イチケイのカラス。7話ネタバレ。感想。キャストゲスト。見逃し配信動画。視聴率は?

スポンサーリンク

イチケイのカラス。7話ネタバレあらすじ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

竹野内豊さん主演の、イチケイのカラス。共演は、黒木華さんです。

リーガルエンターテインメントということです。

イチケイのカラス、7話は、月曜日夜9時から放送予定です。

7話は、12年前の東丸電気殺人事件の再審請求を行うようですが、どうなるのか。

イチケイのカラス、7話は、どんな結末になっているのでしょう。

ということで、イチケイのカラス。7話ネタバレあらすじ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?といったことをまとめておきます。

イチケイのカラス、7話の見逃し配信動画は、FODで ↓
フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム(無料でお試し)】

スポンサーリンク

イチケイのカラス。7話ネタバレあらすじ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

イチケイのカラス。7話
イチケイのカラス。7話

イチケイのカラス、7話の主なキャスト、出演者

入間みちお(竹野内 豊)

坂間千鶴(黒木 華)

 

石倉文太(新田 真剣佑)

井出伊織(山崎 育三郎)

浜谷澪(桜井 ユキ)

一ノ瀬糸子(水谷 果穂)

川添博司(中村 梅雀)

城島怜治(升 毅)

日高亜紀(草刈 民代)

駒沢義男(小日向 文世)

青山瑞希(板谷由夏)

イチケイのカラス、7話の主なゲスト出演者

仁科壮介(窪塚俊介)

布施元治(中野剛)

志摩総一郎(羽場裕一)

仁科由貴(臼田あさ美)

青山(板谷由夏)

中森(矢島健一)

小宮山(テイ龍進)

イチケイのカラスの脚本、演出、プロデューサーなど

脚本:

浜田秀哉(『絶対零度』シリーズ、『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』他)

音楽:服部隆之

プロデュース:

後藤博幸(『SUITS/スーツ』シリーズ、『ほんとにあった怖い話』シリーズ他)

有賀 聡(ケイファクトリー)(『カンナさーん!』、『初めて恋をした日に読む話』他)

橋爪駿輝(『嫌われる勇気』、『ペンション・恋は桃色』他)

編成企画:高田雄貴(『刑事ゆがみ』、『黄昏流星群』他)

演出:

田中 亮(『コンフィデンスマンJP』、『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』他)

星野和成(『チーム・バチスタ』、『SUITS/スーツ2』他)

森脇智延(『SUITS/スーツ』シリーズ、『ほんとにあった怖い話』シリーズ他)

並木道子(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『モトカレマニア』他)

 

イチケイのカラスの原作

ドラマ、イチケイのカラスの原作は、漫画「イチケイのカラス」です。原作とはちょっと違うのかもしれませんが、原作を読んでみるとドラマも楽しめそうですね。

イチケイカラス(1) (モーニングコミックス)

イチケイのカラス(1) (モーニングコミックス)

  • 作者:浅見理都
  • 発売日: 2018/08/23
  • メディア: Kindle版

公式Twitter、インスタグラムなど

イチケイのカラスの公式ツイッター

イチケイのカラスのツイッター

ハッシュタグは、 #イチケイ ですね。

イチケイのカラス、7話のあらすじ

イチケイのカラス。7話のあらすじ

弁護士時代のみちお(竹野内豊)が最後に担当した12年前の東丸電気殺人事件。東丸電気の研究部主任だった被告人の仁科壮介(窪塚俊介)は、被害者である同社の経営戦略部部長・布施元治(中野剛)から研究部門の解体および製造部門への異動を命じられたことが原因で彼と度々トラブルを起こした挙句に撲殺した罪で、無期懲役を言い渡されていた。だが仁科は、判決後も無罪を主張し続け、獄中で命を絶ってしまう。仁科は、事件現場から逃げていく男を目撃したと主張していた。その男こそ、イチケイが扱った窃盗事件の被害者で、国税庁OBの志摩総一郎(羽場裕一)だった。この窃盗事件がきっかけで、志摩が所長を務めるオメガ会計事務所が、東丸電気を含む大手企業数社の脱税に関与していた疑いが浮上していた。

坂間(黒木華)は、仁科の妹・由貴(臼田あさ美)を訪ね、再審請求をすれば12年前の事件の真相を明らかに出来ると説得するが、断られてしまう。そんな坂間と入れ違いで由貴を訪ねたのが、みちおの元同僚でもある弁護士・青山(板谷由夏)だった。ふたりの説得が功を奏し、再審請求を決意する由貴。弁護人を務めることになった青山は、ただちに会見を開き、今回の再審請求について公開での審理を求めた。

再審を認める判決を受け、次長検事の中森(矢島健一)と検察官の小宮山(テイ龍進)は、期限の3日以内に「即時抗告申立書」を出すよう、城島(升毅)と井出(山崎育三郎)に命じる。「開かずの扉」と言われる再審請求――その扉は今回も開かないものと思われたが……。

イチケイのカラス

イチケイのカラス、7話の見逃し配信動画は、FODで ↓
フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム(無料でお試し)】

イチケイのカラス。7話予告動画

スポンサーリンク

イチケイのカラス、7話のネタバレ

ドラマ。イチケイのカラス、7話ネタバレ。再審請求

11年前
仁科壮介(窪塚俊介)は、人を殺していないと証言する。
日高亜紀(草刈 民代)は、無期懲役にした。

入間みちお(竹野内 豊)は、仁科を救えなかったと。

現在

坂間千鶴(黒木 華)が、仁科由貴(臼田あさ美)に再審請求ができるというが、由貴は、再審請求はしないという。
千鶴は、由貴が生徒に向き合えるのは痛みがわかるからではないかという

由貴は、前向きに検討したいと、みちおに連絡してくる。
青山瑞希(板谷由夏)が担当したいという。

犬のみちこの元飼い主は、青山。

仁科由貴から青山に電話。再審請求を決めたと。
青山は先手を打つという。

記者会見
オオカミが人を襲うかと。オオカミは、滅多に襲わない。
開かずの扉の再審請求を公開での審理を求めるという。

再審請求を認められた。

しかし、即時抗告

城島怜治(升 毅)は、井出伊織(山崎 育三郎)に忘れろと。
しかし、即時抗告はなかった。

城島は、申立書を出すのを忘れたという。

日高亜紀と坂間千鶴
入間が裁判長になると、日高亜紀は聞いたと。中立ではないと
坂間千鶴はそうは思わないという。
日高は、あの判決は正しかった、真実を見極めなさいという

イチケイのカラス、7話のネタバレ。再審 第1回公判

再審 第1回公判
入間みちおは、かつて、この事件の裁判の弁護人だったという。
おかしかったら、弁護人、検察官、異議を唱えてくださいと。

逃げた男がいると、仁科さんは話していた。
志摩総一郎(羽場裕一)のような男が、ドライブレコーダーに映っていた。
しかし、証人尋問ができなかった。

入間みちおは、真実を持って、かつての裁判が間違っていたら正すことだと。
職権を発動。捜査する。

志摩総一郎の証言
前の裁判官、書記官から意見を聞きたい
駒沢義男(小日向 文世)は聞いたが以前、答えてくれなかった。

志摩総一郎の元妻に所在尋問
家にいたという。
みちおは、このジャケットいいですね、と買う。

志摩総一郎がこのジャケットを来ていた。
元妻とはお金でつながっているのかもしれないと。

元書記官、友坂に証言を取りたいという。

スポンサーリンク

イチケイのカラス、7話のネタバレ。第2回公判

再審 第2回公判
青山は、元妻のお金の出所が不明だと。
証言をして欲しいとしたら、外国に
税務資料を提出させることに

再鑑定
歩き方を鑑定しようという。

検察官が、忌避申し立てを行う。みちおたちを排除したいと
坂間千鶴は、却下するという。
高裁に抗告

元書記官、友坂
刑事裁判官が嫌いだという。冤罪の温床だと
友坂は、駒沢にも仁科の自殺の責任があるという

あの判決は、多数決で決まった。悔やみきれないと、駒沢
駒沢「この国の司法を裁く覚悟です」

最高裁は、一週間後までに忌避申し立てを考えろと言ってくるという。

坂間千鶴は、日高の地道な努力を知っていると
青山は、千鶴がみちお化していると言う
みちおは、次が最後なら、次長検事の中森(矢島健一)を呼びたいと言う。
そして、日高も呼びたいと
坂間千鶴は、真実を見極めなさいと言ったのは日高さんだから出廷してくださいと

ドラマ、イチケイのカラス、7話のネタバレ。第3回公判。日高が証人として出廷

再審第3回公判
志摩総一郎の歩き方は、70%程度の整合性がある。証拠には採用しないと、みちお
元妻の証言は偽証だと、みちお

中森が証人として出廷
青山は、志摩総一郎の脱税を知っていて、検察は守ろうとしていたのではと。
中森は証拠を提出しろという。
井出伊織が、証拠を出すという。
正しいことをやるために、検察官になった。

国税庁から情報を得ていた。オメガ会計事務所に天下りしている。
中森は、名誉毀損で告訴するという。

日高が、証人として出廷

駒沢が、元書記官の友坂の証言を言う
日高は、上から早く判決をしろと言われていたと
日高はその証言は偽証だという。
そのような事実はないと日高は言う。

入間みちおは、日高は志摩総一郎の証人尋問を受け入れなかった。
仁科は命を経つことはなかったのではと。
遺族の痛みと憤りを考えてみろという。

入間みちおは、上に忖度をして判決を下しましたかと。
日高は、私は誰にも忖度をしていない、証拠から判断をくだしたという。
日高「あなたは、裁判官失格です」

イチケイのカラス、7話のネタバレ。結末

中森と日高
中森は、国益に関わるという。
日高は真実を聞かせておいて欲しいと。

中森が、12年前の真犯人は、志摩総一郎だ
と、録音を、日高が公表する。

記者の真鍋も、志摩総一郎によって事件で亡くなった

上からの指示は誰からの指示なのかはわかっていない。

日高は、真実から目を背けたと
裁判官を辞めて、罰を受けるという。
日高「裁判官、失格なのは私です」

駒沢は、真実によって救われる人がいると、泣く。

日高と、坂間千鶴
日高は、私のようになってはいけないと、坂間千鶴に
みちおは、白いカラスの彫り物をあげるという。
日高はまだ終わっていないと、上と対決する日が来るかもしれないと。

志摩総一郎が自供

仁科由貴にみちおは、こんなに時間がかかってしまったと謝る。
真鍋の妻は、子どもが生まれる

青山は、坂間千鶴にみちおだけはやめておいた方がいいという。

ドラマ、イチケイのカラス、7話の見逃し配信動画は、FODで ↓
フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム(無料でお試し)】

イチケイのカラス。7話のまとめ。感想。視聴率など

イチケイのカラス、7話のまとめ

今回のイチケイのカラスの7話は、12年前の事件の話です。

入間みちおが担当した事件です。

妹が再審請求をしました。

そして、みちおは、捜査をします。

公判を行い、検察官や日高裁判官を証人尋問しますが、結局、覆すことができず。

だが、日高が、中森から真犯人を聞き出し、録音して。

日高は、裁判官をやめることにしました。

というのが、イチケイのカラス、7話でした。

イチケイのカラス、7話。感想。真犯人がわかって

今回は、みちおが弁護士をやめた事件の再審についてでした。

みちおは、裁判官としては、真実を明らかにすることはできませんでしたね。

しかし、日高が、中森から聞き出して。

真犯人がわかったということになりますね。

ひと段落ではあるのでしょう。ただ、上の指示というのは誰なのでしょうか。

というのが、イチケイのカラス、7話の感想です。

イチケイのカラス。8話のあらすじ

みちお(竹野内豊)たちが所属する『イチケイ』に、事務官から書記官になるための研修生として、前橋幸則(渡辺佑太朗)と磯崎由衣(夏目愛海)がやってくる。部長の駒沢(小日向文世)は、合議制で扱う案件があるから立ち会うよう、ふたりにも指示する。

案件は傷害事件だったが、その起訴状を見た坂間(黒木華)と浜谷(桜井ユキ)は驚く。被告人の潮川恵子(真凛)は、坂間が裁判長、浜谷が書記官を務めている窃盗事件の被告人だった。

万引きの前科があった恵子は、再びスーパーマーケットで万引きをして保安員に捕まっていた。恵子の万引きを目撃し、店側に伝えたのは、山寺史絵(朝加真由美)という女性だった。恵子には6歳になる娘がおり、商社マンの夫は海外単身赴任中。恵子は、育児と義母の介護の疲れから軽いうつ状態で服薬していた。そんな恵子と話した浜谷は、子どもを預ける当てがない彼女は罪を認めて逃亡の恐れもないことから、在宅からの審理がいいのではないかと坂間に進言したという。ところが恵子は、その間に史絵に暴行を加え、加療約1年のケガをさせていた。

窃盗事件と傷害事件が併合されて開かれた第2回公判。恵子は、被害者の史絵が小学校時代の恩師だったことに触れ、4ヵ月前に万引きで逮捕されたときのことは恨んでいないと証言する。史絵にケガをさせてしまったのは、実は彼女が万引きをしたところを目撃し、それを止めようとした際に襲われて抵抗したからだと言うのだ。恵子は取り調べの段階からそう主張していたが、虚偽の発言として取り上げてもらえずにいた。一方、検察の井出(山崎育三郎)は、史絵が万引きをしたという証拠がないこと、そして恵子から暴行を受けた後、市会議員をしている夫の信吾(大谷亮介)に電話し、逆恨みで元教え子に襲われたと助けを求めていることを指摘するが……。

イチケイのカラス

イチケイのカラス。7話の視聴率は?

イチケイのカラス、7話の視聴率はどうなるでしょうね。

イチケイのカラス、1話の視聴率は、13.9%でした。

イチケイのカラス、2話の視聴率は、10.5%でした。

イチケイのカラス、3話の視聴率は、12.7%でした。

イチケイのカラス、4話の視聴率は、12.4%でした。

イチケイのカラス、5話の視聴率は、12.3%でした。

イチケイのカラス、6話の視聴率は、13.4%でした。

イチケイのカラス、7話の視聴率は、13.6%でした。

イチケイのカラスの見逃し配信動画は?

イチケイのカラスの見逃し配信動画は、FODで見られます。

イチケイのカラス

イチケイのカラス。最終回ネタバレあらすじ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率など

イチケイのカラス。ネタバレ。最終回10話9話8話7話6話5話4話3話2話1話。結末まで。竹野内豊さん主演。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?最終回はいつ?主題歌

イチケイのカラス最終回あらすじ。予告動画。キャスト。見逃し配信動画

イチケイのカラス。10話ネタバレ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

イチケイのカラス10話あらすじ。予告動画。キャスト。見逃し配信動画

イチケイのカラス。9話ネタバレ感想。キャスト。裁判員裁判で。見逃し配信動画。視聴率は?

イチケイのカラス、9話あらすじ予告動画。キャスト。見逃し配信動画

イチケイのカラス。8話ネタバレ感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

イチケイのカラス、8話あらすじ。予告動画。キャスト。見逃し配信動画

イチケイのカラス。7話ネタバレ。感想。キャストゲスト。見逃し配信動画。視聴率は?

イチケイのカラス、7話あらすじ。予告動画。キャストゲスト。見逃し配信動画

イチケイのカラス。6話ネタバレ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

イチケイのカラス。6話あらすじ予告動画。キャストゲスト。見逃し配信動画

イチケイのカラス。5話ネタバレ。感想。キャストゲスト。見逃し配信動画。視聴率は?

イチケイのカラス。5話あらすじ。予告動画。キャスト。見逃し配信動画

イチケイのカラス。4話ネタバレ。感想。キャストゲスト。見逃し配信動画。視聴率は?

イチケイのカラス。4話あらすじ。予告動画。キャスト。見逃し配信動画

イチケイのカラス。3話ネタバレ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

イチケイのカラス。3話あらすじ。予告動画。キャスト。見逃し配信動画

イチケイのカラス。2話ネタバレ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

イチケイのカラス。2話あらすじ予告動画。キャスト。見逃し配信動画

イチケイのカラス。1話ネタバレあらすじ。感想。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?

記事まとめ

シェア

フォロー