CRISIS・クライシス。最終回・10話。ネタバレ、あらすじ。稲見対結城。その先にあるものは?感想。キャスト。視聴率

シェアする

スポンサーリンク

ドラマ、CRISIS(クライシス)最終回・10話。ネタバレ、あらすじ。感想。キャスト、視聴率

CRISIS・クライシスの最終回・10話は、稲見・特捜班と、結城の対決ですね。

前回の9話で、自衛隊時代の友人の結城と対決することになった稲見。今回のCRISISの最終回では、結城の犯行を止めようとするようですが。

止められることができるのか?なぜ結城はこのようなことを行なっているのか?その理由は?背後にあるものは?そして、稲見の過去は?

CRISISも最終回です。全部が明らかになるのでしょうか?CRISIS、最終回。稲見は?特捜班は、どうなったのでしょうか?

以下は、これまでのCRISISのまとめです。

CRISIS・クライシス。最終回・10話。ネタバレ、あらすじ。キャスト。これまでのまとめ

そんな、CRISIS 公安機動捜査隊特捜班の第10話、どんなストーリーだったのでしょうか。

以下、CRISIS・クライシスの最終回。ネタバレ、あらすじ。感想。キャスト、視聴率などです。
CRISIS・クライシスの最終回・10話を見逃して、動画で見たい方は、こちら
まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

CRISISの9話、8話のネタバレ、あらすじ、感想などはこちら

CRISIS・クライシス。9話。ネタバレ、あらすじ。稲見の過去がわかる?友人との戦い。感想。キャスト、視聴率

「CRISIS・クライシス」8話。ネタバレ、あらすじ。新興宗教集団との戦い。感想。キャスト、視聴率

crisis・クライシス・10話

CRISIS 最終回

スポンサーリンク

CRISIS(クライシス) 最終回・10話。ネタバレ、あらすじ。稲見対結城。その先にあるものは?感想。キャスト、視聴率

CRISIS(クライシス) 公安機動捜査隊特捜班の最終回・10話のキャスト

稲見 朗:小栗旬
田丸三郎:西島秀俊

吉永三成:田中哲司
樫井勇輔:野間口徹
大山 玲:新木優子
鍛冶大輝:長塚京三
青沼祐光:飯田基祐

林 智史:眞島秀和
林 千種:石田ゆり子

松永芳:野崎萌香

結城雅:金子ノブアキ

岸部正臣:竜雷太

CRISIS(クライシス)の最終回・10話の予告動画

予告動画は、すでになくなってしまっていますね。

CRISISの公式Twitter

CRISISの公式Twitter

ドラマ、CRISIS(クライシス)最終回・10話。ネタバレ、あらすじ

以下、CRISIS・クライシス、最終回・10話のネタバレ、あらすじです。

CRISIS、最終回です。

CRISIS・クライシスの話を書くのも、これで最後なのかもしれません。

ここまで、いろいろなテロを解決してきていますよね。

最後の戦いは、稲見とその友人の話です。どんな背後や理由があるのか。まだ9話ではわかっていませんでしたね。

これが、今回のCRISISの最終回ではわかるのでしょう。

以下、CRISISの最終回のネタバレです。
爆発。

特捜班のメンバーはなんとか無事。

事務所
爆発力は大きくない。結城は、嫌がらせをしたかっただけだろうと、樫井。

稲見:結城とは数々の任務をこなしました。この国と国民のために命をかけているつもりでした。俺の中で一つの疑問が芽生えて来ました。俺が戦っているのは、国家のためなんじゃないかと。権力者に利用されて、この国や国民のためにならないことをしてるんじゃないかと。兵士が迷いを持って任務をこなしたら、使い物になりません。俺は、迷いを殺しながら、任務をこなしました。そして、ある任務につくことになりました。それは、国家の極秘プロジェクトに関わるものでした。ある事故が起きて、事後処理をすることになりました。その任務がきっかけで除隊することになります。その後、生きるあてもなく、フラフラしてた俺を鍛治さんが拾ってくれたわけです。
田丸:結城も何かがきっかけでテロリストに変わってしまったのかもな。
吉永:順を追って探るしかないな。
大山:実は、結城のUSBメモリに、ウイルスを仕込んでおきました。結城がUSBメモリをパソコンにさすと、パソコンを遠隔操作できるようになります。そうすれば、位置情報を知ることもできます。ネットがないとダメですが。
結城の狙いは、閣僚。

青沼が来て、新しいオフィスを用意したからそっちに移れ、と。

結城がパソコンを使い始める。
結城の居場所は、九十九里浜近くだとわかる。

そこに向かう、特捜班。
明日の天気を調べている結城。狙撃をしようとしているのかもしれない。

特捜班が到着すると、結城が車で出ていくところ。
銃を構える、稲見。
車で突っ込んで来る結城。
逃げない稲見を、田丸がどける。
田丸:自分を罰するために、死のうとするな。
撃てない稲見。

CRISIS、最終回。稲見対結城。
稲見は、まだ躊躇していますね。
やはり、気持ちが動かないのでしょう。

結城は、どう動くのか?CRISIS。最終回のあらすじ

鍛治:稲見のやつ、わざと逃したわけじゃないよな。
青沼:そのようなことはないと思いますが。結城の標的に心当たりがあるなら、あいつらに与えてやったらいかがですか。
鍛治:今与えたところで意味がないんだ。結城の動き方次第なんだ。俺の予想だと、この1、2日で動きがあるはずだ。その先の動きは、俺にもはっきり見えていない。

結城が、あるマンションから、総理大臣の岸部正臣を狙っている。
結城が放ったボーガンが、総理大臣の肩に当たる。

稲見:昨夜のことなんですが。
田丸:いいんだ。俺も似たような闇を見て来た。お前は俺だ。だから、俺の前でお前を死なすようなマネはさせない。

結城のパソコンから得た写真に、女性の写真が入っていた。
田丸が見覚えがあると。

1年前に起きた東京駅セントラルホテルの事故。
若尾悠美 カフェのウェイトレス

結城は、この事故の裏を知って、復習しようとしている?

テレビでは、首相は、骨折したと報道される。

鍛治が総理に会いにいく。
岸部:別のルートから聞いたよ。1年前のあの事故が絡んでるんだろう。どこから僕のことが漏れたのかな。
鍛治:自衛官が手荒な手段で上司を問い詰めて知ったようです。
岸部:相手は退路を絶ってやって来ているわけか。君は、使い勝手のいい連中を飼っているんだってな。折り入って君に頼みたいことがあるんだ。

稲見:この距離で致命傷を与えられないんて信じられません。
田丸:総理は本当の標的ではないってことか?

鍛治と特捜班メンバーたち。CRISISの最終回。ネタバレ

鍛治:新しい任務がある。岸部総理の長男。だいすけの警護にあたってもらう。
稲見:任務につく前に、結城の本当の標的を教えてください。あの爆発事故に岸部総理が絡んでいるんですか?
田丸:結城の本当の標的は、だいすけですか?
鍛治:その通りだ。間違いない。戻ってこざるを得ない。総理を囮にしたってわけだ。だいすけは、過激派組織の一員だった。本当は、東京駅の構内を爆発するつもりだった。しかし、だいすけは、爆弾をカフェに置き去りにした。
樫井:総理に迷惑がかからないように、ガス爆発にしたんですね。
鍛治:だいすけの警護はやれないってことか?
吉永:いえ、任務は受けます。しっかり守ってみせます。
鍛治:結城が現れたら、ためらうことなく、銃を向けて、引き金を引け

結城は、事故現場で、恋人の若尾を見つけていた。

特捜班が空港から、だいすけを護送する。
それをマスコミなどがバイクで追って来る

新しい事務所に立ち寄ることにする。
結城が現れる。
爆弾で、田丸がやられる。
樫井が人質に。
樫井が撃たれ、吉永もやられる。

やはり結城が強いですね。
特捜班がどんどんやられていきます。
CRISIS、最終回。あとは、稲見だけですが、どうなる?

結城対稲見。CRISISの最終回のクライマックス

ナイフと警棒でやりあう!
ナイフで刺されそうになる稲見。
自分の肩に、ナイフを刺して、ナイフを結城から奪う。

殴り合う2人!

そこに、だいすけが現れて、拳銃を構える。

樫井は、ポケットに入っていたものが拳銃の弾を受けていて、生きていた。

だいすけの頭に銃を構える、結城。と同時に、結城の頭に銃を構える稲見。

結城:こいつが初めて爆破した現場に入ったのは、俺の部隊だったんだ。そこは、俺の婚約者が勤めていた店だった。いつものように事情は知らされず、国家にとって不都合なものがあったら、採集をしろと。俺が最初に見つけたのは、俺の手作りの指輪をした愛しい人の手だった。俺の愛する人の死は、国家にとって不都合なことだった。だから口止めをされた。俺は、まるで生きるしかばねだった。俺に残されたものは復讐だけだった。真相を突き止めて、俺の愛する人の仇をうつことだけだった。俺にとって、初めての愛だったんだ。
稲見が、結城を止める。
稲見:俺もお前とおんなじだ。生きるしかばねだ。国家に命令されて、無実の人間を殺したあの時から。俺は、一瞬だって、きちんと生きた心地がしなかった。お前もそうだろう。俺が、お前を解放してやる。
結城に銃を向ける、稲見。銃を撃つが、結城にはあたっていない。
稲見:今、お前は死んだ。でも、生き返れ。俺がうらやむぐらい、生きることを楽しめ。

CRISIS、最終回のクライマックス。このまま結城は生きていくのかと思いきや

外に出ると、結城が撃たれる。
そして、だいすけは、警察に連れて行かれる。

田丸:俺たちは、このために囮にされたんだ。

鍛治が立っている。

岸部:その自衛官を放っておくと。だから、言いたいことはわかるね。その自衛官を釣り上げるために、息子を餌として提供しよう。あとのことは任せたい。
鍛治:息子さんにもしものことがあってもよろしいんでしょうか?
岸部:うん。幸い僕には、息子が2人いるから、1人いなくなっても、どうにかなるよ。

青沼:今の精神状態では、任務につかせるのはむずかしいかと。
鍛治:マスコミに顔がバレたんだから、休ませておけばいい。ほとぼりが冷めて、走らせて、転ぶようだったら、その時は。あいつが撃ってれば、全てが丸く収まっていたんだ。俺の見込み違いだったのか。

樫井が、「標的:警視庁」という設計図を書いている。
大山は、平成維新軍のチャットルームに入ってる。
吉永は、公安の幹部に呼ばれている。
田丸は、中国のスパイと話している。

稲見は、自分の部屋にいる。
松永に電話しようとするが、しない。

ニュース

CRISIS、最終回。臨時ニュースが入りました、で終わってしまいました。これは、続くということなのでしょうか。

以上、CRISIS、最終回のネタバレ、あらすじでした。
CRISISの最終回を見逃して、動画で見たい方は、こちら
まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

CRISIS、最終回・10話の感想。視聴率は?

CRISIS(クライシス)7話。ネタバレ、あらすじ。感想。平成維新軍のテロの標的は?キャスト、視聴率

CRISIS・クライシス。6話。ネタバレ、あらすじ。感想。テロリスト対特捜班!キャスト、視聴率

CRISIS(クライシス)5話。ネタバレ、あらすじ。感想。キャスト、視聴率。稲見の潜入捜査の裏に何がある?

CRISIS・クライシス。4話。ネタバレ、あらすじ。感想。キャスト、視聴率。特捜班は大学教授を守れるか?

「CRISIS・クライシス」3話。ネタバレ、あらすじ。感想。キャスト、視聴率。平成維新軍のテロを未然に防げるか?

CRISIS 2話。ネタバレ、あらすじ。感想。キャスト、視聴率。政府要人の黒い疑惑

CRISIS・1話。ドラマ・ネタバレ、あらすじ。最終回はいつ?感想。キャスト、視聴率は?小栗旬主演・西島秀俊出演の刑事ドラマ

CRISIS・クライシス、最終回・10話の感想。最後もモヤモヤしたものがあったけれども

CRISIS・クライシス最終回・10話の感想。

CRISIS・クライシス。初回から、アクションが満載で、かなり面白いドラマでした。

そして、リアルというのか、予定不調和な感じというのか、最後に何かモヤモヤしたものが残った感じが、毎回ありましたね。

何度かスッキリする回もありましたが、やはり、まだモヤモヤしています。

CRISISの最終回はどうなるのか?

スッキリと行くのかどうか。それとも、モヤモヤが残って終わるのか。

CRISISの最終回で、この点で、感想も変わってくるだろうと思います。個人的には、スッキリとしたいところですが。

と思っていたのですが、スッキリ終わらなかったですね。これは、どうなんでしょう。

CRISISに続きがあると考えると良いのか、それとも、これで終わりということなのか。

最終回なので、とりあえず、このシーズンは終わりなのでしょうけれど。

CRISIS、アクションとモヤモヤが特徴のドラマでしたが、最終回の最後も、モヤモヤした感じで終わりでしたね。

結末が結末らしくない、最終回。CRISISらしいといえばCRISIS・クライシスらしいのですが、スッキリしたかったですね。まあ、これで話題になるというのはあるのでしょうけれど。

これで、終わらないで、映画化やシーズン2が登場するのでしょうか。視聴率が最後伸びなかったので、どうなるでしょうね。個人的には、CRISISの結末を見たい気もしますね。

と、ネットでも、CRISISの最終回の続きが気になるという声が多いようです。期待に応えてくれるのか。それともこれで終わりなのか。ドラマ、CRISIS・クライシス、最初から最後まで、「規格外」のドラマでしたね。

CRISIS・クライシス、最終回・10話の視聴率は?

ドラマ、CRISIS、最終回・10話の視聴率は、どうなるでしょうね。

CRISIS、1話の視聴率は13.9%でCRISISの2話の視聴率は、11.2%でした。3話の視聴率は、12.0%でした。4話の視聴率、8.4%でした。CRISIS、5話の視聴率は10.3%で、6話は10.2%でした。7話の視聴率は、8.7%で、8話の視聴率は、10.5%でした。9話の視聴率は、10.3%でした。

最終回・10話は、どうなるでしょうね。

CRISIS、最終回の視聴率、9.6%でした。最後は、裏番組にサッカー日本代表があったので、厳しかったですよね。それでも、この視聴率というのがすごいのかなと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう