ケイジとケンジ。4話ネタバレ。感想。みなみの元カレの元カノの話。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

2020年2月14日

スポンサーリンク

ケイジとケンジ。4話ネタバレあらすじ。感想。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率

ドラマ、ケイジとケンジは、テレビ朝日の2020年冬ドラマで、桐谷健太さんと東出昌大さんW主演の刑事ドラマです。刑事と検事の話ですね。

ケイジとケンジ、4話は、2020年2月6日(木)夜9時から放送です。

4話は、横浜桜木署の刑事課にテレビ番組の密着取材が入るということです。

そんな中、放火事件が起こり、その被害者が、仲井戸みなみ(比嘉愛未)の元彼の太郎丸直樹(大東駿介)だとわかります。

検事の真島修平(東出昌大)が、この事件を担当して、仲井戸豪太(桐谷健太)が捜査していくと、さらなる犯罪の可能性もわかってくるようで。

ケイジとケンジの4話、どんな内容になのでしょう。

ということで、ドラマ、ケイジとケンジ、4話のあらすじ、ネタバレ、感想、キャスト、ゲスト。見逃し配信動画、視聴率といったことをまとめておきます。

↓「ケイジとケンジ」4話の見逃し配信動画は、U-NEXTで見られます。
U-NEXT

ケイジとケンジ。ネタバレあらすじ。1話から最終回の結末まで。桐谷健太さんと東出昌大さんW主演。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?最終回はいつ?主題歌

2020年冬ドラマ一覧。2020年1月〜3月のドラマ。ネタバレあらすじまとめ

スポンサーリンク

ケイジとケンジ。4話ネタバレあらすじ。感想。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率

ケイジとケンジ。4話
ケイジとケンジ。4話

ケイジとケンジ、4話の主なキャスト、出演者

仲井戸豪太(桐谷健太)
真島修平(東出昌大)

仲井戸みなみ(比嘉愛未)
目黒元気(磯村勇斗)
毛利ひかる(今田美桜)

日下直樹(渋谷謙人)
森岡奈緒子(奥山かずさ)
多胡永吉(矢柴俊博)
桂二郎(菅原大吉)
持丸栄(峯村リエ)
亀ヶ谷徹(西村元貴)
宮沢かほり(奥貫薫)

樫村武男(柳葉敏郎)
大貫誠一郎(風間杜夫)

ケイジとケンジ。キャスト、登場人物。桐谷健太さんと東出昌大さんW主演

ケイジとケンジ、4話のゲスト出演者は?

ケイジとケンジ、4話のゲスト出演者は、どうなるでしょうね。

太郎丸直樹(大東駿介)

石田貴理子(阿部純子)

ケイジとケンジの公式Twitterなど

ケイジとケンジの公式Twitter

ケイジとケンジのTwitter

ケイジとケンジの公式インスタグラム

ケイジとケンジのインスタグラム

ハッシュタグは、 #ケイジとケンジ です。

ケイジとケンジ、4話のあらすじ

ケイジとケンジ。第4話、あらすじ

横浜桜木署の刑事課にテレビ番組の密着取材が入ることになった。刑事課のメンバーはカメラを意識して何かとカッコつけるが、大した事件の通報もなく、空回り感が否めない。そんなとき、仲井戸豪太(桐谷健太)が放火の通報を受け、刑事課メンバーは大張り切り。ところが密着カメラを従えて現場へ駆けつけると、被害状況はマンションに置いてあった原動機付自転車の前輪が燃えただけ…。取材班も刑事課メンバーも急速に興味を失い、豪太ひとりに現場を任せて帰っていく。

やがて原動機付自転車の持ち主・太郎丸直樹(大東駿介)が帰宅。豪太が事情を説明し、犯人に心当たりがないか尋ねると、太郎丸は2カ月付き合って別れたという元カノ・石田貴理子(阿部純子)の名前を挙げる。ところが…兄である豪太からこの話を聞いた立会事務官・仲井戸みなみ(比嘉愛未)は、開いた口がふさがらない状態に! それもそのはず、何の因果か太郎丸は3カ月前までみなみが同棲していた男だったのだ――。

一方、みなみに一方的な恋心を寄せる検事・真島修平(東出昌大)は、彼女に3カ月前まで恋人がいたことを初めて知り、ショックで心ここにあらず…。しかもよりによって、素直に放火を認めて送検されてきた貴理子を担当するよう命じられ、被害者である太郎丸からも聴取することになったのだ。そんな中、捜査は思わぬ方向へと舵を切りだす。なんと太郎丸が、“貴理子の知られざる一面”について証言。器物損壊罪か放火罪かを見極めるはずが、それ以上の罪の可能性も見え隠れしはじめ…!

ケイジとケンジ

というのが、ケイジとケンジの4話のあらすじです。

↓「ケイジとケンジ」4話の見逃し配信動画は、U-NEXTで見られます。
U-NEXT

スポンサーリンク

ケイジとケンジ、4話。ネタバレ

テレビ番組の密着取材が入る。ケイジとケンジ、4話のネタバレ

テレビが、警察の桜木署の密着取材をするということになる。
仲井戸豪太(桐谷健太)は喜ぶ。

テレビが入ると
毛利ひかる(今田美桜)は、当直でもないのに残っている。
他のみんなもはりきる。

と、電話。放火だと。

現場に向かう
が、もう火は消えている。と、テレビの密着は撤収してしまう。

豪太は、被害者のことを待って、バイクのことを教える。
太郎丸直樹(大東駿介)は、心当たりがあるという。
石田貴理子(阿部純子)だと。
元カノ。3週間前に別れた。2ヶ月付き合った。

仲井戸みなみ(比嘉愛未)が、豪太に太郎丸の話を聞く。

貴理子は、太郎丸に何通もメールしてきて、うんざりした。
みなみは、自業自得だという。

太郎丸直樹は、みなみの元カレ。
みなみは、ムカついている。

石田貴理子が犯行を認める。ケイジとケンジ。4話。ネタバレ

石田貴理子の聴取をする豪太。
最寄駅の防犯カメラに映っていた。そして、ライターが見つかった。
貴理子は、バイクに火をつけたことを認める。

テレビのカメラが回って、豪太と多胡永吉(矢柴俊博)が、やり取りする。

と、毛利ひかるが、煽り暴行運転事件の被疑者が見つかったと。そちらにカメラもついていく。

豪太は、太郎丸に報告に行く。
みなみの兄貴だと。

OKAZU-YAで
豪太は愚痴っている。
真島もやってくる。が、具合が悪そう
心療内科に行ってきたと。2年も同棲してたのを知らなかった。
まだ、みなみは未練があるだろうと。

豪太「もしかしたら、その男と顔を合わせるかもしれないな」
真島の担当になる。

そして、樫村武男(柳葉敏郎)は、みなみは関係者だから、担当から外すという。

真島が、石田貴理子の聴取する。。ケイジとケンジ。4話。ネタバレ

真島が、石田貴理子の聴取をする。
太郎丸から別れて欲しいと言われて、訳が分からなくて気持ちが収まらなかったと。
貴理子は、計画的なことではなかったという。
貴理子「申し訳ありませんでした」

仲井戸みなみは、石田貴理子を見かける。

そして、太郎丸がやってくる。
太郎丸「久しぶり?」
なんだか軽い。
みなみは、なんであんなのと付き合ったんだろうと。

真島は「あなたが太郎丸さん?」となんだか不機嫌。
亀ヶ谷徹(西村元貴)は、告訴が必要だと。
太郎丸は、告訴するという。
別れ話を切り出して、彼女のマンションを出た時、植木鉢が落ちてきた。

真島は、豪太に石田貴理子を調べてくれと電話してくる。

スポンサーリンク

石田貴理子は同情の余地がある?ケイジとケンジの4話。ネタバレ

みなみは、石田貴理子の印象が怖かったと、真島にいう。

豪太は、石田貴理子の通話記録から、ホストクラブに何度も電話しているとわかる。
聞きに行く豪太。

ホストは、あの子はやばいと。別の男・林原に、植木鉢を落としたという。
男に聞きに行くと、あれは事故だと。
林原は、結婚していた。

仲井戸豪太は、真島に報告する。
林原は、警察には言っていない。

真島は、樫村武男に報告するが、物証がないから、バイクの件に集中しろと。

豪太は、大貫誠一郎(風間杜夫)に、石田貴理子にも、同情の余地はあるという。

豪太は、真島をみなみの家に呼び出す。
真島は、マンションの壁も焦げていた。凶悪事件にしたがっている?
豪太は「男も悪いと思うわ」

と、みなみが帰宅する。
豪太は、女として会話に加われという。

真島は、石田に2度と同じ過ちを繰り返すなと。ケイジとケンジ。3話ネタバレ。結末

みなみは、別れの理由を言われなかったことがあんな風にさせたのではと。
はい終わりと言われた気持ちになったのかもという。
豪太は、罰を与えればいいというもんではない。
「再犯の防止や。また彼女は同じことをやらかすぞ」と豪太

真島は、石田貴理子は、放火未遂罪として起訴するという。
真島「2度と同じ過ちを繰り返してはならない。」
女友達を作ってはどうでしょう。
メールや電話も程々に、と。

真島「それから、もう部屋には植木鉢はおかない」
石田貴理子「すいませんでした。申し訳ありませんでした。検事さん」
と、泣き出す。

密着取材のテレビが放送される。
署長が、最後に締めている。

ケイジとケンジの4話。ネタバレでした。

↓「ケイジとケンジ」4話の見逃し配信動画は、U-NEXTで見られます。
U-NEXT

ケイジとケンジ、4話のまとめ。感想、視聴率など

ケイジとケンジ。4話のまとめ。再犯をさせないように

今回のケイジとケンジの4話は、仲井戸みなみのモトカレが、被害者でした。

そして、その犯人は、元カノだったという。

 

みなみは、元カレの太郎丸に別れてすぐに付き合い始めたことに腹を立てていました。

そんな中で、元カノはすぐに罪を認めましたね。

 

しかし、あまり反省していないというか、まだ怒っている感じでした。

別れ方が一方的で、理由も言われなかったからというのがあるのだろうと、みなみ。

豪太は、そんな女性に再犯をさせないようにしないとと、真島に言いますね。

そして、真島は、二度とこんなことはしないようにと、その女性に伝えます。

これで、再犯をしないと良いですよね。

というのが、ケイジとケンジ、4話でした。

ケイジとケンジ、4話の感想。反省だけなら

ドラマ、ケイジとケンジの4話は、男女のもつれからの事件でしたね。

たしかに、再犯を防ぐというのは大切ですよね。

 

でも、反省だけなら、誰でもできるわけで。

結局、その後の行動ですよね。

言葉以外の行動が、その人を決めるのでしょう。

あと、今回、テレビの取材が入ったということでしたが、豪太は蚊帳の外という感じでした。

それでも、こういったことをしているあたり、ある意味、いい刑事でしたよね。

というのが、ケイジとケンジ。4話の感想です。

ケイジとケンジ、4話のTwitter感想、反応。まとめ

 

ケイジとケンジ、4話の視聴率は、8.3%

ケイジとケンジ、4話の視聴率はどうなるでしょうね。

ケイジとケンジ、1話の視聴率は、12.0%でした。2話の視聴率は、9.7%でした。

ケイジとケンジ、3話の視聴率は、10.3%でした。4話の視聴率は、8.3%でした。

 

ケイジとケンジ。主題歌は、宮本浩次「ハレルヤ」

ケイジとケンジの主題歌は、宮本浩次「ハレルヤ」です。

エレカシの宮本浩次さんの新曲ということですね。

ケイジとケンジの見逃し配信動画は?

ケイジとケンジの見逃し配信動画は、どうなるでしょうね。

U-NEXTやauビデオパスなどで見られるようになるのではないかなと。

ケイジとケンジの各回のネタバレ、あらすじ、結末など

ケイジとケンジの各回のネタバレ、あらすじ、結末などは、今後、以下に追記していきます。

ケイジとケンジ。5話あらすじ。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

ケイジとケンジ。4話ネタバレ。感想。みなみの元カレの元カノの話。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

ケイジとケンジ。3話ネタバレあらすじ。感想。殺人事件が起こる。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

ケイジとケンジ。2話のネタバレ。感想。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

ケイジとケンジ、1話。ネタバレ感想。元教え子の空き巣犯を仲井戸豪太が。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率など

ケイジとケンジ。ネタバレあらすじ。1話から最終回の結末まで。桐谷健太さんと東出昌大さんW主演。キャスト。見逃し配信動画。視聴率は?最終回はいつ?主題歌

ケイジとケンジの主なキャスト、出演者についてなど

仲井戸豪太(桐谷健太)

仲井戸豪太は、桐谷健太さんです。

神奈川県警横浜桜木警察署捜査課の刑事。体育教師として8年勤めた後、警察官に転職したということです。交番勤務から念願の刑事に昇格。「悪い犯人を逮捕して被害者に感謝されること」が何よりの喜びということです。

真島修平(東出昌大)

真島修平は、東出昌大さんです。

横浜地方検察庁みなと支部の検事です。東京大学法学部・法科大学院を卒業し、司法試験に合格した超エリートで、プライドも高いということです。しかし、未だ大きな事件を担当させてもらえず、内心焦っている。

立会事務官・仲井戸みなみのことが好きだが、あまり相手にされていないようですね。

仲井戸みなみ(比嘉愛未)

仲井戸みなみは、比嘉愛未さんが演じます。

豪太の妹ということですね。

横浜地方検察庁みなと支部の立会事務官で、真島修平検事をサポートしているということです。兄・仲井戸豪太と上司の修平という正反対な二人に挟まれ、ちょっと大変なときもあるようです。

また、真島のことを男としては、見ていないということです。

目黒元気(磯村勇斗)

目黒元気は、磯村勇斗さんです。

神奈川県警横浜桜木警察署捜査課の刑事です。

仲井戸豪太とバディを組むことが多いが、出世を第一に考えており、「ミスをせず堅実に職務をまっとうする」と考えているとのこと。

しかし、体育会系で何かと暴走しがちな豪太に振り回されてしまいます。

毛利ひかる(今田美桜)

毛利ひかるは、今田美桜さんです。

神奈川県警横浜桜木警察署捜査課の刑事で、犯罪者に対しては人が変わったように強面になるとのこと。

いわゆる枯れ専で、仲井戸豪太たちには“男の魅力”をあまり感じていないということです。

樫村武男(柳葉敏郎)

樫村武男は、柳葉敏郎さんが演じます。

横浜地方検察庁みなと支部の部長検事で、真島修平の上司です。修平はまだまだ青いと思う一方、潜在能力は密かに感じているとのこと。

桜木署署長・大貫誠一郎とは旧知の間柄で、将棋を指しながらお互いを探り合う仲でもあるということです。

大貫誠一郎(風間杜夫)

大貫誠一郎は、風間杜夫さんです。

神奈川県警横浜桜木警察署の署長です。仲井戸豪太の良き理解者ということです。

豪太のように情熱的な刑事が署には必要だと考えて、未熟な部分を大きな心で見守っているということです。

ケイジとケンジの脚本、演出、プロデューサーなど

脚本:福田靖
チーフプロデューサー:黒田徹也(テレビ朝日)
プロデューサー:服部宣之(テレビ朝日)、飯田サヤカ(テレビ朝日)、菊池誠(アズバーズ)、松野千鶴子(アズバーズ)、岡美鶴(アズバーズ)
演出:本橋圭太(アズバーズ)、及川拓郎

以上、ケイジとケンジ。4話ネタバレあらすじ。感想。キャスト、ゲスト。見逃し配信動画。視聴率などでした。