営業部長 吉良奈津子・第9話。ネタバレ、あらすじ。感想。きらなつ。松嶋菜々子さん、倒れてしまう

シェアする

スポンサーリンク

営業部長 吉良奈津子・第9話のネタバレ、あらすじ。感想です。

営業開発部を存続させるため、奮闘中の松嶋菜々子さん演じる吉良奈津子。

コンペに勝つためにがんばっているのですが、体調不良で倒れてしまうようです。

果たして、コンペはどうなるのでしょうか?

最終回はこちら

営業部長 吉良奈津子・最終回、第10話。ネタバレ、あらすじ。感想。きらなつ。松嶋菜々子さん、営業開発部を存続させられるか? – ゆらりのらり感想ブログ

営業部長 吉良奈津子の8話はこちら

営業部長 吉良奈津子・第8話。ネタバレ、あらすじ。感想。きらなつ。松嶋菜々子さん、営業開発部を存続させられるか?
「営業部長 吉良奈津子」を見逃して、動画で見たい方は、FODで見られます。
まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」
f:id:yurarinorari:20160910170840j:plain

営業部長 吉良奈津子 | ストーリー オフィシャルページ – フジテレビ

営業部長 吉良奈津子・第9話。ネタバレ、あらすじ。感想。きらなつ。松嶋菜々子さん、倒れてしまう

営業部長 吉良奈津子・第9話。ネタバレ、あらすじ

以下、ネタバレ、あらすじです

吉良:ただいま。
義母・周子:もっと甘えればいいのに。
吉良::こう見えても、際限なく甘えるタイプなので。
周子:どうして専業主婦じゃだめなの?
吉良:正直、こんなに大変だとは思いませんでした。私、仕事が好きなんです。壮太にとって、格好いいお母さんになりたいなと思って。
周子:やっと本音を言ってくれたわね。

浩太郎に、壮太が電話で話をする。

高木から電話
高木:妙なこと聞きました。営業開発部に協力しないように通達があったようです。
吉良:わかった。ありがとう。
高木:こんなときに、手伝えなくて、すいません。
吉良:私は不死身よ。潰されたりなんかしない。

他の部署が、手伝えないと言ってくる。

吉良:常務、どうして妨害までするのですか。
斎藤常務:私は何もしていないのだがね。上層部は私だけじゃないだろう。お前は褒めるより叱るほうがいい仕事をする。

営業開発部の部員に。
吉良:みんな、コンペのために営業する。営業するのは、社内の各部署。

倒れる吉良。
救急車で病院に運ばれる、吉良奈津子。

浩太郎も病院に来る。
周子:一週間は安静にしないとダメだって。

営業開発部員
川原:俺達だけでやるしかないんじゃない。
米田:そうだ、やろう。

高木がNYから戻ってくる。
高木:試験は来年もあります。営業開発部は1か月しかないから。

営業開発部員ががんばっている。

目が覚める吉良奈津子。
吉良:壮太は?
周子:元気に、ちゃんと保育園行っているわよ。
吉良:会社に行かなきゃ。
周子:会社にはあなたの代わりはいるわ。壮太にはママしかいないのよ

プレゼンの声明文を決める。
高木:具体的な提案が必要です。1000人の母親のアンケートを取ってもらえますか?
米田:1000人、全員に許可もらうの大変ですね。
高木:不可能ですか?
米田:いえ、やります。

アンケートを集める、営業開発部員たち。

病院で
壮太:ママ、僕ね。ずっと病院でいい。おうちよりママとお話できるもん。だって、パパも来るもん。

営業開発部の部員たちががんばっている

一条:お聞きしますけど、なんでそんな必死にやっているんですか?
米田:たしかに、無理かもしれないな。俺は、ムキになりたいんだ。ばかみたいに必死になりたいんだ。あいつらもそうなんじゃないか。みんな馬鹿じゃない。ただ、夢中になってやったら、100分の1の奇跡があると信じているんじゃないかな。俺は、この3か月部長の下で働いて、そう思うようになった。
一条:ばかばかしい。

アンケートをまとめたり、資料を作成する、営業部員たち。

高木が病院に来る。
高木:シティドリンクの原点に帰るプレゼンをします。
吉良:私がいなくてもうまくいくのかもね。
高木:寂しいですか?
吉良:まさか、ほっとしたわ。営業開発部どうなるんだろう。コンペどうなるんだろうと思っていたから。
高木:とにかく、休めるときは休んでください。あなたも年なんだから。お大事に。

周子:どうして奈津子さんと話さないの?
浩太郎:具合悪いときに、俺の顔見るの嫌だろうなと思って。
周子:あなたが悪いんだから、自分から頭下げないでどうすんの?
浩太郎:あいつはさ、なんでも一生懸命やる奴なんだよ。だから俺、どんどん置いていかれて。あいつを受け止めきれなくなっちゃった。
周子:だから浮気したの?
浩太郎:浮気はしてないよ。俺が弱かったんだ。とにかく最低なんだよ。だから、どの面下げて会っていいかわかんないんだよ。

プレゼン資料のデータが消えていた。

米田:一条くん、Like a Motherの資料が入っていないか見てくれないか?
一条:僕のこと疑っているんですか。知りませんよ。くだらないプレゼンの資料なんて。
丸尾:返してください。
米田:お前は、広告代理店に入ろうと思ったんだ?
一条:楽しいですよ。
米田:今、楽しいか?
一条:楽しいですよ。馬鹿ばっかりで。
川原:お前も、同じだろう。
米田:俺にはわかる、お前が求めているのを。おまえは本当は一緒に戦いと思っている。
郷:一条くん、一緒にコンペに挑みましょう。そして勝ちましょう。
米田:俺達が、居場所を作るには、このコンペに勝つには、お前が必要だ。
部室を出て行く、一条。

坂部が吉良に会いに来る。
坂部:突然、申し訳ありません。お体、大丈夫なんですか?
吉良:ええ。
坂部:あたし、奥様に嫉妬してました。ステキな家庭があって、立派なお仕事もあって。私は何もかも失いました。幸せな家庭も、最愛の息子も。だから、ご主人に近づきました。ご主人は優しい人です。それ以上に弱い人です。私も弱い人間なんです。だから放っておけなかった。ご主人を愛しています。申し訳ありません。
吉良:謝られることじゃありません。これは、私と夫の問題です。あなたと夫がどうなっているか聞きたくありません。そんなのあなたの自己満足でしょ。それに夫は、弱くなんてありません。だめなところもいっぱいあるけど。最後は、絶対に私達を守ってくれる人です。あの人は、私を家族を愛してくれていると信じています。だから、私が向き合うのはあなたじゃありません。あなた、向き合うところが違うんじゃないですか。過去のせいにして、これからも生きていくんですか。私は、夫と子どもが大事です。愛してます。これ以上、あなたと話すことはありません。
坂部:待ってください。私とご主人は何もありません。あの日、ホテルに誘いました。でも、ご主人には拒まれて。すぐに帰ってしまいました。

一条が吉良の病室に来る。
一条:これは、プレゼン資料です。あなたのかわいい部下たちが必死で探しています。僕が、盗みました。

以上、ネタバレ、あらすじでした。

最終回は、こちら

営業部長 吉良奈津子・最終回、第10話。ネタバレ、あらすじ。感想。きらなつ。松嶋菜々子さん、営業開発部を存続させられるか? – ゆらりのらり感想ブログ

営業部長 吉良奈津子・第9話。感想

営業部長 吉良奈津子。今回は、吉良奈津子が倒れてしまいました。いろいろがんばりすぎで、過労ですね。仕事も育児もとなると、大変でしょうし、心労があるのでしょうね。

ここが正念場というところですから。

そんなピンチに、営業開発部員たちは、団結してきましたね。これまで、やる気がなかった部員たちががんばってます。

ただ一人、一条を除いては。

そして、高木も帰ってきて、手伝ってくれます。最後に、何かひらめいたのかもしれません。

また、吉良と坂部の直接対決も見ものでしたね。過去ではなく、今、未来をより良くしたいものです。

浩太郎と吉良、どうなるのでしょうね。このままだと、たしかに離婚になっていってしまうような。

営業部長吉良奈津子、9話は、こんな感じでした。いろんなところが、切羽詰まって、修羅場な感じでした。

そして、次回は、「営業部長吉良奈津子」は、最終回です。10話で、最終回ですね。コンペを取れるのか?そして、営業開発部は?東邦広告は?吉良と浩太郎は?

と、「営業部長 吉良奈津子」最終回は、どんな結末が待っているのか。 結末が気になりますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう