同期のサクラ。2話ネタバレ。感想。ゲスト。視聴率。残業続きで上司に責められる清水菊夫。北野桜はどうする?

2019年12月11日

スポンサーリンク

同期のサクラ。2話

ドラマ、同期のサクラ。2話ネタバレあらすじ。キャスト。ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

同期のサクラは、高畑充希さんが、主人公、北野サクラを演じて、10年間の話を1年間を1話ずつ描いていくドラマということです。

同期のサクラの2話は、2019年10月16日(水)の夜10時から放送です。

2話は、サクラたちが入社2年目で、2010年の話ですね。サクラは人事部に配属されて、どうなるのでしょうか。清水菊夫(竜星涼)が営業で頑張るようですが。

同期のサクラの2話は、どんな内容になっているのでしょう。

ということで、同期のサクラ、2話のあらすじ、ネタバレ、感想。キャスト。ゲスト。見逃し配信動画、視聴率といったことをまとめておきます。

ドラマ。同期のサクラ、2話の見逃し配信動画は、Huluで
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

同期のサクラ、1話ネタバレ。感想。キャスト。ゲスト。見逃し配信動画。視聴率。

同期のサクラ。ネタバレあらすじ。1話から最終回の結末まで。キャスト。高畑充希さん主演。最終回はいつ?見逃し配信動画。視聴率

秋ドラマ2019年一覧。2019年10月〜12月のドラマ。ネタバレあらすじまとめ。

スポンサーリンク

ドラマ。同期のサクラ。2話ネタバレあらすじ。キャスト。ゲスト。感想。見逃し配信動画。視聴率

同期のサクラ、2話の主なキャスト、出演者

北野桜(高畑充希)

月村百合(橋本愛)

木島葵(新田真剣佑)

清水菊夫(竜星涼)

土井蓮太郎(岡山天音)

 

火野すみれ(相武紗季)

黒川森雄(椎名桔平)

北野柊作(津嘉山正種)

脇田草真(草川拓弥)

中村小梅(大野いと)

老女(柳谷ユカ)

こういった人たちが、主な出演者で、キャスト・登場人物ですね。

同期のサクラ。キャスト。登場人物。主演は高畑充希さん。同期に橋本愛さん、新田真剣佑さんなど

同期のサクラ。2話のゲスト出演者は?

ドラマ、同期のサクラ、2話のゲスト出演者はどうなるでしょうね。

桑原(丸山智己)

丸山智己さんが、桑原部長としてゲスト出演されますね。

同期のサクラの公式Twitter、Instagramなど

同期のサクラの公式Twitter

同期のサクラのTwitter

同期のサクラの公式インスタグラム

同期のサクラのInstagram

ハッシュタグは、 #同期のサクラ ですね。

ドラマ、同期のサクラ、2話のあらすじ

同期のサクラ。2話、あらすじ

同期のサクラ

眠り続けるサクラ(高畑充希)の病室。サクラの意識が戻ると信じて見舞いに訪れた菊夫(竜星涼)は、「自分にしか出来ないことをやるよ」と話しかけ、社会人2年目のある出来事に思いを馳せていた……。

2010年5月―。サクラは花村建設人事部で社会人2年目を迎えていた。その忖度できない性格は相変わらず。修羅場中の隣人カップルに空気を読まないクレームを入れたり、社内エレベーターで大声で電話する管理職風の上司に堂々と注意したり……。そして、「故郷・美咲島に橋を架ける仕事に関わる」というブレない夢も持ち続けていた。
その日、人事部では「経費削減のために無駄な残業時間を減らせ」という上からのお達しを、部長の黒川(椎名桔平)がすみれ(相武紗季)とサクラに丸投げする。「何故、残業してはいけないのか?」という疑問を黒川にぶつけるサクラだが「社員の健康と環境を守るため」という答えに納得すると早速各部署にメールを打ち始める。面倒な仕事は何でも押し付ける黒川と、意見をハッキリ言うあまりトラブルの種になりかねないサクラに挟まれストレスを感じるすみれだが、サクラと一緒に各部署に残業削減をお願いして回ることに……。

調子よく仕事をする都市開発部の葵(新田真剣佑)、男性社会の会社で不満と不安を隠しながら働く広報部の百合(橋本愛)、雑用ばかりで意見を聞いてもらえないことが不満の設計部の蓮太郎(岡山天音)、と同期の仲間たちと久々の再会をしたサクラ。それぞれの労働環境を熱心にメモしながら、営業部では多忙ながらもやりがいを感じている様子の菊夫に再会する。しかし、そこに菊夫の上司で営業部長の桑原が現れる。なんと桑原はサクラがエレベーターで注意した横暴な男。慌てたすみれが間に入り、角が立たないように残業削減を頼むものの、桑原は聞く耳を持たない。サクラは明るく振る舞う菊夫のことを不安げに見つめ……。

その夜、菊夫は担当する建設現場の工期を1ヶ月早めるよう桑原から無茶振りを受け、高圧的な桑原と悲鳴をあげる下請け業者の板挟みにあってしまう。問題を抱え込む菊夫は1年目にサクラに教えてもらった喫茶店へ。偶然来ていた同期のメンバーたちと顔を合わせ、社内でも有名な嫌な上司・桑原の下についたことに同情される。しかし、サクラだけはなぜか何も言わずにさっさと帰ってしまうのだった……。
1週間後。人事部では営業部の残業時間が減るどころか増えていることが問題に上がる。苦手な桑原を避けて自分から動こうとしない黒川に代わり、自分が営業に行くと申し出るサクラだが、思わぬ騒動を巻き起こしてしまい……。
心身ともに追い詰められた菊夫を助けるため、自分の夢を諦めないため、忖度しないサクラが進む道とは……!?

というのが、同期のサクラ、2話のあらすじです。

同期のサクラ、2話動画

スポンサーリンク

ドラマ。同期のサクラ、2話。ネタバレ

桜は人事部の仕事をしている。同期のサクラ、2話。ネタバレ

北野桜(高畑充希)の病室。
清水菊夫(竜星涼)は、目を覚ますと信じていると話しかける。

会社2年目の話。お前が救ってくれたと。

2010年5月

サクラは、人事部に配属。いつか土木に行けると信じてる。

隣の部屋から、中村小梅(大野いと)が、妊娠したという声が聞こえる。
しかし、脇田草真(草川拓弥)は、自分の子なのかと。

火野すみれ(相武紗季)は、サクラは、仕事が早いのは良いけどと。

黒川森雄(椎名桔平)が、残業を減らせという上からのお達しだという。
各部署の管理職に言っておいてくれと、すみれに。
北野を連れて行けという。

サクラ「なぜ残業しては行けないのでしょうか?」
黒川は、社員の健康を守るためと考えたらどうかと。サクラは、わかったという。

すみれは、サクラに空気を読まないで仕事はできないと、痛い目にあうと。
サクラは、月村百合(橋本愛)の言葉を思い出していた。
しかし、サクラは、自分にしかできないことをやりたいと言う。

サクラは、経営企画や営業部を回る。
百合は、結婚したらどうしようかと考えないかと、サクラに言う。

土井蓮太郎(岡山天音)は、雑用はしたくない。設計図を描きたいと
サクラは、美咲島橋のデザインを、色が微妙だと言う。

菊夫は、仕事が忙しく残業している

清水菊夫(竜星涼)は仕事が忙しい。

営業部の部長、桑原(丸山智己)は残業は減らせらないという。

菊夫は、残業している。
桑原が、菊夫に図書館の仕事を1ヶ月早くしろと言ってこいという。
頼みに行く菊夫。

しかし、現場の下請けの人には、今回は無理だから、桑原を説得してくれと言われてしまう。

菊夫が、食堂に行くと、同期の4人がいる。
桑原部長は、評判が悪いという。
サクラは、もう帰るとすぐに帰ってしまう。

じいちゃんは、あまり体調が良くない。

火野に残業時間の報告をするすみれ。
菊夫の残業時間が伸びていると。
火野は、桑原に言ってこいというと、サクラが言ってくると言い出す。

と、桑原に責められている菊夫。
工期を早めろと。OKを取れるまで戻ってくるなという。

サクラは営業部の残業が減っていない、減らしてもらえると助かるという。
しかし、桑原は、営業には無理だと。
サクラは、社長に言ってくださいと、答える。

桑原が、火野にサクラが文句言ってきたと言ってくる。
なんとか火野が、桑原をなだめる。
火野は、サクラに2度と桑原に関わるな、営業には行くなと。

サクラは菊夫の残業を止めようとするが。同期のサクラ。2話

菊夫は、妹の伝言メッセージを聞く。と、仕送りありがとうと。

と、火野から電話。接待している人が、大学の先輩だと、今から来いという。
火野から、いろいろやれと言われる。

翌日、食堂で疲れている菊夫。
と、サクラが疲れていて大丈夫かという。

サクラは、菊夫の残業を止めようとしている。
会社の前で待っている。
サクラ「残業ですか、やめてください」
桑原は、人の仕事のやり方に口出すなと。
サクラは、過労死したらどうするのかと、無駄な残業をしないほうがいいという。

桑原は、そんなやり方をしてたら、クビになると。
サクラは、私には夢があります。一生信じ合える仲間を作ることがあります。その仲間とたくさんの人を幸せにする建物を作ることです。

菊夫が会社をやめたら困るという。
桑原は、俺と同期のどっちの意見を聞くのかと

菊夫「俺なら、大丈夫っす、体力だけなら自信あるし。」
桑原のおかげで、この会社に入れたからという

木島葵は、だから関わらないほうがいいと、サクラに。

サクラは、同期を助けられないと。大人になると良いのかと。じいちゃんのコロッケが食べたいと、FAXする

じいちゃんからFAX
「大人になるとは、自分の弱さを認めること」だと、

と、火野からサクラに電話。清水菊夫が倒れたという。

サクラは、菊夫は自分を応援すべきではと

菊夫は、病院のベッドにいる。
サクラが見舞いに来ている。

図書館の完成図を見ていたと。
サクラ「これは非常にいい」作り手の愛に溢れているという。

菊夫は、サクラは仕事が辛くないのかと。
サクラ「今は、人事に配属されてよかったと思います。どこの部署の人もうちの会社を支えてるんだって」
私たちは、会社全員で建物を作っているんです

菊夫は、俺はなにやってるんだろうという。会社に行くのが辛いと
家族のために家を建てたかったが、そんなの無理だという。
菊夫「サクラちゃん、俺、どうしたらいいんすか?」
サクラは、良くわからないという。
サクラ「でも、菊夫君は、大人になったのかもしれません。弱さを認めることだと、じいちゃんが言っていましたから。」
会社の全員を応援したいというのはすごいという。
今、応援すべきなのは、あなた自身ではないでしょうか。

翌日、菊夫は、桑原部長に意見を言いに行く。

桑原は、残業しなくて良いから、図書館の職人を説得して来いと。
しかし、菊夫は、嫌だという。
菊夫「俺はもう部長の言う通りにはできません」
サクラとは似ていると思ったが、自分は違っていた。
仕事にちゃんと向き合っていないと言う。
菊夫「自分がやるべきと思った仕事をやりたいんです」
桑原は、お前、どうなるかわかってるんだろうな。

と、図書館の現場で水道管が破裂したと電話がかかってくる。
菊夫は、自分の仕事だから行くと。

菊夫は、現場の人を手伝っている。

サクラは、お昼休みに、差し入れを持っていく。
水道管は直った。

2019年
菊夫は、あの時のサクラのおかげで、自分にしかできない仕事をやっていると。

2010年
桑原は、営業から異動になった。土木部の役員に。

桑原は、サクラを土木には入れないという。
サクラは、桑原のオーデコロンが強すぎると伝える。

同期のサクラ、2話。ネタバレあらすじでした。

↓ドラマ。同期のサクラ、2話の見逃し配信動画は、Huluで
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

この記事が気に入ったら、いいね!をどうぞ

フォローも

ドラマ。同期のサクラ、2話のまとめ。感想。視聴率など

同期のサクラ、2話のまとめ・感想。菊夫が変わった

同期のサクラの2話は、菊夫の話でしたね。

2010年の話で、入社2年目の話です。

 

・菊夫は、営業部で頑張っていました

・でも、部長の桑原にパワハラまがいのことをされていて

・それでも、大学の応援団の先輩で、菊夫は言うことを聞いていた

そんな中、残業を減らせと上からの指示。

 

桜は、人事部の仕事として、残業を減らそうとしますね。

そして、菊夫が残業が続いているということを知って、減らしたいとも思って。

 

また、サクラは、大人になれとも周りから言われます。

じいちゃんに、大人になるとは弱さを認めることだと。

弱さを認めるのが大人なのかわかりませんが、菊夫が倒れて、桜が励まして、菊夫は、自分がやるべき仕事をやりたいと、桑原に伝えます。

弱さを認めたからなのか、桜に感化されたのか。

菊夫は変わりましたね。

こうやって同期が変わっていって、仲間になるのかもしれないなあと

 

サクラは、独特ですが、自分なりのやり方で、仲間を大切にしようとしていますよね。

そして、その結果、菊夫が変わった2話でした。

3話は、月村百合の話のようです。どんな話になるのか。

同期のサクラ。3話あらすじ。予告動画。キャスト。ゲスト。見逃し配信動画。視聴率。

同期のサクラ、2話のTwitterの感想まとめ

 

同期のサクラの視聴率は、9.5%

ドラマ、同期のサクラ、2話の視聴率はどうなるでしょうか。

同期のサクラ、1話の視聴率は、8.1%でした。2話の視聴率は、9.5%でした。アップしましたね!

同期のサクラの各回のネタバレ、あらすじ、結末など

同期のサクラの各回のネタバレ、あらすじ、結末などは、今後、以下に追記していきます。

同期のサクラ。9話ネタバレ。感想。サクラが目を覚まして。キャスト。ゲスト。見逃し配信動画。視聴率

同期のサクラ 8話、ネタバレ感想。引きこもる桜に同期の仲間はどうする?桜が倒れた理由は?

同期のサクラ。7話ネタバレあらすじ。感想。桜の夢が。キャスト。ゲスト。見逃し配信動画。視聴率

同期のサクラ。6話ネタバレあらすじ。感想。火野すみれの悩み。キャスト。ゲスト。見逃し配信動画。視聴率。

同期のサクラ。5話ネタバレあらすじ。感想。木島葵がサクラに惚れる?キャスト。ゲスト。見逃し配信動画。視聴率

同期のサクラ。4話ネタバレ感想。キャスト。ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

同期のサクラ。3話ネタバレあらすじ。感想。サクラと百合がケンカをして。キャスト。ゲスト。見逃し配信動画。視聴率。

同期のサクラ。2話ネタバレ。感想。ゲスト。視聴率。残業続きで上司に責められる清水菊夫。北野桜はどうする?

同期のサクラ、1話ネタバレ。感想。キャスト。ゲスト。見逃し配信動画。視聴率。

同期のサクラの脚本、演出、プロデューサーなど

脚本:遊川和彦
チーフプロデューサー:西 憲彦
プロデューサー:大平 太、田上リサ
演出:明石広人、南雲聖一

 

以上、同期のサクラ、2話のあらすじ、ネタバレ、キャスト。見逃し配信動画、視聴率などでした。