の社長です。

「日ノ出警備保障」を買収。ビジネス面での成功を重視する男で、ボディーガードの地位と利益を上げるためにはクライアントも政財界のVIPに限定すべきだと考えているということです。人の命を金銭で量るところがあるとのこと。章たちに対して、内心ではよく思っておらず、何か企んでいるようで、それは今後の展開ですね。

記事まとめ

シェア

フォロー