同期のサクラ。6話ネタバレあらすじ。感想。火野すみれの悩み。キャスト。ゲスト。見逃し配信動画。視聴率。

2019年12月11日

スポンサーリンク

ドラマ、同期のサクラ。6話ネタバレあらすじ。キャスト。見逃し配信動画。視聴率。最終回はいつ?

同期のサクラは、高畑充希さんが、主人公、北野サクラを演じて、10年間の話を1年間を1話ずつ描いていくドラマです。

同期のサクラの6話は、2019年11月13日(水)の夜10時から放送です。

6話は、火野すみれ(相武紗季)の話ですね。

娘のことや仕事のことで、悩んでいるようです。

北野サクラ(高畑充希)は、どうするのでしょうか。

ということで、同期のサクラ、6話の展開は?

  • 6話のあらすじ
  • 6話のネタバレ
  • 6話のキャスト
  • 6話の見逃し配信動画
  • 6話の感想
  • 6話の視聴率

などです。

↓ ドラマ。同期のサクラ、6話の見逃し配信動画は、Huluで
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

同期のサクラ。ネタバレあらすじ。1話から最終回の結末まで。キャスト。高畑充希さん主演。最終回はいつ?見逃し配信動画。視聴率

秋ドラマ2019年一覧。2019年10月〜12月のドラマ。ネタバレあらすじまとめ。

スポンサーリンク

同期のサクラ。6話ネタバレあらすじ。キャスト。ゲスト。感想。見逃し配信動画。視聴率

同期のサクラ。6話
同期のサクラ。6話

同期のサクラ、6話の主なキャスト、出演者

北野サクラ(高畑充希)

月村百合(橋本愛)

木島葵(新田真剣佑)

清水菊夫(竜星涼)

土井蓮太郎(岡山天音)

 

火野すみれ(相武紗季)

黒川森雄(椎名桔平)

北野柊作(津嘉山正種)

脇田草真(草川拓弥)

中村小梅(大野いと)

老女(柳谷ユカ)

こういった人たちが、主な出演者で、キャスト・登場人物ですね。

同期のサクラ。キャスト。登場人物。主演は高畑充希さん。同期に橋本愛さん、新田真剣佑さんなど

同期のサクラ。6話のゲスト出演者は?

ドラマ、同期のサクラ、6話のゲスト出演者はどうなるでしょうね。

社長(西岡德馬)

火野つくし(粟野咲莉)

椿美栄子

米田

 

同期のサクラの公式Twitter、Instagramなど

同期のサクラの公式Twitter

同期のサクラのTwitter

同期のサクラの公式インスタグラム

同期のサクラのInstagram

ハッシュタグは、 #同期のサクラ ですね。

↓ ドラマ。同期のサクラ。6話の見逃し配信動画は、Huluで
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

同期のサクラ、6話のあらすじ

同期のサクラ。6話、あらすじ

2019年、10月―。サクラ(高畑充希)の病室に訪れたすみれ(相武紗季)は、中学生になった娘・つくしの写真を手に、眠るサクラに感謝の気持ちを伝えていた……。

2014年10月。サクラは花村建設の子会社に飛ばされ夢から遠ざかったことを故郷の祖父(津嘉山正種)に打ち明けられないまま、社会人6年目を迎えていた。相変わらず信念を曲げずに日々を過ごしているように見えるサクラだが、その心には少しずつ迷いが生じていた……。
一方、サクラのことを気にかけつつも、8歳の娘の子育てと仕事の両立に追われる人事課のすみれは、黒川(椎名桔平)から有名評論家・椿美栄子を招いての講演会“女性研修セミナー”の仕切りを丸投げされる。働く女性を応援する本を数多く執筆している椿だが、実は理不尽で細かい要望が多く面倒な人物。しかし社長(西岡德馬)と仲がいいため粗相は許されないと黒川からプレッシャーをかけられる。
数日後。椿のマネージャー・米田との打ち合わせを控え、広報の百合(橋本愛)のほか、サクラも子会社の代表としてセミナーのプロジェクトチームに参加する。わざわざ女性だけが集まって研修をすることに疑問を感じるサクラだが、百合は立場が違う女性同士がまず理解し合う必要があると主張。サクラはすみれが離婚してシングルマザーになったことを知る。その後、米田を交えた打ち合わせが始まるが……。余計なことを言わないようすみれから釘を刺され必死に我慢するサクラだが、『公演後の質問は受け付けない』という理不尽な要求に黙っていられず、米田を怒らせてしまう!その時、タイミング悪く社長が現れて……。

打ち合わせ後、エレベーターでサクラと二人きりになった百合は、いつもと違う元気のないサクラを見てこの機会にプライベートを充実させないかと合コンに誘う。そこに土木部に異動して生き生きと働く葵(新田真剣佑)が乗って来る。1年前の一件から密かにサクラに想いを寄せる葵は合コン話に焦りつつ、それとなく恋愛事情を探るが、サクラは今は誰とも付き合う気は無いと頑なな態度。その夜、すみれからの電話でプロジェクトチームから外されたことを告げられたサクラは肩を落としていつもの喫茶店へ向かう。先に来ていた菊夫(竜星涼)は、蓮太郎(岡山天音)にけしかけられサクラをデートに誘おうとするが……。
講演会が近づくにつれ、すみれは米田からの講演とは直接関係ないような細かい要望に追われ頭を抱える。さらに、娘のつくしが同級生を殴ったと急遽学校からも呼び出され……!周囲の理不尽な扱いに我慢できずに手を上げてしまったという娘に会社でのサクラの姿を重ねたすみれは「人はいつまでも自分の好きなように生きられない」とつくしを叱る。仕方なくつくしを連れて仕事に戻ったすみれだが、米田と椿の前でペコペコする母の姿を見たつくしは、すみれを遠ざけるように……。女性として仕事にも子育てにも奮闘して来たすみれの心はついに折れてしまい……!!

同期のサクラ

というのが、同期のサクラ、6話のあらすじです。

同期のサクラ、6話予告動画

↓ ドラマ。同期のサクラ、6話の見逃し配信動画は、Huluで
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

スポンサーリンク

同期のサクラ、6話。ネタバレ

すみれが研修を仕切ることになるが。同期のサクラ、6話。ネタバレ

2019年
火野すみれ(相武紗季)が、北野桜(高畑充希)の病室に。
娘を助けてもらったと。

2014年10月
サクラは、出向になったが、じいちゃに言えていない。

サクラは、花村ホームの分譲住宅の立ち子をやっている。
と、すみれが通りがかる。

点字ブロックに自転車を止める人を注意するサクラ。

すみれは、遅刻しそうになる。

すみれは、サクラが、黒川森雄(椎名桔平)に会社に戻るのは無理なのかと
と黒川は、女性活躍の講演会をやると。講師は、椿美栄子。注文が多い。
この件は、社長案件だという。

すみれは、このセミナーのリーダーになる。
花村ホームを代表して、サクラが参加してくる。

サクラは、なぜ女子社員だけセミナーをやるのかと、目の前の仕事をしたほうが良いのではという。
月村百合(橋本愛)は、女性たちが理解するのがまずは先決かと言う。
すみれは、離婚してシングルマザーになったと。

椿のマネージャーの米田がやってくる。
テーマは、先生が決めると言い出す。

質問を受け付けないと要求もある
サクラは、イライラしている。
質問を受け付けない印象になるとサクラは米田に言うが。

社長(西岡徳馬)がやってくる
米田は、ケチをつけるようなことを言ってくると、サクラのことを責める。
しかし、社長が、責任を持って要望に応えると。

サクラは好きな人はいない。同期のサクラ、6話。ネタバレ

百合とサクラ
百合は、我慢してたでしょと。プライベートを充実させたら。
好きな人はいないのかと、百合。
サクラは、全くいないと言う。

と、木島葵(新田真剣佑)がエレベーターに乗ってくる。
土木で測量をしているという。
橋の着工はどうかとサクラが聞くが、葵はまだ無理みたいだと。

葵は、好きな男がいて告白したら、付き合うかと聞くと。
サクラは、付き合いませんと答える。

花村ホームに戻ると、すみれから電話。社長から、セミナーから外せと言われたと。
すみれ「この後、どこにも行き場がなくなるわよ」

 

リクエストに行くサクラ
清水菊夫(竜星涼)と土井蓮太郎(岡山天音)がいる。

蓮太郎は、菊夫に声をかけろと、ライバル登場なのにそれでいいのかと。
菊夫は、サクラに子会社のことを聞く。
菊夫は、サクラが心配なんだと、なんでも言ってくれと。

すみれに、小学校から電話。
娘の火野つくし(粟野咲莉)が、クラスの子を殴ってしまった。
小学校に行くすみれ。
つくしは、やりたいようにやりたいのがどこがいけないのかと。

と、米田から電話。
先生が会場を下見したいと。
椿は、声の響き方が気に入らないと。それはいいが、照明を足してくれと。

すると、サクラがやってくる。
サクラは、椿は、著書に内面が輝いていれば良いと書いてあると。
椿は、はっきり言って良いお嬢さんだと、講演会に来て欲しいという。

椿が、食事をしながら打ち合わせをしようと、すみれに言い出す。

サクラが、娘を預かろうかとすみれに。

すみれがつくしをビンタする。同期のサクラ、6話。ネタバレ

つくしを預かるサクラ。
コロッケを出すサクラ。サクラは、料理は苦手だと。

つくしは、大人になるって大変?と聞いてくる。
サクラはよくわからないと。いまだに大人になれと言われるから。

「思い通りに生きるのって辛い?」とつくし。
サクラ「今、子会社にいるので、やっぱり辛いのかもしれません。」

つくしがなんかして遊ぼうと言い出す。

リクエストにいる、葵たち。
蓮太郎にサクラから電話がかかってくる。

菊夫と葵もやってくる。
ゲームをやって騒いでいると、隣の脇田草真(草川拓弥)、中村小梅(大野いと)がうるさいと言ってくる。

と、すみれがやってくる。
まだ遊びたいとつくし。
つくしは、すみれは仕事場ではペコペコして謝っているくせにと。
すみれがつくしをビンタする。

 

蓮太郎からサクラに電話。
すみれがヤバそうだから、リクエストに来てくれと。
すみれは、酒を飲んでいる。
つくしは、パパのほうがいいって出て行ったという。
すみれ「母親としての自信がなくなった」
家でも会社でも、自分を取り繕っているようになっている。

すみれは会社を入りたてのころは、仕事を頑張っていたという。
しかし、認められなかった。
結婚に逃げたと。
「それなのにもう何にもなくなっちゃった」
と、米田から電話

話すテーマを変えたいと言ってきた。

橋は架からない?同期のサクラ。6話ネタバレ。結末

サクラは、じいちゃんにFAXする。すみれのことを書く。
自分の思い通りに生きるのは辛いのかと。
「生きていれば辛いことだらけだ。でも、人生で一番辛いのは、自分にウソをつくことだ。」

セミナー当日
米田が、椿の新刊を講演後に売りたいと。社長には、了解を取ってあるという。

サクラは、つくしを連れてくる。

「謝っているのは、会社のために自分を殺しているからだと言いました。お母さんといたいなら、自分に嘘をついちゃダメだとも」とサクラは、つくしに言ったと。

椿の講演は、「女性が輝くためのリーダーシップ」
講演はすぐに終わってしまう。

そして、新刊を買ってもらえればと、よりわかると。
サクラはイライラしている。

と、すみれは「本の宣伝のためにやってこられたんですか?」
アピールに付き合わされただけじゃないかと。
会社に期待して集まった女子社員に失礼ではないかと言う。

「自分の言いたいことを言って行こうと思いました。娘や後輩のサクラを見習って」とすみれ
つくしは、お母さんカッコ良かったよと。
すみれは、あんたの好きなように生きなさいという。

翌日、花村ホームの展示場
すみれがやってくる。サクラは、写真を見ますかと。見せてと答えるすみれ
すみれ「あなたはずっとあなたのままでいなさい。あなたを応援する」
悩んだら、私を頼って。その代わり、自分の生き方を貫きなさい、と。

サクラ「ありがとうございます。会社に入って、初めて褒められました。嬉しいです。はい、お母さん」

サクラは、じいちゃんに、出向になったことを伝える。

じいちゃんは、心臓の具合が悪い。

黒川が、サクラに本社に来てくれと電話。
火野が社史編纂室に異動。
橋の着工再開が決まった。

じいちゃんから、FAXで橋はかからないと送られてくる。

同期のサクラ、6話。ネタバレあらすじ

↓ ドラマ。同期のサクラ、6話の見逃し配信動画は、Huluで
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

スポンサーリンク

ドラマ。同期のサクラ、6話のまとめ。感想。視聴率など

同期のサクラ、6話のまとめ。火野すみれが言いたいことを言って

今回の同期のサクラの6話は、女性のためのセミナーを開催することになって、火野すみれがリーダーになります。

 

そして、サクラも、出向先の代表として参加してきます。

が、やはり言いたいことを言って、社長から、セミナーの開催のメンバーから外されますね。

 

また、すみれの娘、つくしは、言いたいこと、やりたいことをやっていきたいと。

大人になるのは大変なのかと、つくしに聞きますが、わからないと。

しかし、辛いかもとサクラ。

 

と、つくしがわがままを言うので、怒るすみれ。

そして、父親のほうに行ってしまう、つくし。

自信を無くしてしまったすみれ。

 

そんなすみれに、サクラは、つくしを連れて、セミナーにやってきますね。

そして、すみれは、講演後に、講師に文句を言います。いつもなら、サクラが言うところを、すみれが言いましたね。

 

これで、異動になってしまったすみれでしたが、サクラの味方だと、サクラは自分の生き方を貫けと。

先輩にも影響を与えたサクラでしたね。

 

そして、島の橋の着工が決まったということでしたが。

というのが同期のサクラ、6話のまとめです。

 

同期のサクラ、6話の感想。サクラは、味方を少しずつ増やしていく

6話、すみれも、サクラの味方になりましたね。

少しずつ味方が増えています。

 

しかし、子会社に出向するなど、なかなか辛いところではあるようですが。

そんな中、橋の着工が決まったようで、良かったですよね。

 

でも、なんだか話はおかしい感じです。

果たして、どうなってしまうのか。気になるところで終わった、6話でした。

7話の展開が気になりますね!

同期のサクラ。7話のあらすじ。予告動画。キャスト。ゲスト。見逃し配信動画。視聴率

同期のサクラ、6話のTwitterの感想まとめ

 

同期のサクラの視聴率は、11.7%

ドラマ、同期のサクラ、6話の視聴率はどうなるでしょうか。

同期のサクラ、1話の視聴率は、8.1%でした。2話の視聴率は、9.5%でした。

同期のサクラ、3話の視聴率は、9.3%でした。4話の視聴率は、11.5%でした。

同期のサクラ、5話の視聴率は、11.8%でした。6話の視聴率は、11.7%でした。

 

同期のサクラの見逃し配信動画は?

huluで、同期のサクラの見逃し配信動画は見られるようになるのではないかなと。

 ドラマ。同期のサクラ。6話の見逃し配信動画は、Huluで

同期のサクラの各回のネタバレ、あらすじ、結末など

同期のサクラの各回のネタバレ、あらすじ、結末などは、今後、以下に追記していきます。

同期のサクラ。9話ネタバレ。感想。サクラが目を覚まして。キャスト。ゲスト。見逃し配信動画。視聴率

同期のサクラ 8話、ネタバレ感想。引きこもる桜に同期の仲間はどうする?桜が倒れた理由は?

同期のサクラ。7話ネタバレあらすじ。感想。桜の夢が。キャスト。ゲスト。見逃し配信動画。視聴率

同期のサクラ。6話ネタバレあらすじ。感想。火野すみれの悩み。キャスト。ゲスト。見逃し配信動画。視聴率。

同期のサクラ。5話ネタバレあらすじ。感想。木島葵がサクラに惚れる?キャスト。ゲスト。見逃し配信動画。視聴率

同期のサクラ。4話ネタバレ感想。キャスト。ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

同期のサクラ。3話ネタバレあらすじ。感想。サクラと百合がケンカをして。キャスト。ゲスト。見逃し配信動画。視聴率。

同期のサクラ。2話ネタバレ。感想。ゲスト。視聴率。残業続きで上司に責められる清水菊夫。北野桜はどうする?

同期のサクラ、1話ネタバレ。感想。キャスト。ゲスト。見逃し配信動画。視聴率。

同期のサクラ。ネタバレあらすじ。1話から最終回の結末まで。キャスト。高畑充希さん主演。最終回はいつ?見逃し配信動画。視聴率

同期のサクラの脚本、演出、プロデューサーなど

脚本:遊川和彦
チーフプロデューサー:西 憲彦
プロデューサー:大平 太、田上リサ
演出:明石広人、南雲聖一

 

同期のサクラの主なキャスト、出演者についてなど

北野サクラ(高畑充希)

高畑充希さんが主演の北野サクラを演じます。

大手ゼネコン「花村建設」の新入社員。

夢は故郷の離島と本土との間に橋を架けること。過疎の離島で育ち、夢のためには、どんな障害にも自分を曲げない強さを持つということですが。

月村百合(橋本愛)

月村百合は、橋本愛さんですね。

北野サクラと同期で入社後配属までの研修期間で同じグループになった5人のうちの1人。

クールで、場の空気を読むが、常に「自分の居場所」を探しているイマドキの若者だそうです。

常に変わらないサクラと共に10年を過ごし、成長していくということで、どんなふうに変わっていくのでしょうね。

木島葵(新田真剣佑)

木島葵は、新田真剣佑さんです。

北野サクラと同期入社で、配属までの研修期間で同じグループになった5人のうちの1人。新入社員にも関わらず「花村建設」の社長を目指すと明言する野心家。

葵は、国交省の幹部で厳格な父と、東大卒でエリート官僚の道を進む兄に強いコンプレックスを持っている。二人に続いて、東大進学を目指すが不合格となり、アメリカの大学に留学したということです。

上司とも部下とも上手くやっていけるキャラクターとのことです。 サクラとは対照的な感じの男ですね。

清水菊夫(竜星涼)

清水菊夫は、竜星涼さんが演じます。

北野サクラと同期で、研修期間で同じグループになった5人のうちの1人。熊本出身のアツい男だそうです。

大学では応援部出身とのことで、仲間や頑張っている人の力になりたいと思っているが、明確な夢や目標はなく、応援部の先輩に勧められるまま花村建設に入社したことに少し引け目を感じているということですね。

サクラとは、また違った感じということでしょう。

土井蓮太郎(岡山天音)

土井蓮太郎は、岡山天音さんです。

サクラと同期で入社後配属までの研修期間で同じグループになった5人のうちの1人。

努力家で、能力はあるが、なんでも悪いほうに考えてしまうネガティブ男とのこと。

最初は、北野サクラに懐疑的であるが、同期の仲間との共同作業に、次第に心を開いていくということで、仲良くなっていくようです。

火野すみれ(相武紗季)

火野すみれは、相武紗季さんが演じます。

大手ゼネコン「花村建設」人事部勤務で、サクラたち新人社員の研修を担当する。サクラとはちょうど10歳年が離れた先輩で、社会人としても、「働く母」でもあるとのこと。

サクラの行動に振り回されるが、そのまっすぐな生き方に、かつての自分の姿を重ね合わせるということで、良き先輩という感じになるのかなと思います。

黒川森雄(椎名桔平)

黒川森雄は、椎名桔平さんです。

大手ゼネコン「花村建設」人事部長。3週間、サクラたち新入社員を正式配属まで預かり、それぞれの配属先を決定する重要な責務を負う。今後10年間、サクラの上司として深く関わっていくということですが、サクラたちの味方になるのか、敵になるのか、どうなのでしょう。

 

以上、同期のサクラ、6話のあらすじ、ネタバレ、キャスト。見逃し配信動画、視聴率などでした。