CRISIS(クライシス)7話。ネタバレ、あらすじ。感想。平成維新軍のテロの標的は?キャスト、視聴率

シェアする

スポンサーリンク

ドラマ、CRISIS(クライシス)7話。ネタバレ、あらすじ。感想。キャスト、視聴率

CRISIS・クライシスの7話は、テロリストの平成維新軍の話ですね。

今回は、1話から続いている、平成維新軍の話で、これらを、特捜班が追うという話ですね。

大山 玲(新木優子)が、平成維新軍の中のリーダーを知っているようで、そのリーダーを捕まえるようです。しかし、パソコンの解析が進まず、テロが実行されてしまうかもしれないということで、どうなるのか?

CRISIS(クライシス)の7話では、平成維新軍の話が結末を迎えるのかどうかが気になります。

そんな、CRISIS 公安機動捜査隊特捜班の第7話、どんな話だったのでしょうか。

以下、CRISISの7話。ネタバレ、あらすじ。感想。キャスト、視聴率などです。
CRISIS・クライシスの7話を見逃して、動画で見たい方は、こちら
まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

CRISISの6話、5話のネタバレ、あらすじ、感想などはこちら

CRISIS・クライシス。6話。ネタバレ、あらすじ。感想。テロリスト対特捜班!キャスト、視聴率

CRISIS(クライシス)5話。ネタバレ、あらすじ。感想。キャスト、視聴率。稲見の潜入捜査の裏に何がある?

CRISIS・7話

CRISIS 7話

スポンサーリンク

CRISIS(クライシス) 7話。ネタバレ、あらすじ。感想。キャスト、視聴率は?

CRISIS(クライシス) 公安機動捜査隊特捜班の7話のキャスト

稲見 朗:小栗旬
田丸三郎:西島秀俊

吉永三成:田中哲司
樫井勇輔:野間口徹
大山 玲:新木優子
鍛冶大輝:長塚京三
青沼祐光:飯田基祐

林 智史:眞島秀和
林 千種:石田ゆり子

これらに加えて、各回ゲストが登場するようです。

坂本:今井悠貴

CRISIS(クライシス)7話の予告動画

CRISISの公式Twitter

CRISISの公式Twitter

CRISIS(クライシス)7話。ネタバレ、あらすじ

以下、CRISIS、7話のあらすじです。

CRISIS・クライシス、7話は、平成維新軍の話ですね。

ハッカーだった頃に平成維新軍の前身と思われる組織に所属していた大山(新木優子)は、犯行予告に記された一節が、以前、自分が仲間の一人に教えた言葉だと指摘。“坂本”と名乗るその人物の素性はおろか、性別すら知らないが、当時、偶然手に入れたメールアドレスを元に本人の居場所を特定できると言う。

なかでも、大山が活躍するようです。

ある意味、今回のCRISIS、7話は、大山の回なのかもしれません。

以下、CRISISの7話のネタバレです。
学生が、ファミレスで。
パソコンから、何かをアップロードする。
日本経済連盟サイトが、平成維新軍にハッキングされる。

「かつてフランスの革命家はこう言った。
平等はあらゆる善の根源であり、
極度の不平等は、あらゆる悪の根源である、と。」

6月9日の午後1時に、悪の根源の一端を取り除いてみせる。

警視庁公安部長 土岐田宗利
土岐田:先日の里見の一件、お手柄だったね。乾長官も褒めようだったよ。これで、特捜班も本流に乗ったね。平成維新軍の件で特捜班を動かすつもりなら、手綱を握っていてくれよ。
青沼:承知しました。

鍛治は、平成維新軍の件で、特捜班をフル稼働させるようにと言われた。

平成維新軍の狙いを考える、特捜班。
捕まえるのが一番手っ取り早いと、稲見。

大山が、昔組んでいたハッカーのチームで、銀行に侵入した。
平成維新軍のフランスの革命家の言葉は、昔、大山が、坂本に教えてものと同じ。

大山が坂本の居所をメールから探る。CRISIS(クライシス)7話のあらすじ

昔、坂本が大山に送ってきた、メールアドレスから辿って、坂本にたどり着けるはず。

高校生の「坂本」を見つけて、特捜班が確保する。
「坂本」の名前は、大庭。

吉永が、両親に話を聞く。
母親は、何かの間違いということはないのか?と。

大庭の部屋には、フランス革命などの本がある。
大庭の棚の裏から、仮面が出てくる。
大山は、パスワードのヒントを得るために、部屋の写真を撮っている。

吉永が、大庭を聴取する。
仲間を捕まえに言っている。話せば、両親が楽になる。喋ってみないか?というが、黙っている。

大山が、坂本・大庭のパソコンとスマホのパスワードを探っている。
稲見も手伝う。

犯行予告まで1日。

大山が坂本と話して探ることに。CRISIS・クライシス、7話のネタバレ

大山に坂本・大庭と話をさせてみようと、稲見が提案し、やってみることに。
坂本・大庭:ある日突然消えたから死んだと思ってた。まさかそちら側にいたとはね。聞きたいことがあるんだ。銀行のシステムにはどうやって侵入したの?
大山:私の通っていた高校に、銀行のお偉いさんの娘がいたの。その子と友達になって、お偉いさんのパソコンの中に、ウイルスを忍び込ませただけ。
坂本:お偉いさんの娘と同じ学校に通っていたということは、君もそういう人種ということだろう。君は初めからそっち側の人間だったていうことだよ。それにがっかりしている。君にとって、革命行動は、お嬢様の暇つぶし程度だったんだ。いっときでも君を信用した自分を恥じるよ・
大山:公平と平等を売りにしている維新軍が、人を外側だけで判断するのね。
坂本:外側が豪華だったら、自然と内側も変わってくるさ。高級外国車に乗ると、自分が偉くなったと勘違いするみたいにね。君とは、こんな話はしたくはないな。裏切られたとはいえ、銀行に侵入する話を君としていた時間が、僕のこれまでで最高の時間だったんだ。テロの決行日は明日だね。大変なことになるよ。
大山:自分がやっていること、鏡に写して見たことがある?小さな機械の前で、悦に入ってる男が見えるはずよ。そんな男のことは、誰も信用しないわ。本当に何かを変えたかったら、人々の考え方を変えたかったら、姿を現して、最前線に立つべきよ。そうでなければ、あんたはただの詐欺師で、誰の信用も勝ち取れない。
坂本:君がある日突然姿を消したのは、鏡を見ちゃったから?
大山:鏡なんて必要なかった。仲間とつながることで、自分のやっていることを正当化している卑怯な自分に気づいたからよ。だから、悪さをするときは一人でやることに決めたの。

吉永が坂本(大庭)に再度聴取。
坂本:年収はどれくらいあるんですか?
吉永:だいたい700万ぐらいだ。
坂本:うちの父親は、450万です。母親がパートで100万。合わせて、550万です。つまりうちは、普通の家庭です。お子さんはいますか?さっき聞いた年収なら、大学もいけますね。うちは、大学進学の話をするたびに、両親の顔が曇ります。で、二言目には、教育ローンや奨学金やら、借金の話しかしません。成功するには、いい大学に入らないとならない。
吉永:そんなに成功が大事か?
坂本:僕の子供に、僕みたいな思いをさせないためには、成功しなきゃダメなんですよ。僕の代で、何かを劇的に変えておかないといけないんです。一流大学に入っても、借金を抱えています。高級外国車に乗って、大学に通う人もいる。そういう人間は、親のコネを使って、成功者として社会に出て行く。
吉永:お前たちが殺そうとした、宇田川圭介みたいな奴のことか。
坂本:今は格差社会になっていて、強化している。それを気づかせる存在が必要なんです。
吉永:それが、維新軍の思いということか。でも、もっと穏当なやり方があるんじゃないのか。
坂本:選挙のこと言ってます?若い者は人数が少ないのに話を効くと思います?それに僕も大人になる。だから、この世界に一矢を報いないとならないんです。
吉永:盗人にも三分の理という奴だな。
坂本:僕の容疑はなんなんですか?証拠はあるんですか?

平成維新軍の標的は、政治家?CRISISの7話の結末へ

政治家が標的?

稲見:お前の直感を信じて、奇跡を起こしてみろよ
と大山に、パスワードを考えてみろと。

大山:自分が手を汚さないで人が苦しむのを見るのはそんなに楽しい?
坂本:君の必死な表情を見るのが一番楽しいよ。

大山が、銀行に侵入した日と、Okadaの「O」とSakamotoの『S』を合わせて、
パスワード:OS20140820
パソコンの開けるようにする。

大臣の子供たちをターゲットにしていた。
特捜班が出動する。

厚生労働大臣の息子が狙われる。大山が助けに入る。確保する。
他のメンバーも、それぞれを助けて、確保する。

稲見:お前が自由になった時、あいつがひどい人間だった、また狙えばいい。

坂本:失敗したんだな。残念。でも、また維新軍の活躍を見られるよ。今の時代、誰でもテロリストになれるんだから。平等はあらゆる善の根源であり、極度の不平等は、あらゆる悪の根源である。僕たちは、この国の英雄なんだ。

ネットの掲示板には、平成維新軍に参加したいという声が。

以上、CRISIS、7話。ネタバレ、あらすじでした。
CRISISを見逃して、動画で見たい方は、こちら
まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

CRISIS。8話のネタバレ、あらすじなどはこちら

「CRISIS・クライシス」8話。ネタバレ、あらすじ。新興宗教集団との戦い。感想。キャスト、視聴率

CRISIS(クライシス)9話。ネタバレ、あらすじ。稲見の過去がわかる?友人との戦い。感想。キャスト、視聴率

CRISIS、7話の感想。視聴率は?

CRISIS・クライシス。4話。ネタバレ、あらすじ。感想。キャスト、視聴率。特捜班は大学教授を守れるか?

「CRISIS・クライシス」3話。ネタバレ、あらすじ。感想。キャスト、視聴率。平成維新軍のテロを未然に防げるか?

CRISIS 2話。ネタバレ、あらすじ。感想。キャスト、視聴率。政府要人の黒い疑惑

CRISIS・1話。ドラマ・ネタバレ、あらすじ。最終回はいつ?感想。キャスト、視聴率は?小栗旬主演・西島秀俊出演の刑事ドラマ

CRISIS・クライシス、7話の感想。平成維新軍の話は終わり?

CRISIS・クライシス7話の感想。

平成維新軍の話は、CRISIS・クライシスの1話から続いています。

この7話で、解決するのでしょうか。

平成維新軍。首謀者の坂本が逮捕されて、今回のテロは、特捜班のおかげで未然に防げましたね。

ただ、坂本が言っていたように、まだまだ平成維新軍は終わらないのかもしれません。西郷という男がいますからね。

そして、賛同者も、ネットには、たくさんいるようでしたし。

こうなってくると、ドラマ・CRISISの話の中では、平成維新軍の話は終わらないのかもしれませんね。

にしても、テロの話は、この時期、現実でもあって、結構シビアというか、きつい話ですよね。終わりが見えないというか。実際に、犠牲者も出ていますし。

ドラマが現実と被っているところがあって、きついなあというのは、感想としてありますね。それが、このドラマ・CRISISの狙いであって、内容なのでしょうけれど。

というようなことはあるのですが、ただ、まだもう少しCRISIS・クライシスは続くでしょうから、何か別の話が出てくるのでしょうか。まだ、解決していないというか、稲見の過去や神の光教団の話がありますよね。

このあたりの話を、今後のCRISISでは、展開するのかもしれません。

CRISIS・クライシスの7話以降も気になりますね。

CRISIS・クライシス、7話の視聴率は?

ドラマ、CRISIS、7話の視聴率は、どうなるでしょうね。

CRISIS・クライシス、1話の視聴率は13.9%でCRISISの2話の視聴率は、11.2%でした。3話の視聴率は、12.0%でした。4話の視聴率、8.4%でした。CRISIS、5話の視聴率は10.3%で、6話は10.2%でした。

7話は、どうなるでしょうか。平成維新軍の話なので、上がると思いますが。

CRISIS、7話の視聴率、8.7%ということで、下がってしまいましたね。上がるのではないかと思っていたのですが。

CRISIS・クライシス。最終回・10話。ネタバレ、あらすじ。稲見対結城。その先にあるものは?感想。キャスト。視聴率

CRISIS・クライシス。最終回・10話。ネタバレ、あらすじ。キャスト。これまでのまとめ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう