ドラマ・嫌われる勇気・第4話。あらすじ、ネタバレ、キャスト。感想。視聴率は?香里奈さんが元大臣の事件を解決する?

シェアする

スポンサーリンク

嫌われる勇気・第4話。あらすじ、ネタバレ、キャスト。感想。視聴率は?

ドラマ、嫌われる勇気の第4話は、香里奈さん演じる、庵堂蘭子が、元大臣の事件を解決していくようです。

元大臣の葬儀を止めて、捜査をしていくようです。

また、今回の4話は、アドラー心理学は、自由がテーマのようです。事件とどんな関係があるのでしょうか。

ということで、今回も、嫌われる勇気、どうなるのでしょうね?

嫌われる勇気・第3話、2話のあらすじ、ネタバレ、キャスト。感想などはこちら

嫌われる勇気・第3話。あらすじ、ネタバレ、キャスト。感想。視聴率は? ドラマ、嫌われる勇気の第3話は、香里奈さん演じる、庵堂蘭子が、女...
嫌われる勇気・第2話。あらすじ、ネタバレ、キャスト。感想。視聴率は? ドラマ、嫌われる勇気の第2話です。 第2話は、香里奈さん演...

嫌われる勇気4

嫌われる勇気

ドラマ・嫌われる勇気・第4話。あらすじ、ネタバレ、キャスト。感想。視聴率は?香里奈さんが大臣の事件を解決する?

キャスト

庵堂 蘭子: 香里奈
青山 年雄:加藤シゲアキ
大文字 哲人:椎名桔平
半田 陽介:升毅
小宮山 正明:戸次重幸
浦部 義孝:丸山智己
三宅 隆俊:桜田通
相馬 めい子:相楽樹
梶 準之助:正名僕蔵
村上 由稀菜:岡崎紗絵
間雁 道子:飯豊まりえ
土方 登志郎:寿大聡

原作

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

  • 作者: 岸見一郎,古賀史健
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2013/12/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

Twitter

嫌われる勇気・第4話。あらすじ、ネタバレ

以下、ドラマ・嫌われる勇気・第4話のあらすじ、ネタバレです。

狸穴勝利の葬儀。
庵堂蘭子:葬儀は中止です。嘘泣きも中止で結構です。

医師が、死因を調べようとすると、心不全で亡くなったと書いてくれればいいと言われる。

蘭子:あなた方も容疑者です。
妻の治子:主人は、病気で死んだんです。

帝都大学まで、棺を送らせる、庵堂。

大文字:あなたにとって自由とはなんでしょうか?
青山:永遠の片思いというようなものです。人間関係が付いて回るし。なんでもかんでも、自分の好きなようにやっていたら、嫌われちゃいますよ。あの人みたいに。
大文字:自由とは他者から嫌われることです。
青山:嫌われてまで自由を求めろということですか。
大文字:嫌われることを恐るなということです。
青山:それは無理ですよ。
大文字:全ての人から嫌われないようにする生き方は、不可能なことです。
青山:人は、むしろ認めてもらいたいという生き物なんじゃないですか。承認欲求というやつです。
大文字:アドラーは、他者から承認されることを否定します。必要ないと。
青山:それはありえません。既読スルーされたら、不安になるし、いいね!押してもらえなかったら、虚しいじゃないですか。
大文字:では、あなたは、被害者に感謝されないなら、犯人を捕まえる必要はないと?
青山:それは。仕事だから捕まえますけど、感謝されたいと正直思っちゃいます。
大文字:我々は、他者の欲求を満たすために生きているのではありません。

解剖室。狸穴勝利の直接の死因は、虚血性心不全。
心筋梗塞の既往がある。
右側頭部に、内出血がある。
髪の毛に、ガラスが付いていた。

狸穴家に捜査に行く、庵堂たち。
藤沢先生が来る。党のナンバー2。
藤沢:何もなかったら、厳重に抗議させてもらう。

17時から19時半が死亡推定時刻

長男・狸穴寿也:私と母と武藤さんは、ずっと家にいました。
狸穴勝利とは誰も、会っていない。

娘のさゆり(レディ・リリー)が20時すぎに兄から電話を受けて、家に来た。

心筋梗塞以降、後釜をどうするかでもめていた?
長男の寿也か、秘書の武藤か

蘭子と青山が、狸穴家に。
アルバムを持って行っていいかと聞く、蘭子。
寿也は工房に?と治子に聞く、蘭子。

寿也の陶芸工房に行く、蘭子。
蘭子:プロになろうと思ったことは?
寿也:私は、生まれた時から、政治家になることが決まっていましたから。こうやって器を作るのも最後かもしれませんね。
蘭子:楽しかった。楽しかったです。とても。

レディ・リリー展に行く、蘭子と青山
蘭子:どうしてニューヨークに?
さゆり:知っている人がいないところで勝負したいと思ったからです。
青山:寿也さんと勝利さんの関係は?
さゆり:全てが狸穴家のために。

陶器に使う、ゆうやくと「ガラス」が一致した。
狸穴家のお手伝いの吉川が警察に来る。嘘をついていた。
2階から勝利と寿也の言い争う声が聞こえた。

武藤は、狸穴勝利の愛人の息子。

帝都大学で、青山と大文字教授

青山:寿也さんを見ていると、自分の兄のことを思い出す。劣等感に塗れて生きて来ました。兄には勝てないし。両親は僕のことを認めようとしないし。
大文字:承認欲求ですね。
青山:認めて欲しいと思うのはいいのではないでしょうか。
大文字:いいえ、それは他者の期待に応えるということで、ひいては、他者の人生を生きることになります。
青山:寿也さんは、政治家にという親の期待を無視すればよかったということですか
大文字:その通りです。自分のことだけを考えて生きればいいんです。
青山:自己中に生きろっていうことですか。
大文字:いいえ。自分が自分のために生きないなら、一体誰が自分のために生きてくれるのだろうか。これは、ユダヤ教の教えにあり、アドラーの考えとも通じるところがある。承認されないというコストを支払わない限り、自分の生き方を貫くことはできない。つまり
青山:自由にはなれない。嫌われることを恐れずに自由に生きる。それって、まさに庵堂さんの生き方そのものですね。

レディー・リリー展に行く、蘭子と問雁。相馬めい子がいる。
レディー・リリーは、「ALONE」という作品が売れて、注目された。
さゆり:この作品を父に捧げます。

寿也が、補選に立候補することに。

自転車で、狸穴家に向かう、蘭子。
走って向かう、青山。

さゆりの出発前に、到着。

蘭子:嘘をついている人を見つけました。嘘つきは一人ではなかったんです。

寿也さんの陶器が凶器なのかどうか。
クッキーの箱。
さゆりが、狸穴家にもともといた。
ALONEを買ったのは、狸穴勝利だった。
それを確かめに、さゆりは帰ってきた。

さゆり:私は、狸穴さんのお嬢さんじゃないの。狸穴さゆりなの。
話している時に、勝利は、心不全で死んでしまう。

さゆり:一人の人間として認められたかったの。
蘭子:だから、見殺しにした。
治子:この子のやったことは罪になるの?
蘭子:救急車を呼べば助かるものを放置した場合、遺棄致死罪に問われます。
さゆり:やっとこれで、狸穴家から解放されたの。
蘭子:その考え明確に否定します。嘘つきは一人じゃないって。全員、嘘をついた。
さゆり:私は、この人たちに、守られてたの?
蘭子:いいえ、この人たちは、狸穴の家を守ろうとしていただけです。
青山:あなたは、狸穴家のお嬢さんという立場から逃れたかったんですよね。でも、逃れたいと思っていること自体、家に囚われている証拠ではないですか。自由になりたければ、他の人にどう思われるか、きにするのやめちゃえばいいんですよ。
蘭子:人生の結末を引き受けるのは自分しかいません。
寿也:俺には、お前は、自由に生きているように見えてたんだけどな。
さゆり:お兄ちゃんだって、ネクタイ全然似合ってないよ。

さゆりは不起訴。

以上、ドラマ・嫌われる勇気・第4話のあらすじ、ネタバレでした。

「嫌われる勇気」を見逃して、動画で見たい方は、こちら
まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

嫌われる勇気の第5話のネタバレ、あらすじ、視聴率などはこちら

嫌われる勇気・第5話。あらすじ、ネタバレ、キャスト。感想。視聴率は? 嫌われる勇気も、第5話ということで、ほぼ半分ですね。 ...

ドラマ・嫌われる勇気・第4話の感想。視聴率は?

蘭子が、今回も、自由に動いていましたね、というのが、ドラマ・嫌われる勇気の第4話の、まずは感想ですね。

今回は、政治家の死亡について、いろいろと捜査していく、蘭子と青山たちでした。

政治家の「家」を守るために、どうするか。そういう家族を捜査するというものでしたね。

そして、また、大文字教授と青山は、「自由」について語り合っていました。

嫌われることを恐れないというのが、自由なんだということでしたね。まあ、そうかもしれません。

ただ、あまり嫌われるかどうかも関係ないのではないかなあと。結局、自分がどうするかですよね。

で、蘭子は、いろいろと捜査していきます。そして、さゆりが怪しいと思っていたのかどうかはわかりませんが、いろいろなことをつなぎあわせて、「事件」の真相を突き止めていきました。

今回は、結構簡単だったような気もします。誰が「犯人」でもおかしくなかったといえば、おかしくなかったですが。

ということ感じで、嫌われる勇気は、第4話まで終わりましたね。

ここまで、視聴率は苦戦していますね。これ、面白くない、という人が多いのか、それとも、興味がないのか。理屈っぽくて分かりにくいというのもあると思います。

もっとイマイチなのは、きっと、すっきりしないとか、ハッピーな感じがしないのでしょうね。すっきりしないのは、刑事物とかはいい方向になるときもありますが、悪い意味で。

そして、なんか「見て良かった感」が足りないのでしょうね。登場人物が、あまり幸せになっていないし、そういうことが出てくるわけでもないので、感情移入も難しい。

アドラーを、刑事物で、というドラマ・企画だと、ハッピーな感じは難しいのかもしれませんが、それだと、連続ドラマというかテレビドラマを見たい層とは、ずれているのでしょう。

そんなことを感じた、「嫌われる勇気」の第4話でした。が、視聴率はどうなるでしょうね。よくなるのかどうか。盛り返すと良いなと思うのですが。

そして、第5話は、帝都大学で殺人事件が起こるということのようです。女性同士の話から男性が殺されてしまうようです。嫌われる勇気、第5話どうなるのでしょうか。

追記:嫌われる勇気の第4話の視聴率は、7.2%と微増です。これは良い兆候なのかもしれません。ここから、第5話は結構、盛り上がりそうな話のようですから、嫌われる勇気の第5話の視聴率が上がると良いですね。

嫌われる勇気・最終回・10話。ネタバレ、あらすじ、感想。視聴率は?犯人・メシアは誰か?

嫌われる勇気・最終回・10話。あらすじ、予告。犯人、メシアは誰か?これまでのネタバレ
嫌われる勇気・8話。ネタバレ、あらすじ、感想。キャスト、視聴率は?庵堂蘭子が過去の事件も解決?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう