営業部長 吉良奈津子・第1話。ドラマ。感想、あらすじ、ネタバレ。きらなつ。松嶋菜々子さんが、働くお母さんに

シェアする

スポンサーリンク

営業部長吉良奈津子・第1話。感想とあらすじです。きらなつ、と略すようですね。

 

松嶋菜々子さん演じる、吉良奈津子。結婚して出産後に、職場復帰すると、自分の「居場所」がない。そんな感じの始まりのようですね。

そして、部署を移って、活躍していくということなのでしょうか。

 

そんな営業部長、吉良奈津子の第1話、どんな話だったかというと。

 

第2話はこちら

営業部長 吉良奈津子・第2話。感想、あらすじ、ネタバレ。きらなつ。松嶋菜々子が、営業で成績を上げられるか? – ゆらりのらり感想ブログ

 

f:id:yurarinorari:20160721141131j:plain

営業部長 吉良奈津子 | ストーリー オフィシャルページ – フジテレビ

営業部長吉良奈津子・第1話。ドラマ。感想、あらすじ、ネタバレ。

営業部長吉良奈津子・第1話。あらすじ、ネタバレ。

 

3年ぶりに復職する、吉良奈津子。

営業開発部長として復職してください。
あなたを営業開発部長に推したのは、斎藤常務ですが。

と、今までとは違う部署に。

斎藤常務と会いに行く。
吉良:これからは、育児経験を活かしてCMを作ります。
斎藤常務:クリエイティブに戻りたいという相談なら乗れないね。非常に大きな3年だった。ブランクは大きいよ。腹の底じゃ不満を抱いている者も多い。
吉良:私は、CMを作りたいんです。
斎藤:アピールだよ。育児休暇明けの君を部長にすれば、アピールになる。

 

原田泰造さん演じる、夫の小山浩太郎:どうだった?久々の会社。
奈津子:私ね、部長になった。
浩太郎:いきなり課長。
奈津子:制作じゃないのよね。
浩太郎:営業、ママにできんの。

壮太の誕生日をする。

吉良が営業開発部に。
成績が良くないと聞きますが、立て直します。
と、宣言する。

会議。
ノルマの10%も達していないのね。営業に行きましょう。

吉良:新部長として挨拶に行くは。
と言うも、挨拶に行ける企業がない。

米田:うちの部は、新規広告をとりに行く部署です。しかし、我が社はデジタルに乗り遅れ、新規なんて取れるわけはありません。
一条:368社に当たりました。
溺れるわよ。昨日今日、営業に来た私がわかるわけないでしょう。
米田:営業は足です。コツコツ当たる。
吉良:じゃあ、それやりましょう。

壮太を保育園に迎えに行く、吉良。
ベビーシッターの、坂部深雪に会う。

回転寿司チェーンの広告を取りに行く

回転寿司チェーンの広告を取りにいこうとする。
しかし、以前行きました。アポも取れませんでした。
吉良:昔、指名されたの。でも、ダメだった。リベンジに行くわ。

社長に挨拶に行く。
吉良:社長、リベンジをさせてもらえませんか。ぜひ、チャンスを下さい。
社長:私は死んでも、東邦広告とは付き合いません。高木さんは、どんなCMプランを作った?
答えられない、吉良。

 

松田龍平さんが演じる、高木に、昔のCMを聞きに行く、吉良。

吉良:あのCMプランどんなCMか覚えている?
高木:何のためですか?元クリエイティブのプライド?営業を取りたいから?
吉良:両方。
高木:あなたは僕のCMプラン覚えていないわけではないんです。知らないです。見ていないから。CMが好きって言ってますけど、クリエイティブですごい女と思わたかったんですか。どうしても知りたいなら、僕に頭を下げてください。
吉良:あなたに頭下げるくらいなら、他のクライアント探すわ。

過去のファイルから、高木のCMプランを知る。
黄色い風船をお客様に配る、吉良。と部署の人たち。

社長:明後日プレゼンがあります。参加してみますか。

社長の息子が生まれてすぐ死んだ。そのときに、黄色い風船に、うまい寿司屋を作ると誓った。だから、黄色い風船。

高木に頭を下げて、プランを考えてくれと頼む。
高木:明後日だと、明日徹夜だ。アシスタントもいないし。
吉良:あたしがやります。

吉良:復帰しても、パパには迷惑かけないつもりだった。でもパパの言うとおり、無理だった。シッターさんの力も使おうと思うの。
浩太郎:こういうときだけ甘えるんだからな。

ライバルは、「親子でマグロ100円」と連呼。

高木:全く違う方向で行きましょう。23時台大人向けにしましょう。
高木:やっぱりこれはボツ。

帰れない、吉良。
高木が、変えた案を考える。

プレゼン。
家族の時間。がテーマ。
子どもは登場しません。マグロ100円も言いません。
父と母と、息子。息子は結婚したい人ができたと言う。今日は好きなだけ食べてよ。

今回は、ライバル会社、スラッシュアドに。しかし、次回も、プレゼンに参加して欲しいと。

お義母さんから電話。来週、そっちに行くからと。

営業部長 吉良奈津子・第1話。ドラマ。感想

営業部長 吉良奈津子・第1話でした。感想は、なかなかおもしろかったです。

働く女性の大変さ。そういうのを感じられますし。まあ、職場が、非協力的かどうかは、その職場によるとは思いますが、女性が子育てと仕事を両立させるのは大変だと思います。

それに、夫も、悪い人ではないでしょうけれど、父親と母親は違うと考えているようですしね。まあ、たしかにそうなんですが、家事・育児は、できるほうがやると良いのではないかなと思いますが。そして、姑も、あまり働くことには理解はなさそうですし。

いずれにしても、ドラマとしておもしろいなと思いました。今後が気になりますね。

松嶋菜々子さん演じる、吉良奈津子がこれからどうやって、仕事と家庭を両立させるのか。その苦労と、そして、壁を乗り越えていくところを見てみたいですよね。脇役の人たちも、まだそこまで出てきていないですが、それぞれいい味を出していますし。

この営業部が、今後どうなるのかも気になります。そんな感じの「営業部長 吉良奈津子」の第1話でした。

個人的に、こういう仕事のドラマというか、働く人たちのドラマは好きですね。「営業部長 吉良奈津子」第2話以降はどうなるのでしょうね。

どうも、社内で競合してしまうようです。これまたむずかしい状況になりますね。「営業部長 吉良奈津子」、第2話も楽しみになってきました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう