CRISIS・クライシス。6話。ネタバレ、あらすじ。感想。テロリスト対特捜班!キャスト、視聴率

シェアする

スポンサーリンク

CRISIS(クライシス)6話。ネタバレ、あらすじ。感想。キャスト、視聴率

ドラマ、CRISIS・クライシスの6話は、11年前に地下鉄車両内で無差別爆弾テロの容疑者が洗われるようです。そして、特捜班の稲見朗(小栗旬)、田丸三郎(西島秀俊)などが追うようですね。

今回のCRISIS・クライシスの6話は、テロリストとの戦いのようです。

前回の5話とは違って、今回のCRISISの6話はテロリストですね。

そんな、CRISIS 公安機動捜査隊特捜班の第6話、どんなストーリーだったのでしょうか。

以下、CRISISの6話。ネタバレ、あらすじ。感想。キャスト、視聴率などです。
CRISIS・クライシスの6話を見逃して、動画で見たい方は、こちら
まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

CRISISの5話、4話のネタバレ、あらすじ、感想などはこちら

CRISIS(クライシス)5話。ネタバレ、あらすじ。感想。キャスト、視聴率。稲見の潜入捜査の裏に何がある?

CRISIS・クライシス。4話。ネタバレ、あらすじ。感想。キャスト、視聴率。特捜班は大学教授を守れるか?

CRISIS・6話

CRISIS 6話

CRISIS(クライシス) 6話。ネタバレ、あらすじ。感想。キャスト、視聴率。テロリスト対特捜班。

CRISIS(クライシス) 公安機動捜査隊特捜班の6話のキャスト

稲見 朗:小栗旬
田丸三郎:西島秀俊

吉永三成:田中哲司
樫井勇輔:野間口徹
大山 玲:新木優子
鍛冶大輝:長塚京三
青沼祐光:飯田基祐

林 智史:眞島秀和
林 千種:石田ゆり子

これらに加えて、各回ゲストが登場するようです。

里見修一:山口馬木也
乾 陽一:嶋田久作
羽田:山口翔悟

松永芳:野崎萌香

CRISIS(クライシス)6話の予告動画

CRISISの公式Twitter

CRISISの公式Twitter

ドラマ、CRISIS(クライシス)6話。ネタバレ、あらすじ

以下、CRISIS、6話のあらすじです。

11年前に地下鉄車両内で無差別爆弾テロを起こし、容疑者として指名手配されていた里見修一(山口馬木也)が、都内のコンビニに突如姿を現す。里見が再びテロを計画しているのではないかと危惧し、里見の逮捕に躍起になる警察。鍛治(長塚京三)も、警視総監の乾 陽一(嶋田久作)から特捜班をうまく使うよう圧力をかけられる。

CRSIS・クライシスは、テロリストとの戦いというのも、テーマですよね。

ということで、今回のCRISIS・クライシスの6話は、過去のテロを起こしたテロリストを追うようですね。

平成維新軍とは、また別なのでしょうか。

以下、CRISIS、6話のネタバレです。

里見修一
里見が、地下鉄爆破テロの指名手配犯人

新たなテロを狙っている?

駅のプラットフォームにいる、稲見と田丸。

里見は、あの日、小型のスーツケースを地下鉄に乗せた。
そして、携帯電話を使って、次の駅に着く前に、爆発させた。

警視総監の乾陽一に呼ばれる鍛治
乾に、この件でうまく行ったら、特捜班の後ろ盾になってやろうと言われる。

吉川健康食品。
カルト教団の信者、羽田が厳戒態勢にあると、里見に教える。
里見:あと数日でことが決する。

里見を防犯カメラの映像から用賀に見つける大山。

隠れ家から追い出すために、ネットの掲示板に書き込みをして、罠を張ることに。

里見はすぐ動くことにした。

CRISISの6話は、テロリストの話ですね。
このテロリストと、特捜班の対決という感じです。
果たして、特捜班は、なんとかできるのでしょうか?

里見を追う、稲見と田丸。CRISISの6話のあらすじ

吉川食品健康ビルから掲示板に書き込みがある。
そこに、稲見と田丸が向かうと、里見を乗せた車が出発する。その後を追う稲見と田丸。

車を止めて、ホームセンターに入る里見たち。
追う、稲見と田丸。

稲見と田丸と、信者たち5人との戦い!
やっつけて、里美を追う、稲見と田丸。
里美を見失う。

稲見:里見はこっち側の人間なんですか?
田丸:捜査官が寝返って、テロの実行犯になったという噂だ。幹部にまでなって、テロを実行した。警察官としての記録は潜入捜査が終わるまで抹消される。
稲見:テロをさせたのは何でしょうね?この前田丸さんが言ってた、本当の人生に戻る大切な何かを見失ったから。
田丸:かもしれない。ただ、今話したことは噂話しと変わらない。だから、テロの実行犯としての里美を追えばいい。
稲見:この前潜った時、銃撃がありました。あの時死んでいたら、ヤクザとして、俺は、葬られていたわけですか。田丸さんは上の命令で口を閉ざしましたか?里美がもし俺たちと同じ警察官なら、その足跡を見つけてやらないとならないんじゃないですか?それを見つけることがあいつを捕まえる近道なんじゃないですか?
田丸:続きは戻ってからだ。

里見は、墓参り。鍋島家の墓。

里美は、警察の人間だった。CRISIS・クライシスの6話のネタバレ、あらすじ

里見の警察での履歴を調べてみる。鍋島豊、という男が浮上する。
稲見:早く捕まえて、任務から解放してやりましょう。

吉川健康食品の社長は、神の光教団の信派。

里見は、都内の隠れ家に隠れている。
それを探す、特捜班。

南大井のマンションに向かう、田丸と稲見。
マンション前で、カメラで、すでに里見には気づかれている。
部屋に入ると、里見はすでにいない。

鍛治:里見の狙いに気づかないようだったら、あいつらにヒントを与えるよ。里見が一番欲しいものだ。
と、青沼に。

里美の狙いを考える、特捜班。
稲見:昔、自衛隊でテロリストの心理について教えられたことがあって。講師は、テロの標的は2つしかないと言っていました。一つはシンボル。もう一つは、テロリストの個人的な動機。恨みや復讐。里見の狙いは、人でしょう。
ということで、以前の上司を探る。

乾陽一が、警視総監になっていた。
ということで、乾の家に向かう、特捜班たち。

里見が、車で、乾が出てくるのを待っている。

吉永から、青沼に乾警視総監の身辺警護を強化して欲しいと電話する。

里美の狙いに気がつく、特捜班。
これで、なんとかできそうな感じですが、防ぐことができるのか。
CRISISの6話の結末へ。

里美は、なぜテロを実行したのか?「CRISIS」(クライシス)の6話の結末へ

乾がマンションから出てくると、里見が、銃を撃つ。警護の者が撃たれる。
里見:久しぶりだな。
里美が乾を撃とうとした時に、稲見が乾を引っ張って助ける。
田丸が、里見を捕まえる。

里見:公安か?
稲見:どうしてテロを実行した?
里見:決行日の5日前に、教祖から決行日を知らされた。俺は決行日を知らせた。俺の任務は終わると思っていた。俺は、教祖の命令で狭い部屋に閉じ込められた。監禁された。仲間が助けてくれるのを待った。だが、結局何も起こらず、決行日の朝に、部屋から出された。その時の俺の気持ちがわかるか。俺は、仲間に裏切られ、見捨てられたんだ。俺に残された道は一つしかなかった。テロを実行することだ。そうしなかったら、俺は、リンチで殺されていたはずだ。俺の報告が無視された理由はわからない。俺は信じるものを失い、そちらに戻る理由を無くしてしまったんだ。だからテロを実行したんだ。
稲見:お前が本当に警察官だとしたら、リンチを受けて、殺されたとしても、テロを実行すべきじゃなかった。
里見:確かにそうだな。理屈は正しい。あとは、お前がおんなじ目にあった時に、本当の答えがわかるだろう。
稲見:それに、お前が正しいと証明するものは何も存在しない。
里見:それがお前らのいる世界だよ。まあいい。すぐにわかるさ。

里見は、獄中で、首を吊って自殺。

稲見に松永から電話。
稲見:今日、仕事でちょっと嫌なことがあって。でも大丈夫。光が見えたから。

CRISIS(クライシス)の6話は、なんとも後味は悪い感じでしたね。松永も登場しなかったですし、残念。

以上、CRISIS、6話。ネタバレ、あらすじでした。
CRISISを見逃して、動画で見たい方は、こちら
まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

CRISIS、7話。ネタバレ、あらすじなどはこちら

CRISIS(クライシス)7話。ネタバレ、あらすじ。感想。平成維新軍のテロの標的は?キャスト、視聴率

「CRISIS・クライシス」8話。ネタバレ、あらすじ。新興宗教集団との戦い。感想。キャスト、視聴率

CRISIS、6話の感想。視聴率は?

CRISIS 2話。ネタバレ、あらすじ。感想。キャスト、視聴率。政府要人の黒い疑惑

CRISIS・1話。ドラマ・ネタバレ、あらすじ。最終回はいつ?感想。キャスト、視聴率は?小栗旬主演・西島秀俊出演の刑事ドラマ

CRISIS・クライシス、6話の感想

CRISIS・クライシス6話の感想、今回も、クライシスの結末、結構シビアでしたね。

CRISIS、毎回、結構終わりがシビアだったりしますよね。前回の5話は、ちょっとスッキリしましたが。

今回のCRISIS(クライシス)の6話の結末はどうなるこか。11年前のテロの犯人を追うようですが。平成維新軍と関係はないのかもしれませんね。カルト教団と関係しているのか。

と思っていたら、警察官が、カルト教団に潜入捜査をしていて、テロを実行したという話でした。しかも、それを恨んで、警視総監を狙っていたとは。

まあ、それで、特捜班に捕まえられて、こちら側に戻ってこられたらよかったのですが。。。

死んでしまったようでしたね。

うーん、やっぱり、CRISISの6話の結末も、ヘビーな感じでした。

アクションがすごかったですが。

そして、最後に、松永からの電話は、稲見を救ったのかもしれません。が視聴者は、松永の姿を見られなかったですから、ヘビーなままかもしれません(笑)。

というのが、CRISIS・クライシスの6話の感想です。

で、次回のCRISISの7話は、平成維新軍の話になるようです。予告だと、どうも捕まっているようでしたね。まだ7話ですが、捕まってしまうのでしょうか。

ということで、次回のCRISIS・クライシスの7話も楽しみですね!

CRISIS・クライシス、6話の視聴率は?

ドラマ、CRISIS、6話の視聴率は、どうなるでしょうね。

CRISIS、1話の視聴率は13.9%でCRISISの2話の視聴率は、11.2%でした。3話の視聴率は、12.0%でした。4話の視聴率、8.4%でした。CRISIS、5話の視聴率は10.3%でした。

6話は、どうなるでしょうね。上がるような気がするのですが。

CRISIS、6話の視聴率、10.2%でした。微減ですが、現状維持というところですね。

CRISIS・クライシス。最終回・10話。ネタバレ、あらすじ。稲見対結城。その先にあるものは?感想。キャスト。視聴率

CRISIS・クライシス。最終回・10話。ネタバレ、あらすじ。キャスト。これまでのまとめ

CRISIS(クライシス)9話。ネタバレ、あらすじ。稲見の過去がわかる?友人との戦い。感想。キャスト、視聴率

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう