グッドワイフ 7話ネタバレ感想。動画。壮一郎と多田が対面。杏子は亜紀に会いにいく。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

グッドワイフ 7話ネタバレ感想。動画。壮一郎と多田が対面。杏子は亜紀に会いにいく。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

シェアする

スポンサーリンク

ドラマ。グッドワイフ。7話、ネタバレ、あらすじ。感想。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

目次

ドラマ。グッドワイフ、7話。日本版。キャスト。ネタバレ、あらすじ。感想。見逃し配信動画。視聴率など

グッドワイフは、常盤貴子さん主演の弁護士ドラマということです。

ドラマ、グッドワイフの7話は、2019年2月24日(日)夜9時から、TBSで放送です。

7話は、蓮見杏子(常盤貴子)が、蓮見壮一郎(唐沢寿明)の弁護士になって、事件の全容を知ることになります。

そこからどうなるのか。

また、今回は、IT社長の剣持宏光(浜野謙太)が、自分をモデルにしたような映画が公開されて誹謗されているので、訴えるという件を、多田征大(小泉孝太郎)と朝飛光太郎(北村匠海)、杏子で担当するとのこと。

こちらもどうなるのか。

そして、壮一郎と多田が、直接対面するようですが、杏子を巡って、こちらもどうなるのか。

ということで、グッドワイフの7話は、どんなストーリーになっているでしょうか。以下、ドラマ、グッドワイフ、7話のあらすじ、ネタバレ、キャスト、ゲスト、見逃し配信動画、視聴率などについてです。

グッドワイフ、6話、5話のネタバレ、あらすじ、感想など

グッドワイフ。6話。ネタバレ。感想。集団訴訟の行方は?杏子が選ぶのは多田?壮一郎?キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

グッドワイフ5話。ネタバレ・感想。ロックスターの離婚訴訟。壮一郎の事件の黒幕は?キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

グッドワイフ。ドラマ。キャスト。ネタバレ、あらすじ。常盤貴子さん主演。1話から最終回の結末まで。見逃し配信動画。視聴率は?最終回はいつ?

グッドワイフ。7話、キャスト、ゲスト出演者など

グッドワイフ。7話

グッドワイフ 7話

グッドワイフ、7話の主なキャスト、出演者

グッドワイフの主なキャスト、出演者は、以下の人たちです。

蓮見 杏子(常盤貴子)
多田 征大(小泉孝太郎)
円香 みちる(水原希子)
朝飛 光太郎(北村匠海)
戸梶 涼太(中林大樹)
佐竹 凛子(末永みゆ)

佐々木 達也(滝藤賢一)
蓮見 幸枝(高林由紀子)
蓮見 隼人(小林喜日)
蓮見 綾香(安藤美優)
林 幹夫(博多華丸)

神山 佳恵(賀来千香子)
脇坂 博道(吉田鋼太郎)
蓮見 壮一郎(唐沢寿明)

遠山亜紀(相武紗季)

こういったキャスト、出演者が、主な登場人物として、グッドワイフに登場します。

グッドワイフ。7話のゲスト出演者

剣持宏光(浜野謙太)

二見芳郎(田中要次)

店長(前野朋哉)

上森孝明(松尾貴史)

愛唯(安倍乙)

7話のゲストは、浜野謙太さんや田中要次さん、松尾貴史さん、前野朋哉さんなどです。

グッドワイフの公式Twitterなど

グッドワイフの公式Twitter

グッドワイフのTwitter

グッドワイフ、7話のあらすじ、ネタバレ

以下、ドラマ、グッドワイフの7話のあらすじ、ネタバレなどです。

グッドワイフ。7話のあらすじ

グッドワイフ。7話あらすじ。事件の全容を知る杏子

杏子(常盤貴子)への多田(小泉孝太郎)の告白を聞いてしまった夫・壮一郎(唐沢寿明)は、怒りに満ちていた。しかし、多田の告白自体を知らない杏子は、壮一郎の弁護人として、事件の全容を聞くことになる。
1年前、特捜部長時代の壮一郎のもとに、大物政治家・南原(三遊亭円楽)の汚職のタレコミが入った。佐々木(滝藤賢一)と共に極秘捜査をし、匿名の情報提供者から汚職を証明する決定的な “ある文書” をもらう約束を取り付けたが、その直前に逮捕されてしまっていた。南原の汚職を暴くためには、1年前の匿名の情報提供者を見つける必要があるのだが…。

壮一郎は、多田の杏子への告白を電話で聞いてしまいますね。起こるようです。

しかし、杏子は、このことは知りません。

一方で、壮一郎の弁護人として、事件の全容を聞くことになるということです。

南原の汚職についてのタレコミが入って、佐々木と捜査をしたわけですが、それが原因なのか、逮捕されてしまったということでした。

また、匿名の情報提供者を見つける必要があるということです。見つかるのでしょうか。

カリスマ IT 社長・剣持の名誉毀損

一方、神山多田法律事務所には、カリスマ IT 社長・剣持(浜野謙太)から大きな案件が持ち込まれ、多田、杏子、朝飛(北村匠海)の3名で担当することに。剣持は SNS を駆使し、自らが広告塔となり若くして成功を収めている人物。最近、彼がモデルと思われる主人公の映画が無断で公開されたうえ、剣持を誹謗したかのような内容だった。自分のイメージも、さらには企業イメージまで下がったと憤慨し抗議するが、映画会社は一貫して剣持をモデルにしたことを否定。剣持は名誉毀損で映画会社を訴えることにしたのだ。

神山多田法律事務所には、カリスマ IT 社長・剣持から案件が持ち込まれて、多田と杏子、朝飛の3人で担当することになるということです。

剣持をモデルにしたような映画が出てきて、その内容が、剣持を誹謗したような内容だったということで、名誉毀損で映画会社を訴えるということです。

壮一郎が、多田と鉢合わせる。壮一郎は、どうする?

のらりくらりとかわす映画プロデューサー(田中要次)らを相手に杏子たちは裁判に臨むが、思うようにいかず窮地に追い込まれる。

そんなとき、杏子と打ち合わせで事務所に来ていた壮一郎と多田が鉢合わせる…!

映画のプロデューサーとの裁判に臨む杏子たち。しかし、思うように進まないようですね。

そして、そんな中、壮一郎が、多田と鉢合わせるようで。

壮一郎は、どうするのでしょうか。

というのが、グッドワイフ7話のあらすじです。ここから、どんな展開になっていくのでしょうね。

グッドワイフ、7話のネタバレ

グッドワイフ。7話のネタバレ

杏子の携帯の録音を消す壮一郎

蓮見 壮一郎(唐沢寿明)は、多田征大(小泉孝太郎)から蓮見杏子(常盤貴子)へのの電話を聞く。
多田:今日の夜7時に、事務所の屋上で待ってる、その気がなかったら来なくていい。

録音を消す壮一郎。

佐々木 達也(滝藤賢一)は、杏子が弁護することは反対。
が、壮一郎は、南原次郎の話をする。イーデンスから裏金をもらって、特区を決めた。

情報提供者と接触して、文書を手に入れる必要がある。

夜7時を過ぎた。

家に戻ると、蓮見幸枝(高林由紀子)がきていて、杏子に壮一郎を信じて弁護してくれてありがとうと言う
杏子:弁護したのは、信じられるかどうかを決めるために、事件に関わることにしたんです。

神山佳恵(賀来千香子)は、間に合うのかと。
神山:浮気した夫に、世間はあなたを応援しない。バカバカしくない。
神山は、勝ってくれと。
と、多田が入ってくる
多田の案件を一緒にやることに。

ITカリスマ社長の弁護をすることになる、多田たち

剣持宏光(浜野謙太)。ITカリスマ社長
ケンズブランド

映画のモデルにされていて、嘘が流されていると。
SNSが炎上して、株価が下がった。

剣持:だから、名誉毀損で訴えてもらう

勝てば、顧問弁護士を変えるという

映画「成り金」プロデューサー、二見芳郎(田中要次)は、モデルということを否定している。
多田:モデルにしたことを証明できれば、俺たちの勝ちだな。
神山は、勝てばボーナスを出すという。

円香みちる(水原希子)が、映画の関係者のSNSのアカウントをピックアップしている。

朝飛光太郎(北村匠海)は、多田に、杏子のことを諦めるのは早いと。

佐々木が、杏子に、壮一郎の行動を止めておいてくれと頼む。
と、脇坂博道(吉田鋼太郎)が、吉村も検察担当になったと。

杏子と壮一郎
壮一郎は、佐々木は脇坂に疑われていると。
壮一郎は、手を打ってあるという
杏子に電話がかかってくる。

多田が、ファイルを送ってくれと。

朝飛と円香
朝飛:遠回しの拒否か。遠回しじゃないか。気持ちは変わらないですよ。
円香:知らないのに
朝飛:円香さんという人は見えているので

映画の裁判の公判

大崎幸輝裁判長

剣持は、類似点が多いから、モデルになっていると答える
写真を撮っている

二見芳郎は、全て偶然だという

主人公は、逆立ちをする。
剣持も逆立ちをする。

脚本家、田所は、監督から依頼されてはいないという

裁判が、映画の宣伝に利用されている。
剣持は、両親は農家だという
最近、理解されてきたと。
剣持:しかし、この1本の映画で、台無しです。映像は、凶器にもなるんです
絶対に許せないという

グッドワイフ。7話のネタバレ。後半

情報提供者から、壮一郎に連絡がある

壮一郎に電話がかかってくる。情報提供者から連絡があった。

これで、南原の不正が暴けると。
佐々木:会見の成果がありましたね。あれは、情報提供者のためだったんです
杏子:あの記者会見は、子供たちのためって言ってたよね。また、家族を利用したの?
壮一郎:違うよ。隠してたんだじゃなくて。

壮一郎は、多田が、杏子に気があるんじゃないかと。
杏子:あなたは私の気持ちをわかってないんだね。もっと前からだって
壮一郎:君は言わないからな、本音を。いつも正しいよ。
杏子:だから、あなたも本心を見せないの。あの彼女だけに見せて!
壮一郎:あのインタビューは嘘だ!

仕事に戻る杏子。
杏子:どんどん嫌な女になってる。
円香 みちる:言えばよかったんじゃないですか。多田先生のことを選択肢に入れても。
杏子:そんなの私じゃない
円香 みちる:なりたい自分が自分ですよ

杏子:本音で言います。多田くんのこと、再会したら、違って見えた。まどかさんは、なりたい自分に慣れてる?
円香 みちる:いいえ、大嫌いです。遠山亜紀さんは、なんで嘘をついたんですかね。
悔しくなって、嘘をついた
円香 みちるは、遠山には会わないのかと

遠山亜紀(相武紗季)に会いに行く杏子だったが

遠山亜紀(相武紗季)に会いに行くが、上司の上森孝明(松尾貴史)は、亜紀は新聞社を辞めたという
大きな事件の取材をしていた。

映画で着ていたTシャツが売れている。
多田:これじゃん

コラボTシャツなど、23個の商品のスポンサーがある。

と、杏子に会いに、壮一郎が事務所に来る
神山があいさつをする。
検察が尾行しているから、協力してくれと

多田:ご存知ですか。事務所で不利な立場に立たされてる。僕はあなたには、彼女を幸せにできるとは思えない
壮一郎:そうかもしれませんね。しかし、あなたに関係ありますか?
今担当している案件を頑張ったらどうかと

多田が、円香 みちるに大至急調べて欲しいと頼む。

タクシーで杏子と壮一郎は、尾行をまこうとしている。
壮一郎は、途中で降りる。

尾行をまくことに成功する

再度、杏子は、亜紀に会いに行って

Tシャツを販売しているお店に行く、朝飛と多田
剣持がモデルだから、スポンサーになったと答える。
証言して欲しいという多田。
しかし、断られる。
多田:脱税しようとして、別の会社を作りましたよね。証言してもらえますよね?

蓮見壮一郎(唐沢寿明)が人を待っていると、人がやってくるが、警察に連れられていってしまう。

情報提供者は、脇坂が取り調べている。
どこの誰かはわからない。
脇坂:今なら、何もなかったことにできますが
脇坂は無関係の人間だったと、吉村には答える。

内閣府の職員
そして、脇坂は、南原にデータを渡す。

蓮見壮一郎(唐沢寿明)が、弱音を吐く
遠山亜紀に会いにいったと。大きな事件を追っていて、もう少しで記事にできたって
壮一郎は、遠山が、南原の事件を追っていたのかもしれないという

蓮見杏子(常盤貴子)が会うという

二見芳郎(田中要次)は謝罪の動画を出す。

多田は、ケンズランドと顧問契約するという

円香みちる(水原希子)に男が会いにくる

杏子は、遠山亜紀(相武紗季)に会いに行く
杏子:お伺いしたいことがあってきました。何か大きな事件を追っていたとか
亜紀:ずいぶん冷静なんですね。夫の不倫相手を前にして。本当に聞きたいのは、私とご主人の関係じゃないんですか

以上、グッドワイフ、7話のネタバレあらすじでした。

グッドワイフ8話ネタバレ感想。壮一郎の裁判が始まって。本当の情報提供者は誰?キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

ドラマ。グッドワイフ、7話の感想、視聴率、出演者など

グッドワイフ・7話。感想。杏子が亜紀に会いに行く

今回の7話は、IT社長の話と、壮一郎の話ですね。

と、その前に、多田から杏子への電話を、壮一郎は聞いて、録音を消してしまいますね。

ひどいと言えば、ひどいですが、気持ちはまあわからなくはないですよね。

また、杏子が、壮一郎の弁護をすることになり、杏子は、その全容を知ります。

そして、情報提供者を探すことになります。

そんな中、IT社長の剣持をモデルにした映画についての名誉毀損の件を、多田たちと担当することになりますね。

こういう話はあるんですかね。やっぱり有名になると大変ですよね。というのが、まずは、グッドワイフ、7話の感想です。

と、情報提供者から、壮一郎に連絡が。

そして、尾行される壮一郎。

杏子に助けて欲しいと事務所にやってきて、多田と壮一郎は会いますね。そして、壮一郎に仕事を頑張れと言われて、多田は、少し汚い手を使いますよね。

多田も、こういうことをするんですね。

なんとか、尾行をまいた壮一郎でしたが、情報提供者は捕まってしまい、結局情報を得られなかったですね。

これで終わりかと思いきや、壮一郎の浮気相手、遠山亜紀が、何か記事にできそうだったと言っていたと知り、杏子が亜紀に会いに行きます。

杏子は、円香みちるに、修羅場に入らないと真実はつかめないと言われて、会いに行っていましたね。

みちるは、修羅場をくぐってきたことがあるのでしょう。そんなみちるに男が近づいていますが、この男が、DV男なのでしょうか。

亜紀は、杏子に、浮気相手との関係を聞きにきたのかと言いますね。きつい一言ですね。

グッドワイフの7話は、少しずつ真相に近づきそうですが、まだもう少しです。

ということで、8話以降、どうなっていくのか。というところですね。

グッドワイフの7話の視聴率

グッドワイフの7話の視聴率どうなるでしょうね。

グッドワイフの1話の視聴率は、10.0%でした。2話の視聴率は、11.5%でした。

グッドワイフの3話の視聴率は、9.6%でした。4話の視聴率は、9.0%でした。

グッドワイフ、5話の視聴率は、8.5%でした。6話の視聴率は、9.5%でした。

グッドワイフの7話の視聴率は、8.9%でした。

グッドワイフ。各回のネタバレ、あらすじ、結末など

グッドワイフの各回のネタバレ、あらすじ、結末などは、今後、以下に追記していきます。

グッドワイフ。最終回ネタバレ感想。結末。杏子は多田と壮一郎、どちらを選んだ?杏子は多田を救えるか?キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

グッドワイフ 9話ネタバレ感想。杏子、多田、壮一郎の関係は?裏切り者の正体とは?キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

グッドワイフ8話ネタバレ感想。壮一郎の裁判が始まって。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

グッドワイフ。6話。ネタバレ。感想。集団訴訟の行方は?杏子が選ぶのは多田?壮一郎?キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

グッドワイフ5話。ネタバレ・感想。ロックスターの離婚訴訟。壮一郎の事件の黒幕は?キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

グッドワイフ。4話。ネタバレ・感想。親友の息子の傷害致死容疑を杏子が。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

グッドワイフ3話。ネタバレ・あらすじ。感想。鉄道の脱線事故の賠償金はどうなる?キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

グッドワイフ2話。ネタバレ・あらすじ・感想。神山大輔を弁護する蓮見杏子。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

グッドワイフ。1話。ネタバレ・感想。蓮見杏子が弁護士に復帰して、キャスターの名誉毀損の件を扱う。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

グッドワイフの主なキャスト、出演者についてなど

蓮見 杏子(常盤貴子)。弁護士に復帰

ドラマ、グッドワイフの主人公、蓮見杏子は、常盤貴子さんですね。

出産後、専業主婦だったが夫に裏切られ、16年ぶりに弁護士に復職ということです。

常盤貴子さんも、19年ぶりのTBS日曜劇場の主演ということです。

司法修習時代の同期の多田の誘いで、『神山多田法律事務所』 で働くことになりますが、まだ、仮雇いということで、本採用になるかどうかですね。

蓮見 壮一郎(唐沢寿明)。杏子の夫。元検察庁の部長

杏子の夫、蓮見壮一郎は、唐沢寿明さんです。

東京地方検察庁特別捜査部の部長だったが、収賄容疑で拘留されます。

また、女性記者と朝を迎えたことをマスコミ報じられて、スキャンダルになり、杏子の信頼も失ってしまいます。

汚職疑惑は否定するも、拘留され取り調べられる中で、どうするのか。脇坂とはライバルで、この2人の関係が、事件と関係があるのかどうかも話が展開していく中でわかってくるのではないでしょうか。

多田 征大(小泉孝太郎)。神山多田法律事務所の共同代表

多田征大は、小泉孝太郎さんが、演じます。

『神山多田法律事務所』 の共同代表で、蓮見杏子とは、司法修習時代の同期ということです。

杏子には、昔から、好意を持っていたということで、壮一郎のスキャンダルを機会に、杏子と会い、神山多田法律事務所に誘うということです。

多田と杏子の関係も気になるところですね。

円香 みちる(水原希子)。パラリーガル

円香みちるは、水原希子さんです。

『神山多田法律事務所』 のパラリーガルで、能力が高く、多田や神山から信頼されているということですね。

また、前職が検察事務官で、壮一郎によって、その職を辞したということで、杏子のことを敵視しているようです。

朝飛 光太郎(北村匠海)。仮雇用の若手弁護士

朝飛光太郎は、北村匠海さんが演じます。

神山多田法律事務所の仮雇用の若手弁護士で、杏子と本採用を競うことになります。

神山と多田に気に入られているということで、朝飛と杏子、どちらが採用されるのか。

円香に好意を寄せるが、円香には全く相手にされていないということです。

神山 佳恵(賀来千香子)。『神山多田法律事務所』 の共同代表

神山佳恵は、賀来千香子さんですね。

『神山多田法律事務所』 の共同代表で、プライドが高いということです。

専業主婦から復帰した杏子に対して、懐疑的なところがあるということですね。

佐々木 達也(滝藤賢一)。壮一郎の腹心

佐々木達也は、滝藤賢一さんです。

東京地方検察庁特別捜査部員で、壮一郎の8期下にあたり、壮一郎の腹心だったということです。

が、壮一郎が逮捕されて、取り調べを担当することになる。

脇坂 博道(吉田鋼太郎)。東京地方検察庁特別捜査部の新部長

脇坂博道は、吉田鋼太郎さんが演じます。

壮一郎が逮捕されたことで、東京地方検察庁特別捜査部の新部長になる、脇坂。壮一郎とは、検事総長の座を巡るライバルということです。

今回の壮一郎の収賄事件に絡んでいるのかどうか。

林 幹夫(博多華丸)。壮一郎の顧問弁護士

林幹夫は、博多華丸さんです。

壮一郎の顧問弁護士ということです。

壮一郎の疑惑を晴らすために、弁護をするということですね。果たして、どんな活躍を見せてくれるのでしょうか。

蓮見 幸枝(高林由紀子)。壮一郎の母

蓮見幸枝は、高林由紀子さんです。

壮一郎の母です。杏子は義理の娘になるわけですが、息子の壮一郎を支えて欲しいと考えているということです。孫の面倒も見てくれるようですが、ちょっと口うるさいところもあるようですね。

蓮見 隼人(小林喜日)。杏子と壮一郎の息子

蓮見隼人は、小林喜日さんです。

杏子と壮一郎の息子です。高校一年生ということです。杏子が働くようになって、家事を手伝うなどするようですね。

蓮見 綾香(安藤美優)。杏子と壮一郎の娘

蓮見綾香は、安藤美優さんです。

杏子と壮一郎の娘で、中学1年生。祖母の幸枝は、少し苦手ということです。

というのが、グッドワイフの主な出演者、キャスト、登場人物ですね。

グッドワイフの脚本、演出、プロデューサーなど

脚本:篠﨑絵里子
チーフプロデュース:瀬戸口克陽
プロデュース:東仲恵吾
演出:塚原あゆ子、山本剛義、松木 彩

原作

原作は、リドリー・スコットが製作総指揮を務めて、2009年から7年間アメリカで放送された 「The Good Wife」ということです。

この原作ドラマは、放送開始と同時に全米視聴率1位を記録したヒット作品となっています。

シリーズ第7作で完結しましたが、スピンオフ作品が制作され第3シーズンも放送決定しているとのこと。

日本の「グッドワイフ 」は、この海外ドラマが、原作ですね。

TBSの日曜劇場で、海外ドラマが原作というのは、意外と珍しいのではないでしょうか。小説が原作というのは、比較的多いですが。

以上、ドラマ、グッドワイフ、7話のネタバレ、あらすじ、感想、キャスト、ゲスト、見逃し配信動画、視聴率などでした。