イチケイのカラス。1話ネタバレあらすじ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

スポンサーリンク

イチケイのカラス。1話ネタバレあらすじ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

竹野内豊さん主演の、イチケイのカラス。共演は、黒木華さんです。

リーガルエンターテインメントということです。

刑事裁判官の入間みちお(竹野内 豊)と坂間千鶴(黒木 華)が、事件を解決していくようです。

イチケイのカラス、1話は、月曜日夜9時から放送予定です。

1話は、入間みちお(竹野内 豊)と坂間千鶴(黒木 華)がどんな事件を解決するのか

イチケイのカラス、1話は、どうなっているのでしょう。

ということで、イチケイのカラス。1話ネタバレあらすじ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?といったことをまとめておきます。

イチケイのカラス、1話の見逃し配信動画は、FODで ↓
フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム(無料でお試し)】

イチケイのカラス、7話あらすじ。予告動画。キャストゲスト。見逃し配信動画

イチケイのカラス。6話ネタバレ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

イチケイのカラス。ネタバレ。6話5話4話3話2話1話。最終回の結末まで。竹野内豊さん主演。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?最終回はいつ?主題歌

イチケイのカラス。6話あらすじ予告動画。キャストゲスト。見逃し配信動画

イチケイのカラス。5話ネタバレ。感想。キャストゲスト。見逃し配信動画。視聴率は?

イチケイのカラス。5話あらすじ。予告動画。キャスト。見逃し配信動画

イチケイのカラス。4話ネタバレ。感想。キャストゲスト。見逃し配信動画。視聴率は?

イチケイのカラス。4話あらすじ。予告動画。キャスト。見逃し配信動画

イチケイのカラス。3話ネタバレ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

イチケイのカラス。3話あらすじ。予告動画。キャスト。見逃し配信動画

イチケイのカラス。2話ネタバレ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

イチケイのカラス。2話あらすじ予告動画。キャスト。見逃し配信動画

イチケイのカラス。1話ネタバレあらすじ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

スポンサーリンク

イチケイのカラス。1話ネタバレあらすじ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

イチケイのカラス。1話
イチケイのカラス。1話

イチケイのカラス、1話の主なキャスト、出演者

入間みちお(竹野内 豊)

坂間千鶴(黒木 華)

 

石倉文太(新田 真剣佑)

井出伊織(山崎 育三郎)

浜谷澪(桜井 ユキ)

一ノ瀬糸子(水谷 果穂)

川添博司(中村 梅雀)

城島怜治(升 毅)

日高亜紀(草刈 民代)

駒沢義男(小日向 文世)

イチケイのカラス、1話の主なゲスト出演者

長岡誠(萩原利久)

江波和義(勝村政信)

イチケイのカラスの脚本、演出、プロデューサーなど

脚本:

浜田秀哉(『絶対零度』シリーズ、『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』他)

音楽:服部隆之

プロデュース:

後藤博幸(『SUITS/スーツ』シリーズ、『ほんとにあった怖い話』シリーズ他)

有賀 聡(ケイファクトリー)(『カンナさーん!』、『初めて恋をした日に読む話』他)

橋爪駿輝(『嫌われる勇気』、『ペンション・恋は桃色』他)

編成企画:高田雄貴(『刑事ゆがみ』、『黄昏流星群』他)

演出:

田中 亮(『コンフィデンスマンJP』、『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』他)

星野和成(『チーム・バチスタ』、『SUITS/スーツ2』他)

森脇智延(『SUITS/スーツ』シリーズ、『ほんとにあった怖い話』シリーズ他)

並木道子(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『モトカレマニア』他)

 

イチケイのカラスの原作

ドラマ、イチケイのカラスの原作は、漫画「イチケイのカラス」です。原作とはちょっと違うのかもしれませんが、原作を読んでみるとドラマも楽しめそうですね。

イチケイカラス(1) (モーニングコミックス)

イチケイのカラス(1) (モーニングコミックス)

  • 作者:浅見理都
  • 発売日: 2018/08/23
  • メディア: Kindle版

公式Twitter、インスタグラムなど

イチケイのカラスの公式ツイッター

イチケイのカラスのツイッター

ハッシュタグは、 #イチケイ ですね。

イチケイのカラス、1話のあらすじ

イチケイのカラス。1話のあらすじ

入間みちお(竹野内豊)は、東京地方裁判所第3支部第1刑事部<通称:イチケイ>の刑事裁判官。元弁護士という異色の経歴を持つみちおは、ヒゲを生やし、服装はカジュアル、とぼけた発言もしばしばという、お堅い裁判官のイメージとはほど遠いゆるい空気をまとった男だが、先入観に一切とらわれない自由な観察眼と、徹底的に調べ上げる探究心を持ち、弁護士団や検察官の双方から恐れられているクセ者だ。

そんなみちおを見守っているのは、イチケイの部長で、有罪率99.9%といわれる日本の刑事裁判において30件あまりの無罪判決に関わっている伝説の裁判官・駒沢義男(小日向文世)と、元傍聴マニアで、みちおのファンを公言している裁判所書記官の石倉文太(新田真剣佑)。また、お人よしの主任書記官・川添博司(中村梅雀)、3つ子の母でもある姉御肌の裁判所書記官・浜谷澪(桜井ユキ)、物おじしない新人の裁判所事務官・一ノ瀬糸子(水谷果穂)も、しばしばみちおに振り回されつつ、イチケイを支えているメンバーだ。

そのイチケイに、若くして特例判事補になったエリート・坂間千鶴(黒木華)が赴任することになった。東大法学部出身の坂間は、冗談が全く通じない堅物タイプで、裁判官が的確かつ速やかに事件を処理することで日本の治安が維持されている、と強烈に自負している。坂間がイチケイに異動してきた目的は、事件の処理件数が信じられないほど少なく、会社なら倒産レベルの“赤字”状態であるイチケイを立て直すためだった。

駒沢は、さっそく坂間にみちおと組むよう指示する。みちおを裁判長に、坂間と駒沢の3人で審議する合議制で取り組むことになった起訴案件は、大学生の長岡誠が、代議士の江波和義に全治1ヵ月のケガを負わせた傷害事件だった。実は誠は、江波の秘書だった洋一郎の息子。洋一郎は、2ヵ月前、不正献金疑惑で東京地検特捜部がマークし始めた矢先に、電車に飛び込んで自殺を図っていた。

検察側から、みちおのお目付け役として東京地検第3支部に異動してきた井出伊織(山崎育三郎)と、上司の主任検事・城島怜治(升毅)が出廷した第1回公判。誠は江波の方から先に殴ってきたと証言し、父は自殺ではないと主張した。するとみちおは、傷害事件のもとになった洋一郎の死の真相を確かめる必要があるとして、捜査権を発動し現場検証を行うと言い出して坂間や井出たちを驚かせる。

イチケイのカラス

イチケイのカラス、1話の見逃し配信動画は、FODで ↓
フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム(無料でお試し)】

スポンサーリンク

イチケイのカラス、1話のネタバレ

イチケイのカラス、1話のネタバレ。みちおと千鶴が

長岡誠(萩原利久)が男に暴力をふるって逮捕

坂間千鶴(黒木 華)が、イチケイにやってくる。
堅物だと

主任の川添博司(中村 梅雀)が案内する。

石倉文太(新田 真剣佑)は、千鶴に中学生の法廷案内を頼む。
モテたかと学生に聞かれる。
千鶴はモテたか分からないと答える。

悩んだことはないという千鶴。

入間みちお(竹野内 豊)は、話を聞いて、悩みまくって決めることだと思うという。
この裁判官どうと聞く。
子供たちは、嫌だと

悩まないことに悩むことになると言い残し、みちおは出て行く。

千鶴は、みちおに学歴はと聞く。
みちおは、中卒だと。もともと、弁護士だったと

みちおの趣味は、ふるさと納税。

部長の駒沢義男(小日向 文世)が、千鶴に入間みちおと組んで合議制で頼むと。

長岡誠の件。
江波和義(勝村政信)が殴られた。
千鶴は、合議の必要はないと。

千鶴は、件数を減らすために「赤字」をなくすためにやってきた

イチケイのカラス、1話のネタバレ。長岡の公判

第1回公判
井出伊織(山崎 育三郎)と城島怜治(升 毅)が検事

みちおが裁判長
長岡に、言えなかったことがあったら言って良いと
長岡は、向こうから殴ってきたという。
長岡の父親、洋一郎は、江南議員の秘書
自殺した

長岡は、自殺ではないと言う
飲みに行くと約束していたと
踏切の遮断機が止まっていた。事故だという

城島怜治(升 毅)は、自殺だと。

自殺か事故かはっきりさせようと、みちおが言い出す。
裁判所主導で、現場検証を行うという

あり得ないと、千鶴。怒っている。
みちおは被告人本人が納得していないと。
負けた感じがするという。
一番いい判決を下したい。

スポンサーリンク

イチケイのカラス、1話ネタバレ。現場検証

浜谷澪(桜井 ユキ)は、異動願いを出している。

現場検証
踏切
女の子がいる。

自殺か事故か
みちおは、日を改めて調べようという。

千鶴は、ストレスが溜まるから、と肉を食べる。

そして、千鶴は、2度目の検証はいらないと、みちおに伝える。

みちおは、浦島太郎の乙姫は、極悪人だと、甥っ子に言われた。どう砂漠かと
千鶴は、詐欺罪、危険物だと答える
みちおは千鶴に、現場検証に来なくていいと

しかし、千鶴は、責任を果たすために来たという。
みちおは現場に来ていない。

亡くなった時間には、電車の音が聞こえない。
再開発工事行っている。
近隣住民が民事で訴えている。
道路の交通量が、25日で増える。

サウンドマスキング効果

相馬真弓という目撃者が自殺だと証言している。
みちおは、江波議員を呼ぼうという。

イチケイのカラス。1話のネタバレ。みちおは調べていく

第2回公判
テレビで、江波議員は、潔白だという。

江波は、秘書の長岡洋一郎が不正献金をしたと聞いたと。
そして、自殺したという。

相馬真弓は、男性が踏切に歩き出したという
みちおは、長岡は電車が来たことに気づいていたかと聞く。
真弓は気づいていたと思うと答える

検察が、裁判官に抗議するという

公判が終わると、日高亜紀(草刈 民代)がいる。最高裁の裁判官。
日高が、千鶴にイチケイを立て直すように指示したと。

江波議員から抗議があったと。
納得のいく責任を取る必要があるという。
みちおは拒否すると答える。

駒沢義男は、日高に入間みちおが怖いかと、いつかあなたを裁くかもしれないと。

みちおは、相馬真弓に話を聞くと、千鶴に

犬のみちこを連れて、みちおは散歩。
踏切にいた女の子を見つける。

千鶴は、相馬真弓のことを調べたという。
シングルマザー。
女の子は、相馬真弓の娘。奈々
真弓は、忙しくて来れないと、話を聞くのを断られた。

奈々に逆上がりを教えに行く。
と、真弓がやってくる。話すことはないと。

しかし、みちおは、裁判が終わったら真実は言えない。放って置けないという

イチケイのカラス。1話ネタバレ。結末

第3回公判
みちおは、長岡洋一郎の死の真相がわかったという。
相馬真弓が話してくれたと
自殺ではなく事故

長岡洋一郎が、相馬奈々を助けるために、踏切に入った。
真弓は、江波議員から嘘の証言をしてくれと頼まれたのだという。
江波議員が、真弓が働いている工場の取引先と懇意で、仕事を減らせると脅された

江波は、嘘だと言い出す
嘘をついているのはそっちだと、恥を知りなさい!と千鶴。

城島怜治は、不正献金疑惑を再捜査すると言い出す。
証拠を押さえたという。

みちおは、長岡に、父親からの時計のプレゼントを渡す。

長岡は、江波議員を殴ったという。
許せなくて、自分から殴ったと

長岡誠の判決。執行猶予付きで、1年6ヶ月。

千鶴は、玉手箱は、後日談があるという。
浦島太郎は鶴に変わったと。亀に変わった、乙姫と結ばれる

みちおは、甥っ子に教えてあげようと。

和歌山のふるさと納税。カラスの絵
イチケイのカラスになれ、坂間千鶴、とみちお。

11年前
駒沢義男が、みちおに裁判官になってくれないかと誘う。
あなたの手でこの国の司法を裁いて欲しいと

イチケイのカラス、1話の見逃し配信動画は、FODで ↓
フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム(無料でお試し)】

イチケイのカラス。1話のまとめ。感想。視聴率など

イチケイのカラス、1話のまとめ

 

 

イチケイのカラス、1話。感想

 

イチケイのカラス。2話あらすじ

みちお(竹野内豊)たち地裁チームと、甲子園出場経験もある井出(山崎育三郎)を擁する地検チームによる、恒例の草野球試合が行われた。坂間(黒木華)は、2打席連続ランニングホームランの井出を迎えた投手のみちおに対し、敬遠すべきだと主張する。しかし、みちおは、0.1%でも可能性があるなら勝負がしたいと言い出し……。

その夜、坂間は、最高裁判所判事で、司法研修所時代の上席教官でもある日高(草刈民代)から呼び出され、あるパーティーに出席する。そこで坂間は、最高裁事務総局の事務総長・香田健一郎を紹介される。健一郎は、坂間が東京地裁第3支部の立て直しを任されていることを承知しており、人事局でもみちおの存在が問題視されつつあることを彼女に告げる。それを受けて日高は、みちおの問題行動に対して処分が必要だと判断した場合は人事局にあげてほしい、と坂間に指示する。

そんな折、イチケイの部長・駒沢(小日向文世)は、合議制で扱いたい案件があるとみちおたちに告げる。それは、1審で有罪判決が下された、人気料理研究家・深瀬瑤子(前田敦子)による幼児虐待事件だった。瑤子は、当時1歳半の長女が泣き止まないことに苛立ち、激しく揺さぶるなどしてケガを負わせたことにより、傷害罪で2年6ヵ月の有罪判決を受けていた。だが瑤子は判決を不服として控訴。それを受けて高裁は、審理内容を精査し、地裁に差し戻したのだ。しかし、実はこの案件、第1審の裁判長を健一郎の息子・隆久が務めた“取り扱い要注意”案件で……。

イチケイのカラス

イチケイのカラス。1話の視聴率は?

イチケイのカラス、1話の視聴率はどうなるでしょうね。

イチケイのカラス、1話の視聴率は、13.9%でした。

イチケイのカラスの見逃し配信動画は?

イチケイのカラスの見逃し配信動画は、FODで見られます。

記事まとめ

シェア

フォロー