重版出来!ドラマ第2話のあらすじ・ネタバレ・感想

シェアする

スポンサーリンク

重版出来!、第2話も見ました!

第1話がおもしろかったので、第2話も見ました。

重版出来!ドラマ第1話のあらすじ・感想・ネタバレ – ゆらりのらり感想ブログ

重版出来!第2話もおもしろかった!第3話も見ます。

あらすじやネタバレ、感想を書きます。

f:id:yurarinorari:20160419230044j:plain

火曜ドラマ『重版出来!』|TBSテレビ

重版出来!ドラマ第2話のあらすじ・ネタバレ・感想

あらすじ

坂口健太郎さんが演じる営業部の小泉純。営業の仕事にいまいちやる気にならない入社3年目。

今回は、この小泉純のお話が中心でした。

2巻まで出ていて、まだ売れていない「タンポポ鉄道」というマンガが少し売れている。ということで、もう少し売れないかと、営業部がいろいろと仕掛けていこうということになる。

この手伝いに、主人公の黒沢心が、営業部の手伝いをすることになり、小泉が黒沢を任される。

そして、「試し読みの冊子」を本屋120店に手渡しで渡すことに。

回っている書店で、小泉は、「本屋のバイトが言っていた。営業さん、幽霊みたいだ。」と言われてしまう。

一方、黒沢心は、がんばって、タンポポ鉄道を売ろうとする。

一緒にがんばろうという黒沢に、小泉は、「がんばれって言葉嫌いなんだよね。げんなりする。」
「私はうれしいです。よしがんばろうという気になります。がんばってがんばって、応援してくれた人に喜んでもらいます。
でも、小泉さんみたいに気になる人はいるんですね。以後気をつけます。」

その後、いろいろと反応が出てきて、じわじわと「タンポポ鉄道」が売れ始める。

しかし、今一歩伸びていかない。そこで、小泉が、鉄道の棚などに置いてもらえたら良いのではとアイデアを出す。(このアイデアは、もともとは黒沢がやったこと。)

そして、これをやっていくことになり、小泉は、地方の本屋さんにも、手紙を書くなどして、置いてもらえないかと、がんばる。「入社して3年。今頑張らなければ、僕は一生幽霊のままだ。」と。

さらに、本屋などから高反応が返ってきて、タンポポ鉄道が重版する!

仕事の醍醐味がわかる、小泉純。

「人をうらやんでいたころはわからなかった。これが営業の仕事。僕の仕事なんだ。」

重版出来!ドラマ第2話の感想

小泉純と黒沢心が、かなり対照的でした。

やる気のない小泉は、幽霊とまで言われてしまっています。まあ、たしかにやる気がない人は、周りから見るとすぐにわかりますよね。

しかし、心に影響されて、小泉も変わっていく。そして、仕事の楽しさがわかってきたのか、がんばるという言葉が嫌いだったのに、がんばるようになる。

いいですね!

やはり、こういうように、がんばって、成果が出るというのは良いと思います。

仕事の醍醐味などそういうことがわかった、小泉純や、他の登場人物との協力などが良かったなと。がんばらない人間が、がんばるようになる。自分を諦めているような人が、何かのきっかけで変わる。こういうのいいですよね!こういうのは、ドラマでも、現実でも、スポーツなどでもいいですよね。

とは言え、こううまくいくことばかりではないのは、現実でもそうですが、マンガやドラマでもそうなのでしょう。

打ち切りのマンガの話などが、次回第3話には出てくるようです。

そうですよね。がんばればうまくいくとは限りません。現実もドラマも、そんなに甘くない!?のかどうかわかりませんが、次回は、いろいろと問題が起こってくるようですね。

黒沢心も、担当する漫画家さんが決まるようです。というか、決まったようですね。高畑一寸の「ツノひめさま」で、看板マンガのようです。

第3話の展開も気になります。重版出来!、第2話もおもしろかったので、第3話も見ようと思っています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう