ブログに、自分の味を出すのはむずかしいものなのかも

シェアする

スポンサーリンク

ブログに、自分の味を出すのはむずかしい?

人と付き合っていておもしろいのは、人それぞれ、味があるというか、話し方や考え方が違っていて、おもしろいところがありますよね。

 

それは、ブログもそうかなと思ったりもしています。

 

私の場合は、ゆったりとしている

私の場合は、ゆったりしているというか、のんびりしているところがあると思ったりしています。

なので、ブログの名前は、そんな感じにしてみました。しかし、そういう感じをブログで出すというのは、意外とむずかしいのかもしれないなと思ったりもしています。

単に文章力というか、表現力がないだけかもしれませんが。

 

文章だけで表現するのは、むずかしい

文章だけで、表現するのは、意外とむずかしい。

 

 

 

まあ、ちょっと行間を空けてみて、なんとなくのんびり書いているんだなあ、とか出してみたりもできるのかもしれません。

もしくは、うだうだ書いていると、そういう感じの人なのかと思ってもらえたり、もらえなかったりもするのかもしれません。

 

 

でも、そういうのは、伝わっているかどうかというと、どうでしょうか。

対面だとわかることも、文章だけだと、なかなか伝わりにくいものなのかもしれませんね。

 

 

非言語情報が大切

コミュニケーションでは、非言語情報が大切などと言われますよね。

 

見た目が9割とか、なんとか。

そういう言語以外の情報が、なかなかに表現しにくいのが、文章なのかもしれませんね。

うまい人は、そういうのも表現できたりするのでしょうけれども。。。。

 

ブログに「自分の味」を出すか、出さないか

だとしたら、ブログに自分のキャラとか自分の持ち味を出さないというのも、一つの方法ですよね。

 

キャラをどんどん出していく。

そういう方法が、一つのブログ術というのか、読んでいておもしろいと思ってもらえる方法かも知れませんし、良いとは思いますが、自分ができないなら、別の道もあるかなあと。

 

もう少しこのあたりは考えたいですが、自然体もありかもしれないと思いつつ、いろいろと考えてみたいところです。

 

キャラで押していくのか、それとも、コンテンツで押していくのか。

両方ももちろんできれば良いでしょうけれど。

どうしようか、考えているところです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう