カインとアベル。月9。カイアベ。第6話のあらすじ、ネタバレ、感想。キャスト。山田涼介さんと桐谷健太さん、倉科カナさんを巡って三角関係?

シェアする

スポンサーリンク

カインとアベル。月9。カイアベ。第6話のあらすじ、ネタバレ、感想。キャスト。

月9ドラマ、カインとアベル、前回の第5話では、山田涼介さん演じる高田優と桐谷健太さん演じる高田隆一の関係や立場が、少しずつ変わっていっていました。

今回の第6話では、倉科カナさん演じる、矢作梓を巡って、三角関係のような感じになっていくのかもしれません。

そして、仕事でも、優が隆一を超えていくところが出てきそうな感じです。

果たして、この兄弟は、どうなっていくのでしょうか?そんなところが、「カインとアベル」第6話の見どころのようですね。

カインとアベル。月9。カイアベ。第5話、第4話のあらすじ、ネタバレ、感想。キャストなどはこちら

カインとアベル。月9。カイアベ。第5話のあらすじ、ネタバレ、感想。キャスト。山田涼介と桐谷健太の立場が逆転していく?

カインとアベル。月9。カイアベ。第4話のあらすじ、ネタバレ、感想。キャスト。山田涼介が、姿を消した桐谷健太を探す

f:id:yurarinorari:20161117150149j:plain

カインとアベル | ストーリー オフィシャルページ – フジテレビ

スポンサーリンク

カインとアベル。月9。カイアベ。第6話のあらすじ、ネタバレ、感想。キャスト。山田涼介さんと桐谷健太さん、倉科カナさんを巡って三角関係?

キャスト

高田優(24)…山田涼介

高田隆一(32)…桐谷健太

矢作梓(28)…倉科カナ

高田貴行(55)…高嶋政伸

柴田ひかり 山崎紘菜

広瀬早希 大塚寧々

団衛 木下ほうか

高田宗一郎 寺尾聡

高田桃子 南果歩

黒沢幸助 竹中直人

カインとアベル。月9。カイアベ。第6話のあらすじ、ネタバレ

以下、カインとアベル。月9。カイアベ。第6話のあらすじ、ネタバレです。

会社で。
矢作梓:このままで。
優に抱きついて、泣いている。
梓:はい、終了。ありがとうね。残業頑張って。弟くん。

優が帰宅する。
高田隆一:俺、わかったよ。結婚はいいもんだぞ。男は仕事だけじゃダメなんだ。年内には結婚するつもりだ。お前は、誰かいい人いないのか?
高田優:俺は、まだ結婚とかいいかな。兄貴、なんか変わったね。おやすみ。

翌朝、朝食で。
貴行:主賓を引き受けてくれたよ。
隆一:俺たちの披露宴のことだよ。高田家は、結婚を決められないこともある。お前も考えておけ。
優:大変なんだね。

高田貴行:優、私と一緒に来なさい、例のプレゼンの話をしたい。
優:スティーブン・ホールが来日します。
貴行:いつものお前のやり方じゃ通用しないぞ。

プレゼンの内容をチームのメンバーに話す、優。
候補地、峯が崎
コンセプト 自分だけの空間、自分だけの自然

黒沢幸助から電話。会いに行く、優。
優:バンコクはありがとうございました。
黒沢:ダメかもなあれは。BDC者は、根本的な問題がある。最終的にどうなるかわからんが。あの会社と組んだのが間違えだ。
優:じゃあ、なんで、出資したんですか?
黒沢:仕方ないだろう。お前の家族にぺてん師呼ばわれされたままだろう。
優:見返りはなんです?
黒沢:桃子さんを愛しているからに決まっているだろう。

黒沢:会社ってのは、守ろうとすればするほど、ゆっくりと沈んで行くものなんだよ。
優:何言ってんですか。みんな会社の為に頑張っているのに。なんで俺に構うんですか。
黒沢:お前を愛しているからだよ。

社長室で。
高田桃子:これお土産、ドライマンゴー。
貴行:タイに行ったんですか。
桃子:貴行も現地を視察した方がいいんじゃない。

ウェディングドレスを試着する、梓

ウェディングドレスを試着する、梓。
隆一:仕事の件、もう少し話し合おう。俺は本当に梓と幸せな結婚をしたいと思っている。

会社で、団が、梓が結婚すると、みんなに言う。
団:結婚するんだって、矢作くん。今、副社長が、役員会で報告したよ。

HIROSEで
柴田ひかり:どうなの、新しいプロジェクト?
優:俺、ついこないだまで考えもしなかったですけど。仕事ってめちゃめちゃ楽しいですよね。

広瀬:気持ち伝えていないんでしょ。
ひかり:どんどん優が遠くに行っちゃう気がするんです。

会社で。

エリック:13点直して欲しいところがある。
優:13も!?

優:間に合わせたいんです。完璧なプレゼンをしたいんです。これで成功すれば、高田の名も世界に広がります。お願いします。力を貸してください。
と、チームメンバーにお願いして、メンバーが動き出す。

梓の部屋で。
隆一:どっちがいい?新婚旅行。アルザスかバスクか。
梓:ああ、迷う。
隆一:梓、やっぱり家庭に入るのが嫌なのか。もちろん俺は、主婦になることも、どっちも重要だと思っている。俺は、会社を大きくして、家庭も守らなきゃならない。だからこそ、家に入ってもらいたい。俺と結婚するからには、そうして欲しいんだ。
梓:それは、私のことを縛っておきたいってこと?
隆一:それじゃ、いけないか?

帰宅する優。
優:ただいま。
隆一:結婚式、12月に決めたから。
優:そっか、おめでとう。
隆一:それと、仕事は辞めてもらうことにした。
優:梓さんは、それでいいって言ってるの?俺には人生賭けていると言っていたよ。
隆一:賛成してくれている。もう決まったことだ。

ひかり:優、お疲れ。プレゼン終わったら、今度こそ、映画行かない?
優:プレゼン終わったら、燃え尽きていると思うよ。
ひかり:寝ててもいいよ。
その様子を見ている、梓。

残業しているチームにデリバリー、野菜スープを頼んでいる。

会長が隆一の副社長室に来る。
高田宗一郎:身を固めるのはいいことだ。しかし、随分急だな。子供でもできたかなと思った。冗談だ。お前は計画的な男だ。リーダーに一番必要なことはなんだと思う?
隆一:孤独に耐えられることでしょうか?
宗一郎:私は、どれだけ自分にとって大事な人間に出会えるかだと思う。腹を割って、話しあえるか。どれだけお前の周りにいる?
隆一:それは、私にはリーダーの資質はないと言うことでしょうか?
宗一郎:お前は、貴行にならなくていい。隆一のやり方で前に進めばいいんだよ。

社長室で。
貴行:仕事、どうだ?大丈夫か?無理してないか?
優:はい。大変は大変ですけど、楽しいです。仲間が頑張ってくれているからだと思います。
隆一が、社長室に来る。
隆一:社長、お呼びでしょうか。
貴行:作戦会議だ。

桃子:パパ!時間、作ってくれるのは、パパだけね。これからどうなっていくのでしょうね。高田家も。貴行は、優の潜在能力をわかったみたいね。
宗一郎:優も隆一も、どちらも、わしの大切な孫だ。

社長室

貴行:最終プレゼンのとき、相手は、取り分を30%と言って来るだろう。半分の15%と答えろ。20%が着地点だ。大丈夫だ。相手だって、同じ人間だ。
優:承知しました。

プレゼンに向かう、優と梓。
プレゼン前に気分転換に散歩する。
梓:優くんて不思議だよね。いつのまにか、周り巻き込んで進んでる。
優:俺は、何もできないから、人に頼るしかないんですよ。
梓:楽しいよね、仕事。こんな充実感なかなか得られないよね。
優:仕事やめるんですか。兄貴が言ってました。
梓:そっか。
優:この前の晩、兄貴となんかあったんすか。
梓:なんかさ、優くんの前だと、素直になれちゃうんだよね。もし私と優くんが付き合ったら、大変なことになっちゃうかも、すごく泣き喚いて、迷惑かけちゃうと思う。
優:梓さん、いいですよ。いつでも俺の前で泣いたり、喚いたりしてください。俺、梓さんのこともっと知りたいです。

見つめ合う二人。

以上、カインとアベル。第6話のあらすじ、ネタバレでした。

カインとアベル、続きの第7話はこちら

カインとアベル。月9。カイアベ。第7話のあらすじ、ネタバレ、感想。キャスト。山田涼介さんと倉科カナさん、難交渉をまとめる? – ゆらりのらり感想ブログ

カインとアベル。月9。カイアベ。第6話の感想

月9ドラマ、カインとアベル。 第6話の今回は、仕事にがんばる、高田優と、結婚して家庭に入るかで揺れている矢作梓の葛藤といった回でしたね。

高田隆一は、梓に家庭に入って欲しいようですね。でも、梓は、働きたいのでしょう。徐々に変えていけば良いような気もしますが、どうなんでしょうね。隆一は、人の気持ちがわからないのか、それとも、優と梓の仲を疑っているのか、焦っているのか、なんだか、イマイチ悪いほうに向かっている感じがありますよね。

一方、優は、仕事の楽しさに目覚めて頑張っています。が、梓の様子がおかしくて、気になってしまって、どうしたら良いのかというところでしょうか。

こういうのは、なるようにしかならないのでしょうけれど、にしても、優と梓が、近づいていっている感じがありますね。

そんな、三角関係未満な感じの、「カインとアベル」の第6話でしたね。

そして、次回の「カインとアベル」第7話は、いよいよプレゼンです。なかなかシビアなプレゼンになるようです。そして、梓と優、隆一の関係も、変わるのか変わらないのか。

いろいろと変化がありそうな、「カインとアベル」第7話になりそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう